詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "アセットマネジメント"
986件中 1-20の結果を表示しています
  • 小澤 一雅
    電気学会誌
    2010年 130 巻 2 号 72-75
    発行日: 2010/02/01
    公開日: 2010/02/01
    ジャーナル フリー
  • 小澤 一雅
    海洋開発論文集
    2006年 22 巻 1-4
    発行日: 2006年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    Asset management for infrastructure is systematized activities which manage the infrastructure as a national common property at a long-term viewpoint efficiently and effectively for the improvement in profits of people, which is necessary to be carried out continuously, using synthetically the knowledge in fields, such as engineering, economics, and business administration.
    While building the management system of physical property, it is important to construct the organizational management system, personnel training and improvement in accountability, and also infrastructure accounts for strategic management.
  • 大島 誠一郎, 小林 浩
    電気設備学会誌
    2019年 39 巻 12 号 761-764
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/10
    ジャーナル フリー
  • 宮川 豊章, 保田 敬一, 岩城 一郎, 横田 弘, 服部 篤史
    土木学会論文集F
    2008年 64 巻 1 号 24-43
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/02/20
    ジャーナル フリー
     
    アセットマネジメント
    について,土木技術の観点からその現状をとりまとめ,問題点を指摘した.まず,構造物群に対する
    マネジメントの必要性からアセットマネジメント
    導入の背景を示した.次いで,
    アセットマネジメント
    の概要を,定義と位置付け,投資判断の指標,確率数理モデルによって紹介した.さらに,
    アセットマネジメント
    におけるメンテナンスとマネジメントの関係と,メンテナンス技術の役割について論じた.最後に,
    アセットマネジメント
    の取組みの現状について,青森県,東京都,山口県および高速道路の例を示すとともに,
    アセットマネジメント
    の現状に基づきその将来について論じた.
  • 東京都のアセットマネジメントと導入の効果
    高木 千太郎
    海洋開発論文集
    2006年 22 巻 5-8
    発行日: 2006年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    Tokyo Metropolitan Government manages about 2, 229km road and 1, 238 bridges and 92 tunnels in capital Tokyo. The road assets which Tokyo Metropolitan Government manages have two peak of construction. I think that we must update many of road structure for deterioration ten several years later. However, I think about updating all with impossibility in current financial conditions because extraordinary cost is necessary in replacement of structure. Therefore, The Tokyo Metropolitan Government decided to introduce road asset management early to solve this problem.
  • 福手 勤, 横田 弘, 森屋 陽一, 水谷 法美, 木村 克俊
    海洋開発論文集
    2008年 24 巻 37-40
    発行日: 2008年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    This paper summarizes the special session “Coastal Disaster Prevention-Asset Management for Coastal Disaster Prevention Facility-” This session has been planned on the basis of the discussion of the last year special session (Fukute et al., 2007). Presentations include (1) risk curve formulation and utilization on the life cycle cost, (2) an approach for asset management of decrepit social infrastructures and there perspective for the future, (3) development of evaluation system for asset management of port facilities, (4) research direction about changes in tropical cyclones associated with global warming, and (5) development of shore protection facilities database using GIS. After presentations, the subjects for applying the asset management to coastal disaster prevention facilities have been discussed. Throughout the presentations and discussions, many important matters have been pointed out.
  • 鈴木 誠, 稲田 裕, 石井 清, 海野 展靖
    海洋開発論文集
    2007年 23 巻 39-44
    発行日: 2007年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    Recently, deterioration of infrastructures has become social problem in Japan, and the application of the asset management system for the maintenance of infrastructures is attracting wide attention. In this study, comprehensive research to develop the asset management system for port facilities has been conducted in order to enable effective planning of maintenance strategy. The practical data management system is being developed, and its outline and characteristics are demonstrated in this paper. The system adopts ASP (Application service provider) system, and has good availability for the users. Furthermore, several analytical methods based on the statistical approach are proposed to assist the decision making in the management.
