詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ガストリン"
3,831件中 1-20の結果を表示しています
  • 大沢 友二, 松浦 美保子, 富松 正秀, 山崎 文子, 高杢 美津子, 平田 孝, 平田 済, 鮫島 博人
    臨床薬理
    1988年 19 巻 1 号 255-256
    発行日: 1988/03/31
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 大沢 友二, 平田 済, 鮫島 博人
    臨床薬理
    1989年 20 巻 1 号 247-248
    発行日: 1989/03/31
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • ―(第2報)血中ガストリン動態と胃粘膜萎縮―
    榊 信広, 飯田 洋三, 中村 克衛, 河村 奨, 岡崎 幸紀, 沖田 極, 竹本 忠良
    日本消化器内視鏡学会雑誌
    1978年 20 巻 5 号 433-437
    発行日: 1978/05/20
    公開日: 2011/05/09
    ジャーナル フリー
    The pathophysiological approach of the atrophic border in chronic gastritis has been made by means of dying endoscopy, magnifying endoscopy and others. In this paper, discussions were made on the association of serum gastrin and gastric mucosal atrophy. Serum gastrin, in both of during fasting and after loading of the meat extract, was estimated by radioimmunoassy. There was not a significant difference in normal subjects and patients with duodenal or gastric ulcer. Fasting serum gastrin, and maximum amount and response pattern after loading proportionaly related directly to the atrophic grade of the pyloric gland area. Concerning to the atrophic border, serum gastrin increased in proportion to the elevation of the border to the fundus in closed type by Kimura and Takemoto's classification. While, in open type, serum gastrin level generally tended to decrease.
  • 飯沼 一茂, 池田 勲夫, 高井 優, 柳川 佳信, 倉田 邦夫
    RADIOISOTOPES
    1982年 31 巻 7 号 350-356
    発行日: 1982/07/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    ガストリンに対するモル比が100倍になるクロラミンT量を用い, 比放射能が22.2~25.9GBq (600~700mCi) /mg (約0.5ヨード原子/ガストリン1分子) になるように125I標識を行った結果, 免疫活性の高い125Iヨウ化ガストリンが得られた。そして, 本125Iヨウ化ガストリンを用いてポリエチレングリコール (PEG) 法によるガストリンのラジオイムノアッセイ法 (RIA) を確立した結果, 本法によるintra-およびinterassayのおのおのの変動係数は3.6~7.6%および5.7~10.4%であった。2種の濃度の添加回収率はおのおの104±11.9%および105±9.7%であった。従来法と比較したところ, 両者の測定値はよく一致し, その相関係数はγ=0.973であった。また, 本法で用いた抗体はガストリン (1-17) の12位のチロシン基および15位のメチオニン基を強く認識していた。
  • 第1報:甲状腺機能状態とガストリン値
    綿谷 嘉隆, 青木 矩彦
    日本内分泌学会雑誌
    1984年 60 巻 3 号 171-182
    発行日: 1984/03/20
    公開日: 2012/09/24
    ジャーナル フリー
    The relationship between thyroid disorders and gastric pathophysiology has been studied mainly from standpoints of gastric histology and gastric acid output capacity. Though anti-gastric antibody has been thought to play a part in this relationship, there have been no clear conclusions obtained about that. Since blood gastrin levels are easily measurable by radioimmunoassay today, the relationship between thyroid disorders and gastric pathophysiology has drawn attention again from a standpoint of gastrin levels. Seino et al. have reported about hypergastrinemia in hyperthyroidism, speculating that β-adrenergic hyperresponsiveness of gastrin-producing cells could be the mechanism of hypergastrinemia. However, there are other reports which mentioned feedback mechanism between gastrin and gastric acid or interaction of gastrointestinal hormones as the main mechanism of hypergastrinemia.
    In this study, the problem of gastrin in Graves' disease and chronic thyroiditis were studied by measurement of fasting serum gastrin levels and gastric juice excretion in view of feedback mechanism between gastrin-producing cells and parietal cells which are the target cells of gastrin.
