詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ジュンガル"
135件中 1-20の結果を表示しています
  • 坂井  卓
    日本地質学会学術大会講演要旨
    2013年 2013 巻 R11-O-1
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/04/01
    会議録・要旨集 フリー
  • 坂井  卓, 平野 弘道, 太田 亮, Li Gang, 伏木 一泰, 田中 聡, 松田 周太
    日本地質学会学術大会講演要旨
    2012年 2012 巻 R10-O-9
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/03/26
    会議録・要旨集 フリー
  • 柳 静我
    史学雑誌
    2004年 113 巻 12 号 2025-2049
    発行日: 2004/12/20
    公開日: 2017/12/01
    ジャーナル フリー
    This paper examines the reality of what has been called "the Qing rule of Tibet" from 1720 to 1727. During this period the main purpose of the Qing policy toward Tibet was to check the pro-Dsungar group by promoting the influence of Khan-chen-nas within the Tibetan government. While denouncing Dsungar as a destroyer of dGe-lugs-pa and an aggressor of Tibet, the Qing government attempted to stabilize Tibetan politics by legitimizing Khan-chen-nas, Dsungar's opponent, through the approval of the Seventh Dalai-lama. The Qing government, however, had to confront the ahti-Khan-chen-nas group. To resolve the conflict, the Qing government dispatched Ambans to support Khan-chen-nas and to protect the Dalai-lama. In short, the dispatch of Ambans was not a means of direct control over Tibet but an effort to promote the alliance between the Dalai-lama and Khan-chen-nas.
  • 梅村 坦
    史学雑誌
    1983年 92 巻 12 号 1921-1930
    発行日: 1983/12/20
    公開日: 2017/11/29
    ジャーナル フリー
  • 新井 慧太, 太田 亨, 平野 弘道, 針谷 駿, 坂井 卓, 香西 武, Li Gang
    日本地質学会学術大会講演要旨
    2014年 2014 巻 R9-P-9
    発行日: 2014年
    公開日: 2015/03/16
    会議録・要旨集 フリー
  • 伴 真一朗
    内陸アジア史研究
    2006年 21 巻 17-31
    発行日: 2006/03/31
    公開日: 2017/10/10
    ジャーナル フリー
  • 玉山 昌顕
    MACRO REVIEW
    1992年 5 巻 1 号 35-39
    発行日: 1992/07/01
    公開日: 2009/08/07
    ジャーナル フリー
    中国の石炭産業は活況を呈している。年産10.8億トンをべースにして年間増産分だけでも4千万トンを目標にしている。これはわが国の年間消費量の40%弱である。2000年には年産14億トンに達する予定である。各種情報源によれば増産のタスクを背負った最近の炭鉱は最新の機械化採炭技術を採用し,露天掘りが主流になっている。したがって事故死亡率が低下している。新炭鉱は内陸部に存在しているので鉄道建設も平行して進行しているが諸産業の発展に追いつかないので炭鉱近くで発電する坑口発電所の建設も盛んである。中国の主要炭田は華北に存在する。中国産炭量の約97%は国内で消費されている。浙江省泰山原子力発電所の稼働開始,四川,湖北両省にまたがる長江三峡ダム建設のゴーサインにみられるように徐々にエネルギー供給形態は変化し,石炭の消費割合も変化するが内外における中国石炭の重要性は変わらない。
  • 柳 静我
    史学雑誌
    2012年 121 巻 9 号 1539-1570
    発行日: 2012/09/20
    公開日: 2017/12/01
    ジャーナル フリー
    The Tibet crisis of 1727, which was triggered by the assassination of the kingdom's secular ruler, Khan-chen-nas, came about against the backdrop of internal political rivalry between the faction led by Khan-chen-nas along with Tibet's religious leader the 7th Dalai Lama and a pro-Manchu group led by Pho-iha-nas. After evacuating the Dalai Lama to safety as the first step to an allout campaign against the Zunghars, the Qing Dynasty decided, with the Dalai Lama in safe keeping, to intervene militarily in the Tibetan civil conflict. The Dynasty's intervention, which was based on the crucial issue of isolating the Zunghars without damaging the authority of the Dalai Lama, was kept secret even from the Chinese ambassador (駐蔵大臣) to Tibet and was carefully planned to prevent the pro-Dynasty Pho-lha-nas faction from repudiating the religious leader's authority. The Qing Dynasty's concept for ruling Tibet following intervention was completely void of any clear intent to rebuild a pro-Dynasty regime headed by the Chinese ambassador to Tibet in the post of governor-general. Rather, the issue was how to preserve the Dalai Lama's authority in his absence and prevent the flight of the Zunghars. This is why the evacuation of the Dalai Lama should be recognized as one provisional measure within the Qing Dynasty's military strategy against the Zunghars. Prior to military intervention, the Qing Dynasty had felt a moral