詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "ささくれ"
455件中 1-20の結果を表示しています
  • 稲葉 亘, *稲嶺 盛瑛, 築地原 里樹, 竹村 裕
    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集
    2020年 2020 巻 1P1-J08
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/25
    会議録・要旨集 認証あり

    Gymnasiums are daily inspected but small wood splinters from the floor are often overlooked because these wood splinters are very small compared to gymnasium floor. Those wood splinters occasionally cause serious accidents. Currently, gymnasiums are inspected visually but it costs a lot of people or time or both. The purpose of this research is developing equipment which inspects the gymnasium floor in a short time, with a small number of people, with low inspection omissions. In order to accomplish these goals, combination of rectangular scan and sub goals is adopted. The result of the running test through the gymnasium (range of depth 37 meters width 27 meters) is as follows. First, total inspection time was 87 minutes. Second, operation required one person when setting and no person when running. Third, inspection omission was at most 2.4%. In the future, to shorten the time, we will stabilize at high speed driving and optimize localization system.

  • 吉村 博仁, 森脇 俊道, 柴坂 敏郎, 沖田 淳也, 大前 伸夫, 中井 哲男, 木之下 博
    砥粒加工学会誌
    2007年 51 巻 7 号 416-421
    発行日: 2007/07/01
    公開日: 2009/05/18
    ジャーナル フリー
    アルミニウム合金AC2B-T6相当をニアドライ潤滑条件下で2次元切削し,溶着の発生および成長機構を検討した.溶着生成が大きい場合の切りくずは工具との擦過面側に凸形状を有した
    ささくれ
    部,および塑性変形した加工硬化層が観察される.この加工硬化層が切りくずから分離する際に,切りくずが工具すくい面上の溶着部に引っ張られ,
    ささくれ
    部が形成されると考えられる.溶着生成が大きい超硬工具およびDLCコーテッド工具では,溶着部と工具すくい面との界面にアルミニウム合金成分であるMg,Siなどが偏在しており,溶着発生の起点となっていることを示唆している.さらに,DLCコーテッド工具のDLC膜は,溶着との界面から深さ1nm付近の極表面においてグラファイト構造であるsp2結合が強い膜質となっている.これはダイヤモンド構造であるsp3結合に比べて耐溶着性が劣ることを示唆しており,DLCコーテッド工具での溶着生成の一因であると推定される.
  • ―縫製時に縫糸が受ける影響について―
    島崎 恒蔵
    繊維製品消費科学
    1978年 19 巻 3 号 116-120
    発行日: 1978/03/25
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    ミシン縫製時に縫糸の受ける影響を検討し, 次のような結果を得た.
    縫製することによりカタン糸は, 毛羽立ち (
    ささくれ
    ) が目立つようになり, 糸の見かけの太さは増大する, 糸の構造はtightな構造から繊維の間隙の増大したlooseな構造に変化しているように見えたが, 特に上糸に著しく観察され, そしてこれには針穴部の機械的な摩擦作用が大きく関与している.
    カタン糸の外観変化に対応して糸の強さ低下が観察された, この低下分は縫製条件によって変化する, すなわち, 縫糸張力, 単位長さあたりの針数, 縫製速度の増加により強さの低下する傾向がみられ, 一般に上糸の方が低下が大きかった.
    縫製によるカタン糸の強さ変化が, 実際の縫目にどのように影響してくるかを縫目強さを測定し検討した・縫製条件によっては, 必ずしも無視できない影響を縫目に与えることが示された.
