詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "アノミー的自殺"
23件中 1-20の結果を表示しています
  • 薬師院 仁志
    社会学評論
    1998年 49 巻 1 号 42-59
    発行日: 1998/06/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
    本稿は, フィリップ・ベナールによる『自殺論』 (É.デュルケム, 1897年) の解釈を批判的に再検討する試みである。すなわち, ベナールによる解釈にもとづいて『自殺論』を再構成すると同時に, その限界を示すことを通じて, 『自殺論』という書物のもつ問題構成の重大性を再確認することを目標にしている。
    ベナールは, デュルケムの抱く女性にたいする偏見が, 『自殺論』においてデュルケム本来の理論をねじ曲げてしまったと主張する。デュルケムは, 女性もまた男性と同じように「自由への欲求」をもっていたのだという事実を隠蔽するために, 「宿命論的自殺」 (過度の拘束から生じる自殺) を追放してしまったというのである。ベナールは, 「宿命論的自殺」を『自殺論』から救出し, それとアノミー自殺とのU字曲線的関係を, 拘束という変数を軸に再構成したのである。
    本稿の課題は, ベナールによるこのような『自殺論』解釈を整理すると同時に, それがいかなる根拠にもとついて導出されたのかを明らかにし, あわせて, それがどの程度の妥当性をもつのかを理論的に検討することである。その際, 特に, ベナールが「集団本位的自殺」を自らの理論から除外したことに注目し, デュルケムとベナールの理論的相違点を明確にしたいと思う。
  • 小関 藤一郎
    社会学評論
    1955年 6 巻 1 号 51-67,145
    発行日: 1955/07/30
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    The object of this article is to clarify the changing meaning of 'social factor' in Emile Durkheim's sociological theory. The social factor was originally prescribed in the definition of collective conscience in his Social Division of Labor. Here, Durkheim's definition was to see in it the common elements of beliefs and sentiments of the same society. However, by this definition he could not explain the social factor behind the orgainzed society based on division of labor. Thus he introduced much ambiguous concept of 'cult of inbividual' and this individualistic element could become a kind of collective conscience. But by lack of precision, his concept of collective conscience has implied something superior over the individuality. His study of suicide presented this aspect clearly in his explanation of anomic suicide. From this point, his social factor has gradually changed its meaning and it was developed into some normative factor. This identification of social factor with normative factor became clear and of great importance in his progress of study in the field of moral and education. In his last work on religious life, his social factor has come to involve religious meaning. Here his 'collective conscience' has lost its original meaning as a analytical instrument arriving at a superior being over individual or the best which man has in himself. This transformation of the social factor was due to his methodological difficulty of separating the subjective element from the function element-action-which are the two components of the consensus in society.
  • 岡崎 宏樹
    フォーラム現代社会学
    2003年 2 巻 84-97
    発行日: 2003/05/24
    公開日: 2017/09/22
    ジャーナル フリー
