Japanese
English
Journal rchive Stories

数物学会誌の紹介


2006/03/27 第1回 数物学会誌と湯川秀樹


湯川秀樹
1907(明治40)-1981(昭和56)
(提供: 独立行政法人
理化学研究所)
2007年1月23日は,日本で初めてノーベル賞(物理学賞)をとった 湯川秀樹博士の,生誕100周年にあたりますが,この有名な湯川の中間子論の 論文が掲載されたのが『数物学会誌』です。『数物学会誌』とは,1877年に 創立された「東京数学会社」から始まった,数学と物理学を一緒にした学会が 出していた学会誌です。しばしば学会の名前と雑誌の名前が変わって行ったので, まとめて『数物学会誌』と呼んでおきます。湯川の論文は,1919年から 『Proceedings of the Physico-Mathematical Society of Japan』 という名称になったこの雑誌の,1935年第17巻48-57ページに 「On the Interaction of Elementary Particles. I.」 (「素粒子の相互作用について I.」)という題名で掲載されています。
続きを読む... ]

2006/03/27 第2回 数物学会誌と長岡半太郎


長岡半太郎
1865(慶応元)-1950(昭和25)
(提供: 独立行政法人
理化学研究所)
長岡半太郎(1865-1950)は,日本で最初の,世界に通用する物理学者であった, といってよいでしょう。若いときには,日本人にも科学はできるのだろうかと 悩みましたが,1893年から1896年までヨーロッパに留学し,統計力学の父L.ボルツマン, 量子力学の創始者であるマックス・プランクなど,当時の一流の学者に学びました。 帰国後は(東京)帝国大学理科大学教授となり,多くの優れた学者を育てました。 晩年は1931年に新設された大阪大学の初代総長になり,湯川秀樹のノーベル賞など, 優れた成果と人材を生み出す基盤を作りました。長岡はノーベル賞推薦委員の一人でしたが, 彼が始めて推薦した日本人候補が湯川でした。
続きを読む... ]

2006/04/24 第3回 数物学会誌と本多光太郎>


本多光太郎
1870(明治3)-1954(昭和29)
(提供: 独立行政法人
理化学研究所)
本多光太郎(ほんだ こうたろう, K. HONDA, 1870-1954)は, 日本の磁性体研究の父です。磁石は現在, ハードディスクなどの大容量磁気記憶装置に使われており, 現代社会には なくてはならないものです。何百本もの音楽が持ち運べる超小型の装置や, 数百時間のビデオ録画が可能な装置などは, すべて大容量磁気記録装置の おかげです。また, 強力な磁石は, 病院で 体の中を調べるMRI(核磁気共鳴画像)装置や, 磁気浮上列車にも用いられています。
続きを読む... ]

2006/05/16 第4回 数物学会誌と寺田寅彦


寺田寅彦
1878(明治11年)-1935(昭和10年)
(提供: 高知県立文学館)
寺田寅彦(てらだ とらひこ, T. TERADA, 1878-1935)は,夏目漱石の小説『三四郎』の野々宮宗八,『我輩は猫である』の水島寒月のモデルといわれている物理学者です。文筆にもすぐれていて, 物理学を一般の人にもわかりやすく書いたエッセイを多く含む『寺田寅彦随筆集』(岩波文庫)は,いまなおたくさんの人に愛読されています。
物理学者としての寺田は, 常に2種類の正反対の評価に付きまとわれてきました。ひとつは, 現代の「複雑系」といわれる学問のさきがけをなすような, 普通の物理学では手に負えないような, 身の回りの自然現象(金平糖の形や, ガラスの割れ方, ガラス窓に付いた露の流れ方, など), 日本独特の事物(尺八など)に関する, 先駆的な研究を行ったというプラスの評価, もうひとつは, 彼はいろいろやったけれども, それは大雑把な研究に過ぎず, それらのテーマを研究する方法論がまだ全然出来上がっていないときに, あれこれ思いつきで言ってみただけである, というマイナスの評価です。
続きを読む... ]

2006/05/24 第5回 数物学会誌と日本の数学・物理学の発展


朝永振一郎
1906(明治39)-1979(昭和54)
(提供: 独立行政法人
理化学研究所)
現在の日本数学会と日本物理学会は,戦前は一緒で,「日本数学物理学会」と なっていました。それが戦後1946年1月にそれぞれ独立して,日本数学会と 日本物理学会となって現在に至っています。その起源をさかのぼると, 1877年(明治10年)9月に,湯島の昌平館に同好の士が集まり,東京数学会社が 設立されたときに至ります。「会社」というのは Society のことです。この 東京数学会社は,現在までつながっていて,雑誌も名称を変えながらも 現在までつながっているものとしては, 日本で最古の学会です。この会社は 和算家が中心だったのと,当時日本ではまだ物理学が未分化でしたので 「数学会社」となっていますが,ケンブリッジ大学で数学と物理学を学んだ 菊池大麓なども参加しており,力学に関する記事も含んでいました。発足当時の 117名の会員については,和算家のほかに軍関係者が意外に多いのですが, 海軍は航海術,陸軍は弾道計算などに関心があったのかもしれません。
続きを読む... ]