詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ごちそうさん" NHK
4件中 1-4の結果を表示しています
  • 三ッ峰 秀樹, 盛岡 寛史, 武藤 一利, 加藤 大一郎, 兼沢 将人
    映像情報メディア学会年次大会講演予稿集
    2014年 2014 巻
    発行日: 2014/09/01
    公開日: 2017/05/24
    会議録・要旨集 フリー
    At the time of VFX of TV drama program production, it is necessary to estimate a camera parameter efficiently and within a short time. For this purpose, we propose a robust and high accurate method by using a topology of corresponding points. Experimental results showed the effectiveness of the proposed method.
  • 二瓶 亙, 亀村 朋子
    放送研究と調査
    2018年 68 巻 9 号 2-21
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/10/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
    近年高視聴率が続く連続テレビ小説(通称、朝ドラ)について、NHK放送文化研究所朝ドラ研究プロジェクトでは、作品ごとの視聴者調査から朝ドラの視聴実態と好調要因を探る研究を継続している。今回の『わろてんか』は6作品目。大阪で寄席を経営する主人公を中心とした群像劇で、人生には「笑い」が必要であるという作品テーマに共感した視聴者が多い。作品に対する満足度では、過半数の56%の人が[まあ満足]という評価を選択したため、この多数の[まあ満足]派が、結果的に今作の評価を支えたと考えて、その人たちの評価に注目して分析した。明るさに代表される[作品の雰囲気]や[ヒロインの周囲の人物]への評価が高く、実在の人物をモチーフとしていることから「困難な場面も乗り切れるだろう」という期待や安心感を持って最後まで見た人が多かった。また「気楽に見られる作品であったこと」も、最後まで視聴を離脱させない大きな力となった。朝ドラを比較的よく見た人では、朝ドラの戦時描写を見たくない気持ちはあるが、描写の主旨への理解度は高く、史実に沿って戦争を描くことはやむを得ないという人が9割と多かった。長期視点派50%、中間派23%、短期視点派27%。長期視点派は『わろてんか』を長期視点的作品として楽しみ、短期視点派は短期視点的作品として楽しんだ。
  • 二瓶 亙, 亀村 朋子
    放送研究と調査
    2018年 68 巻 3 号 52-75
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/04/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
    近年、視聴率が高い作品が多い連続テレビ小説(通称、朝ドラ)について、NHK放送文化研究所朝ドラ研究プロジェクトでは、作品ごとに視聴者調査を行って朝ドラの視聴実態と好調要因を探る研究を行っている。今回の『ひよっこ』調査は『まれ』『あさが来た』『とと姉ちゃん』『べっぴんさん』に続く5作品目の調査である。作品に対する満足度の平均は85%で、『とと姉ちゃん』と同レベル。「丁寧な登場人物の描写」に多くの視聴者が共感し、「善人しか出てこないこと」で安心してドラマを楽しんだという人が多かった。また、登場人物それぞれが幸せな結末を迎えるハッピーエンドだったことが、終盤の高評価につながった。一方で、4作ぶりのモデルのいない作品であり結末が予想できないこと、あるいは会話劇主体で話の進行が遅かったことから、視聴者が、全体のストーリー展開を楽しむ長期的視点ではなく、日々のエピソードや登場人物を楽しむ短期的視点で見るほうが『ひよっこ』をより楽しむことができたと推察された。本来は長期的視点でドラマを見る人も、『ひよっこ』の作風に合わせて見方を変え、時には短期的視点でドラマを楽しんでいたことも分かった。
  • 水出 幸輝
    マス・コミュニケーション研究
    2016年 88 巻 157-175
    発行日: 2016/01/31
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
    This study aims to reveal the reconstructive process of the national collective memory of the Great Kanto Earthquake (Kanto Daishinsai) by analyzing anniversary editorials in the following Japanese Newspapers: Tokyo Asahi Shinbun, Osaka Asahi Shinbun, Tokyo Nichinichi Shinbun, Osaka Mainichi Shinbun, Yomiuri Shinbun (1924-1959) and Cyunichi Shinbun, Asahi Shinbun, Mainichi Shinbun, Yomiuri Shinbun (1960-2014). The study considers the quantitative and qualitative changes in these editorials' discourse. In modern times, the Great Kanto Earthquake is a part of the collective memory of Japanese citizens, and also because of the disaster prevention drills conducted as "Disaster Preparedness Day" (Bosai no Hi) on September 1st-the anniversary of the Earthquake ("Shinsai Kinenbi"). However, "Disaster Prevention Day" was also enacted in the year 1960 due to the Ise Bay Typhoon (Isewan Taifu) of 1959. This study revealed that the "Earthquake anniversary" was well documented for several years, but after the tenth year anniversary it was hardly mentioned in the editorials. Additionally, it was recognized that the anniversary had not been in the national collective memory but within local memory. In contrast, since "Disaster Prevention Day" was enacted in 1960, the memory of the earthquake was reconstructed the national collective memory, as can be seen by an increase in the number of articles on the earthquake in the anniversary editorials. National newspapers used the Great Kanto Earthquake to set the agenda for "Disaster Prevention Day." A close relationship can be seen between the Great Kanto Earthquake and "Disaster Prevention Day." That day reminded the people about the Great Kanto Earthquake, whilst the Ise Bay Typhoon was neglected in anniversary editorials. Accordingly, it could be said that the national collective memory of the Great Kanto Earthquake is founded on the forgetting of the Ise Bay Typhoon.
feedback
Top