詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "アノミー"
493件中 1-20の結果を表示しています
  • 岡崎 宏樹
    フォーラム現代社会学
    2003年 2 巻 84-97
    発行日: 2003/05/24
    公開日: 2017/09/22
    ジャーナル フリー
    本稿の目的は、『自殺論』でデュルケームが「無限という病」とよんだアノミーの概念を再検討することをとおし、欲望の無限化という<症候>を産み出す社会構造を分析することにある。最初に、欲望の無限化とはどのような事態を意味するのか、という問いを考察する。第一に、それは、主体が産業社会が生産する対象を「永続的」に追求するという行為形式を意味する。第二に、それは、欲望が特定の対象から離脱し不在の対象へと拡散することを意味する。次いで、主体に無限回の欲望追求を強いる機制を考察し、それが「進歩と完全性の道徳」にもとづく産業社会の価値体系にあるとみたデュルケームの洞察に光をあてる。さらに、デュルケームがアノミーを暴力性エネルギーの沸騰として記述した点に注目し、彼が示唆したにすぎなかった、この沸騰と産業社会の価値体系との関係を、バタイユのエネルギー経済論(「普遍経済論」)によって理論的に説明する。最後にラカンの欲望論にもとづいて、アノミーは「倒錯」を導くとする作田啓一の解釈を検討し、この現象の病理としての意味を明確にする。以上の考察は、欲求の無規制状態という通説的なアノミー解釈に再考を迫るとともに、豊かな現代社会にただよう空虚さと突発する暴力性を理解するためのひとつの糸口を与えるものとなるはずである。
  • 小林 篤, 粂野 豊, 徳永 幹雄, 佐々本 稔
    体育学研究
    1966年 10 巻 2 号 71-
    発行日: 1966/07/15
    公開日: 2016/12/31
    ジャーナル フリー
  • 赤羽 由起夫
    社会学評論
    2013年 64 巻 1 号 37-54
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/09/10
    ジャーナル フリー
    本稿の目的は, なぜ少年犯罪において「心の闇」が語られるようになったのかを明らかにすることである.
    「心の闇」は, 1990年代後半から2000年代中頃にかけて社会問題化した戦後「第4の波」と呼ばれる少年犯罪を語るうえで重要なキーワードの1つとなった言葉である. この「心の闇」の語られ方には, それが, 一方で理解すべきものとして語られながら, 他方でどれだけ努力しても理解できないものとしても語られたという特徴がある. つまり, 「心の闇」は, 「心」を理解したいという欲望の充たされなさによって特徴づけられているものであり, ここからは, エミール・デュルケムが『自殺論』で論じたアノミーの存在を指摘することができるのである.
    そこで, 本稿では, 「心の闇」という言葉がどのような社会状況において人々に受容されるのかについて, デュルケムのアノミー論を援用しながら知識社会学的に考察する. 考察を進めるうえでの参考資料としては, 新聞と週刊誌の少年犯罪報道で語られた「心の闇」を用いる.
    本稿では, 以下の手順で考察を進めていく. 第1に, デュルケムのアノミー論について概説し, 「心の闇」とアノミーの関係についての仮説を提示する. 第2に, 少年犯罪報道において, どのようにして「心の闇」が語られていたのかを確認する. 第3に, どのようにして「心の闇」がアノミー的な欲望の対象となったのかについて考察する.
