詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "スローライフ"
158件中 1-20の結果を表示しています
  • 大矢 勝
    繊維製品消費科学
    2011年 52 巻 9 号 571
    発行日: 2011/09/20
    公開日: 2016/12/15
    ジャーナル 認証あり
  • 北海道東川町を事例として
    土田 慎一郎
    日本地理学会発表要旨集
    2018年 2018a 巻 826
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/12/01
    会議録・要旨集 フリー
    近年、農村への移住行動が活発になりつつある中、移住者の農村における起業も報告されており、農村移住者の新たな生計獲得手段、さらには地域における経済活動創出につながる動きとして注目されている。本研究では北海道東川町を事例として、移住先で新たに起業を行った移住者に対し聞き取り調査を行うことで、彼らの起業を伴う移住行動の実態とそれに向けた支援策について考察した。その結果、以下の点が明らかとなった。(1)調査対象となった移住者は「農村子育て型」「スローライフ型」「創作活動型」の3つにおよそ類型化され、それぞれ異なる動機で移住・起業を行っていた。(2)地域における農村起業を促進・維持する要素として、経済的支援、サポート人材・団体、地域住民の移住者に対する寛容性、安定した交流人口があり、それらを創出していくことが移住者の農村起業に向けた支援策となりうると考えられる。
  • 新しい農村と農業の時代ヘ
    平松 研
    農業土木学会誌
    2005年 73 巻 6 号 510-512
    発行日: 2005/06/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • 津田 彰
    心身医学
    2003年 43 巻 10 号 661-
    発行日: 2003/10/01
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
  • 深田 哲宏
    電気設備学会誌
    2010年 30 巻 7 号 544-545
    発行日: 2010/07/10
    公開日: 2014/08/01
    ジャーナル フリー
  • 関谷 理
    繊維製品消費科学
    2004年 45 巻 2 号 118-119
    発行日: 2004/02/25
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
  • 加納 誠
    日本物理学会講演概要集
    2015年 70.2 巻 17pAK-12
    発行日: 2015/09/16
    公開日: 2017/07/10
    会議録・要旨集 フリー
  • 田林 明, 菊地 俊夫
    日本地理学会発表要旨集
    2018年 2018s 巻 831
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/06/27
    会議録・要旨集 フリー
    研究の課題 先進国の農村空間では生産機能が相対的に弱まり、消費機能が強まっている。そして様々な農村資源を消費者に提供することを、農村空間の商品化と捉えることができる。発表者らは、2014年以降カナダのブリティッシュコロンビア州において、農村空間の商品化がいかなる形態で、どのように進み、それによっていかに農業・農村が維持されているかをフィールドワークによって明らかにしようとしてきた。この報告は、農村資源の主要な消費者である都市住民にとって、農村空間の商品化はどのような意味を持っているのかを、地域差に着目しながら検討する。
    農村空間の商品化の地域差 ここでは連続した市街地を除く地理空間を農村空間とすることから、ブリティッシュコロンビア州には場所によって多様な農村空間の商品化と都市住民の消費活動がみられる。まず、(1)バンクーバー大都市圏の都市農業は、都市住民にとって日常的な緑地空間や余暇空間、アメニティ空間の創出という役割を担っている。(2)ローワー・フレーザーバレーは、大都市への農産物の供給地というだけではなく、都市住民が週末などに日帰りで農場を訪ね、農産物を生産者から直接入手し、農村の友好的な雰囲気にふれることができる地域である。(3)オカナガン地域の農村空間の商品化はワインツーリズムによって象徴され、観光シーズンにはカナダ各地からも多くの人々が訪れる。(4)内陸のトンプソン・カリブー地域は、かつては粗放的な大規模牧畜地域であったが、オーガニックの牛乳生産に専門化したり、醸造用のブドウを栽培しワインを醸造したり、大規模な野菜栽培に転換することによって、ブランドをつくり独自の販路を開拓するようになった。農地の周辺の丘陵地や湖に面した場所では別荘地が多く、主としてバンクーバー大都市圏の住民が利用している。(5)バンクーバー島南部は、ローカルな産物に基づくスローライフによって特徴づけられ、退職者が老後を過ごす場所として、カナダ全体から高く評価されている。(6)南東部のクートニー地域では、地元消費を念頭においた小規模で集約的な有機農業が盛んである。(7)北東部のピースリバー地域は、世界市場向けの穀物と肉牛の生産地であるが、アラスカハイウエーのゲートウエーとして、世界ジオパークなどの存在から、カナダのみならずアメリカ合衆国からの観光客を引きつけている。(8)さらに国立公園や州立公園が多い山岳地域には、世界中から多くの観光客が訪れる。
    農村空間の商品化による都市-農村共生システム ブリティッシュコロンビア州では、人口分布や農業、土地資源など地域の条件を反映して、農村空間の商品化が多様である。その多様性は、時間的には消費者の日常的なものから、週末、年次休暇、退職後といった違い、空間的には地元、バンクーバー大都市圏、カナダやアメリカ合衆国、そして世界からの消費者といった違いを反映しており、全体として地域の産業や社会を維持するために重要な役割を果たしている。
  • 和田 雄志
    Eco-Engineering
    2006年 18 巻 2 号 61-64
    発行日: 2006年
    公開日: 2007/10/19
    ジャーナル フリー
    Five hundreds years ago Sakai was a worldwide open and high sensibility city and especially famous for Japanese tea culture, incense stick, cutlery and so on. Nowadays ecological and healthy life styles are main stream in Japan. Institute for Future Technology (IFTECH) shows a grand design of Sakai as a Sensory City.
