J-STAGE トップ  > 検索結果

検索結果

検索結果
検索条件
  • 全文: 徳田 陽明

検索結果 19件

19件の検索結果より1~19件を表示しています。
ソート       件ずつ表示
非界面活性剤系洗浄剤による放射性セシウムの除染
B44
我々の研究グループでは、非界面活性剤系の洗浄剤(材料は主に珪酸ナトリウムであり、本研究では商品名ジェイパルを使用)を用いる事で、放射性セシウムを効率よく除去出来る技術を発見した。この洗浄剤を用いる事で、ある程度固定化されたセシウムが何らかの形で取り出せることがわかっており、その化学特性についての考察を発表する。
  
ダイズ幼植物の各種イオン吸収へ及ぼす微細気泡水の影響
極めて吸水率が低いフェニル修飾シロキサン低融点ガラス
660-664
Organic-inorganic hybrid low-melting glasses with extremely low water-absorption were obtained by the complete removal of OH groups which are hydrophilic substituents from phenyl-modified siloxane glasses by heat-treatment. The saturated water-absorption was estimated to be below 0.1 mass%. The thickness, bulk density and refractive index of such glasses remained unchanged even after soaking in water at 23°C for 192 h.
  
259-262
Polycondensation reaction of 70PhSiO3/2•30Ph2SiO2/2 (Ph=C2H5) polysiloxane has been almost completed by treating the corresponding gel with a diethyl ether-aqueous NaOH immiscible two phase liquids. The phenyl-modified siloxane gel is dissolved in diethyl ether phase which is immiscible with an NaOH aqueous solution. After stirring the immiscible solution vigorously, the glass-ether phase is extracted and then subjected to evaporation to leave glass precursor. The phenyl-modified siloxane glass is prepared by melting the precursor at 200°C over 1 h, in which the polycondensation reaction of siloxane network is almost completed. It is found that the obtained siloxane glass shows a softening temperature around 80°C and this value remains unchanged even after heat-treatment over 200 h at 200°C.
  
白色 LED 用二色蛍光体 Eu 含有 CaGa2S4-CaS コンポジットの合成
511-513
A CaGa2S4-CaS composite doped with Eu2+ has been prepared by cooling the corresponding melt of the composition of 65CaS•35Ga2S3 containing 1 mol% EuS in order to obtain an efficient bicolor phosphor applicable to white light emitting diode. Efficient green and red fluorescence were simultaneously observed at around 555 and 645 nm, respectively, under 476 nm excitation. Especially, the red emission was about three times as intense as a simple mixture of CaGa2S4: Eu2+ and CaS: Eu2+ powders with the same composition. It was also found that the post heat-treatment doubled the red fluorescence. The obtained CaGa2S4-CaS composite doped with Eu2+ showed more intense fluorescence rich in color rendering than a commercially available Y3Al5O12: Ce phosphor.
  
無水酸塩基反応により作製した有機―無機ハイブリッド低温溶融ガラスへの光機能性賦与
  • 水野 めぐみ, 垣内田 洋, 高橋 雅英, 徳田 陽明, 横尾 俊信
  • 粉体および粉末冶金
  • October Vol. 52 (2005) No. 10
  • 公開日: 2006年04月28日
775-780
The structure of the organic-inorganic hybrid low-melting glasses prepared by the nonaqueous acid-base reaction was investigated mainly by 31P NMR techniques in order to elucidate the chemical durability-structure relationship. By increasing the reaction temperature, it is possible to improve the conversion, resulting in increase of the network dimensions of the resultant glasses. It is found that the glasses of high degree of condensation tend to have better water durability in a humid atmosphere. In addition, gold nanoparticle doped and gold-dye co-doped glasses were prepared by the acid-base reaction. The efficient energy transfer from gold nanoparticle to dye was observed by the photoluminescence measurement.
  