duty to "protect the Dalai Lama". In fact, the coup leaders who fought against Pho-lha-nas' assault on Lhasa, ignoring the support they enjoyed from the Dynasty's central government, entreated the Dynasty for help in protecting the Dalai Lama, while Pho-lha-nas, who took Lhasa on his own prerogative contrary to the Dynasty's intent, upon hearing the denial by the city's religious leaders and the Chinese ambassador of any involvement by the Dalai Lama in Khan-chen-nas' assassination, abandoned pursuing the affair any further and let the Qing Dynasty handle the matter. Upon his entry into Lhasa, the Qing supreme commander began investigating the causes and responsible parties for the Tibetan internal conflict with the support of Pho-lha-nas, while at the same time secretly negotiating with the Dalai Lama and winning His Holiness' approval of the evacuation on the strength of the argument that it had been discussed with the Emperor, who had expressed the Dynasty's moral obligation to protect him. In order to handle the evacuation issue within the framework of the Emperor's counsel and the promotion of the Dalai Lama's Dgelugs-pa (Sect), the Emperor and Yue Zhongqi built a new temple where the Dalai Lama was being kept and financed his expenses during his stay. Immediately after the Dalai Lama's evacuation, the Dynasty summoned his father to Beijing to discuss the situation and settle the matter politically. Furthermore, in the ninth year of Yongzheng's reign all-out war was declared against the Zhunghars as part of the Dynasty's moral obligation to punish them as the "destroyers of Dge-lugs-pa (Sect) and invaders of Tibet". The greatest concern of the Dynasty's Tibetan policy was to prevent any connection between the Dalai Lama and its enemies, the Zunghars, and it was for this reason that it became necessary to prevent the contradictions that existed betweenPho-lhanas and the Dalai Lama from coming to the forefront. While agonizing over those contradictions and trying to maintain some sort of detente, the Dynasty chose to take pains to maintain the Dalai Lama's authority, while working secretly behind the back of its own ambassador to the region. The political tactics employed by Yongzheng in implementing such policy were geared not to concerns about institutions and ideals, but rather to dealing with reality by any means possible in order to reach a solution.
  • 大地 正高, 畑中 実, 及川 信孝, 星 仰
    日本リモートセンシング学会誌
    1999年 19 巻 5 号 367-381
    発行日: 1999/12/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    This study focuses on the limitations and benefits of satellite images when scouting topographically complicated desert area for seismic planning purposes. The study area is located in the Eastern Junggar Basin of the People's Republic of China. Due to restrictions in operations and environmental considerations, the above area is still unmanageable in terms of petroleum exploration. In order to understand the general features of the desert, the sand dunes were classified into 17 units using JERS-1 OPS images, on the basis of their Type, Wavelength and Relief Energy. Furthermore, Ratio between Wavelength and Relief Energy was newly defined and mapped as an index for planning purposes. Finally the entire study area was classified into four zones according to appropriate seismic source and operational difficulties. Detailed knowledge of complex dune types obtained from image interpretation allowed generation of a base map upon which a network of seismic lines can be planned to provide a reasonable reconnaissance grid in the study area. The results showed that satellite images can provide a variety of information which is vital when planning seismic surveys in desert areas.
