詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "アズレン"
520件中 1-20の結果を表示しています
  • 佐々木 直子, 久道 周彦, 鎌田 佐知子, 後藤 希久子, 菊地 宏明, 高橋 將喜, 中村 郁子, 中本 祥子, 片岡 祐美, 竹下 光弘
    日本病院薬学会年会講演要旨集
    1999年 9 巻
    発行日: 1999/08/20
    公開日: 2019/03/15
    会議録・要旨集 フリー
  • 林 修一, 松浦 多聞, 山本 修, 岡野 正義
    日本化學雜誌
    1960年 81 巻 7 号 1136-1139
    発行日: 1960/07/10
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    ショウノウ藍色油からリン酸で抽出したアズレン油をベンゼン-シリカゲル溶出クロマトグラフィーおよびn-ヘキサン-シリカゲル溶出クロマトグラフィーで処理し,青色アズレン(85%)と紫色アズレン(15%)の2成分を得た。両成分の吸収スペクトルおよび分子化合物をpatchouli油の脱水素生成物と比較して,青色アズレンはS-guaiazuleneであり,紫色アズレンはSeguaiazuleneであることを確認した。
  • 小林 寿美, 古川 揚子, 金子 芳明, 石浜 済美, 藤井 彰, 山本 浩嗣, 田村 豊幸
    歯科薬物療法
    1989年 8 巻 2 号 156-162
    発行日: 1989/08/31
    公開日: 2010/06/08
    ジャーナル フリー
    The effect of azulene gel compound drug (alveolus gel) on experimental gingivitis and periodontitis in rats was investigated. Experimental gingivitis was prepared by irritating the labial gingival tissue in mandible associated with the incisors of a Wistar rat with a bundle of 30 needles. Experimental periodontitis was prepared by injecting collagenase into the same region as above. Three formulations (high, medium, low) of the compound drug were applied on the lesion once a day. Acess® A was used as a positive control. The lesion was examined by naked eye and then extracted and subjected to a histopathological examination and also to an analysis of collagen using Woessner's method. The results are as follows: (1) By naked eye observations, the azulene gel compound drug decreased the bleeding and led to an earlier desquamation of the necrotic lesion. (2) The azulene gel compound drug enhanced collagen formation, two weeks after the formation of the lesion. (3) By the histopathological examination, it was found that the azulene gel compound drug led to decreased inflammation and quickened repair. Thus, azulene gel compound drug might decrease the inflammation of experimental gingivitis and periodontitis and it might also hasten the repair process of the lesion.
  • ScottD Halle, Masayuki Yoshizawa, Hiro Matsuda, Shuji Okada, Hachiro Nakanishi, Takayoshi Kobayashi
    年会講演予稿集
    1991年 46.2 巻
    発行日: 1991/09/12
    公開日: 2018/03/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 松本 貴裕, 植田 健司, 玉木 輝幸, 俵口 隆雄, 冨田 誠
    年会講演予稿集
    1991年 46.2 巻
    発行日: 1991/09/12
    公開日: 2018/03/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 三輪 保
    日本消化機病学会雑誌
    1937年 36 巻 5 号 328-329
    発行日: 1937/05/15
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
  • 伊東 俊司, 森田 昇, 久保 貴弘
    有機合成化学協会誌
    2004年 62 巻 8 号 766-777
    発行日: 2004/08/01
    公開日: 2009/11/13
    ジャーナル フリー
    Stabilization of the ionic state and formation of polymethine dye with intense absorption in visible region by azulene skeleton are applied for the creation of novel polyelectrochromic materials. A new structural principle for the preparation of the polyelectrochromic system with high thermodynamic stability is proposed. The system is consisted with the polymethine dye containing the moieties of either one or two cyanine dyes as end groups. Multiple-color change was established by the use of azulene as a redox active chromophore on the principle of the cyanine-cyanine hybrid. The scope of the creation of novel polyelectrochromic materials taking full advantage of azulene skeleton and the new principle to design polyelectrochromic system is demonstrated by several examples.
