詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "セウォル号沈没事故"
3件中 1-3の結果を表示しています
  • 韓 永學
    マス・コミュニケーション研究
    2016年 89 巻 83-102
    発行日: 2016/07/31
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
     On December 17, 2015, the Seoul Central District Court gave a verdict of not guilty to Tatsuya Kato, former Seoul bureau chief of Sankei Shimbun. He had been charged with defaming South Korea’s President Park Geun-hye. The purpose of this study is to analyze the decision and examine suggestions for the defamation laws in Japan and South Korea. Although I agree with the conclusion of the decision, I cannot accept the part of verdict on defamation of Park as a private figure.   Structural problems exist in South Korea’s defamation laws, and the criminal prosecution of this case deviates from the international standards. Therefore, it is natural that the United Nations has repeatedly recommended that the South Korean government abolish criminal defamation. South Korea has to fundamentally reform the criminal defamation law, which has suppressed critical speech.   Meanwhile, this case has considerable implications for Japan, where criminal defamation is being applied. Japan should also join the international community in pursuing abolition or a strict application of the criminal defamation law as it has harmful effects on democracy as well as freedom of expression.
  • 二村 伸
    学術の動向
    2015年 20 巻 12 号 12_76-12_81
    発行日: 2015/12/01
    公開日: 2016/04/01
    ジャーナル フリー
  • 小嶋 二郎, 高野 研一
    人間工学
    2017年 53 巻 3 号 85-92
    発行日: 2017/06/20
    公開日: 2019/01/22
    ジャーナル フリー

    保守作業の人的過誤事例では,原因を過去にさかのぼる根本原因分析が一般的に行われ,教訓としては活用できるが,これから起こり得る人的過誤の予測には直接結びつかない.何故なら人は複雑性を有し,状況に大きく左右され,様々な類似事象が発生するからである.本研究では,人的過誤が発生したときの年齢,経験等の状況データを学習したモデルにより,類似する状況下での過去事例の内容,および発生件数の状況を視覚的に提示することで,個人および組織の人的過誤への予知能力向上を目指すものである.モデルでは自己組織化マップのアルゴリズムを主に用い,結果,熟練者が人的過誤を起こしやすい特徴等も見出された.これはこれから実施する作業での予知能力向上以外にも,過去事例が多く発生していく状況を監視し対策をとることで人的過誤の抑制にも活用でき,事故の未然防止に貢献するものである.

feedback
Top