  • 周藤 芳幸
    史学雑誌
    2001年 110 巻 12 号 2161-
    発行日: 2001/12/20
    公開日: 2017/11/30
    ジャーナル フリー
  • 野田 仁
    史学雑誌
    2001年 110 巻 12 号 2161-
    発行日: 2001/12/20
    公開日: 2017/11/30
    ジャーナル フリー
  • 伊藤 博, 柳澤 文孝, 本山 玲美, 上田 晃, 矢吹 貞代, 金井 豊, 赤田 尚史
    RADIOISOTOPES
    2010年 59 巻 6 号 387-394
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/06/29
    ジャーナル オープンアクセス
    中国の乾燥・半乾燥地域に分布する沙漠砂・レスに含まれる硫酸塩の硫黄同位体比の分析を行った。その結果,タクラマカン沙漠とその周辺地域の硫黄同位体比は+4.08~+29.5‰の範囲であり,沙漠内に比べ,周辺山岳地帯で採取された試料が高い同位体比を示す傾向にあった。ジュンガル盆地―トルファン盆地は+3.59~+9.05‰の範囲であり,トルファン盆地に比べてジュンガル盆地が低い同位体比を示していた。また,この地域で採取された蒸発岩は+10.45~+10.98‰と高い同位体比を示した。チャイダム盆地―ムウス沙漠は+4.18~+22.0‰の範囲であり,中国東北部ナイマン周辺では+8.80‰,-0.66‰の二つの結果が得られた。
  • マハムト ハリク, 増田 隆一, アブリミット アブダカディル, 大泰司 紀之
    哺乳類科学
    2003年 43 巻 1 号 1-17
    発行日: 2003年
    公開日: 2008/06/11
    ジャーナル フリー
    中国西部のチベット高原から新疆ウイグル自治区(以後,新疆とよぶ)にかけての一帯は,旧北区産哺乳類の進化の舞台であり,現代の哺乳類群集の形成や進化の要因を解明する際の鍵となる地域である.新疆の動物群集は,チベット高原の隆起に伴う古テチス海の退行,中央アジアの乾燥化,氷河期の気候の影響などにより南北および東西の地域に地理的に隔離された.新生代(第三紀後期から特に第四紀初頭)における激しい自然環境の変化により,徐々に現在のような動物小区画の構成および生態地理的分布様式が形成された.多様な自然環境を有す新疆には7目23科136種程の哺乳類が分布している.新疆では,1980年から自然保護区制度が導入され,現在20ヶ所の自然保護区が作られている.従来の哺乳類研究には,牧畜業ならびに病原体に関係のある齧歯類に関して比較的多くの蓄積がある.しかし,近年人為的な活動が哺乳類の生息環境に影響を及ぼし,その生息域の減少と分断化が進行しているため,希少哺乳類の保護が緊急の課題となっている.特に,その起源,系統進化的歴史,形態的·生態的特徴ならびに種内の遺伝的多様性などを明らかにし,その生物学的情報に基づいた保護管理と生息地保全を施策することが必要である.
  • 柳澤 明
    史学雑誌
    1993年 102 巻 3 号 369-403,488-48
    発行日: 1993/03/20
    公開日: 2017/11/29
    ジャーナル フリー
    From Yongzheng 10 (1732) to 12 (1734), the Qing government removed some ethnic groups-the Solons, Dahurs and others from Butha in Heilongjiang and the New Barga from Khalka-to the Hulun-beir region and organized the "eight banners". Although very few historical studies have ever been made on the establishment of the eight banners of Hulunbeir, we can find plenty of materials for this purpose in the Manchu archival documents stored at the Number 1 Historical Archives in Beijing. This fact proves that the Manchus attached importance to this matter. The aim of the present paper is to cast new light on the process of the migration, and the reasons why the Qing government created the eight banners of the migrants, giving special attention to the New Barga who were picked out from among the Khalkhas. What urged the Manchus to plan the removal of the Barga from Khalka to Hulun-beir was the escape of thousands of Barga belonging to one of the qosiru in Setsen Khan Aimak into the Russian territory in Yongzheng 8 (1730). The motive of their escape was to get free of the discriminatively heavy taxes which they were burdened with by their Khalkha ruler (jasar) to pay for assisting the Qing army to carry out the war against the Dzungars. The Manchus, therefore, attempted to prevent any further commotion by separating them from the Khalkha rulers. Although the plan met with some resistance from Khalkha rulers, through various preserving maneuvers, at last the Manchus successfully removed more than 3,000 Barga families in Yongzheng 12. The reasons why the Qing government adopted the eight banner system in ruling them were 1)to dissolve the old feudalistic social organization, for under the eight banner system there were no nobles who would burden the common people with private taxes; 2)to guarantee their living, for according to Qing's rule, the people under the eight banner system would be supported at public expense. Through the above investigation of the New Barga, a foundation has been built for further research on the other groups that were organized into the eight banner system in Manchuria and Mongolia (the so-called New Manchus, the Chakhars, etc.) after the Qing dynasty's conquest of China.