  • 宮島 喬
    社会学評論
    1968年 19 巻 2 号 42-59
    発行日: 1968年
    公開日: 2009/10/20
    ジャーナル フリー
  • 米川 茂信
    社会学評論
    1978年 28 巻 3 号 47-61
    発行日: 1978/02/28
    公開日: 2009/10/13
    ジャーナル フリー
    社会病理学における社会構成体からのアプローチは、アノミー概念の検討をとおして可能になる。アノミーは、欲望と手段との矛盾を基本的枠組として内在している。アノミーが歴史的・社会的事象として捉えられるかぎり、欲望と手段との矛盾は、貨弊獲得欲望や地位獲得欲望と階級的地位もしくは社会的地位との問に存する構造的矛盾として把握される。
    アノミーとは、このような矛盾を内包した社会的規範の矛盾の問題である。このばあい、欲望に関する規範と手段に関する規範との矛盾および社会的諸規範に内在する階級的契機と超階級的契機との矛盾とが認識される。アノミーは、欲望に関する規範に普遍的に貫徹する超階級的契機 (階級的契機の潜在性) と手段に関する規範において具現する階級的契機 (超階級的契機の形式性ないし抽象性) との矛盾として位置づけられる。
    このように把握されるアノミーは、欲望と手段との矛盾あるいはこれらに関わる規範的矛盾が、商品の全社会的支配つまり商品物神 (貨幣物神) と労働力の商品化 (階級的搾取-被搾取関係) とに規定されているがゆえに、資本主義的社会構成体の構造的病理性を反映し、疎外態としての社会構成体の上部構造の機能障害 (行為規範としての意味の喪失) として現象する。他方、アノミーは、社会状況において、アノミー状況としてその病理性を現実化する。ここに、疎外態としての社会構成体と個々の社会病理現象とを媒介するアノミーの位置が明らかになる。
  • 佐々木 洋成
    社会学評論
    2005年 55 巻 4 号 468-482
    発行日: 2005/03/31
    公開日: 2010/04/23
    ジャーナル フリー
    男性中高年と特定地域の自殺が社会問題となっている.本稿ではアナール学派社会史のアプローチを採用して経年的検討を行い, 現状に至った歴史的経緯を把握する.理論枠組はMertonのアノミー解釈 (欲求と充足手段の乖離) を参照し, 自殺死亡の変動をアノミー状況の変化の指標と位置づけた.使用したデータは, 『人口動態統計』の, 1899年から2002年までの男女・年齢層・都道府県別自殺死亡率である.
    検討の結果, 高度経済成長期の自殺死亡率が例外的に低いこと, 今日の問題状況はこの時期におこった構造的な方向転換によるものであることがわかった.日本全体は, 1960年代の急激な下降の後, 漸次的な上昇を続けている.性別では, 1960年代に男女差が縮小するとともに70年間続いた連動が終了し, 女性は緩やかに下降する一方で男性は上昇している.男性の上昇は50代とその前後に顕著であり, 経年加算的に高まる傾向がみられる.1960年代には地域差も圧縮し, その後は低水準を維持する地域と上昇する地域とに区別され, 「東海道ベルト地帯が低く, 低開発地域が高い」構成へと再編されている.
  • 清水 富弘, 小林 信一
    日本体育学会大会号
    1984年 35 巻 625
    発行日: 1984/10/18
    公開日: 2017/08/25
    会議録・要旨集 フリー
  • 木田 徹郎
    社会福祉学
    1963年 4 巻 27-33
    発行日: 1963/12/25
    公開日: 2018/07/20
    ジャーナル フリー
  • 真田 是
    社会学評論
    1957年 7 巻 2 号 72-76
    発行日: 1957/02/25
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
  • 山口 昌澄
    日本教育心理学会総会発表論文集
    2004年 46 巻 PD042
    発行日: 2004/09/10
    公開日: 2017/03/30
    会議録・要旨集 フリー
  • 四方 寿雄
    社会学評論
    1984年 35 巻 3 号 374-375
    発行日: 1984/12/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
  • 大村 英昭
    社会学評論
    1972年 23 巻 1 号 25-43,114
    発行日: 1972/07/30
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    While Merton focuses on a society that is markedly different from that of Durkheim's France, there is a common tendency in their anomie theory to conceive of an “atomistic” and “individualistic” actor.
    But in modern societies, the industrial bureaucracy, not the small independent business, has increased importance as a source of mobility, and the aspirations to become self-employed has lost some of its meaning with the growth of large-scale organization. Then the stress of recent theories in the anomie tradition is more on the “organization” man, especially modification of views concerning the boy's aspirations in this age is requred. For instance, although Merton forcuses on “pecuniary succes”, in resent theories aspiration level is measured by educational aspiration because educational achievement is the main source of occupational achievement in a bureaucratized industrial society.
    Yet despite this modification, recent theories of deviant behavior, including Cloward's addition of illegitimate means and opportunity structure, still conceive in terms of the S S & A paradigm and expect that boys who retain high aspirations despite perceptions of opportunities as closed will experience the greatest pressure toward deviance and, therefore, should be the most delinquent. But Short's contradictory findings have suggested that high aspirations may indicate identification with conventional values and institutional norms.
