詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "コーカソイド"
172件中 1-20の結果を表示しています
  • 鈴木 裕法
    九州歯科学会雑誌
    2005年 59 巻 2 号 19-20
    発行日: 2005/05/25
    公開日: 2017/12/20
    ジャーナル フリー
  • 有吉 渉
    九州歯科学会雑誌
    2005年 59 巻 3 号 124-
    発行日: 2005/08/25
    公開日: 2017/12/20
    ジャーナル フリー
  • 鈴木 裕法
    九州歯科学会雑誌
    2005年 59 巻 3 号 124-125
    発行日: 2005/08/25
    公開日: 2017/12/20
    ジャーナル フリー
  • 鈴木 裕法
    九州歯科学会雑誌
    2005年 59 巻 2 号 61-79
    発行日: 2005/05/25
    公開日: 2017/12/20
    ジャーナル フリー
    本研究は中華人民共和国西部の新彊ウイグル自治区ウルムチ市に居住するウイグル族の歯冠形質の特徴ならびに他民族集団との人類学的位置関係を明確にすることを目的とした.研究資料として中華人民共和国新彊ウイグル自治区ウルムチ市の民族中学校に通学する16歳〜19歳の男女各80名より採取された上下顎石膏歯列模型を用いた.研究方法はArizona State University Dental Plaque Systemを基準として,歯冠19形質の出現頻度と発達程度を調査し,モンゴロイド9民族集団,コーカソイド2民族集団ならびにネグロイドとの比較を行い,以下の結論を得た.1.観察したウイグル族の歯冠19形質のなかで出現率の高いものは,Canine distal accessory ridge (UC), Premolar lingual cusp variation (LP2), Carabelli's trait (UM1), Hypocone (UM2)および4cusp (LM2)の5形質であった.また,出現率の低いものはCanine mesial ridge (UC), Odontome (U and LP1, 2), Distal trigonid crest (LM1), Cusp7 (LM1)およびY-groove pattern (LM2)の5形質であり,周辺の民族集団とは明らかな相違があった.2.ウイグル族の歯冠19形質のうち,コーカソイド的であったのはShoveling (UI1), Double-shovel (UI1), Odontome (U and LP1, 2), Carabelli's trait (UM1), Cusp6 (UM1)および4cusp (LM2)の6形質,シノドント的であったのはWinging (UI1^2), Tuberculum dentale (UC), Premolar lingual cusp variation (LP2), Cusp5 (UM1), Protostyid (LM1)およびY-groove pattern (LM2)の6形質であった.このことからウイグル族の歯冠はコーカソイドとモンゴロイドの双方の特徴を持つことがわかった.3.ウイグル族と他民族集団との類縁性を歯冠19形質に基づいて明らかにするため,Ward法を用いてシノドント(日本人,漢族,満族,朝鮮族,回族,ダフル族,ナシ族),スンダドント(縄文人,タイ人),コーカソイド(ヨーロッパ人,北アフリカ人),ネグロイド(Sub-Saharan African)とのクラスター分析を行った.その結果は,ウイグル族はシノドントとスンダドントからなるモンゴロイド集団のクラスターではなく,ヨーロッパ人と北アフリカ人のコーカソイド集団とネグロイドを含むクラスターに含まれた.4.ウイグル族とシノドント(日本人,漢族,満族,朝鮮族,回族,ダフル族,ナシ族),スンダドント(縄文人,タイ人),コーカソイド(ヨーロッパ人,北アフリカ人),ネグロイド(Sub-Saharan African)の12集団の多次元尺度法による分析を行った結果,ウイグル族はシノドント集団とコーカソイド集団の中間に位置していた.以上のことから,中国新彊ウイグル自治区ウルムチ市に居住する現代ウイグル族はシノドント集団とコーカソイド集団の中間的形質を持つことからシノドントとコーカソイドの混血民族であることが歯冠19形質からも示唆された.