    Following results were obtained.
    1) Fasting serum gastrin levels in Graves' disease were 236.2±39.1 (mean±SE) pg/ml for 39 hyperthyroid patients and 126.3±23.9 pg/ml for 35 euthyroid patients. These levels were significantly higher than those of sex and age-matched control subjects with P<0.001 and P<0.05, respectively. Fasting serum gastrin levels in serial studies of 13 patients with Graves' disease were 222.3±56.7 pg/ml before treatment and 167.3±56.6 pg/ml at the time of euthyroid state after a mean observation period of 6.6±1.1 months. Fasting serum gastrin levels at the time of euthyroid state decreased significantly when compared with fasting serum gastrin levels before treatment (P<0.05).
    2) Fasting serum gastrin levels in chronic thyroiditis were 160.7±51.1 pg/ml for 24 hypothyroid patients and 96.4±24.7 pg/ml for 31 euthyroid patients. Each of these levels had no significant differences when compared with sex and age-matched control subjects. Fasting serum gastrin levels in serial studies of 10 patients with chronic thyroiditis were 81.1±18.0 pg/ml at the time of hypothyroid state and 91.5±15.2 pg/ml at the time of euthyroid state after a mean observation period of 7.1±2.1 months. Fasting serum gastrin levels before treatment had no significant differences when compared with fasting serum gastrin levels in euthyroid state.
    3) Fasting serum gastrin levels in hyperthyroidism did not correlate with any of serum thyroxine levels, serum triiodothyronine levels and free thyroxine indices. Fasting serum gastrin levels did not significantly correlate with any of anti-thyroid microsomal antibody and anti-thyroglobulin antibody titers in both hyperthyroid and euthyroid state.
    4) Fasting serum gastrin levels correlated inversely with the maximum acid output in the study of 22 patients with Graves' disease (r=-0.44, P<0.05).
    5) Two group were differentiated in serial study of 8 patients with Graves' disease. In one group, fasting serum gastrin levels were decreased and normalized immediately in response to decline and/or normalization of thyroid functions. In the other group, fasting serum gastrin levels decreased rather slowly or retained at high levels with labile fluctuation relatively independently of thyroid functions. These results suggested that Graves' disease could be associated with multiple factors to elevate fasting serum gastrin levels, ie, existence of anti-parietal cell antibody, hyperresponsiveness of β-adrenergic receptors, gastric hypoacidity, interaction of gastrointestinal hormones, etc.
  • 真神 易, 東 健, 佐々木 善二, 井口 秀人, 青池 晟, 川井 啓市, 河合 隆, 関 知之, 原田 容治, 斉藤 利彦, 芦沢 真六
    日本消化器病学会雑誌
    1989年 86 巻 4 号 913-915
    発行日: 1989年
    公開日: 2007/12/26
    ジャーナル フリー
    個体発生の段階において膵内にガストリン細胞が存在することは知られている. この幼若期膵内ガストリン細胞の局在および自己増殖能の成長に伴う経時的変化を酵素抗体法, 3H-thymidine オートラジオグラフィー (ARG) を用いて検討した. 膵内ガストリン細胞はランゲルハンス島辺縁と外分泌腺領域に認められ, ランゲルハンス島では出生当日より生後2週前後まで, 外分泌腺領域では出生当日より生後4週前後まで存在した. 3H-thymidine オートラジオグラフィーによる検討では膵内ガストリン細胞は生後約10日間自己増殖能を保持していることが示された.
  • 竹内 利行
    日本消化器病学会雑誌
    1999年 96 巻 10 号 1133-1142
    発行日: 1999/10/05
    公開日: 2008/02/26
    ジャーナル フリー
    ガストリンは20世紀初頭にその存在が予測された極めて歴史の古いホルモンであり,なおかつ現在でもガストリンに関するトピックが絶えない.本稿では,ガストリンの分子生物学的研究の到達点であるガストリン過剰発現マウス,ガストリンおよびガストリン受容体ノックアウトマウスから得た進歩について,更に臨床におけるトピック,Helicobacter pylori (H.pylori)と高ガストリン血症,大腸癌の増殖とガストリンの関連について概説する.
