詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ジョン・ブル"
16件中 1-16の結果を表示しています
  • 吉田 譲次
    燃料協会誌
    1983年 62 巻 8 号 615
    発行日: 1983/08/20
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 福島 可奈子, 松本 夏樹
    映像学
    2020年 103 巻 91-112
    発行日: 2020/01/25
    公開日: 2020/02/25
    ジャーナル フリー

    本稿は2018年に筆者らが入手した幻燈兼用の水平走行型玩具映写機とそのフィルムの精査と復元、19世紀末から20世紀初頭にかけての日独仏の玩具会社の販売カタログなど一次文献資料の分析によって、これらのアニメーションフィルムとその水平走行装置の存在とその映像史上の意義について論じる。

    一般的に映画はリュミエールのシネマトグラフから始まったとされる。シネマトグラフ装置はフィルムを垂直に走行することで撮影・映写するものであり、現在のようにデジタル化が進むまで、映画はフィルムを垂直走行することで現実世界を記録・再生するのが当然であると考えられてきた。だがシネマトグラフが誕生した当初、家庭などの非劇場空間においては、実は実写映画の垂直走行装置よりもアニメーション映画の水平走行装置が先行していた。この発想は家庭用の幻燈など種々の光学玩具の延長上に必然的に登場したものであった。それ故筆者らは入手し復元された玩具フィルム2本が最古のアニメーション映画である可能性が極めて高いことを実証的に論じる。

    幻燈から映画へとその流行が大きく移り変わるメディアの過渡期において、この水平走行型が大衆の映像メディアの認識において重要な役割を果たした点を本稿は明らかにする。

  • 吉村 いづみ
    映像学
    2020年 103 巻 54-72
    発行日: 2020/01/25
    公開日: 2020/02/25
    ジャーナル フリー

    第一次世界大戦時、戦争の長期化と国内の士気の低下を危惧した戦時内閣は、国内のプロパガンダを担う新たな組織である戦争目的国家委員会を1917年8月に設立した。この組織が行った映画に関与する活動は二つあり、一つは、組織内の部局である集会部と情報庁が協力して行った屋外での巡回上映活動、もう一つは、他の行政機関や民間の映画会社と連携した宣伝映画の製作であった。戦時貯蓄国家委員会と連携し、キンセラ&モーガン社と製作したKincartoonsシリーズは、娯楽性の高いアニメーション映画で、国民に戦時貯蓄証書の購入方法や、それがもたらす未来をわかりやすく説明した。

    本稿の目的は、戦争目的国家委員会が演説などで用いた宣伝方針とKincartoonsシリーズがどのように対応しているかを考察することである。キンセラ&モーガン社についての資料は殆ど残っていないが、Kincartoonsシリーズに共通する物語形式やキャラクターを注意深く分析した結果、そのメッセージは委員会が発行した印刷物やスピーチで用いられた宣伝方針に則していることがわかった。印刷物やスピーチで用いられた愛国心のレトリックは、物語形式やキャラクター、アニメーションや童謡の混合といった表現方法によって言語からイメージに変換されている。Kincartoonsシリーズは、わかりやすいメッセージによって、あらゆる世代の観客に受け入れられたと推察できる。