    本稿の目的は、『自殺論』でデュルケームが「無限という病」とよんだアノミーの概念を再検討することをとおし、欲望の無限化という<症候>を産み出す社会構造を分析することにある。最初に、欲望の無限化とはどのような事態を意味するのか、という問いを考察する。第一に、それは、主体が産業社会が生産する対象を「永続的」に追求するという行為形式を意味する。第二に、それは、欲望が特定の対象から離脱し不在の対象へと拡散することを意味する。次いで、主体に無限回の欲望追求を強いる機制を考察し、それが「進歩と完全性の道徳」にもとづく産業社会の価値体系にあるとみたデュルケームの洞察に光をあてる。さらに、デュルケームがアノミーを暴力性エネルギーの沸騰として記述した点に注目し、彼が示唆したにすぎなかった、この沸騰と産業社会の価値体系との関係を、バタイユのエネルギー経済論(「普遍経済論」)によって理論的に説明する。最後にラカンの欲望論にもとづいて、アノミーは「倒錯」を導くとする作田啓一の解釈を検討し、この現象の病理としての意味を明確にする。以上の考察は、欲求の無規制状態という通説的なアノミー解釈に再考を迫るとともに、豊かな現代社会にただよう空虚さと突発する暴力性を理解するためのひとつの糸口を与えるものとなるはずである。
  • 津田 真人
    社会学評論
    1991年 41 巻 4 号 406-420
    発行日: 1991/03/31
    公開日: 2010/04/23
    ジャーナル フリー
    本稿の目的は、デュルケームの著作から、これまで十分に着目されることのなかった〈アスピラシオン〉の概念を掘りおこし、そのことをとおして、デュルケーム社会理論の可能性を、新たな角度から照らし出そうとするものである。
    序章ではまず、『自殺論』におけるエゴイスムとアノミーの概念を一瞥し、これらがデュルケームにとって時代の危機の集約的な表現であったことを確認する。
    そのうえで第二章では、これら二つがともに欲求の理論であることを、後期へと至るデュルケームの理論的展開に即して明らかにし、エゴイスム論の延長線上にアスピラシオン論が結実してくることを示す。
    続く二つの章では、アスピラシオン論が具体的な現実分析においてどう生かされているかを見る。宗教的儀礼における集合的沸騰の問題 (第三章) と変革期における価値創造の問題 (第四章) が、その二つである。この帰結として第三章では、デュルケームの宗教論が一種独特の欲求論でもあること、第四章では、デュルケームには〈集団的主意主義〉とでもいうべき社会変動論が存在していたことが明らかになるだろう。
    最後にしかし、宗教論と社会変動論を統括するこうした独自の視角の負の面にも、簡単に考察を加えておきたい。
  • 陸井 四郎
    社会学評論
    1983年 34 巻 1 号 79-82
    発行日: 1983/06/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 貞包 英之
    社会学評論
    2008年 58 巻 4 号 593-607
    発行日: 2008/03/31
    公開日: 2010/04/01
    ジャーナル フリー
    2002年末より,ネットをとおして知り合った者が自殺をともに企てる「ネット自殺」と呼ばれる事件が流行する.2005年末までに2度の波が観察され,そのなかで未遂を含め計69件,のべ204人がこの事件に参加したのである.
    事件の最大の特徴は,他の集団自殺でのようには幻想やイデオロギーの共有が確認されなかったことにある.事件では他者の介入をなるべく排除した自殺が選択された.つまりネット自殺では集団で行われながら,個々に孤立する「私的」な死が観察されたのである.
    近代社会は,問題状況としての死を社会と対立する否定的な要素として想定してきたといえよう.たとえば死のタブー化を主張する議論では,生を規範とする社会から死が否定的なものとして締め出されていることが問題とされる.またアノミーを前提とした議論では,社会の正常な秩序が欠如する際に自殺は発生するとされる.しかしネット自殺では,こうした近代的な図式に回収されない自殺の現象が確認された.すなわち事件では集団形成と矛盾せず,それゆえ社会の否定的要素とならない死が観察されたのである.そうした自殺を発生させることで,事件は自殺の前提となる配置を変えたあらたな社会の形成について示唆している.本論は,ネット自殺事件をとおしてそうした現代社会の特徴を探る試みである.
  • 大村 英昭
    社会学評論
    1972年 23 巻 1 号 25-43,114
    発行日: 1972/07/30
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    While Merton focuses on a society that is markedly different from that of Durkheim's France, there is a common tendency in their anomie theory to conceive of an “atomistic” and “individualistic” actor.
    But in modern societies, the industrial bureaucracy, not the small independent business, has increased importance as a source of mobility, and the aspirations to become self-employed has lost some of its meaning with the growth of large-scale organization. Then the stress of recent theories in the anomie tradition is more on the “organization” man, especially modification of views concerning the boy's aspirations in this age is requred. For instance, although Merton forcuses on “pecuniary succes”, in resent theories aspiration level is measured by educational aspiration because educational achievement is the main source of occupational achievement in a bureaucratized industrial society.
