詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "ディスカウントストア"
202件中 1-20の結果を表示しています
  • 馬場 貞男
    日本醸造協会誌
    1996年 91 巻 11 号 762-767
    発行日: 1996/11/15
    公開日: 2011/09/20
    ジャーナル フリー
    近年, 酒類市場は販売免許の規制緩和策等により, 新業態酒販店, いわゆる酒類の
    ディスカウントストア
    やコンビニエンスストアが急速に増加してきた。これらの影響によリ酒類市場の低価格競争は熾烈を極めるものとなっている。このような変貌を極めることとなった酒類流通構造について, その背景及び現状を分析し, 更に今後の展望について, 自らも新業態酒販店を経営しておられ, 酒類の流通システムに詳しい筆者に, その考え方の一端を記述願った。
  • ~取り込み型国際移転から持ち込み型国際移転へ~
    白 貞壬
    マーケティングジャーナル
    2004年 24 巻 2 号 45-58
    発行日: 2004/09/30
    公開日: 2022/05/20
    ジャーナル フリー
  • *大井 雅士
    日本地理学会発表要旨集
    2007年 2007s 巻 422
    発行日: 2007年
    公開日: 2007/04/29
    会議録・要旨集 フリー

    1.はじめに
     1980年代以降,郊外への大型店の進出やスーパーマーケット,コンビニエンスストア(以下CSV)の発展など,小売業では非常に大きな変化が見られ,それは都市における商業の空間構造にも影響を及ぼしている.本研究では,小売業の中でも,特に酒類小売業を対象として検討を行っている.
     酒類小売業を研究対象としたのには以下のような理由がある.従来の酒類小売業は酒税法による制度的に保護された商圏を有し,外販を経営の核としている店舗が多いために地域コミュニティを構成する要素の一つでもあった.そのため,酒類小売業における立地パターンの変化は周辺地域の変化と関連して浮かび上がってくると考えられる.さらに,酒類小売業の変化には,酒税法の規制緩和が大きく関係している.特に2001年,2003年に行われた規制緩和は実質上,他の業態の自由な参入を許すものであり,これによって酒類小売業は現在大きな変化を見ることのできる業態であるといえる.本研究では酒類小売業の立地パターンの変化を把握するとともに,店舗の経営の実態や変化を捉え,立地パターンの形成要因を明らかにすることを目的とする.
    2.研究方法
     研究方法は主に以下の2点に分けられる.
     1)NTTタウンページ,住宅地図を用いて1985年から2005年までの酒類小売業者の立地パターンの変化を捉える.
     2)立地パターンの分析で明らかになったことを基に店舗への聞き取り調査を行い,規制緩和や周辺地域との関連性について考察する.
    3.結果
     立地パターンの分析と聞き取り調査の結果,明らかになったことは大きく分けて以下の2点である.
     1)1995年までは新規に出店する店舗は郊外において多く見られるようになり,逆に廃業する店舗は中心市街地に多い.この要因としては,郊外への住宅団地の造成や
    ディスカウントストア
    の進出が大きな影響を与えたと考えられる.郊外の住宅団地の造成に伴う形で新規出店する店舗が見られるのとは対照的に,中心市街地の空洞化と郊外における
    ディスカウントストア
    の出店は中心市街地において周辺地域を商圏としていた店舗に深刻なダメージを与えた.
     2)1995年から2005年にかけては,酒類をメインに取り扱う店舗の新規参入は非常に少なくなり,廃業する店舗が徐々に郊外にも広がっていくという変化が起こった.これには,酒税法の規制緩和によって,酒類販売免許の取得が容易になり,様々な業態を持つ店舗の参入が可能となったことが大きな要因として挙げられる.特に,利便性の高いコンビニエンスストアや,多くの商品を取り扱うスーパーマーケットの参入は中心市街地だけでなく,郊外の住宅団地における住民の消費者行動にも大きな変化を及ぼした.その結果,住宅団地周辺を主な商圏としていた店舗の経営が困難なものとなった.
  • 荘 美知子, 木村 翔, 唐沢 亮
    日本建築学会計画系論文集
    1999年 64 巻 519 号 9-15
    発行日: 1999/05/30
    公開日: 2017/02/03
    ジャーナル フリー
    In order to consider the actual condition of the sound environment in various commercial spaces from the users' point of view, a questionnaire survey was conducted on 5,000 residents in the surrounding Tokyo metropolitan area, in January 1997. Using a mail survey, 1,201 responses (return rate of 25%) were received. Based on the results, we were able to ascertain that the user shares the six different image factors to evaluate the importance of the design of sound environment. In case of the evaluating good or not as to actual experiences, concerning the design of the sound environment in various commercial spaces, we were able to focus on the 3 axes. As key factors. No.1 is "liveliness (lively/quiet)", No.2 is "size of space (large/small)" and No.3 is "the state of use (usual/unusual)". Especially, the single-regression analysis between the category score of "liveliness" (axis No.1) and the measured L_Aeq (personal exposure level) were appeared a relatively good correlation (r=-0.795). Consequently, it was suggested that the L_Aeq-value was an appropriate criterion to apply to a comprehensive investigation about the sound environment in commercial spaces.