  • 戸叶 嘉明, 吉井 恒雄, 橋本 博史, 廣瀬 俊一, 上原 直樹, 飯田 昇, 清水 一夫, 松本 道男
    日本内科学会雑誌
    1989年 78 巻 10 号 1490-1491
    発行日: 1989/10/10
    公開日: 2008/06/12
    ジャーナル フリー
    患者は60才の男性で,悪心・体重減少を主訴に入院.超音波・CT・血管造影にて肝癌を認め,血中ガストリンが高値を示した.肝癌切除によりガストリン値は低下したが, 6カ月後に再発し,同時にガストリン値も再び上昇した.このように,肝癌の存在とガストリン値に相関を認め,高ガストリン血症と肝癌との関連が示唆された.
  • 東 健, 河合 隆, 井口 秀人, 青池 晟, 西村 和彦, 藤本 荘太郎, 中島 正継, 川井 啓市
    日本消化器病学会雑誌
    1986年 83 巻 7 号 1407
    発行日: 1986年
    公開日: 2007/12/26
    ジャーナル フリー
  • 浅野 泰, 飯田 博行
    日本腎臓学会誌
    1978年 20 巻 12 号 1313-1314
    発行日: 1978/12/25
    公開日: 2010/07/05
    ジャーナル フリー
  • 八木田 眞光
    Journal of UOEH
    1988年 10 巻 2 号 189-201
    発行日: 1988/06/01
    公開日: 2017/04/11
    ジャーナル フリー
    Histamine H2-antagonistの血中ガストリン動態へ及ぼす影響について, 胃内pH並びに胃内腔容量の変動を除外したラット胃内腔灌流系を用い検討した. Histamine刺激胃酸分泌を, cimetidine, famotidine, ranitidine並びにTZU-0460のhistamine H2-antagonistを用いて抑制し, 胃酸分泌量と血清ガストリン値を測定した. いずれの薬剤投与群も用量依存性の酸分泌抑制がみられると同時に, 血清ガストリン値の用量依存性の増加がみられた. その増加はcimetidineおよびranitidine投与群では酸分泌抑制の用量一反応関係を示す低用量より認められたのに対し, famotidineおよびTZU-0460投与群では最大酸分泌抑制効果を呈する高用量域よりみられた. 以上より, histamine H2-antagonistは血中ガストリン増加作用を有する事, この作用は胃酸分泌抑制の二次的な結果ではないことが明らかになった. またこの作用は, 胃前庭ガストリン分泌細胞に対する直接作用である可能性が示唆された.
  • 袖山 治嗣, 黒田 孝井, 小林 信や, 小松 誠, 飯田 太
    日本消化器外科学会雑誌
    1992年 25 巻 5 号 1263-1267
    発行日: 1992年
    公開日: 2011/08/23
    ジャーナル フリー
    多発性内分泌腺腫症I型 (MEN type I) 2例および原発性上皮小体機能亢進症 (HPT) 10例において, 上皮小体摘除の血清ガストリン値に及ぼす影響, 病変を認めた上皮小体の抗ガストリン抗体染色態度を検討した.
    MEN type I症例において, 上皮小体摘除後血清ガストリン値は著明な低下を示した. HPT症例において, 上皮小体摘除後血清ガストリン値は10例中7例で低下し, 平均値は216, 1±228.3pg/mlから113.1±51.1pg/mlと低下傾向を示したが, 有意差はなかった.
    MEN type I症例2例中1例が, HPT症例10例中6例の上皮小体が抗ガストリン抗体弱陽性に染色された. 抗ガストリン抗体染色態度と, 上皮小体病変の組織型, 術前後の血清ガストリン値との関係を検討したが有意な相関は認められなかった.