    Yet despite this modification, recent theories of deviant behavior, including Cloward's addition of illegitimate means and opportunity structure, still conceive in terms of the S S & A paradigm and expect that boys who retain high aspirations despite perceptions of opportunities as closed will experience the greatest pressure toward deviance and, therefore, should be the most delinquent. But Short's contradictory findings have suggested that high aspirations may indicate identification with conventional values and institutional norms.
    To resolve this contradiction, we must recognize that the aspiration of adolescents is not unidimensional. At least it must be taken account of two kinds of distinctions : first, their aspirations have different attributes, such as improvement in material goods or income on the one hand and in an educational achivement or status on the other ; second, two dimensions are differentiated-realistic or condition-bound and ideal or condition-free. These two kinds of distrinctions generate, by cross tabulation, a typology of four logically possible patterns of aspiration ; (1) ideal-material aspiration (2) ideal-status aspiration (3) realistic-material aspiration (4) realistic-status aspiration. Concerning the first type aspiration, S S & A paradigm is supported, but the other types do not fit, in paticular, the fourth type aspiration is the case in which Short's findings are confirmed. In terms of this typology, we shall reconsider the specific nature of success in anomie theory.
  • 藤吉 圭二
    日仏社会学会年報
    2007年 17 巻 255-260
    発行日: 2007/12/31
    公開日: 2017/06/09
    ジャーナル フリー
  • 山本 努
    社会学評論
    1984年 35 巻 1 号 77-88,123
    発行日: 1984/06/30
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    So long as we approve of a study from the point of middle range theory, a study of sociological theory must involve three parts of the 1st Concept Analysis, the 2nd Theory Analysis and the 3rd Proposition Analysis.
    Now, though we can't elaborate these three parts clearly enough, tentatively we will give the following directions for them. That is to say, so provisionally.
    Concept Analysis
    =Analysis of the Concept itself which constructs theories and and/or propositions.
    Theory Analysis
    =Analysis of the limit and/or the effective range with the theory itself :
    Proposition Analysis
    =Analysis of the proposition itself which constructs theory and/or is infered from theory.
    Now then, in the present prevailing study of sociological theory, I think that we have a great lack of Proposition Analysis.
    So, in this paper, I concentrate my attention on Durkheim's egoistic suicide proposition and attempt make a Proposition Analysis about it from the point of the relationships between suicide and war in Japan during the period 1929-1939.
    And the outcome of Proposition Analysis on egoistic suicide proposition is as following.
    1. Suicide rate decreases in the war time.
    2. Unemployment rate decreases in the war time.
    3. Because of that (findings 2), suicide rate decreases in the war time.
    4. But decrease of suicide rate in the war time significantly has been caused by social integration which Durkheim's egoistic suicide proposition insisted on.
  • 古川 敦
    教育社会学研究
    1982年 37 巻 118-128,en240
    発行日: 1982/09/20
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    This paper attempts to reexamine the “conservative” character of Durkheim's sociological thought of education.
    So far, it has been said that Durkheim's main consideration is the analysis of “order” rather than “change”. He has often been criticized in the point that he considered only one side of the interaction between education and society, because he made much of the conservative function of education contributing to social integration.
    However, if we look back upon the historical context of the French society in those days and Durkheim's “personal reality” about human conditions, we realize that his thought of education contained innovational elements to a great extent. For him, “moral education” at schools was the only clue to overcome the vicious circle of pathological state of society. Furthermore, such a viewpoint was the product of Durkheim's internal tension between “factual order” and “normative order”.
    Neverthless, his idealistic attitude, which expected the innovational function of education as “a person” living in the Third Republic, resulted in bringing about a fundamental dilemma with his role of positivistic “sociologist”. Therefore, the “conservative” character of Durkheim's thought of education must be understood on the basis of the “positivist-idealist” dilemma in the critical period.