  • 塩足 亮隼, 岩田 孝太, 中江 隆博, 品川 友志, 森 重樹, 奥島 鉄雄, 宇野 英満, 坂口 浩司, 杉本 宜昭
    表面科学学術講演会要旨集
    2016年 36 巻 2PB08
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/11/29
    会議録・要旨集 フリー
    多環芳香族炭化水素(PAH)内の炭素骨格の組み換わり(転位)の観測は、グラフェン構造におけるStone-Wales欠陥の生成・修復メカニズムを理解する上で重要である。本研究では、表面に吸着した有機分子内部の炭素骨格を可視化することができる非接触式原子間力顕微鏡(ncAFM)を用いて、アズレン(7員環-5員環)構造を持つPAH分子の測定を行った。分子を吸着したCu表面をアニールすることで、そのアズレン構造が、フルバレン(5員環-5員環)構造に転位することを見出した。このような転位は溶液中では起こらないため、Cu表面が触媒となり進行する特異的な反応であることが示唆される。
  • 高瀬 嘉平, 安並 正文
    有機合成化学協会誌
    1981年 39 巻 12 号 1172-1182
    発行日: 1981/12/01
    公開日: 2009/11/13
    ジャーナル フリー
    Azulenes are of interest in their chemical and physical properties as one of the fundamental nonbenzenoid aromatic compounds. The present article provides a summary of a new synthetic method of azulene derivatives by the reaction of 2H-cyclohepta [b] furan-2-ones with enamines developed mainly in the author's laboratory. This method could be applied to the syntheses of azulene derivatives having alkyl, aryl, and functional substituents, and of polycyclic aromatic compounds containing azulene ring.
  • 小林 寿美, 古川 揚子, 藤井 彰, 山本 浩嗣, 田村 豊幸
    歯科薬物療法
    1989年 8 巻 2 号 150-155
    発行日: 1989/08/31
    公開日: 2010/06/08
    ジャーナル フリー
    Acute and subacute toxicities of azulene gel compound drug (alveolus gel), containing cetylpyridinium chloride, azulene, mint oil, and allantoinchlorhydroxyalminium, were investigated to obtain the following results: The LD50 value in the acute toxicity study was 250 times higher than the highest dose formulation of the compound drug, suggesting that the azulene gel compound drug might be used safely. In the subacute toxicity study, body weight, serum biochemistry (S-GOT, S-GPT, glucose, total protein, and blood urine nitrogen), and histopathological findings of the mandibule, esophagus, stomach, duodenum, liver, kidney, and spleen, did not show any significant difference compared to those of the intact control. Thus, the azulene gel compound drug may be applied safely as an external preparations in the oral cavity.
  • 松井 和夫
    日本化學雜誌
    1961年 82 巻 11 号 1520-1522
    発行日: 1961/11/10
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    3-メトキシチエノ[3,2-α]アズレン(II)はエタノール中で塩酸により容易に加水分解されて,3-ケト-2,3-ジヒドロチエノ[3,2-]アズレン(IV)となる。IVを水素化ホウ素ナトリウムで還元して,3-オキシ-2,3-ジヒドロチエノ[3,2-α]アズレン(VI)とαし,VIを昇華すれば,脱水反応をともなって,母体のチエノ[3,2-α]アズレン(VII)を得る。またIVのグリニヤ反応によって,3-メチルおよび 3-エチルチエノ[3,2-α]アズレン(IX),(X)をも得る。
  • 山口 裕二, 片桐 洋史
    有機合成化学協会誌
    2018年 76 巻 8 号 820-827
    発行日: 2018/08/01
    公開日: 2018/08/09
    ジャーナル 認証あり

    Azulene is a simple substance belonging to the class of compounds known as non-benzenoid aromatic hydrocarbons, and has attracted much attention because of its unusual properties, typified by large dipole moment and long-wavelength absorption properties. In this paper, we describe the synthesis, structures, properties, and organic field-effect transistor (OFET) characteristics of 2-azulenyl end-capped oligomers and 2,6-connected terazulene isomers. These compounds showed small transition energies due to their effective π-conjugation system, high-order orientations in the crystalline state, and typical OFET characteristics with high carrier mobilities. In particular, terazulene isomers reveal a unique π-conjugation system with an asymmetric distribution of molecular orbitals, which present an unconventional concept: polarity control of OFET achieved by molecular orbital distribution control. The molecular design, based on the 2,6-connected azulene-based π-conjugation, could be a key approach for constructing various semiconductor materials. Moreover, these findings provide a basis for accelerated development of the solid-state chemistry of azulene.