  • 田口 寛
    ビタミン
    2015年 89 巻 2 号 75-
    発行日: 2015/02/25
    公開日: 2017/08/10
    ジャーナル フリー
  • 竹内 栄美子
    日本文学
    2003年 52 巻 10 号 95-
    発行日: 2003/10/10
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
  • 室井 みや, 北神 慎司
    日本教育心理学会総会発表論文集
    2003年 45 巻 PE80
    発行日: 2003/07/05
    公開日: 2017/03/30
    会議録・要旨集 フリー
  • 北神 慎司, 室井 みや
    日本教育心理学会総会発表論文集
    2003年 45 巻 PE79
    発行日: 2003/07/05
    公開日: 2017/03/30
    会議録・要旨集 フリー
  • --- 向津具半島の移住者による起業を事例として ---
    近藤 乃梨子
    集団力学
    2017年 34 巻 321-376
    発行日: 2017/12/28
    公開日: 2017/10/30
    ジャーナル フリー

     過疎地域において、人口減少という問題は依然進行しているが、過疎地域を「気候や自然に恵まれた場」、「ロハスやスローライフのできる場」、「自給自足のできる場」、「子育てに適した場」として、暮らしや自己実現の観点から肯定的に捉える機運が生まれており、田園回帰志向が高まっている。過疎地域の活性化のためには、過疎地域への移住を促進するとともに、とくに若者世代、子育て世代の仕事づくりを実現することが重要である。 <br> 移住者が地域づくりの主体として、過疎地域に眠る埋もれていた地域資源をヨソモノ視点によって利活用し、「地域のなりわい」を生み出すことは、地域の価値を創造することにほかならず、過疎地域の地域づくりに新たな価値を上乗せする。この移住者による「地域のなりわい」づくりの社会的意義は計り知れない。 <br> 購入型クラウドファンディングは、過疎地域で「地域のなりわい」を起業する移住者のリスクを少しでも軽減し、金銭的負担をわけあい、心理的な応援者を獲得し、万が一失敗しても再チャレンジすることのできる簡便に導入できる資金調達の方法である。過疎地域における購入型クラウドファンディング活用の意義は、起業のための資金が調達できることにとどまらず、資金調達のためのプロジェクト終了後も、過疎地域に人とお金の流れをつくることにある。本稿では、過疎地域の移住者による購入型クラウドファンディング活用の有用性について、山口県長門市油谷向津具半島の移住者の事例を用いて、過疎地域への人とお金の流れを生み出すことを確認した。 <br> また、購入型クラウドファンディングの活用によって得られた、目標達成のために支援メンバーを事前確保したうえで、より多くの「ファン」を効率的に獲得するスキルが、新たな地域資源活用商品の販売プロモーションや都市農村交流及び移住の促進など、過疎地域に人とお金の流れを呼び込むための様々な活動に応用することができると指摘した。

  • 浅井 敬司, 浅井 宏章, 脇田 直幸, 花田 亨治, 滝田 光晴
    鋳造工学 全国講演大会講演概要集
    2010年 157 巻 36
    発行日: 2010年
    公開日: 2017/03/01
    会議録・要旨集 フリー
  • -GIAPコラボレーションと映像記録型ドライブレコーダーの活用-
    堀野 定雄
    日本人間工学会大会講演集
    2012年 48spl 巻 1E2-2
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/10/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 隅田 好美
    社会福祉学
    2010年 51 巻 1 号 53-65
    発行日: 2010/05/31
    公開日: 2018/07/20
    ジャーナル フリー
    【目的】本研究は,患者本人が考える「ALSとともにその人らしく生きる」ということを明確にし,病いの意味づけという視点から検討する.【研究方法】8人のALS患者への聞き取り調査から分析を行い,調査結果に基づいて2人の研究協力者とディスカッションした.さらに,文献研究を行い,「病いとともにその人らしく生きる」ための「病いの意味づけ」を考察した.【結果・考察】「ALSとともにその人らしく生きる」ということは,ALSによって崩壊された内面的価値観,アイデンティティを再構築し,それによって主観的な経験の意味を修正することだと考える.主観的な経験の意味を修正することで,ネガティブな病いの意味づけが,ポジティブな病いの意味づけに変化する.その再構築のプロセスは内発的な変化であり,自己の対処方法に従った修正であると安定する.アイデンティティが再構築されると,患者は「本質的には変わっていない」と感じることができる.