  • 小路田 泰直
    スポーツ社会学研究
    2013年 21 巻 2 号 3-12
    発行日: 2013/09/30
    公開日: 2016/08/01
    ジャーナル フリー
     人が社会をつくる原動力は人の依存心にある。エサをとることすら他人任せにして平気でいられるのは人間だけだ。それは人間が如何に他者依存的な存在であるかの証拠だ。生活の基本を他者に依存するが故に、人は自由であり得、自分の得手とするところの能力を自由に発達させることができる。人が様々な職能を生み、分業と交換を発達させた理由だ。
     しかし、「生活の基本は他人に依存し、自分は好きなことをやって生きる」これが人間の本質であり、人が社会をつくる原動力であるとすれば、社会は通常永続しない。誰しも他人のために生活の基本を支える側(例えば農民)には回りたがらないからである。だから社会が永続するためには、逆に、人の本質を抑え、人の自由を奪うことも必要だ。そのために、多くの人を不自由におき、差別を身分制という形で制度化した社会が、前近代社会であった。
     だが近代はその差別をなくした。人にその本質のまま生きることを許したのである。ではなぜそれを許すことができたのか。アダム・スミスのいう市場の自動調整力に全幅の信頼を置いたからであった。農業のような人の嫌がる仕事でも、需要があれば、誰かがその需要を埋めると考えることができたからであった。
     しかし市場の自動調整力への信頼は、19 世紀後半になると揺らいだ。市場の自動調整力を裏打ちする人間の力、「生きるためには欲しないことでもする」力(その持ち主が「経済人」)が、実は人に備わっていないことが鮮明になったからだ。好きなことをして生きられなければ、人は意外にあっさりと自殺する。その現実が露わになったからであった。
     そこで社会を、可能な範囲で前近代に戻そうとしたのが社会学者デュルケムであった。それに対して、スポーツのもつ教育力に期待し、人を鍛錬することによって「経済人」たらしめようとしたのがオリンピックの父クーベルタンであった。
  • 岡崎 宏樹
    日仏社会学会年報
    2012年 22 巻 151-165
    発行日: 2012/03/31
    公開日: 2017/06/09
    ジャーナル フリー
  • 元森 絵里子
    年報社会学論集
    2012年 2012 巻 25 号 168-179
    発行日: 2012/09/10
    公開日: 2015/06/12
    ジャーナル フリー
    “Karo-Jisatsu” (suicide induced by overwork) has often been connected to criticisms of Japanese society for its self-sacrificing labor culture and merciless economics. This argument merely repeats the legal and critical discourse of “Karo-Jisatsu” and voids the legal fiction of individuals with a responsibility to be critical of society. Moreover, at the level of practice, neither the cancelling of the fiction nor the issue of social criticism has been pursued. Contrary to the previous seemingly “sociological” explanations, our society neither operates strictly nor abandons easily the modern fiction of “intention”. The sociology of suicide should illuminate the various aspects of the fiction in our society.
  • 溝口 大助
    日仏社会学会年報
    2009年 19 巻 41-61
    発行日: 2009/12/31
    公開日: 2017/06/09
    ジャーナル フリー
    L'objectif de cet article est d'envisager une problematique portant sur le <<pur pouvoir imaginaire>> par quelques donnees sur les reves au village en pays Senoufo, au Mali. Sous cet angle, nous allons prendre pour cible d'etude la relation entre la violence et l'imaginaire (ou la morale) dont Marcel Mauss a jadis presente des considerations analytiques et anthropologiques. Dans un premier chapitre, nous exposerons la raison pour laquelle Marcel Mauss, qui fut a la fois un militant fort energique du socialisme et du cooperatisme et un collaborateur intime de Jean Jaures et Leon Blum, n'a en aucune maniere separe les sciences sociales et les connaissances politiques dans le but d'elucider de hautes visees qu'il avait nourri sur le plan de la <<morale nouvelle>> comme la <<nouvelle facon>>. En presentant formellement ses opinions critiques sur toutes les revolutions violentes comme le fascisme ou le bolchevisme suscitees par des minorites elitistes, et en faisant d'autre part l'analyse sociologique ou anthropologique sur la <<morale nouvelle>> par l'intermediaire d'une gigantesque documentation ethnographique - en particulier le fameux Essai sur le don -, Mauss avait assidument poursuivit la reconstruction de la morale par le <<pur pouvoir imaginaire>>comme la malediction ou malefice du <<primitif>> entre-deux-guerres. Apres avoir dans ce premier chapitre affine l'analyse anthropologique a l'aide de la theorie de Mauss, nous voulons dans un second chapitre aborder le sujet des reves varies, comme la <<morale nouvelle>> actuelle du village en pays Senoufo, afin d'en presenter une analyse preliminaire en suivant le fil de la logique de Mauss
  • 中村 和生
    年報社会学論集
    1999年 1999 巻 12 号 234-245
    発行日: 1999/06/05
    公開日: 2010/04/21
    ジャーナル フリー
