詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "だんじり"
116件中 1-20の結果を表示しています
  • 石田 信博
    繊維学会誌
    2013年 69 巻 8 号 P_273-P_277
    発行日: 2013/08/10
    公開日: 2013/08/09
    ジャーナル 認証あり
  • 辻村 壮平
    日本音響学会誌
    2012年 68 巻 9 号 492-
    発行日: 2012/09/01
    公開日: 2017/06/02
    ジャーナル フリー
  • (第2年次) ―お囃子の口唱歌からはじまる表現活動―
    小島 律子, 岡寺 瞳
    学校音楽教育実践論集
    2018年 2 巻 21-28
    発行日: 2018/03/31
    公開日: 2018/06/15
    ジャーナル フリー
  • 小西 潤子
    東洋音楽研究
    2000年 2000 巻 65 号 55-63,L6
    発行日: 2000/08/20
    公開日: 2010/02/25
    ジャーナル フリー
    There is a well-established Japanese belief in an invisible spirit who lived in an old tree. A raccoon dog, which lived in the tree's hollow, often believed to be an incarnation of the spirit. On the other hand, folk story tells that people have long been frightened by the strange sound made of raccoon dogs beating their stomach muscles with their paws. Based on these, the following story of a spiritual raccoon dog, named Danjiri-kichibei was formed in Osaka.
    In 1938, when the watercourse between Tenma canal and Yodo river was cut, beside the canal Enoki (hackberry) jinja shrine was established. After then, a raccoon dog lived there regarded as an incarnation of Enoki jinja shrine's spirit. One night when people completely neglected the spirit and the raccoon, an old man offered a lunch box to Enoki jinja shrine. Then, suddenly a strange sound sounded. This seemed to be similar to the sound of danjiri bayashi (the music used to accompany a float pulled in procession), although the festival season had finished. The people considered that this must have been the warning sound by the spiritual raccoon dog they ignored.
    They named the spiritual raccoon dog Danjiri-kichibei after the character of his strange sound. Danjiri-kichibei was happy to produce the sound until the Meiji period (1868-1912), when many people visited the shrine. Although it has not been heard by the 1930s, a danjiri bayashi performance, which is sometimes accompanied a “raccoon dog dance”, is still offered to Danjiri-kichibei.
    In this story, it is conspicuous that the strange sound was related to the sound of danjiri bayashi. In the 1930s, Danjiri-kichibei was regarded as a spiritual raccoon dog, which was good at imitating danjiri bayashi sound of the Tenjin-matsuri festival that had performed on the pulled floats during the Meiji period (1868-1912). Tenjin-matsuri festival is one of the three biggest festivals in Japan, and the danjiri bayashi performance is popular especially in Osaka. However, since the Meiji period the danjiri bayashi performances declined to the one performed on a fixed float in the Osaka Tenmangu shrine (the ritual center of the festival).
    It is indeed only about 800m distance between the shrine and Danjiri-kichibei's small shrine, however, the strange sound was heard after the festival season. In addition, Osaka Tenmangu shrine keeps no material concerned with a raccoon dog. Noting relates the Danjiri-kichibei's and Tenjin-matsuri's danjiri bayashi.
    Then, the sound recognition by the local people should be considered why Danjiri-kichibei's sound was related to the sound of Tenjin-matsuri festival's danjiri bayashi. The author hypothesized that a real strange sound was heard around Enoki jinja shrine. The expression of the Danjiri-kichibei's sound, that is “kon chiki chin”, indicates this was a metallic quality. It is possible to be a sound of the casting coins at the brick factory of the Mint Bureau established in 1870. At the factory where situated 1200m away from Danjiri-kichibei's small shrine, 16 hours a day working was done at the longest. The sound could be heard at night until the building was reconstructed in the 1930s.
    The strange sound was accepted as a phenomenon caused by a spiritual raccoon dog, referring to the local belief. The sound became more familiar when it was related with the sound of danjiri bayashi. In the 1930s when both Danjiri-kichibei's and the pulled floats' danjiri bayashi performance had been lost, the nostalgia for the Meiji period relates these. As a result, Danjiri-kichibei's strange sound was involved in the local sound culture of Tenjin-matsuri festival. When danjiri bayashi was performed for the spiritual raccoon dog
  • 小水 満
    画像通信
    2011年 34 巻 2 号 67-68
    発行日: 2011/10/01
    公開日: 2017/07/14
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • ―「スポーツ化」する岸和田だんじり祭―
    有本 尚央
    フォーラム現代社会学
    2017年 16 巻 59-71
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/06/13
    ジャーナル フリー