  • 松井 和夫
    日本化學雜誌
    1961年 82 巻 12 号 1665-1667
    発行日: 1961/12/10
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    1,3-ジエトキシカルボニル-6-イソプロピル-2-アズレニルチオグリコール酸エチル(III)を,ナトリウムアルコラートと処理すれば, 2,9-ジエトキシカルボニル-6-イソプロピル-3-オキシチエノ[3・2-a]アズレン(IV)を得る。 IV のメチルエーテル(V)を加水分解脱炭酸すれば, 6-イソプロピル-3-メトキシチエノ[3・2-a]アズレン(VI)となる。VIは塩酸による加水分解で, 6-イソプロピル-3-ケト-2,3-ジヒドロチエノ[3・2-a]アズレン(VII)を与える。VIIを水素化ホウ素ナトリウムで還元後,生成物を昇華すれば,6-イソプロピルチエノ[3,2-a]アズレン(VIII)を得る。
  • 浅尾 豊信, 伊東 俊司
    有機合成化学協会誌
    1996年 54 巻 1 号 2-14
    発行日: 1996/01/01
    公開日: 2010/01/28
    ジャーナル フリー
    Studies in our laboratory on the syntheses of hydroxyazulenes, azulene thiols, polyaminoazulenes, and azulene analogue of carixarene, and on the synthesis, stabilities, and dynamic stereochemistries of extremely stable carbocations containing azulene were reviewed. 2- And 6- hydroxyazulenes were synthesized as stable crystals, which were found to exist as their keto- and enol-forms depend on the solvent used. 1-Hydroxyazulene and 3-hydroxyguaiazulene were synthesized starting from the corresponding benzoyloxyazulenes as extremely unstable compounds, and the latter was found to isomerize to a mixture of its keto form and oxidative dimers. 1-, 2-, and 6-azulene thiols, and 1, 2-diamino- and 1, 2, 3-triaminoazulene derivatives were synthesized as stable compounds. A series of azulene analogues of triphenylmethyl cation; tri (1-azulenyl) methyl, di (1-azulenyl) phenylmethyl, and (1-azulenyl) diphenylmethyl hexafluorophosphates and their various derivatives were synthesized by hydride abstraction of the corresponding methane derivatives with DDQ. Their pKR+values showed that the stabilities of these cations dramatically increase with the number of azulene rings. Tris (3, 6-di-t-butyl-1-azulenyl) methyl cation showed the highest pKR+ value (14.3) ever observed. The dynamic stereochemistries of these cations were also studied based on the temperature-dependent NMR spectra, which were analyzed by a flip mechanism. First example of one-ring flip mechanism was found for these molecular propellers. Extremely stable di- and trications were also synthesized.