  • ~米国MBAテキストをやさしく読み解く
    劔 義隆, 中村 恒
    リアルオプションと戦略
    2017年 9 巻 3 号 23-31
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/04/25
    研究報告書・技術報告書 フリー
    スチュワードシップコードやコーポレートガバナンスコードが日本において制定され、機関投資家は株主としての経営監視責任の強化・企業との対話促進をより一層求められ、企業側は株主などのステークホルダーに対するアカウンタビリティをより強化させていく必要に迫られている。余剰現金の保有に対する株主からの配当増額要請や自社株消却要請、M&A・設備投資などの戦略・ファイナンス方法・リスクマネジメントなどを、株主・債権者などのステークホルダーに理論立てて説明しなければならない機会はますます増大していくことが想定され、これまで日本の実務界では欧州との相対比較であまり重要視されてこなかったコーポレートファイナンス・統合リスクマネジメントの領域の知識武装がますます求められてきている。 なぜ、企業はリスクマネジメントを行わなければならないのかについては、海外では早くから学術的に理論分析や実証分析が行われてきた。また、教育の場でも欧米のMBAにおいてファイナンス理論の世界から統合リスクマネジメントを          学ぶ授業が展開され、本論文で紹介するケーススタディが掲載されたテキスト、ニール・ドハティの『Integrated Risk Management』(邦訳『統合リスクマネジメント』(米山高生、森平爽一郎監訳)は、まさにそのMBAに使われる標準的テキストとして名声を得ている。本テキストでは、難解な数式を用いることなく簡単な四則演算で計算できるケーススタディを多数用意し、これらのケーススタディを丹念に読み解いていくことで、企業がなぜリスクマネジメントを行わなければならないのかについて、その理論を体系的に習得することが可能となっている。原書はやや古いものではあるが、内容は現在でも全く色あせておらず、多くの実務家の方々に対して有益な実務的指針を提供してくれるものである。筆者らは、一橋大学MBA(大学院商学研究科経営学修士コース)においてこのテキストを用いた授業「統合リスクマネジメント」を開設し、本テキストをよりわかりやすく理解できるようにするため、特に重要と思われるケーススタディをピックアップし、各ケーススタディの意味付け、バランスシートによる解説、考察および事後課題を付したスタディ・マニュアルを新たに作成し、授業では実際にこの副教材が大いに学生の理解の手助けとなった。本稿では、このテキストに掲載されたケーススタディの中からオプションに関連するケーススタディを取り上げ、スタディ・マニュアルの内容を盛り込みつつ内容の紹介を行う。紙面の関係で、ここに取り上げるケーススタディはごくごく一部でしかなく、興味を持たれた方はぜひテキストに加えて、ウェブサイト にて公開しているスタディ・マニュアルを併用し、他のケーススタディにも触れていただければ幸いである。
  • 竹末 直樹
    電気学会誌
    2010年 130 巻 2 号 76-79
    発行日: 2010/02/01
    公開日: 2010/02/01
    ジャーナル フリー
  • *二宮 淳恵
    経営情報学会 全国研究発表大会要旨集
    2017年 2017s 巻 B1-1
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/31
    会議録・要旨集 フリー
    資産運用会社には投資信託(ファンド)にかかわる専門的な知識を求められる人材が在籍している。資産運用会社の人材は金銭的報酬を重視していると耳にすることがある一方、高度なスキルをもつナレッジワーカーは金銭的報酬以外の要因にこそ動機づけられるとも言われている。ナレッジワーカーの範疇は拡大しており動機づけに関する新たな知見も必要となっている。
    そこで、今回の研究では、資産運用会社の人材が金銭的報酬をどの程度重視しているのか、それ以外のどのような要因によってどのように動機づけられているのかという実態を明らかにすることを目的として調査ならびに分析を行った。
  • 宮本 能久, 松下 博通, 榎本 碧
    建設マネジメント研究論文集
    2006年 13 巻 115-126
    発行日: 2006/12/05
    公開日: 2010/06/04
    ジャーナル フリー
    現伍多くの地方自治体の公共施設の
    アセットマネジメント
    は, LCC (Life Cycle Cost) 型の
    アセットマネジメント
    が主流となっている. しかしながら, 今後は, 市民が望む真の豊かさや都市像も考慮した施設の価値を最大化するNPM (New Public Management) 型の
    アセットマネジメント
    を構築していくことが重要である. この目標を追求するため, 九州大学の教員と福岡市職員で, 福岡市の事例を題材に意見交換会を実施した.
