詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ツキノワグマ"
770件中 1-20の結果を表示しています
  • 吉田 洋, 林 進, 北原 正彦
    日本森林学会大会発表データベース
    2014年 125 巻 K02
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/07/16
    会議録・要旨集 フリー
  • 高橋 春成
    地理学評論
    1979年 52 巻 11 号 635-642
    発行日: 1979/11/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    The Japanese black bear (Selenarctos thibetanus japonicus) is a representative large wild mammal which has had close relations with the life of the Japanese. The animal has been an object of hunting from ancient times, because it is believed to have certain medicinal value. However, few studies have been done on the ecology of the Japanese black bear, or on its habitat distribution, both of which may be much affected by changes in man's life style.
    The purpose of this study is to ascertain primarily changes in the distribution of the Japanese black bear in the West Chugoku Mountains since the Taisho era (1912_??_1926). The location, which remained uninvestigated until this study, marks the western fringe of the animal's habitat in Japan. The findings are as follows:
    1) From the Taisho era to early Showa (1926_??_1944), the Japanese black bear maintained its habitat in virgin broadleaf deciduous forests containing beeches (Fagus crenata Blume), horse chestnuts (Aesculus turbinata Blume), varieties of Japanese oaks (Quercus mongolica Fischer var. grosseserrata Rehd, et Wils; Quercus serrata Thunb), etc. Such forests supplied Japanese black bear's food (nuts, berries, buds, leaves, stalks, etc.) as well as provided tree hollows for hibernation. Thus, the bears seldom appeared in villages. At that time, the Japanese black bear commanded good prices mainly as material for medicine, and its hunting constituted one of the important side jobs in the winter season.
    2) From around 1960, the virgin broadleaf deciduous trees have been replaced by Japanese cedar trees (Cryptomeria japonica D. Don) through afforestation. As a result, Japanese black bears, losing source of food and places for hibernation, have been driven out of their former habitat. They have thus started to hibernate in the vicinity of villages, or damaging crops and becoming a nuisance to the villagers. After World War II, hunting for Japanese black bears has declined due to the increased availability of synthetic medicine, but in contrast hunting for ellmination has increased.
  • 早川 美波, 林 秀剛, 岸元 良輔, 伊藤 建夫, 東城 幸治
    霊長類研究 Supplement
    2013年 29 巻 P-189
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/02/14
    会議録・要旨集 フリー
     ツキノワグマ Ursus thibetanusは,アジア広域に生息する中型のクマで,日本には,固有亜種,ニホンツキノワグマ Ursus thibetanus japonicusが,本州と四国に生息している.中でも,本研究の対象地域である長野県は,日本アルプスを含む中部山岳域に囲まれていること,長野県におけるツキノワグマの推定生息数が約 3600頭 (長野県 2011年) であることからも重要な生息地の 1つであると考えられる.一方,長野県には独立した山塊がいくつかあり,盆地には都市が広がっているため,ツキノワグマの生息地が必ずしも連続しているとは言えず,また,山塊間の移動の程度や遺伝的多様性の評価などの研究が十分行われていないことから,一概にも安定した個体群が維持されているとは言えない.本研究では,2006年から 2012年に捕獲されたツキノワグマ約 200個体を用いて,mtDNA制御領域 626-bp及び,核 DNA MHC クラスター Ⅱベータ遺伝子 2領域 270-bpを解析し,長野県ツキノワグマ個体群における遺伝的構造の究明を行った.
      mtDNA制御領域の解析では,12のハプロタイプを検出した.ハプロタイプの地理的分布から,長野県の北部と南部では解析した個体から検出されるハプロタイプが異なったため,長野県の北部と中南部間での遺伝子流動,すなわちツキノワグマの移動分散が起きていない,あるいは非常にまれであることが示唆された.
  • 小池 伸介
    霊長類研究 Supplement
    2013年 29 巻
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/02/14
    会議録・要旨集 フリー
     ツキノワグマの生態研究は GPS受信機の登場などでこの数十年で大きく発展してきた.一方で,ツキノワグマは多くの人間活動との軋轢を発生させることから,その科学的な管理が急務とされている.しかしながら,依然として,その生態には多くのブラックボックスが存在しているのも事実である.このような状況を打開するには,明確なビジョンを持った長期研究が欠かせない.