  • 大久保 正
    薬物動態
    1999年 14 巻 5 号 404
    発行日: 1999/10/29
    公開日: 2007/03/29
    ジャーナル フリー
  • 香川 靖雄, 百合本 真弓, 平井 千里, 柳沢 佳子, 長谷川 恭子
    脂質栄養学
    2005年 14 巻 1 号 6-14
    発行日: 2005/03/31
    公開日: 2009/04/10
    ジャーナル フリー
    Genes and lipid nutrition of Mongoloid are different from those of Caucasoid. Westernization of Mongoloids resulted in increase of diseases related to lipid metabolism including diabetes and atherosclerosis. The Mongoloid-specific genetic factor is mainly composed of single nucleotide polymorphism (SNP). Those SNPs saving energy and induce diabetes are called "thrifty SNPs", and include b-adrenergic receptor (b3AR), uncoupling proteins (UCPs)1 and 2, and UCP promoter (UCP3p), PPAR-g2, leptin receptor (LEPR) etc. These SNPs constitute obesity-prone genetic factors of Mongoloids under Westernized dietary habits. We studied these SNPs in Mongoloid living in Japan, Okinawa, Palau, Thai, China, Tonga and Mongol (Biochem. Biophys. Res. Commun. 295: 207-222, 2002). We also analyzed SNPs of the patients in our Nutrition Clinic, who were educated 25-31 years before. Despite differences in these SNPs, the special dietary habits (four-group point method) and exercise prevented most of the lifestyle related diseases.
  • 安納 住子, 阿部 貴志, 山本 卓志
    日本生理人類学会誌
    2008年 13 巻 1 号 1-7
    発行日: 2008/02/25
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー
    This study aims to identify Single Nucleotide Polymorphisms (SNP) alleles at multiple loci associated with racial differences in skin color using SNP genotyping. A total of 122 Caucasians living in Toledo, Ohio and 100 Japanese were genotyped for the 20 SNPs in the 7 candidate genes. Data obtained from the SNP genotyping were used to analyze associations of the 20 SNP alleles by use of linkage disequilibrium (LD). Combinations of SNP alleles under LD were jointly tested for association with the racial groups by performing a χ^2 test for independence. Results show that the SNP alleles at the multiple loci considered as the haplotype contribute to the differences while suggesting a high probability of LD. Confirmation of these findings requires further study with other ethnic groups to analyze the associations between SNP alleles at multiple loci and racial skin color variation.
  • 阿部 伸一, 松永 智, 山本 将仁, 福田 真之, 山根 茂樹, 梅澤 貴志, 笠原 正彰
    日本口腔インプラント学会誌
    2015年 28 巻 2 号 137-143
    発行日: 2015/06/30
    公開日: 2015/08/01
    ジャーナル フリー
    顎骨周囲,内部を走行する神経,血管の位置が,有歯顎または欧米人の標本によって解説がなされた解剖書と,インプラント治療時に遭遇する形態との間でイメージが異なることがある.すなわち,顎骨に付着する筋,顎骨周囲に走行する脈管,神経については,歯を喪失した後の顎骨の形態に関連付けて考えていくことが重要であり,さらには日本人特有の顎骨形態を理解する必要もある.このように,インプラント施術に際して重要な局所解剖は,その患者がどのような顎骨の状態か,そしてそれに伴い変化する顎骨周囲の解剖を理解していることにより避けられ,安全確実な手術へとつながると考える.