    本稿は、大阪府南部・岸和田市で行われる岸和田だんじり祭を事例に、都市祭礼の近代化の歴史を「暴力の抑制」という観点から分析することを通して、現代日本社会における祭りの変化について考察する。

    現在の岸和田だんじり祭は、地車(だんじり)と呼ばれる山車が事故を起こすほどの激しい曳行をする点に特徴があり、「やりまわし」と称される過激な地車の曳行が祭りの代名詞となっている。岸和田だんじり祭におけるけんかや事故などの過激で暴力的な特徴は、世間の耳目を集めると同時に、警察による規制の対象としても取り沙汰されてきた。こうした状況のなか、特に近年の岸和田だんじり祭ではやりまわしの高速化が指摘され、地車の曳行はますます過激なものへと変化する傾向にある。

    本稿では、現代社会においてなぜこのような祭りの変化が生じたのかという問いについて、祭礼組織と警察が暴力の規制をめぐって展開してきた過程に注目することで明らかにする。いわば、それぞれの時代における警察との関係のなかで、祭りの挙行に関してなにが問題とされたのか―祭りの渉外の焦点はどこにあったのかをたどることによって、祭りがどのようにかたちづくられてきたのかを分析する。その結果、現代社会における祭りが「スポーツ化」(Elias & Dunning 1986=1995)していることを明らかにする。

  • 寺澤 洋子
    日本音響学会誌
    2012年 68 巻 9 号 492-493
    発行日: 2012/09/01
    公開日: 2017/06/02
    ジャーナル フリー
  • ─ だんじり祭の事例から
    野中 亮
    日仏社会学会年報
    2015年 26 巻 105-117
    発行日: 2015/11/30
    公開日: 2017/07/03
    ジャーナル フリー

    This article aims to re-examine theories of ritual, drawing from a case study on “danjiri festivals” and focusing on the idea of “the margins of society.” Durkheim’s concept of collective effervescence, one of the most influential theories of ritual, retains its explanatory power with regard to ritual by small groups; however, we need to confirm its effectiveness in explaining large-scale urban rituals. This is because it is impossible to assume collective effervescence in a gigantic and complex urban system that would involve all its elements. We examine two cases, “Kishiwada Danjiri Festival” and “Ootori Danjiri Festival,” both held in the city of Osaka in Japan. A comparison of these cases has brought the following to light: there is interaction between the two festivals, and a large-scale cultural sphere has been constructed, one that cannot be found through investigation of individual rituals. In addition, the emergence of stratification in the social evaluation of rituals and the exchange of personnel have played an important role in the formation of this cultural sphere. Conventional theories of ritual that focus on collective effervescence cannot explain the complex interlocking mechanisms and multi-layered nature of the motivating force behind ritual, but this study has demonstrated that by introducing the perspective of “the margins of society,” improvements can be made in this respect.