    To resolve this contradiction, we must recognize that the aspiration of adolescents is not unidimensional. At least it must be taken account of two kinds of distinctions : first, their aspirations have different attributes, such as improvement in material goods or income on the one hand and in an educational achivement or status on the other ; second, two dimensions are differentiated-realistic or condition-bound and ideal or condition-free. These two kinds of distrinctions generate, by cross tabulation, a typology of four logically possible patterns of aspiration ; (1) ideal-material aspiration (2) ideal-status aspiration (3) realistic-material aspiration (4) realistic-status aspiration. Concerning the first type aspiration, S S & A paradigm is supported, but the other types do not fit, in paticular, the fourth type aspiration is the case in which Short's findings are confirmed. In terms of this typology, we shall reconsider the specific nature of success in anomie theory.
  • 加藤 昭二
    社会学評論
    1955年 6 巻 1 号 116-122
    発行日: 1955/07/30
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
  • 宇津 栄祐, 倉沢 進, 折原 浩
    社会学評論
    1960年 10 巻 1 号 19-36,117
    発行日: 1960/01/30
    公開日: 2010/05/07
    ジャーナル フリー
    The science of sociology has not yet developed a theoretical framework effective in analyzing such social pathological phenomena as crime or delinquency. The present article is intended to fill the gap by attempting to integrate the existing theories of anomie and of social disorganization in to comprehensive sociological hypothesis, on the basis of which a new conceptual framework for the analysis of social deviation is to be advanced.
    First, we will interpret the theories of anomie and of social disorganization in terms of the social climate the main proponents of these theories found themselves in. As to the two outstanding teachers of the anomie theory, namely E. Durkheim and R. Merton, the former analyzed the anomie as a personality controlled by the conditions of laissez-faire capitalism and the corresponding social ethic of Protestantism, while the latter's conception of anomie was developed on the basis of capitalism now in its monopolistic stage and the spirit of Puritanism in the United States. Merton's main contribution lies in that he tries to see systematically the relationships between personal frustration and socio-cultural structure. When we turn to the social disorganization theory, the view points of the Chicago School especially of R. Park and L. Wirth, are conspicuous, Park stressed that in rapidly developing urban centers the social control of primary groups through folkways and mores is no longer effective as it was befoe. Wirth, on the other hand, grasped social disorganization as the consequence of the conflict between different value systems characteristic of immigrant groups with different national background. Those viewpoints of the Chicago School are to be understood against the background of social change occurring in the United States in the nineteen twenties, especially in its Mid-Western area. The social pathological phenomena can be approached on the basis of either of these theories, The anomie theory includes in its scope the frustration-deviation hypothesis, while the disorganization theory would explain deviant behavior in terms of the conflict among value systems. At present there is still a considerable distance between these two ways of explaining deviant behavior, and a good deal of difficulty is yet to be overcome before we are able to integrate them to arrive at a systematic theory of deviation.
    If we, however, turn to compare the basic implications of these anomie and disorganization theories, we can't but be astonished to find how, for example, Durkheim and Park were alike in their way of presenting the problems as well as of constructing theoretical frameworks. Both of these men analyzed anomie and disorganization within the wider scope of comprehensive social change of rapid industrialzation and urbanization. Since there exisit these essential similarities, our next step must be to develop, on the basis of these theories, an integrative theory of the change of social structure. We will note that, in order to do this, it will be necessary to introduce first the theory of reference groups as to the social psychological aspect, and the consepts of legality and illegality with regard to the values, attitudes and techniques of the deviant.
    Finally, we would like to emphasize that we, as Japanese sociologists, will have to build such an integrative framework against the background of the actual structure of Japanese society differing from that of the modern West, which has imprinted peculiarly Western character on the anomie and disorganization theories.
  • 佐々木 交賢
    社会学評論
    1977年 28 巻 2 号 173-177
    発行日: 1977/10/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 真田 是
    社会学評論
    1957年 7 巻 3-4 号 73-81
    発行日: 1957/07/15
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
  • 辻 正二
    社会学評論
    1980年 31 巻 3 号 105-108
    発行日: 1980/12/31
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 高瀬 武三
    印度學佛教學研究
    1966年 15 巻 1 号 164-165
    発行日: 1966/12/25
    公開日: 2010/03/09
    ジャーナル フリー
  • 林 雅孝
    社会学評論
    1992年 43 巻 2 号 201-203
    発行日: 1992/09/30
    公開日: 2009/09/16
    ジャーナル フリー
  • 山下 雅之
    ソシオロジ
    2003年 48 巻 2 号 116-118
    発行日: 2003/10/31
    公開日: 2016/05/25
    ジャーナル フリー
feedback
Top