詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "ストリートスナップ"
8件中 1-8の結果を表示しています
  • マーケティング・サイエンス
    2019年 27 巻 1 号 97-
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/05/11
    ジャーナル フリー
  • 矢部 直人
    地理学評論 Series A
    2012年 85 巻 4 号 301-323
    発行日: 2012/07/01
    公開日: 2017/11/03
    ジャーナル フリー
    本研究は,裏原宿における小売店集積が形成された要因を検討した上で,集積内部の小売店におけるアパレル生産体制の特徴を明らかにすることを目的とする.裏原宿に小売店の集積が形成された要因は,店舗の供給側から見ると,1980年代後半のバブル経済期に,不動産開発が住宅地の内部まで進んだことが大きい.一方,店舗に出店するテナント側では,友人の紹介など人脈に頼った出店が小売店集積のきっかけとなっていた.小売店のアパレル生産体制の特徴は二つあった.一つは,消費者の情報を商品企画に生かす姿勢が強まったことであった.もう一つは,小売店が企画機能のウェートを高め,生産を海外に依存するようになったことである.小売店が生産機能を海外に外注するにあたっては,原宿の近隣に立地する商社が果たす,海外企業との仲介機能の役割が大きいことが明らかになった.
  • 瀬尾 太一
    デジタルアーカイブ学会誌
    2020年 4 巻 1 号 41-43
    発行日: 2020/01/07
    公開日: 2020/02/15
    ジャーナル オープンアクセス
  • 徳山 孝子
    繊維製品消費科学
    2010年 51 巻 8 号 616-620
    発行日: 2010/08/20
    公開日: 2016/08/31
    ジャーナル 認証あり
  • 大石 さおり
    日本感性工学会論文誌
    2010年 9 巻 3 号 503-510
    発行日: 2010年
    公開日: 2016/11/30
    ジャーナル フリー
    This study examined the trends in clothing that female university students followed and the kind of impression they intended to give their interviewers on being asked to take an interview dressed in attire that reflected their virtues. The following three hypotheses were examined: First, there is significant difference between student's impression management in everyday life and the impression that they wish to leave interviewers with. The students' impression management centered around their desire to prove their competence for the job. Second, the attire selected by students for job interviews differs from what they usually wear. They tend to choose a more elaborate dressing style for a job interview. Finally, students manage their impression by carefully selecting their attire for a job interview. The results showed that all the three hypotheses were valid. Further, the results revealed that students associated the clothes they chose for job interviews with a certain impression that they wished to make and that they managed their impression by independently choosing their outfits for job interviews.
  • 佐々木 孝侍
    マス・コミュニケーション研究
    2012年 80 巻 231-248
    発行日: 2012/01/31
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
    This study examines the relationship between exposure to women's fashion magazines and the drive for thinness among younger women, focusing on the specific context of Japanese society. In fact, such a correlation is well documented in a certain number of studies. However, most of these studies only give a broad picture of the situation and tend to simplistically present the drive for thinness among young women as a consequence of exposure to fashion magazines. As such, factors unique to Japan are not to be taken into account. In fact, Japan boasts a host of fashion magazines published with a degree of segmentation unseen elsewhere. Furthermore, magazines present models not only as being "adorable," but as "congenial" figures as well. This paper takes stock of the specificity and the variety of content found in Japanese fashion magazines, which also take advantage of the Internet. Our statistical analysis has revealed that how "adorable" a model was the biggest factor in influencing the drive for thinness, with "congeniality" playing a minor role. However, when the reading tendencies of respondents are utilized as a moderating variable, "congeniality" significantly comes into play with regard to the regular readers of a given magazine that is supported by the popularity of a particular model.
  • 数藤 雅彦
    情報の科学と技術
    2020年 70 巻 5 号 231-237
    発行日: 2020/05/01
    公開日: 2020/05/01
    ジャーナル フリー

    本稿では,インターネット上に公開された肖像が,どのような場合に肖像権の侵害となるか,裁判例の分析を通じて判断基準を解説する。肖像権侵害の判断基準としては,2005年の最高裁判決において,被撮影者の社会的地位や活動内容等の諸要素を総合考慮する手法が示されていたところ,この手法はインターネット上の肖像権侵害を検討する際にも適用可能である。そこで,最高裁が示した6つの考慮要素を軸に,侵害例と非侵害例を多数紹介し,総合考慮における実務的な注意点を解説する。加えて,発信者情報開示請求の問題や,なりすましの問題等,インターネット特有の論点についても裁判例をふまえて解説する。

  • 日本写真学会誌
    2015年 78 巻 3 号 106-134
    発行日: 2015年
    公開日: 2016/10/15
    ジャーナル フリー

    「写真の進歩」 は,毎年一度時期を決めて前年一年間の写真技術の動きを振り返ることにより,日々進歩を続ける写真技術の全体像を時系列的に俯瞰することを狙いとして,継続的に取り組んでいる企画です.
    執筆陣は,技術委員会傘下の各研究会の代表者を中心に,それ以外の識者も加えた各分野の専門家により構成されています.各執筆者は担当の分野に応じた観点から,主として前年一年間に発表された技術(文献),製品,作品,統計等について,可能な限りその特徴・傾向・分析などのコメントを加えつつ紹介します.なお具体的な内容については各執筆者の意向を尊重しています.
    例年の「写真の進歩」は,写真学会ホームページ(http://www.spstj.org/)の 「学会誌からのトピックス」(http://www.spstj.org/book/pickups.html)にも掲載されていますのでご利用下さい.
    今年は本特集筆頭に位置する 「写真産業界の展望」 の執筆者がカメラタイムズ社の植村彰治氏に交代しました.この機に,近年新規情報が得られなくなった銀塩感光材料とフォトプリンターの統計を廃し,替わりに写真用品に関する統計を報告に加えるなど,構成を新たにしております.昨年まで長年ご担当頂いた日本カメラ博物館の市川泰憲氏にこの場を借りて謝意を表します.

feedback
Top