  • 武隈 真一, 趙 振東, 松原 義治, 牧原 大, 山本 啓司, 野副 鉄男
    日本化学会誌(化学と工業化学)
    1993年 1993 巻 11 号 1270-1274
    発行日: 1993/11/10
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    氷酢酸中15℃ でアズレン(1)および1-メチルアズレン(8)の過酢酸酸化を3分間行った。その結果,主生成物として1および8の自動酸化における新規intermolecular one-carbon transferの重要中間体(6),(13)とそのシクロヘプタトリエン型互変異性体(5),(12)が得られ,少量生成物として1からはアズレン核外に余分の炭素をもった一分子生成物(4),二分子間生成物(2,7)および三分子間生成物(3)の4種の生成物,8からは側鎖の酸化生成物(11),アズレン核外に余分の炭素をもった一分子生成物(14),二分子間生成物(9,15)および三分子間生成物(10)の5種の生成物が得られた。また,これら生成物の生成機構についても考察した。
  • 野副 鉄男
    有機合成化学協会誌
    1957年 15 巻 10 号 497-509
    発行日: 1957/10/01
    公開日: 2010/10/20
    ジャーナル フリー
  • 安藤 芳明, 山東 セツ子
    日本化學雜誌
    1953年 74 巻 10 号 837-839
    発行日: 1953/10/10
    公開日: 2009/02/05
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 耕一, 山口 正雄, 小倉 勲
    分析化学
    1982年 31 巻 4 号 185-191
    発行日: 1982/04/05
    公開日: 2010/02/16
    ジャーナル フリー
    アズレン誘導体の構造解析のため環炭素原子のδ13Cの近似値を,一置換ベンゼン誘導体について得られている置換基シフト値(SCS値)及び一部のアズレン誘導体の実測値によって補正したSCS値を用いて簡易に算出する方法を見いだした.この算出法では多置換体でもδ近似値の算出と実測値の帰属の組み合わせを工夫すれば,十分妥当性のあることが確かめられた.更にグアイアズレンを出発物質とする一連の反応生成物について,置換基の数が増加すると強度の大きいシグナルの数が減少し,相対的にδ値の間隔が広くなることから帰属が容易・確実となり,反応位置の決定に役立つことが分かった.
  • 松井 和央
    日本化學雜誌
    1961年 82 巻 12 号 1667-1671
    発行日: 1961/12/10
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    チェノ[3,2-a]アズレン(I)のプロム化およびニトロ化では・単なる置換体と思やれるものはまったく得ることができなかった。しかしながらIのアゾカップリング,マンニッヒ反応およびホルミル化の反応では・それぞれモノ置換体を与える。すなわち9--トリルアゾチエノ[3 p,2-a]アズレン(II),9-ジメチルアミノメチルチエノ[3,2-a]アズレン(V),9-ホルミルチエノ[3,2-a]アズレン(X)などを得る。これに対して3-メトキシチエノ[3,2-a]アズレン(XIX)のホルミル化では,2,9-ジホルミル-3-メトキシチエノ【3,2-a】アズレン(XX)を与えゐ。またいくつかの誘導体が,VおよびXから得られた。
  • 野副 鉄男, 瀬戸 秀一, 高瀬 嘉平, 松村 進午, 中沢 知男
    日本化學雜誌
    1965年 86 巻 4 号 346-363
    発行日: 1965/04/10
    公開日: 2009/02/05
    ジャーナル フリー