    This paper focuses on the problem of foundation in science. In order to approach this topic, Michael Lynch's criticism of Alfred Schutz's demarcation between common-sense rationality and scientific rationality is cited. From this, it is claimed that the demarcation to be examined is between science as working and scientific theorizing. Regarding the former, laboratory practices are discussed based on findings of laboratory studies. Regarding the latter, a theorizing in sociology is analyzed. By these double demonstrations, it is recognized that there is no such demarcation and no need for scientific foundation, and that we should study common-sense categories and ‘scientific’ practice in their own rights.
  • 江頭 大蔵
    日仏社会学会年報
    2007年 17 巻 121-139
    発行日: 2007/12/31
    公開日: 2017/06/09
    ジャーナル フリー
    Selon la statisticque de la police, nombre des suicides au Japon, qui a evolue dans les 20 mille depuis les annees 1980, a augmente de 34.7%, de 24,391 en 1997 a 32,863 en 1998. Depuis ce temps, on observe plus de 30 mille des suicides chaque annee. Ce rapport analyse les tendances recentes du suicide au Japon employant les statisticques officeielles, ensuite designe ses caracteristiques qui representent "suicide par surmenage," et les situe dans la theorie de la societe du risque qui traite l'instabilite de la societe moderne dans la derniere periode. Le suicide par surmenage (ou la mort par surmenage), qui se produit par depassement des limites de fatigue intellectuelle et physique du a travail de longues heures insensees, pose des problemes graves depuis les annees 1990 au Japon. Une hypothese que nous supposons ici est que l'identification exageree d'emplye avec sa groupe professionel ou avec son fonction amplifie le risque du suicide par surmenage. La combination du systeme moderne industriel et du "collectivisme" japonais qui s'accompagne une subordination a son groupe et a sa fonction a accelere un developement remarquable de l'industrie japonaise. Mais quand l'economie tombe dans la depressionn, la combination meme, au contraire, accelere le risque du suicide par surmenage. Comme on s'engage dans le systeme moderne de marche du travail faisant corps avec son groupe professionel et avec sa fonction, les risques de la depresssion economique s'amplifient et exercent une grande influence sur individuels.
  • 斉藤 悦則
    日仏社会学会年報
    2003年 13 巻 35-49
    発行日: 2003/12/01
    公開日: 2017/06/09
    ジャーナル フリー
    Durkheim's concept of "collective force" was profoundly inspired by Proudhon's sociological theory. "Society is not a mere sum of individuals." This is a well-known phrase commonly attributed to Durkheim, however, we can find an almost similar idea in Proudhon's writings, especially in his System of Economical Contradictions (1846). Although Durkheim had been deeply studying on Proudhon's socialist idea for some time, he was very careful not to state his worship for Proudhon. It seems that he was too close to Proudhon to show his intimacy frankly. Georges Sorel stands on the other side. Sorel confessed that he was a disciple of Proudhon. In his eyes, Durkheim was a coward, or a sort of deserter. He thought this kind of intellectuals was difficult to deal with. Sometimes they could be the most malicious enemy against socialism. The apparent enmity between Sorel and Durkheim would be dissolved, if we observe their conceptual similitude about religious phenomenon. Durkheim's sociological concept of "collective effervescence" and Sorel's vital concept of "revolutionary myth", both praised people's irrational action based on their collective conscience. We can say that Durkheim and Sorel had the same root in proudhonien moral socialism.