     本講演では,これまで発表者が行ってきたツキノワグマの生態研究,特に採食生態に注目した内容を中心に構成する.具体的には,これまで短期的にしか行われてこなかった食性研究を長期的・多角的におこなうことで,その長期変動を明らかにするとともに,変動要因としての果実やシカの増加の影響を評価した.また,果実類の結実変動が食性だけでなく行動にも影響する点を,複数の個体に GPS受信機を装着し追跡することで,その関連性も明らかにしてきた.さらに特定の食物に焦点を当て,栄養分析や直接観察を取り入れることで採食効率を検討することで,ツキノワグマの食性研究の新たな扉を開いてきたこれらの成果を紹介する.
     また,受賞者らの研究グループがこれまで行ってきているツキノワグマの長期研究プロジェクト(Asian Black Bear Research Group:http://www.tuat.ac.jp/~for-bio/top_bear.html)で得られはじめた成果を紹介するとともに,欧米でのクマ類の長期研究プロジェクトと比較することで,これからの日本でのツキノワグマの長期研究システムに求められる姿や成果についても発表したい.
  • 山﨑 晃司, 稲葉 修
    哺乳類科学
    2009年 49 巻 2 号 257-261
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/01/14
    ジャーナル フリー
    ニホンツキノワグマの分布域の拡大が,東北地域などで認められている.阿武隈山地も例外ではなく,これまでに北部地域で分布が確認されている.今回,阿武隈山地の南部地域においても,14件のツキノワグマの生息情報を得た.子連れのメスの目撃や,幼獣の死体確認があることから,同地への定着も示唆された.世紀に渡って阿武隈山地南部でのツキノワグマの出現は途絶えていたことから,同地での至急の生息状況の把握と,その結果に基づく分布域管理が求められる.
  • 山﨑 晃司, 小池 伸介, 小坂井 千夏, 根本 唯, 中島 亜美
    哺乳類科学
    2009年 49 巻 1 号 169-172
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/07/16
    ジャーナル フリー
  • 大井 徹
    霊長類研究
    2013年 29 巻 2 号 123-135
    発行日: 2013/12/20
    公開日: 2014/02/28
    [早期公開] 公開日: 2013/12/18
    ジャーナル フリー
    Asiatic black bears and Japanese macaques are sympatric in cool temperate forests in Japan. The two species utilize similar food resources both on the ground and in trees; their major foods in spring are young leaves and shoots, and the proportion of plant fibers consumed decreases with the increase of consumption of fruits. Both species prefer fruits; however Japanese macaques adapt to consumption of fibrous foods more than Asiatic black bears, which means survivorship of Japanese macaques is secured by more fallback foods than black bears. This idea is also supported by investigation of the morphology of mastication and digestive organs, abundance of pepsinogens, and characteristics of home range utilization. The two species might compete in a scramble manner for fruits which are preferred by both species and are rare food resources. Macaques might avoid direct interference over food resources because the black bears can be a predator of macaques. The idea of preferred and fallback foods is useful to discuss phylogenetic inertia and adaptation of two species as well as conservation of them.