  • とくにセクレチンとガストリンの相互関係に関する臨床的検討
    杉山 貢, 山中 研, 滝沢 利男, 丹羽 正幸, 佐藤 一美, 杉田 秀雄, 福島 恒男, 藤沢 祥夫, 竹村 浩, 大久保 高明, 土屋 周二
    日本消化器外科学会雑誌
    1975年 8 巻 4 号 356-362
    発行日: 1975年
    公開日: 2011/03/02
    ジャーナル フリー
    生体の調節機構という面から胃酸分泌抑制機構に注目し, 消化性潰瘍症例に十二指腸粘膜より抽出したセクレチン(E-286-001)を使用し, 手術前後の胃酸とガストリン分泌の変化を検討した.対象は手術前169例, 手術後78例であつた.手術前ではセクレチンは, 各種の胃疾患により胃酸およびガストリン分泌に対する抑制効果に差が生じた.手術後例では幽門洞(ガストリン最密区域)を切除してあるか否かにより差が生じ, 迷走神経切断による影響は乏しかつた. しかし迷切兼ドレナージ合併術式後では, セクレチンは明らかなる抗ガストリン作用を示した.すなわちセクレチンは, 分泌亢進状態のガストリン産生細胞と壁細胞には抑制的に働いていることが判つた.消化性潰瘍症に対する手術術式の選択に関して, 従来の胃酸分泌態度に加えて, 血清ガストリン値を指標とした試みを紹介した.
  • 飯島 義次
    北関東医学
    1977年 27 巻 2 号 89-101
    発行日: 1977/03/30
    公開日: 2009/10/15
    ジャーナル フリー
    Even less is known about the role of gastrin, the most potent stimulator of gastric acid secretion, in the pathogenesis of peptic ulcer disease. The present study was undertaken to determine arginine-stimulated gastrin release in patients with peptic ulcer.
    The results obtained herein were as follows :
    1. The mean fasting serum gastrin concentrations for the patients with gastric ulcer and duodenal ulcer did not differ from that of normal subjects.
    2. Intravenous drip infusion of L-arginine (0.5g/kg, 30min) to normal subjects caused a significant rise in serum gastrin levels to approximately 130% of the baseline at 10min.
    3. The peak values of serum gastrin, insulin, growth hormone and glucagon following arginine infusion were achieved at 10, 30, 45 and 30min. respectively.
    4. The mean basal (BAO) and maximum gastric acid secretion (MAO) were greater in duodenal ulcer patients than in gastric ulcer patients. However, those of gastric ulcer patients were less than those of control subjects, although no significant differences between two groups were obtained.
    5. Arginine-induced gastrin release was significantly greater in duodenal ulcer patients than in gastric ulcer patients. There was no difference between gastric ulcer patients and normal subjects.
    6. According to the arginine-induced gastrin release, gastric ulcer patients were divided into 3groups : three types of high, normal and low gastrin response. High gastrin response group appeared to be related to the increased mucosal atrophy in the stomach, low gastric acid secretion and non-relapse cases of ulceration.
    7. In duodenal ulcer patients, gastrin response to arginine was neither associated with increased mucosal atrophy nor diminished gastric acid secretion.
    Thus, we have demonstrated that intravenous drip infusion of arginine is an effective stimulus for the release of gastrin. The observations described in this report have failed to support the concept that gastrin stasis is the cause of gastric ulcer. However, the increased susceptibility of gastrin release to arginine in duodenal ulcer patients suggests the potential importance of gastrin in the hypersecretory state that frequently characterizes duodenal ulcer disease.
  • 杉山 貢
    日本消化器病学会雑誌
    1977年 74 巻 12 号 1642-1649
    発行日: 1977/12/05
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
    本研究は消化管ホルモン, 特に内因性ガストリンの胎盤通過性の有無と母児相関を明らかにし, 内分泌ホルモンと消化管の発生・発育との関連性を解明するために行つた.
    1. 正常分娩時において, 娩出直後の母体股動脈および臍帯動・静脈血中のガストリン値をradioimmunoassayにて測定し, 比較した.
