可視化情報学会論文集
検索
OR
閲覧
検索
29 巻 , 7 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 佐藤 翔輔, 林 春男, 井上 和治, 西野 隆博
    29 巻 (2009) 7 号 p. 17-26
    公開日: 2009/07/31
    ジャーナル フリー
    災害や危機の発生時に,被災自治体やその他の事業体における対策本部が効果的な危機対応を行うためには,現況や資源に対する状況認識の統一を図ることが不可欠となる.また,災害の現況についての状況把握は,災害対応機関のみならず,関連する研究者にとっても重要な活動になる.防災分野では,これまでは地震動や雨量などの自然現象としての災害の数値データを取扱い,可視化する技術を発展させてきたものの,報道や対応記録などの社会現象としての災害を記述するテキストデータについての可視化については十分な検討がなされていなかった.著者らは先行研究で,危機対応における意思決定を支援するために,災害の社会的側面の時系列展開の全体像を可視化すことを目的として,テキストデータからキーワードを自動的に抽出するシステムを開発した.本稿では,このシステムを用いて,ウェブニュース記事を解析・可視化し,危機管理に携わる行政職員や研究者の状況認識を支援するサービスを開発し,評価した結果について述べた.抽出されたキーワードについて文脈情報を補うためにニュース記事の見出しを同時に提供する昨日を追加したほか,利用者のニーズに応じて段階的に情報を提供する方式を採用したところ,試験公開に比べて飛躍的にアクセス数を伸ばし,利用者から災害の時系列的な展開を概観するよい手段であるなどの評価が得られ,ウェブ報道中の言語データによって社会現象としての災害の可視化する一定の有用性を確認することができた.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top