  • 松永 典子
    ヴァージニア・ウルフ研究
    2013年 30 巻 27-44
    発行日: 2013/10/30
    公開日: 2017/07/08
    ジャーナル フリー
    A new kind of anti-feminist movement has developed, one that Angela McRobbie and others have labelled 'post-feminism': an attempt to fragment feminist solidarity and diminish its societal contributions. This article explores the broader significance of contemporary feminism, and presents a new paradigm of kinship based on women's relationship to the state. More specifically, it investigates the representation of women within the British suffrage movement. Joan of Arc was an icon of the British suffrage movement during the early twentieth century, and she was portrayed as a heroine in Bernard Shaw's play Saint Joan (staged in 1923, published in 1924). Simultaneously, I examine the cross-cultural taboo of incest in relation to kinship, and the concept of 'promiscuous obedience' developed by Judith Butler in Antigone's Claim: Kinship Between Life and Death. Butler and Shaw perceive Antigone and Joan respectively as women who were persecuted by the state because of their 'manly' behaviour and speech. By analysing Joan's strategies during the turbulent war, the article describes how Shaw's female protagonist attempted to defamiliarize the meaning of 'kinship'. Shaw's Joan created a new paradigm of kinship that challenged normative gender and sexual roles. Based on the conclusions of my analysis, I demonstrate that feminism continues to play a role in contemporary society.
  • 化学と生物
    1980年 18 巻 6 号 396-399
    発行日: 1980/06/25
    公開日: 2009/05/25
    ジャーナル フリー
  • 竹中 正夫
    日本の神学
    2001年 2001 巻 40 号 223-228
    発行日: 2001/10/25
    公開日: 2009/10/23
    ジャーナル フリー
  • 坂井 正郎
    体育・スポーツ・レクリエーション
    1978年 4 巻 2 号 38-43
    発行日: 1978/03/01
    公開日: 2018/01/09
    研究報告書・技術報告書 フリー
    今年度の派遣団は大学教員6名、県保健体育課長3名、府市立体育館勤務2名、県教委2名、市町村教委7名の総勢20名で30日間の日程をもって、スウェーデン、西ドイツ、スイス、ポーランド、フランス、イギリスの6ヶ国の主として社会体育の事情を視察してきた。連合から推せんを受け派遣団に加わったが、その故か、団長という役割まで負ってしまい、いささか負担を感じながら出発したが、さすが体育の指導者達の集まりで、何の心配事も起らず、一同元気いっぱい予定通りの視察を終えて帰国した。
  • テイラー ピーター・J, 山田 晴通
    地理科学
    1992年 47 巻 4 号 197-220
    発行日: 1992/10/28
    公開日: 2017/04/27
    ジャーナル フリー
    The Scottish Geographical Magazine is an internationally circulating journal published three tirnes a year. The annual subscription is £27.00 and those intending to submit items for publication in English should send these to the Editor, Dr A S Mather, Department of Geography, University of Aberdeen, St Mary's, Old Aberdeen AB9 2UF, Scotland U. K.
  • 岩下 誠
    近代教育フォーラム
    2015年 24 巻 74-83
    発行日: 2015/09/12
    公開日: 2017/08/10
    ジャーナル フリー
    経験的なデータから見る限り、現在の日本の子ども・若者が「道徳の危機」に陥っているという主張には根拠が全くない。しかし、実証的な根拠を欠いた「危機の言説」は、道徳教育推進派だけでなく、教育思想史学会に代表されるようなポストモダン教育学も共有する前提となっている。本稿では「危機の言説」を前提とするイデオロギーを「教育学的保守主義」と呼び、それが現在の教育を認識する際だけではなく、過去の教育思想を評価し再構成する際にも作用し、教育思想史の枠組みを規定していることを示す。併せて、こうした教育学的保守主義のイデオロギーが、過去と現在双方を解釈する際に、道徳教育推進派とポストモダン教育学双方に根本的な誤謬をもたらすこと、またそのことによって、両者こそが短慮な「教育改革」の推進に棹差し、むしろ「教育問題」を生み出す元凶になっていることを示す。
  • -世界最先端の鉄筋コンクリート耐震建築-
    青山 博之
    コンクリート工学
    1981年 19 巻 12 号 13-21
    発行日: 1981/12/15
    公開日: 2013/04/26
    ジャーナル フリー
    我が国と同様の地震国であるニュージーランドでは, コンクリート建物の耐震設計に耐力設計法と呼ばれる一種の極限設計法が用いられている。まず崩壊機構を仮定し, ヒンジ部分に関しては設計地震力による弾性応力に対して設計し, ヒンジ以外の部分はヒンジの終局モーメントを外力として設計する。この方法の概要, 設計地震力, 実際の建物の保有水平耐力などについて解説し, 施工現場の状況を写真で紹介する。
  • 高野 裕子
    音楽学
    2014年 60 巻 1 号 52-64
    発行日: 2014/10/15
    公開日: 2017/04/03
    ジャーナル フリー
    Dans cette etude, nous avons examine les oeuvres pour le clavecin de Rameau en mettant l'accent sur les deux aspects: la virtuosite d'interprete et le regard de spectateurs. D'abord, nous avons regarde la notion d' ≪honnete homme≫, qui s'appliquait a un personnage ideal du 17^<eme> et du debut du 18^<eme> siecle en France, personnage qui savait agir correctement avec les autres. Deuxiemement, nous avons tente de demontrer l'influence de la notion d' ≪honnete homme≫ dans l'art de toucher le clavecin elabore par Saint-Lambert et Frangois Couperin. Troisiemement, nous avons examine la notion specifique de Rameau concernant l'art de toucher le clavecin et finalement, nous avons analyse ses oeuvre du clavecin et ses mains virtuoses dans cette optique. Ces analyses nous ont montre que les clavecinistes anterieurs de Rameau visaient avant tout ≪la bonne grace≫ dans leurs ceuvres mais Rameau attachait de l'importance a la virtuosite des mains et des doigts pour faire plaisir aux yeux des spectateurs. C'etait Rameau qui inventa cette sorte de nouvel art de toucher le clavecin en se debarrassant completement de l'influence de la musique du luth et de la notion d' ≪honnete homme≫. De plus, il etait un des pionniers qui ouvrirent la voie aux virtuoses vers la fin du 18^<eme> siecle en Europe. Ainsi finalement nous avons interprete les mots de Rameau : ≪l'oeil y partage le plaisir qu'en regoit l'oreille≫ comme une expression innovatrice non seulement pour la musique franchise du clavecin mais aussi pour l'histoire de la musique pour instruments a clavier.
  • 和田 春樹
    ロシア史研究
    1980年 32 巻 2-25
    発行日: 1980/11/07
    公開日: 2017/07/25
    ジャーナル フリー
  • 石田 洋一
    日本金属学会会報
    1989年 28 巻 7 号 583-586
    発行日: 1989/07/20
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 宮城 大蔵
    国際政治
    2016年 2016 巻 183 号 183_1-183_14
    発行日: 2016/03/25
    公開日: 2016/09/27
    ジャーナル フリー

