Venus (Journal of the Malacological Society of Japan)
Online ISSN : 2189-7697
Print ISSN : 1348-2955
ISSN-L : 1348-2955
61 巻 , 1-2 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
原著
  • 堀 成夫, 黒田 玲子, 岡村 親一郎
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 1-2 号 p. 1-14
    発行日: 2002/06/30
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    The pyramidellid gastropod Odostomia oyasiwo Nomura, 1939 was originally described using specimens collected in northeastern and central Japan. In 1997, more specimens were obtained from off the Kii Peninsula, and we herein re-describe O. oyasiwo on the basis of both sets of material. Shell morphology is compared in detail with a confusingly similar species, Odostomia desimana Dall & Bartsch, 1906. All the live-collected specimens examined in the present study were found on the shell of Fusinus perplexus (A. Adams, 1864), although it is not possible to determine whether this pyramidellid actually parasitizes F. perplexus without further observing the behavior of living O. oyasiwo.
  • 風呂田 利夫, 須之部 友基, 有田 茂生
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 1-2 号 p. 15-23
    発行日: 2002/06/30
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    東京湾ならびにその近隣の干潟において, ウミニナ科ならびにキバウミニナ科に属する腹足類の地域個体群がホソウミニナを除いて消滅しつつある。埋め立てにより閉鎖状態で孤立化して存在する東京湾奥部の谷津干潟には, ウミニナ科のウミニナBatillaria multiformisとホソウミニナB. cumingiが生息する。この干潟でのウミニナ類の個体群調査結果から, ホソウミニナは新規加入による個体群の急激な増加傾向が認められたが, ウミニナは長年にわたり老齢個体がわずかに残るのみで, 絶滅が危惧される。ウミニナを水槽飼育したところ卵鞘を生産し, その中からプランクトン幼生が孵化した。谷津干潟は干潮時にはほぼ前面が干出するため, 干潟で孵化したウミニナのプランクトン幼生は東京湾水中に移送されると考えられる。東京湾ではウミニナの生息地である干潟は埋立により孤立的にしか残っておらず, また幼生が放出される夏期は底層の貧酸素化が著しい。したがって, 東京湾水に移送された幼生が干潟に回帰し着底できる可能性は低く, このことがウミニナの新規加入を抑制していると推察される。これに対して, 直達発生により親の生息場に直接加入できるホソウミニナ(Adachi & Wada, 1997)では, 親個体群が形成された後は同所的再生産により個体群は比較的容易に継続もしくは拡大されると推察される。これらのことは, 孤立化した干潟におけるウミニナ類の個体群維持において, プランクトン発生は不利に, 直達発生は有利に機能する可能性が高いことを示唆している。
  • 小澤 宏之, 関口 秀夫
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 1-2 号 p. 25-39
    発行日: 2002/06/30
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    沖縄の浅海域に生息するリュウキュウヒバリガイModiolus auriculatusとホソスジヒバリガイM. philippinarumの浮遊幼生(D-shaped larva, Umbo larva)及び初期稚貝(Post-larva)の種判別を目的として, 殻の形態について人工飼育より得られた2種の標本を実体顕微鏡及び電子顕微鏡を用いて観察した。本研究結果から, これら2種の殻頂期幼生(Umbo larva)は, 交装の構造, 殻色及び眼点出現時期の殻長等の差違から明確に識別することができた。また, 両種の初期稚貝は, 交装の構造, 殻色, 第一側歯と殻皮毛の出現殻長の差違から明確に識別された。本研究結果を含めこれまでに幼生の形態が明らかになっているイガイ科全22種の, 3種類の側歯(第一側歯, 第二側歯, 前側歯)及び2種類の靱帯(第一靱帯, 第二靱帯)の有無について比較した。殻頂期幼生において, 本研究対象種を含みミドリイガイ属(Perna)以外の種では何れの側歯も保持しないが, ミドリイガイ属の種では第一側歯を保持することが明らかになった。また, ヒバリガイ属の初期稚貝は, イガイ科他種と3種類の側歯の有無により識別された。
  • 関 啓一, 井上 真一, 浅見 崇比呂
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 1-2 号 p. 41-48
    発行日: 2002/06/30
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    房総半島でのコハクオナジマイマイとオナジマイマイの地理的な分布の状況を調査した。コハクオナジマイマイは, 岡山県や高知県より西の本州・四国・九州に分布する一方, 千葉県館山市にも分布していることが知られている。本2種は, 殻や生殖器の形態が非常によく似ているが, 殻を通して透けてみえる外套膜表面の色が著しく異なる。調査した房総半島の南部一帯では, コハクオナジマイマイがオナジマイマイよりも多くの地点に分布することがあきらかとなった。コハクオナジマイマイがみつかった30地点のうち, オナジマイマイが同所的に生息していたのは6地点のみであった。コハクオナジマイマイの分布域をこえた北側には, 対照的にオナジマイマイが優先する分布域が広がっていることが確認された。
  • 濱口 寿夫, 吉岡 英二
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 1-2 号 p. 49-60
    発行日: 2002/06/30