  • Masashi Sakuma, Kazuharu Mine, Takahiko Ogata
    歯科基礎医学会雑誌
    1988年 30 巻 4 号 545-549
    発行日: 1988/08/20
    公開日: 2010/09/28
    ジャーナル フリー
    Carabelli complex (Robinson, 1956) は, 上顎大臼歯近心舌側咬頭の舌側面に現れる溝状, 小窩状あるいは結節状の形態を総称したものである。本稿では, 中東アフリカに居住するマラウィ人および日本人から得られた硬石膏模型を用いて, 上顎第1大臼歯のCarabelli complexを観察し, 出現頻度を他集団と比較した。分類はDahlbergの標準模型P-12に基づき, Alvesaloら (1975) の規準に従った。マラウィ人におけるCarabelli complexの総出現率は, ヨーロッパ人や南アフリカ白人と大差なく, コーカソイド集団の示す変異域に明らかに含まれていた。一般に, この形質はコーカソイド集団に高率に出現するといわれ, コーカソイドを特徴づける1形質と考えられているが, 今回マラウィ人を含むネグロイド集団との問には著しい頻度差は認められないことが示唆された。
    一方, 日本人におけるCarabelli complexの出現は混血のないモンゴロイド集団と同様に, ネグロイド集団やコーカソイド集団より明らかに低率であった。日本人におけるこの結果は, 他の分類法を用いた従来の諸報告とほぼ一致していた。
  • 香川 靖雄
    オレオサイエンス
    2011年 11 巻 10 号 381-389
    発行日: 2011年
    公開日: 2013/07/18
    ジャーナル フリー
    脂質代謝の人種差の主な原因は一塩基多型 (SNP) の頻度差による。食生活のグローバル化に伴ってモンゴロイドに肥満や2型糖尿病が激増した一因がSNP頻度差である。脂質代謝には主要な脂肪酸が糖質に変換できないという制約があるので脂質エネルギー比率が重要な食事因子となる。さらにn-3系とn-6系の脂肪酸はそれぞれ独立にαリノレン酸とリノール酸からのみ形成されるという制約があるのでn-3/n-6比率が次の重要な食事因子となる。SNPの連鎖不平衡にもとつく全ゲノム関連解析 (GWAS) を用いたHapMap計画によって, ネグロイド, モンゴロイド, コーカソイドの問で異なる人種差の祖先識別マーカーが明らかになった。脂質エネルギー比率の増加は飢餓耐性遺伝子 (βAR, UCP, PPAR等) 多型頻度の多いモンゴロイドで脂質代謝異常/糖尿病を誘発した。n-3/n-6比率の低下は脂肪酸不飽和化酵素遺伝子 (FADS) や脂質由来生理活性物質 (PG, LT, TX, レゾルビン, プロテクチン等) の形成酵素遺伝子の多型を通して循環器疾患等の人種差の原因となっている。
  • 竹沢 泰子
    学術の動向
    2014年 19 巻 7 号 7_80-7_82
    発行日: 2014/07/01
    公開日: 2014/11/07
    ジャーナル フリー
  • 佐熊 正史, 中村 修一, 仙波 伊知郎, 安部 一紀, 大野 秀夫, 小川 孝雄
    九州歯科学会雑誌
    1994年 48 巻 1 号 1-5
    発行日: 1994/02/25
    公開日: 2017/12/21
    ジャーナル フリー
    下顎中切歯の近心舌側捻転(winged teeth : WT)はモンゴロイド集団に特徴的に認められる形質と考えられている.一方, 遠心舌側捻転(counter-winged teeth : CT)はコーカソイド集団に比較的高い頻度で認められる.今回は上記のような上顎中切歯の特徴的な配列について, ネパール国住民70名から得られた歯牙石膏模型をもちいて検索した.上顎中切歯が示す捻転状態はDahlberg(1959)の分類に基づいて判定し, 以下のような結果を得た.両側性遠心舌側捻転はモンゴロイドや太平洋集団に比べ, ネパール人では比較的高頻度に見られ, コーカソイド集団にやや類似していた.一方, 近心舌側捻転の頻度はネパール人ではモンゴロイドや太平洋集団より低かった.これらの結果からは, ネパール人における上顎中切歯捻転の様式はコーカソイド集団に比較的類似しておりモンゴロイドや太平洋集団とはやや異なると考えられた.ネパール人における上顎切歯部の歯列異常については, 叢生が70例中わずかに4例見られたにすぎない.一方, 側方および正中歯間離開は各々7.14%および4.29%に認められた.また, 上顎中切歯における捻転と配列異常の頻度には有意な相関は認められなかった.このことから, 上顎中切歯の捻転様式は歯間の離開や狭窄によるものでなく, 歯根の形態など, 他の要因によるものと考えられた.