    2. 妊娠マウスに油性合成ヒトガスニン (S・H・G) を分娩まで連続投与し, 出産直後の新生仔の胃を形態学的に検討した.
    娩出直後の血清ガストリン値は母体股動脈血中では65.4±11.6Pg/ml, 児臍帯動脈血中では69.0±12.1Pg/ml, また児膀帯静脈血中では67.5±15.3Pg/mlであり, この三者の間には有意の差はなかつた.妊娠マウスにS・H・Gを連続投与すると, 新生仔の胃の重量は対照群より平均32.6%重く, また大きさにおいても平均33.3%増加していた. これらの事実より母体の内因性ガストリンは胎盤を通過すること. また胎児は母体の血中ガストリンの影響下にあり, マウスの胎生期において母体中のガストリンは胎児の胃の発生・発育を促進する作用 (troPhic actnon) があることが判つた.
  • 中村 孝司, 友野 寛樹, 田村 由美子, 大溝 雅史, 長瀬 裕平, 松丸 一彦, 山村 眞吾, 宮本 昭彦, 上東 洋一, 正岡 一良, 黒沢 進, 屋嘉比 康治
    日本消化器内視鏡学会雑誌
    1993年 35 巻 11 号 2629-2634
    発行日: 1993/11/20
    公開日: 2011/05/09
    ジャーナル フリー
    上部消化管内視鏡検査の血清ガストリン値に与える影響を検討する目的で内視鏡検査前後の血清ガストリン値を178例で測定した. 血清ガストリン値は,前処置として臭化ブチルスコポラミンを投与した場合,内視鏡検査後有意に上昇し,グルカゴンを投与した場合,有意に減少し,前処置の注射をしなかった場合有意の影響をうけなかった. 胃生検は内視鏡検査後の血清ガストリン値に影響を与えないことが示唆された. Helicobacter pyloriの有無も内視鏡検査時の血清ガストリン値に有意の変化を与えないことが示唆された. 多くの場合,変動は前値の±30%以内にとどまり,約30分の休養によって前処置薬(臭化ブチルスコポラミン)の影響もなくなるので,内視鏡検査後の血清ガストリン値を空腹時ガストリン値とみなしても実際上は大きな問題はないものと考えられる.
  • 久原 厚生
    日本腎臓学会誌
    1975年 17 巻 9 号 803-809
    発行日: 1975/09/30
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    Gastrointestinal bleeding is a recognized complication of renal failure, traditionally being asso-ciated with peptic ulceration. Nevertheless, the pathogenesis of the so-called “uremic gastropathy ” is not clear. Recently, it is generally agreed that the kidney is a major site of gastrin degradation. In view of these facts, I attempted to clarify the pathogenetic significance of hypergastrinemia asso-ciated with chronic renal failure. Fasting serum-gastrin and gastric acid secretion were examined in 16 patients with chronic renal failure and 7 normal controls. The mean fastingserum-gastrin was 147 pg/ml in the chronic renal faillure and 78 pg/ml in the controls. The mean basal acid output was 3.4 mEq/hr in the chronic renal failure and 2.2 mEq/hr in the controls. The mean stimulated peak acid output was remarkably higher in the renal failure group (121 mEq/L) than in the control group (81 mEq/L). (p<0.05). The examination of the stomach and the duodenum was done radiologically and endoscopically. There was no patient with ulcer, but the majority of patient3 had severe gastric mucosal abnormalities. Fiberscopic gastric biopsy was done in 3 patients, and all specimens showed marked morphological changes of rnucosal & submucosal hemorrhages, hyperemia and cellular infiltrations. It is as yet unable to decide, whether the uremic damage of the gastric mucosa is brought about by hypergastrinemia. But this study supports the hypothesis that the hypergastrinemia is very impor-tant in the pathogenesis of the so-called “ uremic gastropathy. ”
  • 露崎 和敏
    北関東医学
    1977年 27 巻 5 号 307-326
    発行日: 1977/09/30
    公開日: 2009/10/15
    ジャーナル フリー
    Increases in serum concentrations of immunoreactive gastrin in patients with hyperthyroidism have been reported by several investigators. However, no detailed information is available about the mechanism responsible for the high gastrin levels. The present study was undertaken to elucidate the mechanism of abnormal secretion of gastrin in hyperthyroidism.