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    Activity rhythms, homing and reproductive behaviors of the hermaphroditic pulmonate mollusc Peronia verruculata (Cuvier, 1830) were investigated on a rocky intertidal zone on Sesoko Island (26°38′N, 127°54′E), Okinawa. The molluscs stayed in holes in the rock while the habitat was submerged or washed with seawater. Animals emerged and were active only when their habitats were completely exposed. All individuals showed homing behavior. The number of emerged individuals, the distance moved and the duration of excursions were inversely related to the lowest tidal level at ebb tide. Animals that emerged were fewer and less active at night than during daytime. Initial courtship of individuals as males was seen 21 times, and in 5 cases copulation occurred. Peronia verruculata (Cuvier, 1830) played a positive role as males but a passive role as females in courtship behavior and copulation.
  • 真木 英子, 大滝 陽美, 冨山 清升
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 1-2 号 p. 61-76
    発行日: 2002/06/30
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    The oviparous snail Cerithideopsilla djadjariensis (K. Martin, 1889) is distributed on tidal flats in south-west Japan. Seasonal changes in the distribution of C. djadjariensis were studied in the world's northernmost mangrove forest at the mouth of the Atago River in southern Kyushu Island. Four gastropod species : Batillaria multiformis (Lischke, 1869), Cerithideopsilla djadjariensis (K. Martin, 1899), Cerithideopsilla cingulata (Gmelin, 1791) and Cerithidea rhizophorarum A. Adams, 1855, show sympatric distribution in this area. Newly recruited juveniles (3-6 mm shell length) of C. djadjariensis appeared from August to November. To established the main habitat of the four species, the substrate on the tidal flats was classified into six types ; gravel, sandy gravel, sand, muddy sand, sandy mud and mud. From the patterns of distribution of the four species on the tidal flat, C. djadjariensis prefers sandy mud and muddy sand ; B. multiformis prefers sandy gravel and sand, and C. cingulata prefers the muddy sand and mud. Stomach contents were observed under a fluorescent microscope with a rhodamine filter in order to determine the food preference among the four species. It is suggested that Cerithidea rhizophorarum has a stronger preference for algae than the other three species.
  • 河野 舞子, 玉井 宏美, 冨山 清升
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 1-2 号 p. 77-87
    発行日: 2002/06/30
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    Seasonal changes in size and density of the three bivalve species, Acropsis (Galactella) symmetrica (Reeve, 1844), Barbatina (Abarbatia) lima (Reeve, 1844) and Cardita leana Dunker, 1860 were studied in the intertidal area on a lava seashore in southwestern Japan. These three species are distributed sympatrically on a boulder shore on Sakurajima Island (31°35′N, 130°36′E) in Kagoshima Prefecture, Kyushu, Japan. Juveniles (<3 mm shell length) of A. symmetrica were frequently observed from September to December. A. symmetrica seems to be an annually-reproducing species. In B. lima, juveniles were observed from August to March. Juveniles of C. leana were observed in April and from October to December. Frequency distributions of shell size suggest lifespans for B. lima and C. leana to be more than one year. B. lima was found distributed widely from the lower to the middle zones, while the other two species were limited to the lower zone. It was estimated that most of the newly settled juveniles of B. lima died in the middle zone. The density of B. lima was greatest in the middle zone in June, and in the lower zone in November.
書評・抄録
雑録
feedback
Top