    本研究は, 意見交換会の資料・意見の分析により, 「福岡市が推進していくべき
    アセットマネジメント
    の将来像はどのようなものか」を検討し, 提案するものである. 福岡市型
    アセットマネジメント
    では, 価値を最大化するために, 公共施設の計画・建設・維持管理の各段階で, 6種類 (施設維持, 建設, 財務, リスク, バリュー, 環境) のマネジメントから成るフレームワークで行う
    アセットマネジメント
    に移行することが重要であり, また, それを実現するためには, 組織マネジメントの実施や施設データの統合, 市民や学識経験者・専門家との連携強化が必要であることを示した.
  • 牛島 栄
    農業農村工学会誌
    2008年 76 巻 3 号 258
    発行日: 2008/03/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • 沿岸防災施設のアセットマネジメント
    福手 勤, 森屋 陽一, 水谷 法美, 木村 克俊
    海洋開発論文集
    2007年 23 巻 23-26
    発行日: 2007年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    This paper summarizes the special session “Coastal Disaster Prevention -Asset Management for Coastal Disaster Prevention Facility-. ”This session has been planned to understand the asset management and to contribute an application of the asset management for coastal disaster prevention facilities. Presentations include (1) asset management for infrastructure, (2) asset management for road infrastructure, (3) superannuation and destruction of shore protection facilities and (4) a current state and engineering subjects on investigation, measurement, diagnosis and deterioration forecast of port & harbor structure. After presentations, the subjects for applying the asset management to coastal disaster prevention facilities have been discussed. Throughout the presentations and discussions, many important matters have been pointed out.
  • 三輪 宏太郎, 植田 一博
    行動経済学
    2017年 9 巻 76-80
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/06/01
    ジャーナル フリー

    本研究では,時間外取引を行う投資家が少ない状況下でも,どのような取引時間延長が有効となりうるか分析を行った.特に,プレマーケットセッション,アフターマーケットセッションの導入及び,どの程度の長さのセッションの導入が有効となるか,人工市場モデルによるシミュレーション分析を行った.結果,上記の状況下では,多くの場合,取引時間延長により,価格効率性及び価格安定性が低下することがわかった.しかも,導入される時間外取引時間帯が長く,アフターマーケットセッションを導入した場合,この傾向は顕著であった.一方で,短期間のプレマーケットセッションであれば,時間外取引の参加者が少なくても,価格効率性や価格安定性を改善しうることがわかった.

  • ゲーム理論を用いた理論的考察
    林 寿和
    日本経営倫理学会誌
    2020年 27 巻 235-250
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/12/27
    ジャーナル オープンアクセス
    This paper provides a game-theoretical analysis of institutional investors’ collective engagements from the viewpoint of collective action theory, which allows us to examine the free-rider problem and social dilemmas. The author developed two different types of theoretical models with taking into account the difference in its nature of benefit from collective goods: collective engagements aiming to achieve excess market returns by influencing investee companies – collective engagements for excess market return –, where collective goods are rivalrous, and collective engagement aiming to affect corporate environmental and social policy and practices – collective engagement for environmental and social issues –, where collective goods are non- rivalrous. The key findings of this paper are as follows. Firstly, both types of collective engagements require a relatively higher amount of benefits than their costs to generate collective action, especially for the collective engagement for excess market return. Secondly, while the free-rider problem can be accompanied in both types of collective engagements, discouraging effect on cooperative behavior are larger in the case of the collective engagement for excess market return. Instead, the collective engagements for environmental and social issues would not be diminished even if the number of free- rider increases. Lastly, since there are many institutional investors in the markets, social dilemmas can emerge in the real-world situations. From the policymakers’ point of view, policy measures to promote cooperative behaviors among institutional investors can be justified to maximize social welfare.
  • 竹末 直樹, 藤堂 政行, 小林 潔司
    グローバルビジネスジャーナル
    2021年 7 巻 1 号 32-43
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/10/31
    ジャーナル フリー
    コンセッション方式では,コンセッショネアとなる民間事業者が公共主体からインフラ資産の運営権を購入し,契約に基づく一定期間,インフラ資産の管理・運営を行った後,期間終了時に運営権を売却して当該事業を終了する.本研究では,事業期間中にコンセッショネアが得るフリーキャッシュフローの割引現在価値の総和と事業終了時に売却する運営権価格の割引現在価値の和を最大にする最適
    アセットマネジメント
    政策を求めるためのコンセッショネアモデルを定式化する.さらに,橋梁事業を対象に予防保全政策が最適
    アセットマネジメント
    政策となることを例示するとともに,コンセッション期間終了時のインフラ資産の残存価値を時価評価モデルにより算出する.