  • 木村 翔, 荘 美知子, 明智 都
    日本建築学会計画系論文集
    2001年 66 巻 542 号 1-6
    発行日: 2001/04/30
    公開日: 2017/02/04
    ジャーナル フリー
    In this study, we conducted a questionnaire survey of commercial spaces in the greater Tokyo metropolitan area in order to gain a comprehension of the consciousness of the sound environment held by the owners, who were in a position to manage the various commercial spaces. As a result, the various commercial spaces were classified into 11 categories and the tendencies in the relationship between the degree to which the sound environment contributed to the creation of the space and the degree of concern on the part of the owners in taking the sound environment into consideration were comprehended. Furthermore 6 common factors were extracted as keywords in the creation of the images being sought by owners who placed importance on the sound environment and the images being sought by owners of each commercial space were clarified.
  • 荘 美知子
    騒音制御
    1999年 23 巻 4 号 220-227
    発行日: 1999/08/01
    公開日: 2009/10/06
    ジャーナル フリー
  • 竹内 弘高
    マーケティングジャーナル
    2004年 24 巻 2 号 118
    発行日: 2004/09/30
    公開日: 2022/05/20
    ジャーナル フリー
  • ─Emart24を例に─
    キム リーナ
    流通
    2021年 2021 巻 48 号 15-26
    発行日: 2021年
    公開日: 2022/02/18
    ジャーナル オープンアクセス
  • 岩間 信之, 今井 具子, 田中 耕市, 浅川 達人, 佐々木 緑, 駒木 伸比古, 池田 真志
    フードシステム研究
    2018年 25 巻 3 号 81-96
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/01/31
    ジャーナル フリー
    Food access is key to understanding the elderly's shopping environment. Usually, food access is simply calculated based on the distance between an elderly person's home and his/her nearest fresh food store. The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries has used this approach to make food access maps throughout Japan. However, these maps do not account for the different food products that are available at different stores.
    The purpose of this study was to develop new food access maps using food availability rates for healthy eating indicator shopping basket (HEISB). First, we developed three types of HEISB: fresh food (with 33 items), processed food (with 49 items), and ready to eat meals (with three items). The types of food retailers we examined were supermarkets, convenience stores, drug stores, discount stores, and mobile sales wagons, each of which was located in our study area. Second, we developed three new types of food access maps using the availability of food in these store types to supply the three types of HEISB.
    Food availability for the three HEISB types differed dramatically by store type. For fresh foods, all supermarkets and mobile sales wagons showed high availability, some convenience stores had middle levels of availability, and the availability at other store types was quite low. However, with respect to processed foods, many stores showed high degrees of availability, including supermarkets, convenience stores, and drug stores. For ready to eat meals, most stores showed more than 80% availability of the required food items.
    Recently, elderly Japanese citizens have greatly increased their consumption of processed foods and ready to eat meals. Thus, these new food access maps will give us a more accurate representation of the elderly's food shopping environment.
  • 出店規制に注目して
    駒木 伸比古
    地理空間
    2018年 10 巻 3 号 222-235
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/04/13
    ジャーナル オープンアクセス
     本稿は,韓国において現在みられるような「割引店」を主とした大型店が業態として確立した背景を把握するとともに,立地状況を明らかにすることを目的とした。その際に,韓国における政策転換に伴う小売業に関する制度の変化との関わりにも注目した。そして韓国における流通業,特に大型店に関する規制の変遷を整理するとともに,韓国における大型店が業態としてどのように成立,成長してきたのかを検討した。さらに,地図化することで,現在立地している大型店の出店時期や規模について考察した。その結果,(1)大型店に関する流通規制の方向性が2010年前後に大きく変化したこと,(2)流通規制の変化に伴い,1990 年代にソウル大都市圏や広域市などに限定されていた大型店の立地が,2000年代に入り地方の小都市にまで全国展開していったものの,2010年代になると出店数が急激に減少し,立地も大都市圏付近に回帰しつつあること,の2 点が明らかとなった。
  • 吉川 隆夫
    繊維製品消費科学
    1970年 11 巻 11 号 579-584
    発行日: 1970/11/20
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
  • 里村 睦弓, 森高 正博, 福田 晋
    農業市場研究
    2014年 23 巻 1 号 23-33
    発行日: 2014/06/30
    公開日: 2020/06/22
    ジャーナル フリー
    This study clarifies the identity of various farmers' markets. Through analysis of survey questionnaire from Y city in Fukuoka Prefecture, Japan we analyzed consumer's reason for store selection among farmers' markets and supermarkets. Firstly, factor analysis was applied to the data set in order to extract factors of consumer's store choice; the relationship with the store, the presence of local products, various convenience factors, and values added aspects. Secondly, cluster analysis was applied to these four factor scores, thereby classifying the farmers' markets and supermarkets into four groups each with different store identities. The first group consists of famers' markets which are characterized by local production and as having value added on the store. The second group consists of farmers' markets and cooperative supermarkets characterized by local production and as based on a relationship with consumers. The third and fourth groups consist of only supermarkets which are convenient and value added stores. In conclusion, 'face to face relationships, sense of trust, product safety and product freshness' were identified as the identity of farmers' markets, which differentiated them from supermarkets.