  • 香川 靖雄, 柳沢 佳子, 長谷川 恭子
    脂質栄養学
    2004年 13 巻 2 号 90
    発行日: 2004/08/20
    公開日: 2009/04/10
    ジャーナル フリー
  • 筑紫 寿七生
    九州歯科学会雑誌
    2001年 55 巻 3 号 189-205
    発行日: 2001/06/25
    公開日: 2007/08/03
    ジャーナル フリー
    Tooth crown traits of the Dafurs of Inner Mongoria province, China, were examined and compared with 23 East Asian populations in order to clarify the anthropological position of the Dafurs based on Mongoloid dental variation. Plaster models were taken from 92 male and 98 female students, 16 to 19 years of age, of the Dafurs tribe middle high school in Hailaer. Nineteen non-metric traits of tooth crown were classified using the Arizona State University dental anthropological system and counted with the individual count method.
    The frequencies of 19 traits in the Dafurs were compared with those of 23 East Asian populations. Ten crown traits that indicated high frequencies were Shoveling (UI1), Double shovel (UI1), Canine medial ridge (UC), Cannine distal accessory ridge (UC), Premolar lingual cusp variation (LP2), Protosylid (LM1), Deflecting wrinkle (LM1), Cusp 6 (LM1), Cusp 7 (LM1) and 4 cusp (LM2). Those showing low frequencies were Winging (UI12), Interruption groove (UI2), Tuberculum dentale (UI2), Odontome (UandL 1, 2), Hypocone (UM2), Cusp 5 (UM1), Carabelli's trait (UM1), Distal trigonid crest (UM1) and Y-groove pattern (LM2).
    On comparing the eight crown traits that indicated significant differences between Sinodonty which is typical of Northeast Asia, and Sundadonty which is typical of Southeast Asia, the Dafurs had six Sinodont-like traits: Shoveling, Double-shovel, Carabelli's trait, Cusp 5, Deflective wrinkle and Y-groove pattern, and two Sundadont-like traits: Winging and 4 Cusp.
    Two major clusters were obtained from a cluster analysis on the Ward method among 23 East Asian populations and the Dafurs, based 19 crown traits. One was Sinodonty cluster, and the other Sundodonty cluster. The Dafurs was included in the Sinodonty cluster. The Sinodonty cluster was divided into two subclusters, one was the Han and Japanese group, and the other the Chaoxian and the Man group. The Dafurs was included in the latter.
    Furthermore, the multidimensional scaling analysis showed that the Dafurs was closest to the Chaoxian and the Man, and nearest to Sundadonty as contrasted with typical Sinodonty.
    Judging from the above analyses, it was proved that the dentition of the Dafurs was charasteristic of both Sinodonty and Sunndadonty, and the Dafurs was the closest to the Chaoxian and the Man in the East Asian Mongoloid populations.
  • 佐々木 隆
    日本生気象学会雑誌
    1983年 20 巻 3 号 19
    発行日: 1983/10/01
    公開日: 2010/10/13
    ジャーナル フリー
  • 石田 肇, 百々 幸雄
    バイオメカニズム学会誌
    1990年 14 巻 4 号 200-206
    発行日: 1990/11/01
    公開日: 2016/10/31
    ジャーナル フリー
  • 中澤 弘貴, 馬場 俊晃, 辻本 恭久
    日本歯内療法学会雑誌
    2017年 38 巻 1 号 31-35
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/06/30
    ジャーナル フリー

    Abstract : This study aimed to identify the root and root canal morphology of maxillary first (P1) and second (P2) premolars in Japanese patients using computed tomography (CT). The subjects were 200 Japanese individuals (100 males, 100 females) who had undergone CT for investigation of oral pathologies in the Department of Radiology at our hospital. For all subjects, one root was present in about 80% of P1 and >90% of P2. Using Turner's classification, one root and one apex were observed in about 50% of P1 and >90% of P2 in both sexes. P2 never showed a complex root in females, but two complex roots were observed in males. P1 predominantly (about 83%) showed two root canals, however, P2 predominantly (about 70%) showed one root canal. In addition, two root canals were more frequent in P1 than in P2 in both sexes (p<0.01). Using Vertucci's classification of the anatomy of one root in P1 and P2, two root canals in P1 were mostly Type Ⅳ (two root canals did not join in the morphology of two root canals and two apical foramina) or Type Ⅱ (two root canals joined in the morphology of one root canal and one apical foramen).

