可視化情報学会論文集
検索
OR
閲覧
検索
33 巻 , 11 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 中澤 里奈, 伊藤 貴之, 瀬々 潤, 寺田 愛花
    33 巻 (2013) 11 号 p. 25-32
    公開日: 2013/11/30
    ジャーナル フリー
    遺伝子機能や他の遺伝子との関係性の解析のための情報共有手段として,各遺伝子をノード,遺伝子間相互作用をエッジとした遺伝子ネットワークが利用されている.しかし,遺伝子ネットワークのノードやエッジの数は非常に膨大であり,既存の可視化手法では複雑なネットワーク構造による重なりが視認性を妨げることがある.そこで本論文では,遺伝子オントロジーで定義された遺伝子機能の属性をノードに付与した遺伝子ネットワークを可視化する一手法を提案する.各ノードに遺伝子機能情報を付与し,重なりを回避しつつ線情報を要約することにより,機能情報と関係性に関する視認性を向上させている.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top