京都から福島へ
  • 上田 義勝
  • 電気学会誌
  • Vol. 137 (2017) No. 7
  • 公開日: 2017年07月01日
438-439

2011年に発生した東日本大震災,またその後の原発事故により,数多くの方が被災し,これまでの生活を一変する事態となった。私自身は生活圏が関西であり,自分自身の環境としては特に被災等はなかったものの,研究環境は当時から一変したものとなった。

  
(1) 日本教育史学界情報 (III 学界情報)
189-194
57-67
『青春』以後主観の欠如を論難される風葉は、「姉の妹」発禁時に文壇内部から積極的に擁護される。また、同時代の発禁をめぐる言説には、多様な立場・意見からなる言説が奇妙にも社会的有用性や道徳とは異なる領域に〈文学〉を位置づけ・意味づける動きが看取される。その言説布置に改めて「姉の妹」を置く時、風葉をめぐる言説が、〈文学〉を立ち上げる言説を召喚し、その再編成の契機(結節点)として機能した様相が観察される。
  
<文士>の経済事情 : 執筆行為の聖と俗(<特集>文学の経済学)
  • 菅 聡子
  • 日本文学
  • Vol. 48 (1999) No. 11
  • 公開日: 2017年08月01日
10-19
神聖な営みとしての執筆行為、経済的報酬としての原稿料、そしてこの二つを結びつける根拠となりうる著作権意識の三つの観点から、印税方式が一般化する以前の明治二十〜三十年代の文士たちが直面した問題を検討し、執筆行為をめぐる彼らのアンビバレントな感情と、紅葉への批判的言説の背景にある価値観の変容を見た。また、硯友社の出版活動を再構成し、それが当時の出版界の実状の中で、有効に機能していたことを論じた。
  
微細気泡水を用いた切り花の鮮度保持効果について
  • 上田 義勝, 徳田 陽明, 二瓶 直登, 矢島 豊, 矢吹 隆夫
  • 混相流
  • Vol. 28 (2014) No. 3
  • 公開日: 2014年11月01日
340-344
We investigated the freshness-keeping effect of water containing fine bubble (FBW, < 100 μm) on cut flowers such as a gentian, a lisianthus, and a small chrysanthemum. Pure water was also used for comparison. The effect of the glycogen on freshness keeping with FBW was also investigated. Although there were statistical dispersions in experimental results, FBW was effective in keeping the freshness in the experiments. Additionally, we also confirmed that FBW water improves the coloring rate of the lisianthus. These results suggest that fine bubble improves the absorption of water by the plants.
  
79-88
本研究は、1935年に開催された「始政四十周年記念台湾博覧会」の目的、企画ならびにデザインを探究し、その歴史的意義について考察するものである。研究の結果以下のことが分かった。(1)日本政府は、この博覧会の開催を通して、国際社会に日本政府の台湾建設における各種の進歩状況を知らせると同時に、台湾民衆の心を日本政府に向けようとする意図があった。(2)この博覧会の展覧に出したものの規模は大きく、また、宣伝組織は細密、デザイン計画は詳細であり、全体的なデザインに関する仕事は専門家によって制作された。(3)博覧会に参与したデザイナー、あるいはデザイン会社は大多数が日本人であったが、そのプロ意識と仕事に対する姿勢は学ぶに値するものであった。(4)台湾博覧会は、台湾有史以来唯一の国際的な博覧会であり、台湾における視覚伝達デザイン史上重要な役割を果たした。
  
オゾンマイクロバブルによるポリエステル繊維の表面改質
  • 宮田 利彰, 武野 明義, 三島 佑太, 高橋 紳矢
  • 高分子論文集
  • Vol. 73 (2016) No. 4
  • 公開日: 2016年07月25日
    早期公開日: 2016年05月17日
341-346
気泡径50 µm以下のオゾンマイクロバブル(OMB)は,精練や漂白などさまざまな産業利用が検討されている.しかし,処理時間の短縮が課題である.本研究では,多孔フィルムから発生させたOMBにより,ポリエステル布帛の表面改質効率の向上を試みた.高溶存オゾン濃度水を得るためには,低水温に加え多孔フィルムに供給するオゾンガス濃度の向上が必要であった.表面改質効果をX線光電子分光法とカチオン染色性(K/S)により評価した.高い溶存オゾン濃度と高い反応温度の時,ポリエステル布帛の改質効果が高くなった.溶存オゾン濃度と反応温度を両立して高める必要があるが,水温が高い場合にはオゾンが分解してしまう.また,染色性と水温の関係から見かけの活性化エネルギーを算出すると,溶存オゾン濃度によらず一定となった.以上より,低水温により高い溶存オゾン濃度を維持しながら,布帛表面のみ局所的に加熱することで処理時間の大幅な短縮が見込めることがわかった.
  
