詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "アンダースコア"
20件中 1-20の結果を表示しています
  • 武村 哲浩
    日本放射線技術学会雑誌
    2020年 76 巻 4 号 423-432
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/20
    ジャーナル 認証あり
  • 福島 孝博
    e-Learning教育研究
    2007年 2 巻 33-40
    発行日: 2007/12/31
    公開日: 2017/07/10
    ジャーナル フリー
  • 猪岡 達夫, 大林 正樹, 鈴木 孝佳, 柳原 隆司, 村澤 達, 村田 太市
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集
    2003年 2003.3 巻 H-48
    発行日: 2003/08/20
    公開日: 2017/08/31
    会議録・要旨集 フリー
  • 細田 陽介
    映像情報メディア学会誌
    2013年 67 巻 9 号 815-818
    発行日: 2013年
    公開日: 2015/09/01
    ジャーナル フリー
  • 牛島 謙
    四日市大学論集
    2010年 23 巻 1 号 109-122
    発行日: 2010年
    公開日: 2019/08/30
    ジャーナル フリー
  • 鵜川 義弘, 伊藤 悟, 齋藤 有季, 秋本 弘章, 佐藤 一馬
    GIS-理論と応用
    2018年 26 巻 2 号 101-108
    発行日: 2018/12/31
    公開日: 2020/12/31
    ジャーナル フリー

    This paper reports on the development of educational AR smartphone application that uses the Google My Maps for content creation. It is difficult for a teacher to teach all participants in field work at the same time. By using AR, participants can easily learn even in field work. We have developed an AR smartphone application that can read Google My Maps. Since Google My Maps is easy to create, teachers can easily create AR contents. This smartphone application was developed using the Wikitude SDK. By changing the sample code of location based AR, we were able to display the AR contents in the required way. The development of this application realized the following points. Users can enter the URL of Google My Maps directly. The display of POI (Point of Interest) by application is real time and accurate. The position of the POI moves in conjunction with the movement of the smartphone. The far POI can be displayed. The number of POI can be reduced by distance. Users can browse photos registered on Google My Maps.

  • 田中 基彦
    日本物理学会誌
    2004年 59 巻 12 号 898-902
    発行日: 2004/12/05
    公開日: 2008/04/14
    ジャーナル フリー
  • 岩崎 洋一
    木更津工業高等専門学校紀要
    2016年 49 巻 55-62
    発行日: 2016/01/29
    公開日: 2017/02/10
    研究報告書・技術報告書 フリー

    The author has proposed and developed computer programs which make it possible to analyze English corpus and to make word lists from those corpus. The purposes of this study were to develop a new computer program that measures the range of words used in different types of corpus, to improve the computer programs, which had been developed in the earlier study, in order to deal with corpus with part-of-speech (POS) tags and to measure the processing time to judge whether these programs were useful or not. In this study, two kinds of RANGE program were newly developed and six programs of the previous study were revised. Five programs out of six could be considered to be useful, however, one program was not sufficient and needed to take some measures.

  • 樫村 雅章
    情報の科学と技術
    2006年 56 巻 12 号 584-588
    発行日: 2006/12/01
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル オープンアクセス
    貴重書のデジタルファクシミリでは,全ての画像で品質が高いだけでなく一定となっていることが重要であり,撮影の際ばかりでなく,デジタルファクシミリ用に画像を制作していく過程でも,そうしたことを考慮した方法をとる必要がある。HUMIプロジェクトでは,業務用デジタルカメラの撮影で得られたRAW形式データや現像済みのフィルムから,デジタルファクシミリ用画像を制作する過程を大きく3つの段階に分けて,一次画像データを得た後,中間画像ファイルの作成を経て,最終的なデジタルファクシミリ用画像を完成する,というようにしている。今回は,冊子本のデジタルファクシミリを制作する際の手順を,流れにそって1つずつ概説する。
  • 谷川原 綾子, 佐藤 哲太
    日本放射線技術学会雑誌
    2020年 76 巻 11 号 1118-1124
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/20
    ジャーナル フリー