  • 中屋 志郎, 横山 俊治, 佐々 浩司, 村井 政徳
    日本地すべり学会誌
    2006年 42 巻 6 号 499-505
    発行日: 2006/03/25
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 矢田 茂樹
    木材保存
    1989年 15 巻 4 号 150-156
    発行日: 1989/07/25
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 矢田 茂樹
    木材保存
    1991年 17 巻 4 号 150-158
    発行日: 1991/07/25
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 高木 典雄
    植物分類,地理
    1962年 20 巻 1 号 234-237
    発行日: 1962/05/30
    公開日: 2017/09/25
    ジャーナル フリー
  • 今井 三子
    植物学雑誌
    1941年 55 巻 659 号 514-520
    発行日: 1941年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
    本報告ハ第二報ノ續デアル。
    391. こにせいっぽんしめぢ Entoloma turbidum (FR.) QUÉL. 淺川御料林内デ採ル。
    392. ひめあじろもどき Pholiota marginella PECK. 高尾山中デ採ル。
    393. つばふうせんたけ Cortinarius armillatus FR. 山梨縣ノ針葉樹林及混淆林ニハ廣ク分布スルラシイ。
    394. むらさきたけ Cortinarius subtabularis KAUFFM. 北米種デ山梨縣下ニテ採ル。
    395. おちばとまやたけ Inocybe floccosa (BERK.) SACC.
    396.
    ささくれ
    とまやたけ Inocybe Hysterix (FR.) KARST.
    397. ゆきとまやたけ Inocybe subvatricosa IMAI. 全體純白色デ, 剛毛體ヲ缺如シ, 胞子ガ類卵形, 平滑ナ種類デアル。高尾山デ採ル。
    398. あせたけもどけ Inocybe umbrina BRES.
    399. くりいろむくえたけ Naucoria cucumis (PERS. ex FR.) GILL.
    400. しろえのくぎたけ Gomphidius glutinosus [SCHAEFF.] FR.
    401. あふぎたけ Gomphidius roseus (FR.) GILL. ハ新知種デハナイガ著者ノ都合上載録シタ。
    402. ぬめりあかちちたけ Lactarius hysginus FR. ハ赤褐色粘性ノ菌傘ヲ持チ, 白色ノ辛味アル乳液ヲ漏出スル。
    403. むらさききからはつ Lactarius speciosus (BURL.) SACC. ハきからはつニ似ルガ白色ノ乳液ガ後チニ紫色ニ變ツテ來ル。
    404. うすくれないたけ Russula rubra (KROMBH.) BRES. ハ赤色ノ菌傘ト淡黄色ノ菌褶ヲ持ツタ菌デ肉ハ辛イ。べにたけニ似ルガベにたけノ菌褶ハ白色デアル。
    405. ふじうすたけ Cantharellus Fujisanensis IMAI ハうすたけニ近似スルガ, 菌傘ノ肉ハ厚ク, 菌柄ハ殆ド赤色味ヲ帶ビナイシ, 胞子ガ有刺ナ點デ區別出來ル。
  • 早房 敬祐, 工藤 大, 大谷 俊博, 森永 滋, 大宮 正毅, 井上 裕嗣, 岸本 喜久雄
    M&M材料力学カンファレンス
    2007年 2007 巻 539
    発行日: 2007/10/24
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
  • 中場 幸郎, 大山 茂雄, 松尾 隆吉
    紙パ技協誌
    1967年 21 巻 10 号 545-556
    発行日: 1967年
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    The present investigation has aimed at establishing the paper making technique using a synthetic fiber, which has many superior characteristics.
    Vinylon fiber has been developed in Japan. This fiber has similar properties to cellulose fiber, since it has many OH groups in its molecule. Present work was carried out in regard to the relation between the characteristics of constructed fiber and physical properties of the paper.
    When a mixture of the vinylon fiber and pulp was beated and manufactured to paper, the short-cut vinylon fiber showed better properties than the long one, and the tow fiber better than the culed one. The increasing in the blending ratio of the vinylon fiber to pulp had a tendency to make strong the tearing strength and to weaken the tensile strength.
    In an effort to determine the effect of fineness of fiber on the physical properties of the paper, various polyvinyl alcohol fibers (PVA fibers) were used as binding fibers.