  • 加藤 丈佳
    電気学会誌
    2010年 130 巻 2 号 88-90
    発行日: 2010/02/01
    公開日: 2010/02/01
    ジャーナル フリー
  • 竹末 直樹, 藤堂 政行, 小林 潔司
    グローバルビジネスジャーナル
    2020年 6 巻 1 号 20-30
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/06/30
    ジャーナル フリー
    厳しい財政制約の下でインフラの老朽化に対応するため,
    アセットマネジメント
    の実施とPPP/PFI 手法の導入が並行して進められている.前者は,2014 年1 月に発行された
    アセットマネジメント
    の国際規格(ISO55000 シリーズ)にも謳われている「アセットからの価値を実現化する組織の調整された活動」であり,後者はインフラの管理・運営を官民協働で実施するしくみである.本稿では,これまで官民のリスク分担や契約手続き,プロジェクトファイナンスのしくみなど,プロジェクトマネジメントの視点からの研究が多かったPPP/PFI 手法について,各手法の将来フリーキャッシュフローから導出されるインフラの資産価値の評価式をもとに,民間事業者が
    アセットマネジメント
    を実施するインセンティブの有無,インセンティブを持たせるための方策について考察する.
  • 江橋 正敏, 中村 裕司, 小澤 一雅
    建設マネジメント研究論文集
    2005年 12 巻 333-342
    発行日: 2005/10/31
    公開日: 2010/06/04
    ジャーナル フリー
    老朽化あるいは損傷による劣化が深刻化し, 社会資本に対する維持管理費は増加の一途をたどるという予測がされている. 他方, 制約された予算の下, 公共事業費が削減される傾向であることも否みがたい. このような社会経済情勢にあって, 事業者・施設管理者が社会資本を維持管理していくためには, 投下する資金がそれに見合う産出と成果を生み出すことを合理的に説明できるシステムを構築する必要がある. 以上の観点から, 近年
    アセットマネジメント
    という考え方が導入され, わが国においても盛んに調査・研究が進んでいる. しかしながら,
    アセットマネジメント
    に関する現在の調査や研究は, 維持管理あるいはメンテナンスの延長もしくは改善に止まっている場合が多い. 本来,
    アセットマネジメント
    とは投資戦略と実行, 物件管理, 出口戦略と実行という三つのマネジメントを対象とするものである. 本稿では, 社会資本の
    アセットマネジメント
    は資産の運用 (投資戦略・出口戦略) と管理 (物件維持管理) という両側面を有すべき, という立場から, メンテナンスやBMS/PMSと社会資本
    アセットマネジメント
    の相異を明らかにし, これからの社会資本マネジメントの進化すべき方向を展望すると共に, 資産価値に関わる評価についても一つの提言を行った.
  • 大津 宏康, 松山 裕幸, Nutthapon Supawiwat, 高橋 健二
    建設マネジメント研究論文集
    2004年 11 巻 319-330
    発行日: 2004/12/07
    公開日: 2010/06/04
    ジャーナル フリー
    昨今, 日本の社会基盤整備の一面として成熟型社会における構造物の維持・補修・更新の最適化という課題に対処するため, 戦略的に維持補修予算投資を決定するという
    アセットマネジメント
    という観点からの検討が注目を集めつつある.しかしながら, 現状では本研究で取り扱うような斜面等の地盤構造物に対する
    アセットマネジメント
    に関する概念は, 未だ確立されていない.こうした背景を鑑み, 限定した議論ではあるが, 本研究では斜面の安定対策工として多用されている地下水排除工の性能低下を考慮した維持補修計画を対象として, 災害リスク評価を基本としたライフサイクルコストの評価方法を提案する.さらに, ライフサイクルコストの期待値算定モデルにおける社会的割引率に着目し, 社会的割引率がライフサイクルコストを指標とした斜面の
    アセットマネジメント
    手法への影響について考察するとともに重要性について言及する.
feedback
Top