  • 宮本 英希
    繊維学会誌
    2013年 69 巻 7 号 P_230-P_233
    発行日: 2013/07/10
    公開日: 2013/07/10
    ジャーナル 認証あり
  • 岩間 絹世
    日本地理学会発表要旨集
    2015年 2015a 巻 502
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/10/05
    会議録・要旨集 フリー
    城崎温泉は最も人気のある温泉観光地の一つである。冬季のかに王国のほか,デジタル外湯券「ゆめぱ」による7つの外湯めぐり,近年では,色浴衣や日本的な風景で女性客や外国人にも人気の温泉観光地となっている。本研究では,観光地として成立していくまでの過程を踏まえ,近年における城崎温泉の観光事業と宿泊施設,宿泊客の傾向を把握し,観光まちづくりを担っている主要三団体の活動の特色を,地域の人間関係から考察することを目的とする。
      城崎温泉は,兵庫県豊岡市城崎町湯島,同町桃島,同町今津に所在し,中心は湯島にある。古くから湯治場として栄え,特に江戸時代には,湯治場として著名になり,外湯と旅館が整備された。1909年の鉄道開通により,大勢の観光客を受け入れる温泉地へと変貌した。昭和期に勃発した内湯設置をめぐる「内湯騒動」は,全町内を巻き込み,1950年まで続いた。この結果,温泉の集中管理が行われた。暴力団追放運動が1960年代に行われたことで,色町のイメージが払拭され,若者や女性でも安心して歩ける温泉街になった。
      城崎温泉には現在78軒の宿泊施設がある。このうち城崎温泉旅館協同組合に所属するのは72軒である。本研究では,城崎温泉旅館協同組合に所属する宿泊施設に対してアンケート調査を行った。期間は2014年10月から11月までで,回収率は69%である。
      城崎温泉には,部屋数が17室以下の小規模宿泊施設が多い。小中規模宿泊施設は外湯を中心に集積している。外湯の周りには,物産店や飲食店などの商店も集積している。宿泊施設には大きな内湯や売店がないことが多く,外湯や物産店等との「共存共栄」関係が形成されている。一方で,客室数が100室近くある新規参入の大規模宿泊施設は,温泉街の東端と西端に立地している。城崎温泉旅館協同組合は,町外送迎の禁止など小規模宿泊施設を守るための規約を設けている。
      宿泊客の年代は20から40歳代が約7割を占め,さらに女性の宿泊客の方が多いという回答が約4割であった。城崎温泉は,暴力団追放運動によって,若者や女性が気軽に訪れることができる温泉観光地となった。
      城崎温泉では,観光客誘致のための様々な事業を行っている。特に「城崎温泉泊覧会」は,城崎温泉とその周辺地域の持つ資源を生かした事業である。この事業は,城崎温泉旅館経営研究会,豊岡市商工会青年部城崎支部,城崎温泉観光協会青年部(以下,青年部)に所属する40歳代までの男性によって主に企画・運営されている。特に青年部は,他団体を連結する役割を持っている。構成員は他団体と重複する一方で,青年部のみに所属する者もいる。構成員を業種別にみると,宿泊施設が47%,飲食店が19%,土産物店が4%,寺院関係者が4%,酒店が4%,その他(造園業,印刷業)が22%である。異業種の人々が広く関わることで,町ぐるみの活動が可能になった。
      このように,城崎温泉の観光まちづくりは町内に居住する男性が中心になって行われている。これは,城崎温泉の伝統的な祭礼「だんじり祭り」によって強い結びつきが形成されているためと考えられる。だんじり祭りで,男性は3つの部のいずれかに所属する。男子は就学前から部に属し,幼いころから町の人々と関わり合いを持つ。部内には年功序列の「階級」と,同年配間での「連中」が存在する。階級によって異年齢間での交流が生じ,連中によって同年配間の強い結びつきが形成される。当然,幼少期からの人間関係が宿泊施設の経営者や商店主になっても維持され,異業種間での「共存共栄」の精神が育まれてきた。この精神が城崎温泉の繁栄を支えるとの考えを持っている。「部」に所属することで帰属意識が生じ,地域コミュニティーを繋ぎ止める役割も有す。
      城崎温泉の観光まちづくり事業は,壮年期までの男性が企画・運営を行う。彼らは,だんじり祭りの責任者である「執頭」(20~30代の男性が担う)の現役あるいは直近の経験者である。だんじり祭りの運営を「執頭」という壮年期の男性に任せており,観光まちづくりもまた彼らの世代が中心となる。彼らの多くは進学・就職などで一度城崎を離れた経験を有することが,聞き取りから明らかになった。城崎温泉以外の地域で生活し,妻を伴ってUターンやIターンしてきた人々が多い。近年では,他地域から結婚を機に移り住んだ女性が観光まちづくりに参加しつつある。このように,城崎温泉は排他的でなく,他地域の出身者を受け入れる人間関係もあることがわかった。
      だんじり祭りを担う男性集団によって形成されるネットワーク(socio-centric
    net-work)と,外部から流入する人々を受け入れる城崎温泉に限定されないネットワーク(ego-centric
    net-work)の両面を併せ持つことが,城崎温泉の観光まちづくりを推進する原動力になっていると考えられる。
  • -阪神・淡路大震災後の旧津名町志筑地区を対象として-
    大上 泰弘, 山崎 寿一
    日本建築学会計画系論文集
    2014年 79 巻 695 号 113-122
    発行日: 2014/01/30
    公開日: 2014/07/10
    ジャーナル フリー
    This study aims to clarify the transformation of the former community before and after the great Hanshin-Awaji earthquake and the actual situation of the reconstruction project. The following results were obtained :
    1. The former community was maintained by territorial bonding before and after the earthquake. And local activities , for example Danjiri festival, serve as opportunity for broad-based communication.
    2. Although the reconstruction project is evaluated in terms of keeping the fundamental unit of the society , it leads up to some problems in term of local interaction.
    3. The issue on decreasing opportunities of interaction within local activities due to the low birthrate and aging population in recent years can be discussed in the future.
  • 大阪府岸和田市の高校生を調査対象として
    中谷 悦子, 岡 絵理子
    日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集
    2020年 18 巻 49-52
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/25
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    近年問題視されている、中高生のコミュニケーション能力の低下や地域社会における人間関係の希薄化は、彼らが日常的に過ごす場所や社会との関わり方に原因がある。本研究では、だんじり祭が盛んな岸和田市の高校生に焦点をあて調査を行った。岸和田市では地域コミュニティは縮小していながらも、だんじり祭を地域社会に参加するきっかけとするには十分であったため、高校生の居場所に対するニーズを基に居場所の検討を行い、地域とつながる場所を提供することで、さらに地域の活性化につなげる。それは、様々な人が訪れる場所で、地域社会への参加に対する抵抗を減らすことができる空間とすることが重要である。そのためには、公共施設全体の再構築が今後の課題となる。