    It is observed that the more is the fineness of either of the basic or binding fiber used, the greater is the strength of the paper obtained. The strength of the paper is more affected by the fineness of binding fiber than basic fiber.
    Authors advocated the paper making process in which the web is previously formed using non-formalized vinylon fibers and the web is formalized subsequently
    Experiments showed that the paper made by this procedure had a larger wet strength. And other various physical properties were discussed in relation to the degree of formalization.
    It is found that vinylon fiber which is spinned with starch is divided into fibril by beating and is capable of making paper as well as natural cellulose fiber. This fiber is named “readily fibrillable vinylon”.
  • 安部 幸雄, 富永 康弘, 山岡 康浩
    中国・四国整形外科学会雑誌
    2011年 23 巻 1 号 71-75
    発行日: 2011年
    公開日: 2014/03/31
    ジャーナル 認証あり
    Background: Wrist arthroscopy has been used successfully with many modifications and improvements, although distal radioulnar joint (DRUJ) arthroscopy is still uncommon. Here we studied the usefulness of DRUJ arthroscopy.
    Patients and Methods: A total of 34 patients with ulnar-sided wrist pain who underwent both radiocarpal joint and DRUJ arthroscopy were studied retrospectively. The preoperative diagnoses included 24 cases of TFCC injury, 5 cases of ulnar head subluxation, 4 cases of ulnocarpal abutment syndrome, and 1 case of synovitis. Arthroscopic findings, the rate of visible foveal attachment, and the relationship between arthroscopic findings and pain were investigated.
    Results: Arthroscopic findings of the DRUJ were normal in 10 cases, synovitis in 16, foveal tear in 9, disk tear in 5, and free body in 1. The total number of foveal tears was 13, although 4 could not be confirmed by arthroscopy. The fovea was visualized in 26 cases (76%). In 17 of 24 cases (71%), abnormality of the DRUJ was considered to have been the cause of ulnar-sided wrist pain.
    Discussion: Although DRUJ arthroscopy is technically difficult, it is mandatory for the diagnosis and treatment of ulnar-sided wrist pain.
  • 北口 照美
    木材保存
    1999年 25 巻 2 号 65-71
    発行日: 1999/04/25
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 加工速度と切削性について
    西浦 芳史, 穂波 信雄, 村瀬 治比古, 瀧川 博
    農業機械学会誌
    1994年 56 巻 Supplement 号 237-238
    発行日: 1994/04/01
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 横山 直樹, 國武 徹, 櫻井 慎一郎, 小林 美子, 山田 英介
    日本接着学会誌
    2019年 55 巻 1 号 4-16
    発行日: 2019/01/01
    公開日: 2019/01/24
    ジャーナル フリー

