Venus (Journal of the Malacological Society of Japan)
Online ISSN : 2189-7697
Print ISSN : 1348-2955
ISSN-L : 1348-2955
61 巻 , 3-4 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
原著
  • 奥谷 喬司, 小島 茂明, 岩崎 望
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 3-4 号 p. 129-140
    発行日: 2002/12/31
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    Two species of bivalve of the genus Vesicomya were collected by the submersible Shinkai 6500 and the ROV Kaiko from chemosynthetic environments in upper abyssal depths in the western and central sectors of the Nankai Trough, extending from off Shikoku to off western Honshu, Japan. They are Vesicomya crenulomarginata n. sp. and large specimens of V. kaikoae Okutani, Fujikura & Kojima, 2000. Besides five known species of Calyptogena collected, another new species of the same genus Calyptogena (Archivesica) magnocultellus n. sp. was found and is described here. Ontogenic and individual variabilities in C. (Ectenagena) nautilei are discussed.
  • 奥谷 喬司
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 3-4 号 p. 141-145
    発行日: 2002/12/31
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    海洋科学技術センターの無人探査機ドルフィン3Kによってニューギニア北岸の水深470mから採集されたオウナガイ属の新種Conchocele novaeguinensis n. sp.を記載した。この属はBoss (1967)やBernard (1972)の整理によって北大平洋にはオウナガイConchocele bisecta及びC. disjunctaの2種のみが分布するとされている。のちHabe (1981)によってスマキオウナガイC. koyamaiが追加されたが, 後背に2襞あることや殻中央を走る稜角を持つことなどから, "Cryptodonta" investigatoris Smith, 1895と同種で, 上記2種とは別種と考えられる。本新種は死殻のみしか知られないが, 既知の何れの種よりも重厚で, 殻頂は強く前傾し, 左右は僅かに離れる。小月面は明瞭に区画され, 後背の襞はいっそう背側にある。交板も非常に厚く, 堅牢である。本来北半球の寒冷域産と思われていた本属の南半球の熱帯大平洋域からの出現は特筆に値するばかりでなく, 随伴する動物群から, この産地付近で冷湧水の存在が示唆される。
  • ウアール ローランド
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 3-4 号 p. 147-157
    発行日: 2002/12/31
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    Monstrotyphis singularis n. sp. is described from New Caledonia. A revised classification of all the Recent species included in Monstrotyphis is provided. Talityphis Jousseaume, 1882 and Typhina Jousseaume, 1880 are considered to be congeneric and Talityphis bengalensis Radwin & D'Attilio, 1976 is regarded as a junior synonym of Typhis nitens Hinds, 1843.
  • 窪寺 恒己, 奥谷 喬司
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 3-4 号 p. 159-168
    発行日: 2002/12/31
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    Euprymna megaspadicea n. sp. collected from Nago Bight, Okinawa Island, Japan, is described. This species is characterized by its small size compared with its congeners, and by having four rows of suckers on all arms, arm II longer than the other arms and a hectocotylized left arm I in males. Modification of the hectocotylus affects almost the whole length of the arm, and is characterized by the fusion of all sucker pedicels giving the arm a peculiar massive, wavy and twisted appearance.
  • 松原 尚志
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 3-4 号 p. 169-177
    発行日: 2002/12/31
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    Yokoyama (1924)による和歌山県の中新統田辺層群産の標本に基づき記載された4種のクチベニガイ類(Corbula peregrina, C. tanabensis, C. tsukaharai, C. succincta)の分類学的再検討を行った.その結果, C. peregrinaはSolidicorbulaクチベニガイ属に含まれ, C. tanabensisおよびC. tsukaharaiはこの種の異名となること, および, C. succinctaはC. peregrinaとは別種で, Varicorbulaコダキガイ属に含まれることが明らかとなった.従来, 西南日本の下部中新統上部∿中部中新統下部から"Solidicorbula succincta (Yokoyama)"として報告されてきた種はC. succinctaではなく, C. peregrinaの異名である.有効となる2種Solidicorbula peregrina, comb. nov.(和名 : シラハマクチベニ : 鹿間, 1964)およびVaricorbula succincta, comb. nov.(和名 : チヂミコダキガイ;ヒメシラハマクチベニ : 鹿間, 1964を改称)の再記載を行った.
