詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "スタノヴォイ山脈"
7件中 1-7の結果を表示しています
  • 寺沢 孝毅
    日本鳥学会誌
    1999年 47 巻 4 号 143-144
    発行日: 1999/04/25
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    A male White-throated Rock Thrush Monticola gularis was observed on Teuri Island (44°25′N, 141°19′E), western Hokkaido on 26 and 28 May, 1986. This bird was probably transported from the continent by a low pressure passing through Hokkaido on 24 May.
  • 筒渕 美幸, 藤巻 裕蔵
    日本鳥学会誌
    1998年 47 巻 1 号 21-23
    発行日: 1998/07/25
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    A single Siberian Accentor Prunella montanella was observed in Nukabira, Kamishihoro, central Hokkaido from January 26 to February 24, 1997. In addition to this record, there have been 10 records from Hokkaido. Of them 6 records obtained in November are considered to be migrating birds southward. Other records obtained between December and early March indicate that some birds winter in Hokkaido. Most birds were observed in western Hokkaido, especially in coastal areas of the Sea of Japan. In Nemuro, eastern Hokkaido, and Hamatonbetsu, northern Hokkaido, there has been no capture or observation records of the species in spite of intensive ringing and observations in these areas. These facts indicate that they migrate from their breeding ground in Russian Far East and Mongolia to Hokkaido and southward, and do not migrate through Sakhalin or Kuril Islands.
  • 三島 冬嗣
    山階鳥類研究所研究報告
    1968年 5 巻 4 号 397-410
    発行日: 1968/12/30
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    Distributional and breeding records by specimen or photographic evidences, additional to the 1958 edition of the handlist of Japanes birds are given of 69 species and one hybrid Lanius cristatus cristatus ×lucionensis. Many records from Riu Kiu Is. are included. Three notes are added: 1. Subspecies of Passer montanus many be devided into kaibatoi (Sakhalin to Yakushima), saturatus (Amami-Oshima to Ishigaki I.) and taivanensis (Iriomote to Formosa). 2. Iriomote I. should be omitted from the distributional localities of Rallina eurizonoides sepiaria and Gallicrex cinerea.
  • 千葉 晃
    農業気象
    2000年 56 巻 2 号 111-121
    発行日: 2000/06/10
    公開日: 2010/02/25
    ジャーナル フリー
    In this paper, the author has tried to clarify the spatial distribution of extreme monthly temperature minima (T min-ex) in Hokkaido, the northern part of Japan and the synoptic pattern on days when over 25% of AMeDAS observatories in Hokkaido recorded Tmin (Lower Temperature Days in Hokkaido=LTD). The lowest January temperature in Hokkaido was observed in Etanbetsu near Asahikawa (-37.1°C). The lowest June temperature in this district was observed in Kawayu (-3.7°C) in the eastern part of Hokkaido. In July, 42% of the AMeDAS observatories in Hokkaido recorded temperatures below 0°C. In winter, colder regions are located in the inland areas: Nayoro Basin, Furano Basin and Rikubetsu region. In summer, colder temperatures tend to be found in the eastern part of Hokkaido. The reasons were shown to be as follows: In winter, the synoptic characteristics of LTD are such that cold air moves southward from the North Pole, after a cyclone at 500hPa geopotential height has passed over Sakhalin. Wind velocity on LTD in Wakkanai is 5.8ms-1 less than the mean. In summer season, the Okhotsk High was enhanced. The temperature at 850hPa in Nemuro was reduced due to the effect of the Okhotsk High. The condition of colder temperature in this area is different from the one in the Tohoku district, and it is clear that Hokkaido district is an independent district in view of the meso and synoptic scale climatology.
  • 鳥居 龍藏
    人類學雜誌
    1920年 35 巻 3-4 号 84-112
    発行日: 1920/04/25
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 八田 茂実, 早川 博, 朴 昊澤, 山崎 剛, 山本 一清, 太田 岳史
    水文・水資源学会誌
    2009年 22 巻 3 号 177-187
    発行日: 2009/05/05
    公開日: 2009/06/08
    ジャーナル フリー
    本研究ではレナ川流域を対象に長期間の日単位河川流量を推定できる水文モデルの構築を目的とした.
    本研究で構築した水文モデルは,植生・積雪・土壌の熱・水交換を考慮できる陸面モデルと,河道網上の洪水追跡による流出モデルから構成され,陸面モデルで計算された土壌からの流出水が流出モデルの入力値となる.対象流域では,遅い流出成分と冬季間の河川氷が流出に大きな影響を与えている.このため,流出モデルでは,1)陸面モデルで計算された流出水の30 %を遅い流出成分として,貯留関数を介して流出モデルの入力として与えること,2)河川氷厚を同時に計算し,結氷していない部分を流下させることによってその影響を考慮した.
    本研究で構築した水文モデルを1987年から2003年までの期間に適用した結果,全期間に渡ってハイドログラフをほぼ再現できることを確認した.この結果は,本研究で構築した水文モデルが北方圏の河川における水循環のシミュレーションに有用なものであることを示している.
  • 酒井 秀孝, 鈴木 力英, 近藤 昭彦
    水文・水資源学会誌
    2008年 21 巻 1 号 50-56
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/05/12
    ジャーナル フリー
    気象衛星NOAAの観測による全球植生指数データセットが1980年代から利用可能となっており,現在では20年以上のスケールで植生変化の解析が可能となっている.これまでに北方林地域における植生活動の活発化が指摘されているが,気候変動に対する植生の応答をさらに明らかにするためにはエコトーン(植生帯の遷移地帯)を重視すべきである.本研究では,エコトーンに対応する東シベリア地域を対象として,1982~2000年の19年間における植生指数のトレンドを年積算値と各年の年最大値の二つの指標を用いて求めた.その結果,従来から指摘されているように北方林分布域に年積算値の増加域が認められる一方で,北方林分布域の北側,すなわちツンドラと北方林のエコトーンにおいて年最大値の増加域が発見された.これは,その地域に分光反射特性の異なる植生が侵入したか,あるいはバイオマスの増加が起こった等の変化が生じたことを示唆しており,気候変動に伴う植生変化のシグナルである可能性が考えられる.
feedback
Top