  • 燃料協会誌
    1956年 35 巻 11 号 654
    発行日: 1956/11/20
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • Afful E. Annan, 若月 利之
    日本土壌肥料学会講演要旨集
    2002年 48 巻
    発行日: 2002/03/25
    公開日: 2017/06/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 吉永 秀一郎, 岡本 透, 阿部 和時
    日本土壌肥料学会講演要旨集
    2002年 48 巻
    発行日: 2002/03/25
    公開日: 2017/06/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 馬場 光久, 尾坐 直彦, 杉浦 俊弘, 小林 裕志, 前田 武彦, 山本 幸弘
    日本土壌肥料学会講演要旨集
    2002年 48 巻
    発行日: 2002/03/25
    公開日: 2017/06/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 吉田 順一
    内陸アジア史研究
    2015年 30 巻 122-123
    発行日: 2015/03/31
    公開日: 2017/10/10
    ジャーナル フリー
  • 渡邊 三津子, 中村 知子
    日本地理学会発表要旨集
    2013年 2013s 巻 706
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/09/04
    会議録・要旨集 フリー
    1. 目的
     中央ユーラシア乾燥・半乾燥地域の農業について考えるとき、旧ソビエト連邦(以下、ソ連)の果たした役割を軽視することはできない。特にカザフスタンにおいては、ソ連が押し進めた第一次産業の社会主義的近代化により、近代以前の長い時間をかけて個別地域の生態環境に応じて培われてきた生業の在り方はもちろん、それらと密接に関係していた人々の生活も根本から作りかえられていった。当該地域において、20世紀以降に顕在化してきた問題の中にはこうした生業の質的あるいは量的な変化に起因しているものも多い。その変化を個別具体的な事例に即して、いろいろな観点から明らかにしておくことは重要な意味を持つ。しかし、当該地域においてはソ連時代以降の地域のあゆみを多角的にみた研究例は決して多くない。
     発表者らは、カザフスタン共和国アルマトゥ州を対象に、コルホーズ(集団農場)やソフホーズ(国営農場)を調査の基本単位として、ソ連時代の農業開発が当該地域の景観や人々の生活をどのように変化させてきたのかを、聞き取りやアーカイブ史料の分析、衛星データの解析などを通して明らかにしようとしてきた。本報告では、カザフスタン共和国アルマトゥ州パンフィロフ地区にある旧「10月革命40周年記念」コルホーズを対象として、農業開発を支えた労働力としての中国からの移民に焦点を当てる。
    2. 対象地域
     パンフィロフ地区は、天山山脈やジュンガル山脈など、氷河を戴く急峻な山地に囲まれたイリ盆地の中ほどに位置する。ソ連時代以前、この地域ではイリ河河畔の草地と山の上の草原を季節によって移動する牧畜が本地域のおもな生業であったが、ソ連時代以降、豊富な水資源と水はけのよい扇状地の上に灌漑農地が拓かれ、1950年代後半からは旧ソ連圏でも屈指の種トウモロコシの生産地となった。なかでも旧「10月革命40周年記念」コルホーズは、トウモロコシ採種業において優秀な成績を収め、カザフスタンのみならずソ連全土に名を知られたコルホーズである。
     ところでイリ盆地は、地形的にみるとひとつの閉じた空間をなしているが、地政学的には中国-カザフスタン国境によって二分されている。このため、特に近現代において、中国に属する東側地域とカザフスタンに属する西側地域とで、それぞれ異なった開発の道をたどってきた。とはいえ、両者が全く無関係であったわけではない。
    3.農業開発を支えた労働力としての移民
     カザフスタンの農業開発の初期においては、もともと人口密度が希薄な地域であったことに加え、戦争の後遺症による働き手の不足などが農業開発の足かせとなっていた。発表者らの聞き取りにおいても、人々が口をそろえて「戦後の男手の不足」に言及したことからも、同時の状況をうかがい知ることができよう。この状況を打開するためカザフスタンでは農業移民が奨励された。アルマトゥ州内の別の事例(現エンベクシ・カザフ地区の旧ソフホーズ「社会主義カザフスタン」)においても、ウクライナなどからの農業移民たちがワイン醸造を目的とした果樹栽培の担い手として大きな役割をはたしてきたことが明らかになっている。
     他地域の事例の多くが旧ソ連圏からの移民に負うところが多いのに対して、パンフィロフ地区のトウモロコシ採種業の場合には、1950年代の終わりから1960年代にかけて大量の移民が中国から流入し、その存在が労働力として大きな役割を担ったことが明らかとなってきた。
     本報告では、資料調査により新たに明らかになった旧「10月革命40周年記念」コルホーズにおける1960年代の移民に関する記録と聞き取り結果をもとに、農業開発を支えた人々の移動の状況について報告する。

     本研究は、総合地球環境学研究所・研究プロジェクト『民族/国家の交錯と生業変化を軸とした環境史の解明―中央ユーラシア半乾燥域の変遷(リーダー:窪田順平)』による成果の一部である。
feedback
Top