  • 吉葉 繁雄
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 3-4 号 p. 179-191
    発行日: 2002/12/31
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    The mode of feeding by Conus tulipa on fishes was observed to differ markedly from that of other piscivorous congeners such as C. striatus, C. fulmen and C. geographus. Conus tulipa swallows the prey fish into its rostrum together with a large quantity of water, but the present observations did not determine whether or not a radular tooth is injected. The role of a set of unusual structures, here termed 'coronary rostral tentacles', in C. tulipa feeding is described. Another unusual habit of this species is group feeding. In the laboratory, several individuals attacked a single prey animal, which was eventually swallowed by one of them.
  • 伊谷 行, 加藤 真
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 3-4 号 p. 193-202
    発行日: 2002/12/31
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    南西諸島を含む西日本に分布するオオノガイ科二枚貝類のクシケマスオガイについて, アナジャコ下目甲殻類の巣穴への共生と殻形態の変異を調査した。底質中の正確な位置を確認できた数個体のクシケマスオガイは, アナジャコ, ヨコヤアナジャコ, ミナミアナジャコ, ニホンスナモグリの巣穴の近くから採集された。その個体は, いずれも水管のある殻後部を巣穴に向けていたこと, 堆積物中深くに分布していたことから, この貝はアナジャコ類の巣穴に水管を開口する懸濁物食者であることが示唆された。巣穴への開口は確認できなかったが, クシケマスオガイはバルスアナジャコ, ナルトアナジャコ, Upogebia pugnaxの巣穴が多く存在する堆積物中からも採集された。殻形態の計測により, クシケマスオガイは成長とともに, 殻高/殻長比および殻幅/殻長比が大きくなるように成長することが分かった。これはこの貝が共生生活によって長い水管を必要としないことによるものかもしれない。また, 奄美大島産の個体は本州, 沖縄本島, 石垣島の個体より, サイズが小さく, 殻幅が厚い傾向が見られた。
  • 高田 宜武, 小菅 丈治, 西濱 士郎, 加藤 雅也
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 3-4 号 p. 203-213
    発行日: 2002/12/31
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    亜熱帯性砂浜に生息する二枚貝類は潜在的な食料資源として重要である。しかし, これらの生息個体数の推定は, 密度変異が幅広いためにしばしば困難である。本研究では南西日本石垣島の砂浜において, イソハマグリとリュウキュウナミノコの夏季の垂直分布を定量的に調査した。両種とも潮間帯に広く分布するが, 高密度域は中潮帯にあった。同所的には, チドリマスオ・ナミノコマスオ・ヤエヤマスダレが少数生息した。波の静かな夏季の6時間および24時間の標識再捕実験の結果, 両種とも移動範囲は狭く, そのために垂直分布パターンには干潮時と満潮時で変化が見られなかった。個体群のサイズ分布を見ると, 両種とも未成熟と思われる小型個体が卓越していた。満潮時の採集は非効率的であり, サイズ分布に潮位差が認められたため, これらの個体群の定量的な採集には, 潮間帯全体を干潮時に行うことが必要である。
  • 大滝 陽美, 真木 英子, 冨山 清升
    原稿種別: 本文
    2002 年 61 巻 3-4 号 p. 215-223
    発行日: 2002/12/31
    公開日: 2018/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
    Tree climbing behavior of the snail Cerithidea rhizophorarum A. Adams, 1855 (Gastropoda : Potamididae) was observed in a mangrove forest at the mouth of the Atago River, southern Kyushu, Japan. The forest is dominated by Kandelia candel (L.) Druce and Hibiscus hamabo Sieb. et Zucc. It is the northern limit of distribution of mangroves in the west Pacific. C. rhizophorarum was in the intertidal zone of the tidal flat most of the time but occasionally climbed up the trunks of mangrove trees The number of snails that climbed up trees in 100 m^2 decreased between June and August, but suddenly increased in late August and fluctuated between 1000 and 2000 through January. The number of snails inhabiting the tidal flat kept decreasing from June to December and increased from January through April. A larger proportion of snails moved off the trees in summer than in winter. There was a clear ebb and flow rhythm in the locomotion activity which synchronized with the tidal shift in the summer. Snails tended to fall onto the tidal flat at low tide and to climb up trees at the high tide. Snails aggregated on particular trees regardless of the physical traits of the trees. The climbing behavior of C. rhizophorarum seems to be dependent on both seasons and the ebb and flow rhythm of locomotion.
書評・抄録
feedback
Top