脳血管障害に対する医療の可視化
  • 佐山 徹郎, 西村 中, 黒木 亮太, 西村 邦宏, 嘉田 晃子, 神谷 諭, 飯原 弘二, J-ASPECT study group
  • 脳神経外科ジャーナル
  • Vol. 24 (2015) No. 10
  • 公開日: 2015年10月25日
684-692
 近年, big dataの活用が注目されつつあり, 医療分野でも全国規模のレセプトデータやDPCデータの活用の取り組みが始まりつつある. 本研究では, 日本脳神経外科学会研修プログラムにおける研修施設および厚生労働科学研究補助金事業「J-ASPECT Study」参加施設の協力によりレセプトデータあるいはDPCデータを収集し, 脳神経外科疾患の治療を目的に入院した患者について, 入院から退院までの一貫した悉皆性を持ったデータベースを構築し, 脳血管障害をはじめとする脳外科疾患に対する治療のアウトカム, 施設集中度等を視覚的に明らかにした. 今回は, 脳血管障害の中から特にくも膜下出血, 未破裂脳動脈瘤, 内頚動脈狭窄症について, 前2者に対してはクリッピングとコイリング, 後1者に対しては, 頚動脈内膜剝離術と頚動脈ステント留置術という2つの治療法に対する日本の現状を明らかにした.
  
微細気泡水の電気化学的特性の定量的評価及び応用実験との相関について
  • 上田 義勝, 徳田 陽明, 二瓶 直登, 杉山 暁史, 小川 雄一, 白神 慧一郎
  • 混相流
  • Vol. 28 (2015) No. 5
  • 公開日: 2015年05月01日
555-562
For introducing the use of fine bubbles (FB) in industrial applications, it is important to understand their properties and the mechanisms of the effect in order to utilize them effectively. However, it is difficult to observe FB directly because of their small size. We measured the electrochemical properties of water containing FB in order to examine the effect of FB on ions macroscopically. The conductivity of the FB water generated from purified water was lower than that of the purified water. In particular, the decrease in the conductivity of the FB water supports the hypothesis that ions are closely involved in the generation mechanism of FB. We also analyzed the effect of FB water on the nutrient uptake of soybean seedlings. For the uptake experiment, we used radio isotope elements (137Cs, 22Na, 32P) at different pH conditions. As a result, we have found the increased uptake of 137Cs and 22Na and the decreased uptake of 32P compared with distilled water. There was no correlation between pH value and the effect of FB water. Transpiration rate was not significantly different between FB water and distilled water. Although questions still remain in the elements efficiency in ions (anion or cation), these results suggest a possible influence of fine bubbles on the plant activity to uptake nutrient ions.
  
会告
816-822
小栗風葉作『脚本 奇縁』と原作者 Charlotte M. Brame
  • 堀 啓子
  • 比較文学
  • Vol. 53 (2011)
  • 公開日: 2017年06月17日
90-104

 This study identifies the original novel from which Kien, a Japanese play written about a century ago, was adapted. It also sheds light on how the play was modified and examines the essence of the story by comparing both the American original and the Japanese adaptation.

 Kien (A Strange Fate) was published in 1915 by Oguri Fuyo. Although the play's preface indicates that Kien is an adaptation from a work by Charlotte Brame, it does not make a reference to its original title.

 Extensive research of Brame's works at the University of Minnesota libraries has revealed that her book titled Two Kisses closely resembles the storyline in Kien, suggesting that it was the one that inspired Oguri Fuyo to write his play.

 Brame's novels were quite popular in the end of the 19th century not only in the West but also in Japan. That prompted several Japanese authors to adapt her works by simply changing the characters of the original heroines to more modest ones in order to conform to Japanese tastes.

 Fuyo, on the other hand, did the opposite. In his play he paints a more dynamic, independent and strong-willed heroine than Brame does in her original work. This change introduces a new type of heroine to the Japanese public and makes Kien more attractive and easier to follow.

 Kien didn't leave a permanent mark on Japanese literature, but the influence it had on later works of Japanese authors should be explored.

  
昭和六十年連歌俳諧関係論文目録
50-72
文学の<裏切り> : 小栗風葉をめぐる・文学をめぐる物語
  • 大東 和重
  • 日本文学
  • Vol. 48 (1999) No. 9
  • 公開日: 2017年08月01日
55-64
本論文は、小栗風葉が栄華を極めた次の瞬間に没落する過程を論じることで、文学が文学として自己を確立する瞬間を記述する。『青春』で時代を築いた風葉は、代作が文学への<裏切り>として取り沙汰される中、過去の作家として葬り去られる。それは、文学と非=文学の境界が、<自己表現>性の有無によって引かれる瞬間であり、代作という禁忌を犯した風葉は、文学の自己同一化を目指す文学をめぐる物語から放逐される。