    エポキシ樹脂の特長である高強度,高耐熱性等の特性を極力犠牲にせず,低破壊靭性等の脆性を改善することを目的に,in-situポリウレタン変性エポキシ樹脂 (U-BAE) の合成と硬化物の特性評価を実施した。本研究では,液状ビスフェノールA型エポキシ樹脂( BAE) の濃度を変えてU-BAEを合成し,酸無水物硬化にて硬化物を調製後,モルフォロジーに及ぼす影響,硬化物特性に及ぼす影響および両者の関係を検証した。硬化物の原子間力顕微鏡観察結果から,BAE 濃度20 wt.%で合成したU-BAE 硬化物には,エポキシマトリック (EM) 中にサブミクロンオーダーのポリウレタン (PU) ドメインが凝集した数ミクロンオーダーの凝集構造と同じく数ミクロンオーダーのエポキシマトリック (EM) の球状ドメインが観察された。また,BAE濃度40wt.%の U-BAE硬化物には,PUドメインの2次凝集構造は認められず,さらにエポキシマトリック (EM) の球状ドメインも観察されなかった。最後に,BAE 濃度60 wt.%の U-BAE 硬化物では,PU ドメインが凝集することなくサブミクロンオーダーでEM 中に均一分散した構造が観察された。BAE 中にはn=1 体が含まれるため,合成時のBAE 濃度が低いU-BAE ほど,PU 末端がBAE のn=1 体で封止されない非架橋性の高分子量なPU の生成割合が高いのに対し,BAE 濃度が高くなるほどn=1 体封止の架橋性で低分子量なPU の割合が高い。そのため,後者は,前者よりPU とEM の相溶性が良好と考えられ,前記のような硬化物のモルフォロジー変化が生じたと考えられる。また,U-BAE硬化物の破壊靱性( K1C) は,総ての系でPU 変性率16 wt.%付近に極大値が認められた。これらの挙動に対して,硬化物のモルフォロジー観察結果および引張試験の応力- 歪 (S-S) 曲線測定結果から,2 つの機構を提案した。第1 は,サブミクロンオーダーのPU 粒子の部分相溶によって全体的にEM が適度に可塑化される範囲では,脆性が低減してK1C は増大するが,PU の相溶が過度になるとEM の可塑化が進み過ぎ,亀裂進展が容易になりK1C は減少に転ずる機構である。第2 は,PU ドメインが2 次凝集した構造(ミクロ相分離) を形成すると,この凝集体周辺のEM が局所的に塑性変形してエネルギー吸収するためK1C は増大するが,この2 次凝集体構造が消失するとEM の局所塑性変形もできなくなりK1C は減少に転ずる機構である。

  • 日本農村医学会雑誌
    1978年 27 巻 3 号 272-333
    発行日: 1978/09/10
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
  • 佐伯 浩
    材料
    1973年 22 巻 241 号 894-902
    発行日: 1973/10/15
    公開日: 2009/06/03
    ジャーナル フリー
  • 中澤  俊之, 安達   公, 笠井  謙和, 二見  俊郎
    日本腰痛学会雑誌
    2003年 9 巻 1 号 107-110
    発行日: 2003年
    公開日: 2008/06/30
    ジャーナル フリー
    腰部脊柱管狭窄症に対してポリ-L-乳酸ピンを用いて椎弓還納式脊柱管拡大術を施行し,術後1年と術後4カ月で再手術を行った2症例について抜去したポリ-L-乳酸ピンの強度変化を検討した.外観観察では,2症例ともに,大きな変化を認めず,平均分子量測定においても,試験管内の実験よりも分解が進んでいなかった.椎弓の還納に対してポリ-L-乳酸ピンは十分な初期固定が期待できると考えられた.
  • 徳山 竹次郎
    繊維工学
    1969年 22 巻 11 号 P816-P819
    発行日: 1969/11/20
    公開日: 2010/09/27
    ジャーナル フリー
  • 井上 研司, 本村 貢, 飯村 崇, 園田 哲也
    塑性と加工
    2006年 47 巻 541 号 139-143
    発行日: 2006年
    公開日: 2007/02/09
    ジャーナル フリー
    Healthy hair catches a lot of people's attention. Because of this, the effects of some properties of scissors on hair are determined. First, hair sections cut by different methods are compared. The hair sections cut by hair-cutting and stationary scissors are prepared. These hair sections are heated by a hair drier in a manner similar to daily hair care. The hair section cut by stationary scissors is dried for a longer time than that cut by hair-cutting scissors, because of its rougher surface. This indicates that a hair section with a rough surface can not maintain moisture. From this result, it is possible to evaluate the cut hair section in terms of the rough surface area ratio. Several scissors with different properties are used for such an evaluation. The rough surface area ratios of the hair sections cut by these scissors are measured. The results indicate that the most important property of scissors is the edge radius. To examine the effect of this property on live hair, hair sections are obtained from four persons using the scissors with a large edge radius. Two months later, 40% of one hair section was damaged.
  • 稲垣 秀輝
    日本地すべり学会誌
    2014年 51 巻 1 号 21-24
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/02/28
    ジャーナル フリー
feedback
Top