可視化情報学会論文集
Online ISSN : 1346-5260
検索
OR
閲覧
検索
31 巻 , 6 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 大石 義彦, 福井 健ニ, 木崎 好美, 秋濱 一弘
    31 巻 (2011) 6 号 p. 15
    公開日: 2011/06/30
    ジャーナル フリー
    自動車鋼板などの塗装前の脱脂行程では鋼板表面の防錆油の残留が問題となり,その評価には目視による水濡れ試験法が一般的に用いられている.しかし,定性的な方法であり,定量的な検出法の開発が望まれている.本研究では,脱脂行程後の表面に残留する油膜検出にLIF(レーザ誘起蛍光)法を適用した.その結果,ナノメートルスケールの厚さを有する油膜を二次元で広範囲に計測できることを模擬脱脂鋼板を用いて確認した.今回開発した本手法はLIF法によって残留油膜を直接かつ定量的に評価できる高感度な計測法であり,従来法である水濡れ試験に代わる定量的計測法として期待できる.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top