    Purposes: The purposes of this study were to automatically extract full forms from abbreviations by using Word2vec for terminology expansion and determine the optimal parameters that ensure the highest accuracy. Methods: Approximately 300000 English abstracts on “image diagnosis” were collected using PubMed from January 1994 to December 2018. As preprocessing, all uppercase letters in the collected data were converted to lowercase letters, and symbols were deleted. In addition, compound word recognition was performed using RadLex published by the Radiological Society of North America and the abbreviation collection published by the Japanese Society  of  Radiological  Technology.  Next,  distributed  representations  were  generated  by  two  algorithms, continuous bag-of-words (CBOW) and Skip-gram, by using the following parameters: iteration numbers (3–85) and dimensions of word vectors (50–1000). Abbreviations were input to the generated distributed representations, and full forms with the highest cosine similarities with the abbreviations were identified. Then, the rates of the correct answers were calculated by comparing the predicted full forms to 214 gold standards extracted from the abbreviation collection. Results: The highest correct answer rate was 74.3% by Skip-gram, 200 dimensions and 10 iterations. This rate was higher in Skip-gram than in CBOW for all the tested conditions. Conclusion: The accuracy of extracting the full forms by Word2vec is 74.3%, and this result contributes to the consistency of a terminology and the efficiency of terminology expansion.

  • 富士原 敏也, 金松 敏也, 笠谷 貴史
    JAMSTEC Report of Research and Development
    2018年 27 巻 13-25
    発行日: 2018/09/01
    公開日: 2018/11/06
    ジャーナル フリー HTML

    新青丸KS-16-E01航海で,瀬戸内海の海域にある中央構造線断層帯西端の詳細マッピング,基礎地質情報取得を目的として,佐田岬半島沖において,海底地形,浅層構造,重力調査を行った.調査域東側の詳細海底地形には,強い潮流により形成されたと考えられるサンドウェーブ構造が見られた.調査域の西側はサンドウェーブが発達せず,比較的滑らかな海底地形である.中央構造線断層帯に対応するような段差地形,横ずれ断層の活動によって形成されたと考えられる窪みが見られた.調査域西側のサブボトムプロファイラ記録からイメージされる浅層構造には,完新世と更新世の堆積層境界と解釈できる音響層序,断層と考えられる堆積層構造の上下方向のずれが確認された.中央構造線に沿って重力異常の急変帯があり,海岸沿いの南東側が高異常,北西側が低異常となっている.重力異常は海底近くの堆積層より深部の基盤構造を反映するものと思われる.重力異常から推定される基盤構造の形状は,リストリック断層を伴うハーフグラーベン構造と調和的である.

  • 山田 奉子, 上田 洋, 村上 晴美, 岡 育生
    人工知能学会論文誌
    2018年 33 巻 4 号 A-H91_1-13
    発行日: 2018/07/01
    公開日: 2018/07/02
    ジャーナル フリー

    Recently the importance of mathematical information retrieval (MIR) has been recognized and various methods for mathematical expression retrieval have also been proposed. However, since mathematical expressions on the Web are not annotated with natural language, searching for mathematical expressions by conventional search engines is difficult. For helping people in various fields who use mathematics as a learning tool, our proposed method performs a Web search using a mathematical term as a query, extracts mathematical expression images (math-images) related to the query from the obtained Web pages, and presents the top ten math-images with their surrounding information. The method measures the relevance between a query and a math-image from the following viewpoints: the math-image is in a separate line, it has the query in the neighborhood and appropriate image feature quantities, and it appears in the first part of the Web page. We use a support vector machine to discriminate if the image provides appropriate feature quantities. We conducted two experiments with our proposed method. We determined its scoring parameters in Experiment 1 and evaluated it in Experiment 2. The results revealed the usefulness of our proposed method with accuracy, recall, F-measure, mean reciprocal rank (MRR), and mean average precision (MAP).