    The results obtained herein were as follows :
    1. The mean fasting serum gastrin concentration for the patients with untreated hyperthyroidism was significantly higher than in normal subjects.
    2. No significant correlation was observed between the basal serum gastrin levels and any of the thyroid function tests determined.
    3. The high gastrin levels in hyperthyroid patients appeared to be lowered after treatment with antithyroid drug. However, serum gastrin levels in some treated patients were still higher than that of normal subjects, even when they became euthyroid after therapy.
    4. No rise in serum gastrin levels occurred when normal subjects were treated with daily dose of 75 pig triiodothyronine for 8 days.
    5. Decreased gastric acidity, as determined by BAO, MAO, BSVR and MSVR, was observed in patients with hyperthyroidism as compared with normal subjects : Such decreased gastric acidity tended to be elevated by antithyroid drug therapy.
    6. Histologic examination of gastric mucosa in hyperthyroid patients showed superficial or atrophic gastritis, associated with lower gastric acidity.
    7. No difference in serum calcium concentrations was observed between hyperthyroid patients and normal subjects.
    8. Serum gastrin rose significantly from the basal levels in hyperthyroidism during arginine drip infusion. However, no difference in the per cent of the increase in gastrin levels was observed between hyperthyroid patients and normal subjects.
    The present findings provide evidence that chronic stimulation of excess thyroid hormone is an important determinant in inducing hypergastrinemia, associated with decreased gastric acid secretion.
  • 松岡 徹, 福地 稔, 木戸 亮, 永井 清保, 熊原 雄一
    RADIOISOTOPES
    1975年 24 巻 1 号 19-24
    発行日: 1975/01/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    ガストリンのradioimmunoassayキットにつき, その基礎的検討をおこない, あわせてその臨床応用の有用性について考察を加えた。本法が測定感度・回収率・再現性・特異性など測定法としての条件を十分満足しうるものであり, 従って十分その臨床応用が可能であることを確かめた。本法の臨床応用では, 健常人の空腹時血中ガストリン値は72~117pg/ml (平均94.1±16.5pg/ml) であり, 萎縮性胃炎患者では対照に比して高値を示す成績が得られたが, 胃・十二指腸潰瘍患者では健常人との間に有意の差は認められなかった。また胃切除後の症例では健常人に比して低値を示す傾向にあった。
  • 与那原 良夫, 加藤 督介, 加島 弘, 伊藤 綏, 高原 淑子, 桐村 浩, 石山 和夫
    医療
    1975年 29 巻 5 号 452-458
    発行日: 1975/05/20
    公開日: 2011/10/19
    ジャーナル フリー
    我々はGastrin RIAKITを用いて, 血中ガストリン測定における有用性を検討した. その結果は次に示すごとくであつた.
    1. キツトは高比放射能を有する2週間以内に使用することが好ましく, 緩衝液のpH補正は十分確認する必要がある. 2. インキユベーシヨンは温度条件並びに時間的要因を厳密かつ正確にして実施すれば, 各条件においてほぼ一致した成績を収め得る可能性を示した. 3. 再現性については, 高濃度においてややバラツキが多く見られたが, これより低濃度でのバラツキはほとんど見られなかつた. 回収率は平均100.6%と良好で, 本法の臨床検査での有用性を示した. 4. 正常者30例の空腹時血中ガストリン量は52~123(平均86.8±23.3)pg/mlで, 胃潰瘍及び十二指腸潰瘍においては正常者と同じかやや高値を示す傾向にあり, また十二指腸潰瘍は胃潰瘍に比して低値を示した. 慢性胃炎では正常者に比べてやや高値を示した. また巨赤芽球性貧血では異常高値をとる興味ある所見を示した.
feedback
Top