  • 土屋 公幸
    哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan
    1967年 3 巻 6 号 167-168
    発行日: 1967/11/30
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
  • 田中 俊久, 出口 善隆, 小野 康, 辻本 恒徳, 岩瀬 孝司
    日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌
    2008年 44 巻 1 号 56-57
    発行日: 2008/03/25
    公開日: 2017/02/06
    ジャーナル フリー
  • 高田 靖司
    哺乳動物学雑誌: The Journal of the Mammalogical Society of Japan
    1979年 8 巻 1 号 40-53
    発行日: 1979/06/30
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    長野県中央山地にある, カモシカ特別保護区と旧扉入山辺休猟区において主に調査をした。1975年8月下旬から1977年12月初旬までに得られた, 135個のツキノワグマの糞の内容と採食活動痕を分析し, 6月中旬から12月初旬までの食性を明らかにすることができた。
    ツキノワグマは雑食性であるが, 植物性食物に強く依存している。6月から7月には動物性食物が重要であるが, 8月から10月には動物性食物とともに植物性食物に強く依存するようになり, 11月から12月には一層植物性食物に強く依存する。
    動物性食物の大半は昆虫類で占められ, アリ類 (Formicidae) , 特にアカヤマアリの成虫が重要である。次いでハチ類 (VespidaeとApidae) の成虫がよく利用された。アリ類は全期間に出現し, 最も基本的な動物性食物である。ハチ類は9月~12月まで出現した。哺乳類では, ノウサギとニホンカモシカが食べられたが, 出現頻度は低い。
    植物性食物では, 液果・核果類と堅果類が重要である。液果・核果類は, 8月から12月初旬まで出現し, 10月中旬までは重要な地位を占めるが, それ以後その地位を失う。堅果類は9月下旬から12月初旬まで出現し, この時期のツキノワグマにとって最も重要な食物である。液果・核果類では, アケビ類, 次いでタラノキが, 堅果類ではミズナラが最もよく利用された。
    この3年間ではミズナラに隔年結果現象がみられ, 1976年秋は不作であったが, 1977年の秋は豊作であった。この現象はツキノワグマの食性に影響し, 1976年にはミズナラがほとんど利用されなかったが, 1977年にはよく利用された。
    ツキノワグマを保護するためには, ミズナラを初め, 多様な構成樹種をもった広葉樹林を維持する必要がある。
  • 亀井 幹夫
    日本森林学会大会発表データベース
    2014年 125 巻 P2-208
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/07/16
    会議録・要旨集 フリー
    広島県を含む西中国山地では,近年,ツキノワグマの分布域が拡大しており,クマとの遭遇や被害を受けるリスクが高まる傾向にある。本発表では,広島県内のツキノワグマの目撃及び捕獲の時空間的な分布状況を把握し,クマの出没が集積している地域の有無及びその範囲を統計的に検出することを試みた。広島県では島根県及び山口県と共同で,大量出没の予測を目的とした堅果類等の豊凶調査を平成24年度から実施しており,出没が特定の地域に集積している場合には,堅果類等の結実状況などクマの出没に影響する要因の検討に役立てるほか,地域の住民に警戒を促すことが期待される。ツキノワグマの目撃及び捕獲情報には広島県環境県民局自然環境課が収集した平成18年度から平成24年度の情報を基準地域メッシュ単位で集計して用いた。集積性の検出のために空間スキャン統計量による検定をSaTScanを用いて行った。時空間変動を調整して解析したところ,平成18年秋に県北西部の北広島町や安芸太田町で,平成22年秋に県北東部の三次市や庄原市で,それぞれ他の時期に比べて出没が集積している地域が特定されるなど,出没の時空間分布の変化を検出することができた。
  • 大井 徹, 中下 留美子, 藤田 昌弘, 菅井 強司, 藤井 猛
    哺乳類科学
    2012年 52 巻 1 号 1-13
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/07/18
    ジャーナル フリー
    これまで明らかではなかった西中国山地のツキノワグマの食性について,山中で採取した糞と人里周辺で有害捕獲された個体の胃内容物を基に,食物品目毎に出現率,偏在度指数,相対重要度を算出し,季節変化と年変化を分析した.その結果,春には植物の栄養器官中心,夏にはしょう果中心,秋には堅果中心へと季節変化するという本州中部以北のツキノワグマの食性と類似の傾向がみられた.ツキノワグマが越冬するために重要な秋の食物においては,コナラ属果実,ミズキ属果実が,相対重要度が他のものより顕著に高く,かつその年変動の程度が小さいため,通常,ツキノワグマが安定的に依存している食物と考えられた.一方,ツキノワグマの大量出没時には,この二種類の果実の相対重要度が顕著に低くなるという特徴が見られ,これらの樹種の結実程度がクマの人里への出没に大きく影響している可能性が示唆された.また,人里に出没したクマの食物では,これまで指摘されてきたカキ,クリの果実,農畜産物以外に,草本の葉など植物の栄養器官の相対重要度が高いことが特徴的であった.
