日本養豚学会誌
Online ISSN : 1881-655X
Print ISSN : 0913-882X
検索
OR
閲覧
検索
51 巻 , 4 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
原著
  • 京谷 隆侍, 西牧 由佳, 菅野 美樹夫
    51 巻 (2014) 4 号 p. 191-197
    公開日: 2015/03/12
    ジャーナル フリー
    トウモロコシを籾米に一部代替した飼料を肥育後期豚に給与し,飼養成績,枝肉成績および肉質に及ぼす影響を検討した。供試豚はLWD三元交雑種の去勢雄(5腹21頭)を用いた。供試飼料は,慣行飼料と同様のトウモロコシ主体飼料(対照区),トウモロコシの代替で籾米を配合した籾米30%配合飼料(籾米30%区)および籾米40%配合飼料(籾米40%区)を調製した。各供試飼料を体重70 kgから110 kgまでの肥育後期に給与した。一日増体量は対照区および籾米30%区に比べて籾米40%区で低かった(P<0.05)。肥育日数は対照区に比べて籾米40%区で長かった(P<0.05)。枝肉成績については,背脂肪厚(肩)が対照区および籾米30%区に比べて籾米40%区で薄かった(P<0.05)。その他の形質に差はなかった。肉質については,胸最長筋の肉色のa*値およびb*値が,対照区および籾米40%区に比べて籾米30%区で高かった(P<0.05)。背脂肪内層の脂肪色および上昇融点は試験区間に差はなかった。胸最長筋の加熱損失,剪断力価および筋肉内脂肪含量は試験区間に差はなかった。胸最長筋および背脂肪内層の脂肪酸組成は試験区間に差はなかった。以上から,籾米をトウモロコシの代替原料として飼料に30%配合し肥育後期豚に給与しても,飼養成績,枝肉成績および肉質を低下させることなく肥育可能であることが確認された。
    抄録全体を表示
短報
技術ノート
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top