  • 埴原 和郎
    第四紀研究
    1974年 12 巻 4 号 265-269
    発行日: 1974/02/28
    公開日: 2009/08/21
    ジャーナル フリー
    In this paper, the author discussed man's adaptation to the cold and formation of the northern Mongoloids in the light of human adaptability to the climatic conditions.
    It is widely known that the mammals generally show several adaptations to the climate, among which the most effective factors seem to be the light and the temperature. For instance, in the field of mammalian ecology, the rules proposed by GLOGER, BERGMANN and ALLEN are generally accepted, and they can be also applied on microevolution of the human populations to some extent. Thus, it is said that the Caucasoids have adapted to the cold and moist climate with low radiation of ultraviolet rays, and the Negroids to the environment with high temperature and excessive radiation of ultraviolet rays. In parallel to this, the Mongoloids are regarded as having adapted to the very low temperature and dry weather.
    However, adaptation in this direction has likely occurred in or just after the latest stage of the Upper Paleolithic, because the Mongoloids from this stage such as the Upper Cave Men show almost no evidence of adaptation to the extremely cold temperature.
    In this respect, the modern Mongoloids living in the arctic areas may be regarded as the people who acquired their adaptability to the cold in relatively recent stages of evolution. On the other hand, we can find some other populations who retain more or less archaic characters of the Mongoloids in peripheral areas of the Asian and the American Continents, and even in the sub-arctic areas.
    For instance, the Ainu has so far been attributed their origin to the Caucasian stock. Several recent findings on their blood composition, dermatoglyphics and dental characteristics, however, show close affinity to the Mongoloids.
    On the other hand, the Ainu still shows unique characteristics in quite rich beard and body hairs, relatively thin subcutaneous fat, partially projected facial bones, etc., and these characteristics do not show high degree of adaptability to the cold climate.
    On the basis of these fact, it is quite likely that the Ainu might be one of branches of the Mongoloid stock who has less experience to live under the extremely cold environment, and still retains some archaic characters compared with the neighbouring populations. Naturally, this hypothesis should be checked by several other data from the fields of anthropology, prehistory, geology, and other related sciences.
  • 金沢 英作, Donald H. MORRIS, 関川 三男, 尾崎 公
    人類學雜誌
    1988年 96 巻 4 号 405-415
    発行日: 1988年
    公開日: 2008/02/26
    ジャーナル フリー
    アリゾナ州立大学人類学教室に保存されているアフリカの3人種の歯列弓石膏模型から得られた上顎第1大臼歯についてモアレ法による立位計測を行った.材料は1960年代に南アフリカで採得されたもので,Bushman(San,30個体,性別不明), Bantu(Sotho,男性14,女性16), Asiatic Indian(コーカソイド系,男性18,女性15)である.上顎第1大臼歯は咬耗のほとんどない若年個体からのみ印象をとり,3咬頭頂平面を基準とし,ピッチ0.2mm のモアレ撮影を行った.得られた写真上に11の計測点を求め,点間の距離や咬頭の高さを計測した.
    Bushman の歯は咬頭頂間距離が今回のサンプルの中では最も小さく,また咬頭も低い.一方, Bantu は咬頭頂間距離,咬頭の高さともに Bushman を上まわる. Asiatic Indian は人種的に前二人種との関連はうすいが,計測値からみると Bantu よりも咬頭頂間距離は小さく,咬頭は高い.この小咬合面,高咬頭の傾向はすでに調べられたオランダ白人にも見られたことから,コーカソイド系共通の特徴であると思われる.Bantu と Asiatic Indian について調べられた性差は咬頭頂間距離に見られたものの,咬頭の高さには見られなかった.
  • 尾添 理恵子, 遠藤 敏哉, 小林 義樹, 小島 功嗣, 秋山 真人, 久保田 美文, 下岡 正八
    小児歯科学雑誌
    2004年 42 巻 2 号 233
    発行日: 2004/04/25
    公開日: 2013/01/18
    ジャーナル フリー
feedback
Top