  • 田戸 裕之, 藤井 猛, 澤田 誠吾, 中村 朋樹, 静野 誠子, 金森 弘樹
    霊長類研究 Supplement
    2013年 29 巻 MS-7
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/02/14
    会議録・要旨集 フリー
     西中国地域のツキノワグマは,本州最西端の孤立個体群であり,生息数が少ないことから「絶滅のおそれがある地域個体群」として,1998年に環境省のレッドデータブックに掲載された.そのため,広島県,島根県および山口県では 1993年以降順次に「ツキノワグマ保護管理計画」を策定するなど,全国的にみても比較的早い段階から保護管理の取り組みが始まった.また,生物学的な単位である個体群を管理するために,個体群の分布域を共有する三県が一体となって保護管理に取り組んでいる.本ミニシンポジウムでは,三県の協力体制を作るに至った行政および研究者の立場からの経緯,また地域の研究者,行政の担当者の活動を報告し,西中国地域におけるツキノワグマ保護管理対策の現状と課題,および今後の展望について議論する.

    趣旨説明
      田戸裕之(山口県農林総合技術センター)
    演題1 西中国個体群の保護管理の歴史と特定鳥獣保護管理計画の概要
      藤井 猛(広島県自然環境課)
     西中国地域3県では,モニタリング調査や特定計画の策定等,早い段階から3県で連携してツキノワグマの保護管理対策に取り組んできており,広域連携の先駆けとも言える.これまでの3県連携の取組みの歴史と,特定計画の概要について紹介する.
    演題2 鳥獣専門指導員及びクマレンジャーの活動
      澤田誠吾(島根県中山間地域研究センター)
     特定計画の目標達成のために取り組んできた島根県の「鳥獣専門指導員」と広島県と山口県での「クマレンジャー制度」について紹介する.
    演題3 鳥獣専門指導員の現場活動
      静野誠子(鳥獣専門指導員,島根県西部農林振興センター)
     被害発生等があれば,鳥獣対策専門員はすぐに現地に駆けつけて,誘引物の除去や電気柵の設置を住民と一緒に行っている.鳥獣専門指導員が現場での活動を紹介する.
    演題4 西中国山地におけるツキノワグマの餌資源について
      中村朋樹(山口大学大学院農学研究科),細井栄嗣(山口大学農学部)
     ツキノワグマの出没予測のため,2012年度より三県が一体となって,堅果類およびクマノミズキの豊凶調査を開始した.その調査について報告する
    演題5 時期特定計画へ向けた取組み
      藤井 猛(広島県自然環境課)
     西中国地域では,次期特定計画(2017年度~)に向けて調査等を実施していく予定にしており,今後の取組みやスケジュールなどの予定を紹介する.
    コメント・統合討論
  • 米田 政明, 大泰司 紀之
    歯科基礎医学会雑誌
    1981年 23 巻 1 号 134-140
    発行日: 1981/03/20
    公開日: 2010/10/28
    ジャーナル フリー
    ヒグマでは中間位の前臼歯に高い欠如率が見られるが, ツキノワグマでは欠如率は低い。この2種の前臼歯欠如率を比較し, クマ科における歯数減少傾向問題について検討を行なった。材料として北海道産ヒグマ151例, 本州産ツキノワグマ36例を用いた。前臼歯の欠如は肉眼的観察によったが, 存在する場合をさらに正常, 破折, 歯槽骨による包埋に分けた。また, 犬歯歯根セメント層板により年齢査定を行ない, 前臼歯の欠如率, 破折・包埋率の加齢変化を検討した。その結果, 前臼歯の先天的欠如率はツキノワグマにくらべヒグマが有意に高いこと, 破折・包埋前臼歯の出現率がツキノワグマ, ヒグマとも加齢に伴って増加することが明らかになった。両種の前臼歯欠如率の差は, クマ科の系統・進化の方向を示しているものと考えられた。
  • 若山 学
    日本森林学会大会発表データベース
    2018年 129 巻 P2-228
    発行日: 2018/05/28
    公開日: 2018/05/28
    会議録・要旨集 フリー

    【目的】近年ツキノワグマ(以下,クマ)の秋季の大量出没が社会問題となっている.奈良県では他地域のようなクマの大量出没は生じていないが,近年の目撃情報は増加傾向にあり,今後,クマの保護管理を遂行する上では出没予測が必要になることが考えられるため,本調査を実施した.【方法】奈良県内のクマの生息域を中心に,2013年から2017年にコナラ,ミズナラおよびブナの豊凶調査を実施した.また,2015年から2017年にアラカシの豊凶調査を実施した.そして,2013年から2017年のクマの秋季の出没状況についても調査を実施した.【結果】ミズナラおよびブナは,2013年,2015年,2017年に豊作となり,2014年,2016年が相対的に不作となっていた.コナラは,ミズナラおよびブナとは異なる豊凶の傾向にあった.アラカシは,2016年が豊作,2015年,2017年は相対的に不作となっていた.クマの秋季の出没については,2013年,2015年,2017年は少なく,2014年,2016年は相対的に多くなる傾向にあった.以上のことから,奈良県におけるクマの秋季の出没は,ブナおよびミズナラの豊凶と関係があるものと考えられる.

