日本養豚学会誌
Online ISSN : 1881-655X
Print ISSN : 0913-882X
ISSN-L : 0913-882X
26 巻 , 2 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 千国 幸一, 神部 昌行, 小沢 忍, 小石川 常吉, 吉武 充, 小堤 恭平, 加藤 貞雄
    1989 年 26 巻 2 号 p. 99-103
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
    体脂肪の分解産物である血中の遊離脂肪酸の組成と濃度が, 成長に伴ってどの様に変化するかを6頭のランドレース種を用い, 検討した。採血は30, 50, 70kg時に飽食で行い, 90kg時には絶食後のと殺血を採取した。遊離脂肪酸の分析は血漿より抽出した脂質を薄層クロマトグラフィーで分離し, その遊離脂肪酸分画をメチル化後ガスクロマトグラフ/質量分析計 (GC/MS) に注入することによって行った。GC/MSによる定量は15:0 (炭素数:不飽和数) を内部標準とし, 14:0, 15:0, 16:0についてはm/z=74.0, 16:1は236.3, 18:0は298.3, 18:1は264.3, 18:2は294.3のイオンを用いるセレクテッドイオンモニタリング法 (SIM) により行った。
    飽食での血漿遊離脂肪酸組成は皮下脂肪の脂肪酸組成と大きく異なり, パルミチン酸 (16:0), リノール酸 (18:2) が多く, オレイン酸 (18:1) が少なかった。成長に伴う血漿遊離脂肪酸組成の変化は皮下脂肪と同じく成長にしたがって飽和脂肪酸が増加し, リノール酸が減少した。
    90kg時において, 絶食後の血漿遊離脂肪酸濃度は飽食の約5倍となり, 組成は皮下脂肪内層の脂肪酸組成と非常に似たものとなった。
  • 戸津 川清, 須藤 信也, 上野 宏樹, 富樫 稔, 萱場 猛夫
    1989 年 26 巻 2 号 p. 104-108
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
    性成熟前の雌豚にHCGを単一投与することにより, 簡便に発情および排卵を誘起することを目的として, 投与量による反応性の差異について比較検討し, 次の結果を得た。
    1. 発情徴候はHCG処理により, すべての雌豚で発現した。
    2. 低単位のHCG投与 (250IU) では強い発情反応が認められたが, 他方, 高単位の投与 (1500~3000IU) では弱い反応しか示さなかった。
    3. HCG 250IU投与による発情経過は, 投与後72時間で外陰部の発赤が, 72~120時間で腫脹が強く発現し, さらに外陰部への粘液漏出・しわおよび背圧反応については, 120~144時間後に強く発現した。
    4. HCG投与後の生殖器の変化について検討した結果, 卵巣重量は500IU以上の投与区で5倍以上に増加し, さらに子宮角長および重量についても増加傾向を示した。
  • 田浦 保穂, 柿内 健志, 浜名 克己
    1989 年 26 巻 2 号 p. 109-116
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
    性成熟前の雌豚の70日齢6例 (A群), 130日齢7例 (B群), 180日齢12例 (C群) の卵巣, 子宮角, 子宮頸管を肉眼的組織学的に観察し, 以下の結果を得た。
    1. A, B, C群の平均体重はそれぞれ24.0kg, 65.7kg, 103.9kgであった。卵巣重量の平均はそれぞれ0.68g, 1.73g, 3.02g, 大きさ (長径×短径×厚さ) の平均は, それぞれ1.30×1.03×0.67cm, 2.01×1.40×1.10cm, 2.40×1.85×1.20cmであった。また, 子宮角重量の平均はそれぞれ3.0g, 12.4g, 29.1gで, 長さの平均はそれぞれ13.3cm, 25.2cm, 35.5cmであった。体重と卵巣重量の間, 卵巣と子宮角重量の間に, r=0.89, r=0.78の有意な相関関係が得られた。
    2. A群の4例では, 成熟卵胞は観察されず,ほとんどが原始卵胞と一次卵胞であった。またC群の2例に卵胞胞内出血が認められた。
    3. A群の1例とB, C群で閉鎖初期, 中期, 末期の閉鎖卵胞が観察され, 全卵胞数に対する閉鎖卵胞の割合はA, B, C群でそれぞれ58.3%, 30.3%, 45.7%であった。子宮角, 子宮頸管の粘膜上皮には有意差はなかった。
    4. 以上の成績から, 性成熟前の生殖器の急速な発育は認められず, 体重増加に伴い緩徐に発育し, 性成熟期になって初めて急速に発育することが推察された。
  • 首藤 新一
    1989 年 26 巻 2 号 p. 117-118
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
  • 宮内 泰千代
    1989 年 26 巻 2 号 p. 119-120
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
  • 1989 年 26 巻 2 号 p. 121-134
    発行日: 1989/06/30
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
feedback
Top