  • ――『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に対する読み時間付与とその分析――
    浅原 正幸, 小野 創, 宮本 エジソン 正
    言語研究
    2019年 156 巻 67-96
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/04/14
    ジャーナル フリー

    Kennedy et al.(2003)は,英語・フランス語の新聞社説を呈示サンプルとした母語話者の読み時間データをDundee Eye-Tracking Corpusとして構築し,公開している。一方,日本語で同様なデータは整備されていない。日本語においてはわかち書きの問題があり,心理言語実験においてどのように文を呈示するかがあまり共有されておらず,呈示方法間の実証的な比較が求められている。我々は『現代日本語書き言葉均衡コーパス』(Maekawa et al. 2014)の一部に対して視線走査法と自己ペース読文法を用いた読み時間付与を行った。24人の日本語母語話者を実験協力者とし,2手法に対して,文節単位の半角空白ありと半角空白なしの2種類のデータを収集した。その結果,半角空白ありの方が読み時間が短くなる現象を確認した。また,係り受けアノテーションとの重ね合わせの結果,係り受けの数が多い文節ほど読み時間が短くなる現象を確認した。

  • 笹川 正, 桑田 智子, 越澤 明
    日本建築学会技術報告集
    2004年 10 巻 19 号 329-334
    発行日: 2004/06/20
    公開日: 2017/04/14
    ジャーナル フリー
    Standardization to assure the information sharing is the most important issue in the information and communication networking. Standardization of GIS (Geographical Information System) requires technical standards such as spatial data structures, data quality, record formats and their specifications as well as a unified coding system organized by the subject fields including Urban Planning. In order to share the information through the network, defining the Urban Planning and Administration Objects and using the uniform coding descriptors for the national use had a priority. This paper explains the Urban Planning GIS Catalog developed as part of the GIS Objects for Urban Plannnig, which are required by the urban planning administration, under this study.
  • 斉藤 浩, 清水 響子
    情報の科学と技術
    2019年 69 巻 9 号 427-434
    発行日: 2019/09/01
    公開日: 2019/09/01
    ジャーナル フリー

    経済産業省が運営する400万法人のデータベース「法人インフォメーション(法人インフォ)」は,各府省保有の法人活動情報約160万件を集約しており,データを一元的に検索・取得可能である。法人デジタルプラットフォームの中核データベースとしての対象データ拡充をはじめとする継続的な発展を見据え,IMIを用いて「法人情報語彙」を整備し,多様な情報源からのデータ集約が容易に行える環境を構築した。本稿では,IMIの取組みと法人インフォにおける活用事例を紹介する。

  • 今津 均
    情報管理
    2011年 54 巻 8 号 463-475
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/11/01
    ジャーナル フリー
    Cytoscapeはバイオインフォマティクス分野などの複雑ネットワーク解析や視覚化ツールとして開発され,現在ではソーシャルネットワークやセマンティックWebなどを含むさまざまな分野で活用されている。しかしながら,わが国ではCytoscapeの活用事例は少ないようであり,世界的に見ても「Cytoscapeを特許情報解析に応用した」という事例を見いだせていない。そこで,本稿ではCytoscapeを特許情報解析に活用する具体的手順と,その応用事例を通じてCytoscape視覚化機能の豊富さやネットワーク解析機能による特徴ノード群の抽出方法などのテクニックと,Cytoscapeを含めたテキストマイニングなどによるマクロ解析における注意点などをも合わせて解説する。
  • 加藤 明彦, 進藤 裕之, 松本 裕治
    自然言語処理
    2019年 26 巻 4 号 663-688
    発行日: 2019/12/15
    公開日: 2020/03/15
    ジャーナル フリー

    複単語表現 (MWE) は統語的または意味的な非構成性を有する複数の単語からなるまとまりである.統語的な依存構造の情報を利用し,かつ意味理解が必要なタスクでは,単語ベースの依存構造よりも MWE を考慮した依存構造,即ち MWE を統語的な単位とする依存構造の方が好ましい.広範囲の連続MWEを依存構造で考慮するために,本稿では Ontonotes コーパスに対して新たに形容詞 MWE を注釈し,複合機能語と形容詞 MWE の双方を考慮した依存構造コーパスを構築した.また,意味理解が必要なタスクでは句動詞などの非連続な出現を持ちうる MWE(動詞 MWE)の認識も重要である.依存構造の情報は動詞 MWE 認識で有効な特徴量として働くと期待されるため,本稿では連続 MWE を考慮した依存構造と動詞 MWE の双方を予測する問題に取り組む.前者については以下の 3 つのモデルを検討する: (a) 連続MWE認識と,MWE を考慮した依存構造解析のパイプライン,(b) 連続MWEの範囲を依存関係ラベルとして符号化した head-initial な依存構造を解析するモデル,および (c) 連続MWE認識と上記 (b) の階層的マルチタスク学習モデルである.実験の結果,連続MWE認識ではパイプラインモデルとマルチタスクモデルがほぼ同等の F 値を示し,head-initial な依存構造の解析器を 1.7 ポイント上回った.動詞MWE認識では系列ラベリングベースの認識器を上述のマルチタスクモデルに組み込むことで F 値が 1.3 ポイント向上した.