    2-クロルトロポンまたは2-メトキシトロポン(Ia, b)にアルコラートやアミンなどの触媒の存在下に2mol当量のシアン酢酸エチル(ECA)を働かせ一挙に2-アミノアズレン-1, 3-ジカルボン酸ジエチル(XV), 2-オキシ-3-シアンアズレン-1-カルボン酸エチル(XVI), 2-アミノ-3-シアンアズレン-1-カルボン酸エチル(XIX)および2-オキシ-1, 3-ジシアンアズレン(XX)の混合物が得られた。この反応で塩基の量の少ない場合はXVが,また多い場合はXXが主成物となる。トロポン核にアルキル基やその他の官能基の存在する場合にも反応は同様に進行し, 2-メトキシトロポン体からは正常置換, 2-クロルトロポン体からは異常置換を経て縮環したアズレンを与えることも明らかになった。このアズレン合成の反応機構を解明する目的でECAのかわりに,その二量体を働かせたところ,アズレン類は得られずに1-オキサアズラン-2-オンおよび1-アザアズレン誘導体(XX XVIIIおよびXX XIX)が得られた。一方ECAのかわりに,マロン酸ジエチル(DEM)を用いるときは塩基の量が少ない場合は3-エトキシカルボニル-1-オキサアズラン-2-オン(XX XIII)が得られるのみであるが,塩基の量を3~4mol当量用いると,こんどは2-オキシアズレン-1, 3-ジカルボン酸ジエチル(XX XIV)が得られ, XX XIVはまたXX XIIIにさらに過剰の塩基の存在下にDEMを作用しても得られた。このことから,このアズレン合成反応はつねに1-オキサアズラン-2-オンまたは2-イミン類を中間体として進行することが推定され, XX XIIIとECAやマロンニトリル(MNL)あるいはシアン酢酸アミド(CAA)とを反応させてそれぞれXV, XVI, XIXおよび2-アミノ-3-カルバモイルアズレン-1-カルボン酸エチル(LXVII)が得られることから,その推定の正しいことが実証された。さらに適当な条件下ではIa, bとECAから3-シアン-1-オキサアズラン-2-オン(L XX)および3-エトキシカルボニル-1-オキサアズラン-2-イミン(C VI), MNLでは3-シアン-1-オキサアズラン-2-イミン(L X XI), CAAでは3-カルバモイル-1-オキサアズラン-2イミン(L XX VI)がそれぞれ好収率で得られた。この際塩基や試薬の量を変えることによって一挙にアズレン体も得られるが,その詳細な検討もなされた。これらのオキサアズラノン体にさらに種々の活性メチレン化合物を作用して種々のアズレン誘導体が得られたが,その結果の詳細な検討から,活性トロポノイド(Ia, b)からのアズレン合成反応の機構は大きくわけて4段階で進行し,最後のアズレン生成の段階を除けばすべて平衡反応と考えられ,試薬の種類によっては各中間体は種々の型をとり得,その割合が塩基の量で左右されることなどがわかった。しかも各段階は非常にすみやかに進行し,第1段階を除けば各中間体を単離することはできない。すなわち第1段階では活性トロポノイドと1mol当量の活性メチレン化合物からそれぞれ最大2種の1-オキサアズラノン体(第1次中間体)が生成し,第2段階ではさらにそれぞれの9位を別の1molの活性メチレン化合物が攻撃して5員環が開き, 1位に活性メチン基を有すろ8, 8-ジ置換ヘプタフルベン体を与える。それぞれのオキサアズラノン体から得られるこの第2次中間体は最大4種の空間配置をとり得るが,その割合は各反応中心の官能基の求核性,求電子性のほか,さらには立体的な因子に支配されると考えられる。第3段階では第2次中間体の求核中心のメチン基がヘプタフルベン体の8位の官能基を攻撃して1, 1 , 3-トリ置換アズラノン体となる。さらに第4段階では1位の置換基を塩基が攻撃し,そのうちの脱離しやすい基が2位の置換基の分極にうながされて脱離して最終生成物のアズレン体が生成することになると考えられる。この反応は複雑でまだ完全な解明にはいたっていないが,ここではそれぞれの場合について実験事実を主体として考察する。この際各段階における反応速度も当然問題になってくると思われるが,その方面の研究は今後の問題としたい。このアズレン合成法は脱水素の段階を経ずに初めから2位にアミノや水酸基のような反応性に富んだ官能基をもつアズレン体が得られる点でいままでの合成法にはまったく見られない特徴がある。さらにこれらの官能基はあとで種々変形することができ,種々のアズレン誘導体の合成に利用されている。本論文は従来他の学会誌に発表した主題の研究1)~11)を総合的にまとめたものである。
feedback
Top