  • 椿本 恵子
    学校音楽教育実践論集
    2017年 1 巻 68-69
    発行日: 2017/03/31
    公開日: 2018/05/18
    ジャーナル フリー
  • 岡山県津山市のフィールドワークに関する一考察
    猪池 雅憲
    太成学院大学紀要
    2011年 13 巻 33-43
    発行日: 2011年
    公開日: 2017/05/10
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    津山まつりのフィールドワークの満足度は92%と高かった。観光認知度調査,参与調査において「有意義だった」86%,「充実感をもつことができた」81%と高い数値を示している。数値が最も低かったのは「津山まつりをもっと広めるべきだ」で67%であった。自由記述ではフィールドワークに対する肯定的な意見が多数を占め,否定的意見は少なかった。自分たちの行動に対してもっと積極的にコミュニケーションを図るべきだった,態度の悪い学生が一部いて残念だったなど。内省する様子がうかがえた。学生のフィールドワークの満足度は前年度と比較すると上がっている。要因の一つとして初日に実施した観光認知度調査において,まちの人とのコミュニケーションがうまく図られ,アンケートもスムースにこなせたことが満足度の上昇に貢献していると考えられる。その背景には津山の人たちが私たちを快く受け入れてくれる土壌があったと推し量ることができる。ただ楽しいだけで学生が満足感を得ているのではなく,地元の人たちの受け入れの気持ちがそのまま学生満足度につながると思われる。
  • 佐藤 秀之
    繊維学会誌
    2013年 69 巻 11 号 P_396-P_399
    発行日: 2013/11/15
    公開日: 2013/11/16
    ジャーナル 認証あり
  • ―岸和田市葛城町を事例として―
    栄沢 直子
    コミュニティ政策
    2011年 9 巻 106-126
    発行日: 2011年
    公開日: 2013/03/28
    ジャーナル フリー
    本稿では、以下の検討を通じて、ガバナンス概念の有用性を明らかにし、具体的な事例への汎用性を導くことを目的とする。第一にコミュニティの担い手組織の区分と対立・連携をめぐる議論を整理する。第二にガバナンス概念から過程と対抗の要素を抽出し、多元的な主体の役割分担によるガバナンスの多様化と、権限の委譲によるガバナンスの多層化について検討する。第三にサブ・ローカルな水準のガバナンス概念を具体的に検討するために、担い手の対立から結社創出にいたるまちづくりの事例研究を行う。担い手組織としてのボランタリー・アソシエーション (VA) は、公認/非公認、表出的=共楽型/手段的=共苦型など様々な軸の組み合わせで区分される。闘争の結社創出と団結の過程に注目すれば、それらを通じて何を継承していくのかについて考える必要があり、また、闘争の社会的遍在性に依拠すれば、それは社会の形成・存続・発展にとって意義がある。つまり、担い手の対立過程を容認することで、ガバナンスの有用性や汎用性も高まると考えられる。
  • 祭礼組織の構造と担い手のキャリアパス
    有本 尚央
    ソシオロジ
    2012年 57 巻 1 号 21-39,181
    発行日: 2012/06/30
    公開日: 2015/05/13
    ジャーナル フリー
     This article clarifies the “Figuration” (Elias 1969) of Kishiwada Danjiri Festival, focusing on its management by tracking competition within and around the organization, and the members’ career path in this festival. Kishiwada Danjiri Festival is one of the most famous float festivals in Japan, known for the danger inherent in its performance. Running in rhythm to the music of bells, flutes and drums, hundreds of people pull the 3 to 4 ton floats (named danjiri) as fast as possible. The highlight of the festival is called Yarimawashi, when a float turns a corner without slowing down. To achieve the perfect Yarimawashi, the members are required to have strong ties of solidarity and high-quality techniques. The festival’s organization consists of two groups, one whose members pull the floats, and another which controls the whole festival. The former is called cho-nai, and it recruits members from neighboring districts to perform Yarimawashi; the latter is called nen-ban, selecting and associating members from the cho-nai organizations to run the festival. Observing these two organizations, we see that the cho-nai organization is structured vertically based on seniority, while the nen-ban organization has a horizontal structure based on the members’ careers. In this article, we analyze every aspect of competition between organizations, groups and individuals. Since the festival is run by two organizations, a unique and original career path is created, which develops “festival-elites”. These elites alternate, and gain experience in both organizations to develop a network and skills by competing with others, in order to obtain “capital” to become the future leaders of the festival. In addition, we show that the mechanism of this festival has a nested structure, in which competition and solidarity coexist. This article points out the figuration of the festival as a complex and dynamic cultural event.
  • 金村 卓, 竹内 久貴, 池口 良輔
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌
    2013年 56 巻 5 号 1155-1156
    発行日: 2013/09/01
    公開日: 2013/12/10
    ジャーナル 認証あり
  • 吉川 貴士, 佐伯 宣孝, 津島 史聖
    年次大会
    2018年 2018 巻 J2010504
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/03/25
    会議録・要旨集 認証あり