  • 鳥居 春己
    日本林学会誌
    1989年 71 巻 10 号 417-420
    発行日: 1989/10/01
    公開日: 2008/12/18
    ジャーナル フリー
    The food habits of the Japanese black bear, Selenarctos thibetanus, were studied by scat content analysis in the headwaters of the Ohwi River in Shizuoka Prefecture, central Japan. Fifty scats were collected from May to December from 1981 to 1984 in the low mountainous zone (about 1, 000_??_1, 600m in altitude). The contents were classified into six categories: namely, seeds and fruits, leaves, branches and wood fragments, other vegetable matter, insects, and the other items. The black bear was omnivorous mainly depending on vegetable foods; it amounted to 98.5% of the total dry weight of the contents. Seeds and fruits were detected in summer through fall, and buna (Fagus crenata) and mizunara (Quercus mongolica) were staples of the diet in the period before hibernation. Most of leaves were detected in spring and summer. Branches and wood fragments were detected in all seasons. Other vegetable matters were small both in amount and frequency. All animal matter consisted of adult insects were of some importance in the diet during summer and fall. The nests of Hymenoptera sp. were detected in summer.
  • 佐藤 至, 辻本 恒徳, 世良 耕一郎, 二つ川 章二, 津田 修治
    日本獣医師会雑誌
    2003年 56 巻 12 号 825-830
    発行日: 2003/12/20
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
    平成11年11月から平成14年8月までに狩猟等によって岩手県内で捕獲されたツキノワグマ計42頭 (雄24頭, 雌18頭) の肝臓, 腎臓および被毛についてPIXE分析を行い, 鉛等の重金属による汚染状況を調査した.その結果これらの組織からは, クロム, マンガン, 鉄, コバルト, 銅, 亜鉛, セレン, モリブデン, カドミウム, 鉛等が検出された.このうちコバルトは人などで知られている濃度の10倍以上の高値を示した.また2頭の亜鉛濃度が異常な高値を示し, 何らかの亜鉛暴露を受けていた可能性が考えられた.肝臓, 腎臓および被毛におけるカドミウムの平均濃度はそれぞれ0.20, 9.16, 2.10mg/kgであり, 日本人の正常範囲を超える個体はみられなかった.肝臓の鉛濃度の多くは1mg/kg未満であったが, 3頭が2mg/kgを超え, ツキノワグマにおいても鉛汚染が存在する可能性が示唆された.
  • 土光 智子, 陳 文波, 一ノ瀬 友博
    環境情報科学論文集
    2011年 ceis25 巻
    発行日: 2011年
    公開日: 2014/05/08
    会議録・要旨集 フリー
    ツキノワグマ(Ursus thibetanus japonicus)の生息予測分布モデルは有効な生息地管理に役立つ。本研究では,丹沢地域個体群に対するモデルの適用可能性を論じた。モデルの精度検証のため3 種類の現地の在データを集めた。全般的なモデル精度は,正判率が67%~85%であり,これは,本モデルが許容できる転送性を持っており,他の地域個体群にも外挿できることを示唆している。サンプリング方法によって精度が異なったが,1種類のサンプリング方法によって生じたバイアスが原因であると解釈した。モデルには,実際にクマが生息する場所を過小評価する傾向があり,本地域個体群特有の生息地の特性による影響と,里グマと比較して山グマへの高い予測能力があるためと思われた。
  • 石田 健
    哺乳類科学
    1995年 35 巻 1 号 71-78
    発行日: 1995年
    公開日: 2008/07/30
    ジャーナル フリー
  • 大井 徹
    森林科学
    2009年 57 巻 2-3
    発行日: 2009/10/01
    公開日: 2017/07/10
    解説誌・一般情報誌 フリー
feedback
Top