  • 浅原 正幸
    自然言語処理
    2018年 25 巻 5 号 527-554
    発行日: 2018/12/15
    公開日: 2019/03/15
    ジャーナル フリー

    日本語は冠詞のない言語である.日本語名詞句の情報の状態は,テキストに陽に表出せず,限られた文脈情報や世界知識のみに基づく手法では推定することは難しい.情報の状態は情報の新旧や定・不定などの観点で分析される.しかしながら,日本語の言語処理においては,この概念が適切に扱われていない.そこで,本稿では,まず,日本語名詞句の情報状態について解説する.次に,読み時間を手がかりとして,名詞句の情報の状態(新旧・定不定)を推定することを検討する.具体的には日本語名詞句の情報の状態が文の読み時間にどう影響するかについて調査する.結果,名詞句の読み手の側の情報状態(情報)が読み時間に対して影響を与えることを明らかにしたので報告する.

  • 相田 慎, 新堂 安孝, 内山 将夫
    自然言語処理
    2013年 20 巻 3 号 405-422
    発行日: 2013/06/14
    公開日: 2013/09/14
    ジャーナル フリー
    東日本大震災初期,Twitter に寄せられた膨大なツィートには,緊急性の高い救助要請候補が多数含まれていたものの,他の震災関連ツィートや「善意のリツィート」によって,通報されるべき情報が埋もれてしまった.この様な状況を解消するために,筆者らは 2011 年 3 月 16 日,Twitter 上の救助要請情報をテキストフィルタリングで抽出し,類似文を一つにまとめ一覧表示する Webサイトを開発・公開した.本論文では,本サイト技術のみならず,通報支援活動プロジェクト #99japan との具体的な連携・活用事例についても詳述する.なお #99japan は,救助状況の進捗・完了報告を重視する Twitter を用いた活動であると共に,発災 2 時間後に 2 ちゃんねる臨時地震板ボランティアらによって立ち上げられたスレッドに由来する.
  • 小林 達明, 辻 真太朗, 谷川原 綾子, 谷川 琢海, 梅田 徳男
    日本放射線技術学会雑誌
    2015年 71 巻 7 号 585-594
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/07/20
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to develop the JJ1017 Knowledge-based Application (JKA) to support the continuing maintenance of a site-specific JJ1017 master defined by the JJ1017 guideline as a standard radiologic procedure master for medical information systems that are beingadopted by some medical facilities in Japan. The method consisted of the following three steps: (1) construction of the JJ1017 Ontology (JJOnt) as a knowledge base using the Hozo (an environment for building/using ontologies); (2) development of modules (operation, I/O, graph modules) that are required to continue the maintenance of a site-specific JJ1017 master; and (3) unit testingof the JKA that consists of the JJOnt and the modules. As a result, the number of classes included in the JJOnt was 21,697. Within the radiologic procedure classes included in the above, the ratio of a JJ1017 master code for an external beam radiotherapy was the highest (51%). In unit testingof the JKA, we checked the main operations (e.g., keyword search of a JJ1017 master code/code meaning, editing the description of classes, etc.). The JJOnt is a knowledge base for implementingfeatures that medical technologists find necessary in medical information systems. To enable medical technologists to exchange/retrieve semantically accurate information while using medical information systems in the future, we expect the JKA to support the maintenance and improvement of the site-specific JJ1017 master.
feedback
Top