  • 篠原 正裕, 岡 律子
    日本行動計量学会大会抄録集
    2020年 48 巻 C6-5
    発行日: 2020/09/01
    公開日: 2021/06/24
    会議録・要旨集 フリー
  • 平栗 靖浩, 川井 敬二, 矢野 隆
    日本建築学会環境系論文集
    2005年 70 巻 591 号 1-6
    発行日: 2005/05/30
    公開日: 2017/02/11
    ジャーナル フリー
    In this study, we obtained an overview of the sound environment in large-scale stores, with the aim of providing better sound conditions in them. We measured the noise levels and the types of audible sound in 139 large-scale stores, selling groceries, electrical appliances, or household equipment. The overall noise level in the stores varied from 52 to 76 dBA. A cluster analysis, which produced groups of stores based on similarities between the patterns of audible time of each sound, revealed that specific sounds, such as information from loudspeakers, were found in the group of stores with a relatively high noise level.
  • 井上 芳恵
    経済地理学年報
    2010年 56 巻 4 号 317-
    発行日: 2010/12/30
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
  • 久保 知一
    流通研究
    2017年 20 巻 2 号 65-79
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/12/26
    ジャーナル フリー HTML

    「小売の輪」に代表される小売業態イノベーション研究では,歴史的な小売業態の変遷についての計量的研究がほとんど行われてこなかった。したがって,新規小売業態の参入ポジションやその後の発展経路に関する理論仮説は,エビデンスを欠いたままの状況にある。本論では,破壊的イノベーションの概念枠組に基づいて,我が国における50年間にわたる複数の小売業態をとる小売企業のパネルデータを構築し,新規小売業態の参入ポジションと発展経路に関する実証分析を行った。分析の結果,新規小売業態は既存小売業態に比べて明らかに優位なポジションからは参入しないこと,発展経路は従来から知られてきた格上げに加えて持続的イノベーションがあること,格下げによる発展は観察されなかったことが見出された。

  • *深井 尚子, 多邊田 美香, 弦巻 和
    一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集
    2005年 57 巻 1Ha-5
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/12/08
    会議録・要旨集 フリー
    【目的】現在、勤労者世帯では、共働き世帯数が専業主婦世帯数を超えており、この傾向は今後も続くと予測される。04年第56回大会では、子供を持つ共働き世帯は、帰宅後の短時間に家事を集中的に行っており、自動食器洗浄機などの省力化家電の活用、掃除・育児を中心に夫と家事分担するなどの実態を報告した。今回は、必要不可欠な家事であり時間を要する「買い物行動」について「レシートを用いた調査」を行い、共働き世帯の購入日時、購入先、購入品、金額など総括的な買い物実態を明らかにした。【方法】1)レシート調査 2004.4_から_7 首都圏在住核家族39世帯(20・30代:共働き19、専業主婦 12、40・50代:専業主婦8)    2)郵送留め置き式アンケート 2004.10 首都圏在住核家族206世帯(20・30代:共働き73、専業主婦 73、40・50代:専業主婦60)【結果】共働き世帯でも全買い物回数の約9割が妻であり、夫と分担している家庭は少なかった。購入日時および金額比率から、共働き主婦は土・日曜日にまとめ買いし、平日の夕方以降に買い足すという買い物行動が多いことがわかった。買い物先はスーパーが多いものの、食料品をドラッグストアや
    ディスカウントストア