  • 平野 孝典
    フォーラム現代社会学
    2013年 12 巻 43-55
    発行日: 2013/05/18
    公開日: 2017/09/22
    ジャーナル フリー
    本稿の目的は、社会的統合が自殺観に与える影響を明らかにすることである。エミール・デュルケームによって社会的統合と自殺との関係が定式化された。しかしながら、彼はこれらを結ぶメカニズムについての議論を深めることはしなかった。この問題を批判したアンソニー・ギデンズは、社会的統合と自殺を意識・心理・態度によって媒介するモデルを提示する必要性を指摘した。フランク・ファン・チューベルゲンらによる「コミュニティ-規範メカニズム」は、自殺観という態度要因に焦点をあてることにより、この問題に取り組む理論として注目すべきものである。この理論には、社会的統合が自殺観に影響を与えるという仮定がおかれている。しかし、この仮定については経験的知見が乏しく、明らかになっていない点が多い。そこでJGSS-2006を用いて社会的統合と自殺観の関係を検討したところ、以下の知見が得られた。第1に、配偶者を失った人は自殺に肯定的な態度をとりやすい。第2に、子供のいない人は自殺に肯定的な態度をとりやすい。第3に、居住年数が短い人は、自殺に肯定的な態度をとりやすい。以上の結果は、コミュニティ-規範メカニズムの仮定が経験的に妥当であることを示している。
  • 太田 健児
    日仏社会学会年報
    2000年 10 巻 1-18
    発行日: 2000/10/20
    公開日: 2017/06/09
    ジャーナル フリー
    Il nous faut remettre en question les "representations collectives", le mot cle de la science de la morale chez Durkheim, parce qu'elles ne sont pas correctement saisies par les sociologues de notre temps. Nous pourrons les redefinir en considerant les oeuvres de Durkheim non comme les produits de l'elaboration sociologique, mais comme la consequence du debat avec ses adversaires spiritualistes francais sur ce terrain de la philosophie. Nous viserons alors le dechiffrement du contexte entre la fin du XIX^e siecle et le debut du XX^e siecle, et degagerons le point de vue de Durkheim quant aux representations individuelles, le concept opposee aux representations collectives, afin de redefinir ces derrieres dans le domaine de l'epistemologie.
  • 佐々木 交賢
    社会学評論
    1957年 8 巻 1 号 18-31
    発行日: 1957/11/25
    公開日: 2009/10/20
    ジャーナル フリー
    On ne saurait pas démentir la grande contribution de l'école durkheimienne à la sociologie positive ; elle a exercé une influence sur les sociologeus et les anthropologues anglo-américains.
    Mais, selon Cuvillier, la sociologie phénoménologique (Gurvitch) néglige la méthode scientifique et le probléme des rapports entre la pratique et la théorie qui out été le caractère essentielle de la sociologie française.
    Dans la théorie de conscience collective, qui est la théorie fondamentale de la sociologie durkheimienne, il y a plusieurs défauts, qui doivent être corrigés par l' idée de Gurvitch de la réciprocité de prospectives, de la considération de pluraliste et de la dynamique sociale. Cette idée est indispensable pour analyser la structure complexe et le procès des changements de la société moderne. L'objectivé de son idée est constatée par ceux qui étudient la théorie de l'action dans la sociologie et celle de la personnalité dans la psychologie sociale. Gurvitch n'est pas seulement un théoriste, mais il s'occuppe des études positives de la structure de la société moderne avec l'aide du C. E. S.
    Malgré la critique de Cuvillier, la sociologie de Gurvitch ne néglige pas la méthode scientifique. Il vise plutôt la reconstruction de la sociologie nouvelle comme la science positive nécessaire à l'analyse de la société moderne. Par conséquent, Gurvitch est un successeur légitime de la sociologie française comme Durkheim qui a construit la méthode nouvelle en corrigeant les défauts de la sociologie de Comte.
feedback
Top