    At the Iyo-saijo, the autumn festival which used total 150 "Mikoshi", "Danjiri" and "Taikodai" from the Edo period has been held for 4 days. In particular, in night operations in "Mikoshi" and "Danjiri", candles are lit in each 100 lanterns each. After that, they walk around, sometimes run and enter the river. Therefore, lanterns are shaken intensely and broken. As a result, we have to manufacture several types of lanterns in short time in 100 units. In addition to traditional techniques in making lanterns, they have improved tools for improve productivity. However, the manufacturing method is only the oral responses. Therefore, it changed while responding to the usage environment etc.

    We focused on the lantern manufacturing of Iyo-saijo which is the original technique. This time, we will report on the tricks which seems to have evolved especially in the manufacture of the lantern for "Mikoshi".

  • 猪池 雅憲
    太成学院大学紀要
    2014年 16 巻 11-17
    発行日: 2014年
    公開日: 2017/05/10
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    フィールドワークの評価は,学生の主体性や行動力を点数化することで表している。点数は学修成果の評価となり,学修成績として扱われる。一昨年まで学修成果はレポート等で行っていた。しかし,昨年度よりフィールドワークの評価方法の改善を模索の中で,評価基準表を作成し試行錯誤的に活用して実施した。今年度は,前年度の評価基準表の問題点を改善して学生に取り組ませた。このことにより,前年度を上回る学生のパフォーマンスが期待された。しかし,例年より参加者が減少し,少人数でのフィールドワークであったため。改善された評価基準表では,教員が求めているパフォーマンスをうまく引き出せなかった。一人の学生の発言や行動が少人数であるゆえ,他の学生に及ぼす影響が大きかった。
feedback
Top