詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "シミュレーショニズム"
6件中 1-6の結果を表示しています
  • 2007年ヴエネチア・ビエンナーレ, ドクメンタ, ミンスター野外彫刻展を鑑賞して
    詫摩 昭人
    美術教育
    2009年 2009 巻 292 号 42-51
    発行日: 2009/03/31
    公開日: 2010/12/16
    ジャーナル フリー
    This study examines the values of viewing contemporary art based on the post-visit questionnaire given to Japanese university students. In 2007, twenty-six students visited Venice Biennale, Documenta and sculpture projects Muenster. For the first time in ten years, the three exhibits were held at the same time. The conclusion is that viewing contemporary art has value even if the viewers do not understand it. Contemporary art of the modernism era consists of a series of images that criticize earlier art and many examples are not suitable for children to see. However, contemporary art of the postmodern era is not necessarily critical. There are many works that highlight links to other fields and send positive messages for life. Supported by this study, it is expected that the appreciation of contemporary postmodern art should play a more important role than it does now in general art classes before the university level.
  • 岡本 康明
    美術教育学:美術科教育学会誌
    1994年 15 巻 105-117
    発行日: 1994/03/25
    公開日: 2017/06/12
    ジャーナル フリー
  • 岡田 匡史, 静屋 智
    美術教育学:美術科教育学会誌
    1994年 15 巻 83-104
    発行日: 1994/03/25
    公開日: 2017/06/12
    ジャーナル フリー
  • ―〈私〉を創造する美術への基礎考察―
    佐々木 昌夫
    美術教育学研究
    2019年 51 巻 1 号 185-192
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/03/31
    ジャーナル フリー

    本稿では,決して自分の思いどおりにならない,〈私〉とは他なる性質を〈他性〉と呼ぶことにし,ドイツの現代美術家ヨーゼフ・ボイスの個々の作品に見る〈他性〉について検討する。ボイスは,戦争体験での死という〈他性〉と向き合いながら,作品制作をとおして,戦後の美術家としての〈私〉(ボイス自身)を創造したのだと考えられる。この〈私〉の創造ということは,ボイスが提唱した,作品制作にとどまらない「拡張された芸術概念」の範囲に,含まれるのである。一方,現代日本の平穏無事な日常では〈他性〉は見えにくく,日常を疑うことにより,〈他性〉の現前を探究しなければならない。それ故共同体を疑うことによって,芸術が成立する場所に立ち,そこで〈他性〉と向き合い〈私〉を創造することが,美術の働きであることを探る。そのことはまた,現代における美術の新しい位置づけへとつながる可能性を示している。

  • ダンス・ミュージックと部族楽器としてのTB-303
    岡田 桂
    舞踊學
    2009年 2009 巻 32 号 12-23
    発行日: 2009年
    公開日: 2018/06/18
    ジャーナル オープンアクセス
    Today, we can see the tendency that much part of popular music is oriented towards dance music. The elements of dance-oriented popular music, especially of those rhythms are majorly influenced by House/Techno music which was emerged around the early 1980’s from the underground night club scene in the United State. This article intends to examine the reason how and why House music was invented and about to strongly influence on popular music. In the process of examination, it is mentioned that a unique role of Japanese synthesizer named TB-303 which contributed towards developing the early scene of Acid House Music. The major group to invent and bring up House music was gay Afro-Americans in that time and they should be recognized as subcultural tribe in terms of urban sociology/cultural studies. In this paper, I regard the House music as the practice of bricolage by urban tribe and as TB-303 as tribal musical instrument. Also the trend of embodiment of music is discussed through the process in which popular music is about to change from the thing to listen towards something to feel.
  • 古屋 恵太
    近代教育フォーラム
    2006年 15 巻 37-47
    発行日: 2006/09/17
    公開日: 2017/08/10
    ジャーナル フリー
    北詰氏のコメニウス研究を、本学会における表象論議に位置づけ、反表象主義後の表象論の再編成に向けた建設的な提案として理解したい。本学会の表象論議は、ローティやフーコーなど、表象をめぐる現代の解釈枠組みを踏まえた上で展開されている。それを背景としてデカルトとコメニウスの差異を解釈すれば、デカルト的コギトの批判に立つ反表象主義を認めてなお可能となる表象論の可能性が、コメニウスに見出されることを予測できる。しかし、活字の近代の特異性を基準としてコメニウスの二つのテクスト、即ち、『世界図絵』と『遊戯学校』における表象を論じれば、二つのテクストを近代教育の観点から位置付けるに留まるのではないか。現代にまで至る問題としてローティが表象主義を捉えたのとは異なり、フーコーが古典主義時代に表象を限定したことに着目しよう。そして、表象が果たして「自然の鏡」たり得るのかという近代的な問いを生み出す表象主義とは異なる表象論を、『世界図絵』と『遊戯学校』にともに見出すことができないのか問うてみたい。
feedback
Top