  • 金子 小千枝
    日本調理科学会誌
    2003年 36 巻 1 号 1
    発行日: 2003/02/20
    公開日: 2013/04/26
    ジャーナル フリー
  • 筒井 一伸
    日本地理学会発表要旨集
    2016年 2016s 巻 S0103
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/04/08
    会議録・要旨集 フリー
    「田園回帰」が『平成26年度食料・農業・農村白書』(2015年5月公表)や『国土形成計画(全国計画)』(同年8月公表)で取り上げられ,都市から農山村への移住が政策的に注目されている。この傾向は農山村などの地方への移住を支援するNPO法人ふるさと回帰支援センター(以下,回帰センター)への問い合わせ件数が2008年から2014年の間に4.4倍に急増したことからうかがえる。  農山村への移住は確実に広まりつつあるが,一方で2014年5月の自治体消滅論,いわゆる増田レポートをきっかけにはじまった「地方創生」の動きのなかで行政の人口減少対策としてこの移住の動きを捉え,移住の意義として“数”的な意味での「人口」増加を過度に期待する傾向が広がりつつある。しかしながら全国の人口推計の結果などから考えると,移住によって必ずしも「人口」増加に結びついているわけではない。その一方で,人口は増えてはいないが新たな人材の流入が進んでいる農山村も散見されはじめており,農山村への移住は少子高齢化が進んだ農山村にとって,既存の住民とは異なる年齢層の,異なる考え方や技術をもつ人材の獲得に結びつき,新たな地域づくりにつながる実態がそこにはある。  「田園回帰」は多面的に捉える必要があり,単なる人口移動現象に着目する「人口移動論的田園回帰」の捉え方では不十分である。報告者は農山村における移住者のなりわいづくりに焦点を当てて,その実態となりわいの形成に至るサポートのあり方を提示してきた)。そこで重視してきたのは,農山村における地域づくりの視座から捉える移住者のなりわいづくりの“質”的な意義である。このなりわいづくりも含めて,農山村への移住者と地域住民の相互関係を通じて生じる様々な地域での動きに着目する「地域づくり論的田園回帰」の捉え方が重要となっている。  地域づくり論的田園回帰の実態は「多様性」という言葉で表現できるが,その多様性は農山村への移住の歴史から理解することができる。Uターン現象と「脱都市」の動きが見られた1970年代,アウトドアブームと「田舎暮らし」思想が広まった1980年代から90年代,スローライフや二地域居住が広まった1990年代後半から2000年代と移り変わり,近年の特徴としてはリーマンショックや東日本大震災などを契機とした若者への田園回帰の浸透が見られる。回帰センターへの移住希望者の問い合わせも30歳代を中心とする現役世代が増加しており,農山村での地域に密着した暮らしへの「ライフスタイルの転換」を希望する傾向を反映したものと回帰センターでは分析をする。このような中で注目されるのが「孫ターン」である。現役世代が,農山村にうまれ故郷を持つ団塊の世代から,農山村にうまれ故郷を持たない団塊ジュニア世代以降にうつりかわるなかで,これまでのUターンに加えて,祖父母など親族の住む地域へのIターン(孫ターン)が散見されはじめており,これまでのUターンに加えて孫ターンの動きへの注視が必要となっている。  ところで田園回帰には3つのハードルが存在し,その対応が求められている。一つ目はコミュニティとの関係づくり,二つ目はなりわいづくり,そして三つ目はすまいの問題である。特に二つ目のなりわいづくりは現役世代が増える中で特に克服が求められるハードルとなっている。回帰センターを訪れた移住希望者へのアンケート調査結果では,就農の希望が減少する一方,就業や起業などが増加しており,農山村でのなりわいが農林業だけではなく,就業や起業,そして継業などより多様化している実態がそこにはある。  田園回帰の捉え方が「人口移動論的田園回帰」から「地域づくり論的田園回帰」へその軸足を移すことが求められ,それが昨今の田園回帰の実態への正しい理解をもたらすものである。しかしながら,農山村移住の増大は,人口移動が従来の農山村から都市へという一方向への流れではなく、双方向への流動化が進む新たな都市農村関係に向かいつつあるともいえる。このことを「都市農村関係論的田園回帰」と位置付けることができる。地理学において固定的に「周辺地域」として位置づけられてきた農山村の地域論的位置づけにも変化をもたらす動きとして「田園回帰」は捉えることができる。
  • 潮谷 義子, 桑畑 美沙子, 木村 昌彦, 片岡 暁夫, 高橋 和子
    日本体育学会大会号
    2003年 54 巻
    発行日: 2003/08/26
    公開日: 2017/08/25
    会議録・要旨集 フリー
feedback
Top