    How does the rise of emerging states influence the international order? The historical exploration of the various aspects of this topic is the theme of this special issue.

    The question of “the rise of emerging states and the international order” has its origin in the distinctive situation of Europe, characterized by the coexistence of a plurality of leading countries. The appearance of emerging states such as Germany and Italy and the growing nationalism destabilized the “Concert of Europe”—which Great Powers had created to establish a balance of power—leading to the outbreak of the First World War.

    At the Versailles peace conference after the First World War, emerging states such as the United States and Japan appeared. The United States proposed the establishment of the League of Nations, whereas Japan made a proposal for the elimination of racial discrimination. After the end of the Second World War, the birth of many newly independent states from decolonization created a sense of urgency to reform the “international order.” The Bandung Conference was a symbol of it, and in the 1960s the developing countries raised the issue of the “North-South problem.” However, the oil crisis weakened the unity among developing countries. On the other hand, there are arguments that the rise of the Asian NIEs made the Soviet leadership recognize the inevitability of reforming the socialist system.

    Japan and Germany (West Germany), which in the pre-war period represented the emerging states, were integrated into the United States-led postwar system. However, it is interesting to observe that in the 21st century Japan and Germany formed the “G4” and together with India and Brazil—the emerging states of this century—have been seeking to reform the United Nations Security Council, which is a cornerstone of the postwar system.

    By examining this topic from different perspectives, this special issue sheds light on the historical aspects of the “the rise of emerging states and the international order.”

  • ―脱植民地化をめぐる協調の限界―
    藤井 篤
    国際政治
    2015年 2013 巻 173 号 173_28-173_42
    発行日: 2015/06/25
    公開日: 2015/06/09
    ジャーナル フリー
    This paper aims to analyze Anglo-French relations during the first half of the Algerian War (1954–1957) focusing on the perceptions and attitude of the British Foreign Office (BFO) toward the French Algerian problem. What did the British think of this colonial conflict? How did their attitude toward France change? What differences can be observed between BFO bureaucrats in London and the British Ambassador in Paris?
    France made efforts to ask her NATO allies to support her in order to defend her position in Algeria and fight against the Afro-Asian bloc, which demanded the independence of Algeria in the General Assembly of the United Nations.
    The British supported the French position formally but were careful not to go too far fearing that it would damage the dignity and interests of Britain in Africa and the Middle East. The African Department at the BFO thought that supporting the French position in Algeria was different from supporting the day-to-day French policy there another. The Western Organizations Department feared that deploying French troops under NATO to North Africa would make defense forces in the central sector of Europe vulnerable.
    On the other hand, Gladwyn Jebb, the British Ambassador in Paris then, tried to ardently express and promote British support to France by making good use of Cold War rhetoric, insisting that the triumph of Algerian nationalist movements and the retreat of France would bring about a vacuum of power and put not only Algeria but also the whole of North Africa in the orbit of Soviet communism.
    The British continued to formally support France hoping for a liberal solution to the Algerian conflict, which was regarded as a French internal problem by the British. As terrorism in Algeria worsened and the French Army continued to be unable to defeat the nationalist forces, the British began to discreetly shift their attitude. The African Department thought that it was essential to provide a political solution to the conflict, for which the autonomy or independence of Algeria was considered. Jebb’s Cold War rhetoric became less effective in the BFO.
    The British intended to cooperate with the Americans to realize a cease-fire in Algeria and keep North Africa on the Western side. They tried to exercise their prudent and informal influence on France to make more efforts to attain a liberal solution, while continuing to provide France their formal support in the United Nations.
    When the British and Americans were forced to comply with Tunisian requests of arms supply, which the Tunisians would otherwise order from Egypt or Soviet Union, Anglo-French relations became tense and entered a critical phase.
  • 長谷川 貴彦
    史学雑誌
    2002年 111 巻 8 号 93-102
    発行日: 2002/08/20
    公開日: 2017/12/01
    ジャーナル フリー
feedback
Top