可視化情報学会論文集
Online ISSN : 1346-5260
検索
OR
閲覧
検索
31 巻 , 11 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 五十嵐 暁春, 山縣 貴幸, 濱 大地, 高野 剛, 藤澤 延行
    31 巻 (2011) 11 号 p. 63
    公開日: 2011/11/30
    ジャーナル フリー
    原子力発電プラントの配管減肉の一要因である液滴衝撃エロージョン現象の解明を目的として,高速噴霧流を用いた液滴衝撃エロージョン実験を行った.本論文では,液滴パラメータである速度,液滴径,液滴の衝突数を,それぞれ,PIV, シャドーグラフ法,レーザー光減衰法によって計測する方法を示し,さらに,高速噴霧流の液滴パラメータの計測結果,ステンレス材料のエロージョン実験結果を示した.本実験結果によると,高速噴霧流装置で発生した実機の推定液滴径(数十μm)によって液滴衝撃エロージョンが発生し,減肉したステンレス材料表面には梨地状の凹凸パターンが観測された.ただし、減肉痕の大きさは数百μmオーダーであり、衝突する液滴径よりかなり大きい.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top