J-STAGEとは > J-STAGEのポリシー > 閲覧規約

閲覧規約

  1. J-STAGEの閲覧にあたって

    J-STAGEとは、国立研究開発法人科学技術振興機構 (以下「JST」)が運営する電子ジャーナルサイトで、日本国内の学協会が発行する 電子ジャーナルおよびその他のコンテンツをインターネット上で公開しています。 J-STAGEはどなたでも閲覧いただけますが、閲覧の際は、本規約の内容をご理解の上、 遵守下さるようお願いします。また、J-STAGEの閲覧をもって、本規約の内容を 承諾いただいたものとさせていただきますのでご了承願います。 なお、本規約は必要に応じて予告なく変更することがあります。

  2. 著作権について

    J-STAGEで公開されている電子ジャーナルおよびその他のコンテンツ (以下総称して「電子ジャーナル等」という。)の著作権は、 原則としてその電子ジャーナル等の発行元である学協会等に帰属します。 また、J-STAGE全体としてのレイアウト、デザインに関する編集著作権はJSTに帰属します。
    これら電子ジャーナル等は、私的使用または引用など著作権法上認められた範囲において 使用することは可能ですが、転載、複製、公衆送信、翻訳、商用利用、二次情報の作成 (データベース化など)などを行う際には、著作権者の承諾を得る必要があります。

  3. 禁止事項

    電子ジャーナル等のアクセスまたはダウンロードは、 電子ジャーナル等の閲覧に必要とされる範囲に限り行えるものとします。 必要とする範囲を超えた大量ダウンロードは機械的または手動にかかわらず、これを禁止します。 このほか、システム障害を引き起こし、またはそのおそれのある一切の行為についても、これを禁止します。 また、営利を目的とした、システムによるリンク、検索(情報検索サービスによるもの等) およびJ-STAGE Web APIの利用は、事前にJSTの書面による承認を必要とします。 閲覧者が本規約に違反する行為又は著作権その他の権利を侵害する行為を行った、 または行うおそれがあるとJSTが判断した場合、当該行為を差し止めるために、J-STAGEの利用の停止も含め、 適切な措置を講じることができるものとします。

  4. 免責事項

    JSTはJ-STAGEの閲覧等、またはJ-STAGEおよび関連機能の一部 もしくは全部の一時停止もしくは終了等に起因 または関連して閲覧者に生じたいかなる損害、損失、費用等についても 一切責任を負わないものとします。

  5. 商標について

    J-STAGEはJSTの登録商標です。

  6. アクセスログについて

    JSTはJ-STAGEへのアクセス状況についてログ情報を取得しております。取得したログ情報は、個人情報と関連づけることはなく、サービスの向上、利用状況の統計調査、学術・科学技術施策のための調査・分析及び・研究目的にのみ活用されるものであり、それ以外の目的のために利用されることはありません。

  7. お問い合わせ窓口

    Email: contact@jstage.jst.go.jp

  8. 準拠法及び管轄裁判所

    本規約は日本法に準拠し、同法に基づき解釈されます。また、紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則(H27科振知情第119-1号)

  • 本規約は、平成27年9月7日から施行する。