    で購入したり、生協や通販などの宅配サービスを利用するなど購入先の選択肢も豊富となっている。一方、専業主婦でも夕方あるいは夜間に買い物するケースがあり、買い物時間帯の幅が広がっていると考えられる。今後も流通の変化に伴い、若年共働き世帯では、生活パターンに合わせて購入先・ツール、時間帯など買い物行動が多様化していくものと予測される。
  • 田中 利見
    日本醸造協会誌
    1990年 85 巻 12 号 838-841
    発行日: 1990/12/15
    公開日: 2011/09/20
    ジャーナル フリー
    日本の酒類市場は, 急速に国際化の方向に動いている。清酒業界の将来を考えるとき, 避けてはとおれぬ課題でもある。日本酒に対するこだわりの原点を追求することを求める著者の一文は, 読者に「球を投げた」ものである。この一文が契機となり, 数多くの論議が生まれることを待期したい。
  • 流通再編と地域への影響(3)
    *安倉 良二
    日本地理学会発表要旨集
    2010年 2010s 巻 112
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/06/10
    会議録・要旨集 フリー
     これまで発表者は,大店法運用緩和期である1990年代のスーパーにおける店舗展開の特徴として,大型店舗の立地と中小店舗の閉鎖に伴う店舗のスクラップ・アンド・ビルド,出店地域の広域化,ショッピングセンターの開発に伴う複合化,の3点をあげた。しかし,近年ではスーパーを出店する大手小売業者間で「勝ち組」「負け組」といった経営上の格差が指摘される中,大店法運用緩和期にみられた規模の拡大という側面だけで店舗網が再編成されるようすは捉えられない。
     そこで,本研究では従来の発表者による研究を深化させる形で,主に総合スーパー大手3社(イオン・ダイエー・イトーヨーカ堂)の2000年代における出店,閉店の分布を示し,それと深く関わる経営方針の変化や新たな店舗開発の動向を検討する。主な資料として,出店については商業界編『日本スーパー名鑑』と各社のHP,閉店については『日本スーパー名鑑』の各年度版にある閉鎖店舗一覧(「前年度版から削除した店舗一覧」)を用い,売場面積・出店年次別にみた店舗分布の図化を行った。
     2000年代における総合スーパーの店舗分布をみると,業者間の差異が明瞭にあらわれている。まず,以前からショッピングセンターの開発とその核店舗への入居を前提とした店舗展開を進めたイオンの出店速度は2000年代においても速い。出店先についても,既存店舗が少なかった首都圏をはじめ全国的に広がり,ナショナルチェーンの性格を強めている。他方で,イオンは単独立地の店舗を中心に競争力が低下した店舗の閉鎖にも注力している。その分布は,大店法運用強化期以前から既存店舗が集中する京阪神大都市圏をはじめ地方にも広がるが,後者の中には1990年代に出店した店舗も含む点は注目される。
     イオンと対照的に,出店地域の縮小に伴って店舗網が再編成されたのはダイエーである。1990年代後半以降,有利子負債の返済が至上命題とされたダイエーは,産業再生機構による支援条件のひとつとして,中国・四国地方,沖縄県からの撤退を求められた。当該地域の店舗は1980年代までに既成市街地へ立地したものと,1990年代後半に開発された
    ディスカウントストア
    「ハイパーマート」によるものに大別される。だが,当該地域ではリージョナルチェーンの勢力が強まる中,高密度な店舗網は形成されなかった。このことが経営悪化の段階で店舗の選別対象となり,撤退を余儀なくされたと推察される。店舗網が残された地域でも,閉店のほか既存店舗の売場面積の縮小や食料品スーパーへの業態転換を通じた店舗網の再編成が進んでいる。
     イオン,ダイエーに比べて出店地域が狭いイトーヨーカ堂は店舗が集中する首都圏を中心に,自社によるショッピングセンター「Ario」の核店舗への入居を前提とする大型店舗の立地と同時に,既存店舗の再生策として
    ディスカウントストア
    「ザ・プライス」への業態転換を行う戦略を採っている。他方,閉店についても首都圏における店舗のスクラップ・アンド・ビルドの性格をもつものに加えて,地方からの撤退を図る動きもみられつつある。
     2000年代の総合スーパーによる店舗の出店・閉店パターンは大手小売業者間の経営格差を明瞭に反映しており,単純に大型店の立地規制の変化だけで店舗網が再編成される要因を説明することはできない。今後の総合スーパーによる店舗網は,消費不況や少子高齢化,専門店との競争激化,そして改正都市計画法の施行による郊外地域への大型店立地規制の強化など外部条件の変化とも相まって,新規出店,出店地域の範囲や売場面積の各側面において縮小再編成の段階に入ることが予想される。
  • -業態類型の多様化の側面から-
    *経亀 諭
    日本地理学会発表要旨集
    2004年 2004s 巻
    発行日: 2004年
    公開日: 2004/07/29
    会議録・要旨集 フリー
    1.はじめに

     都市内部および大都市圏の構造変容に関する研究の中で,小売業の分散の担い手としての大型店,特にスーパーの重要性が指摘されて久しい.地理学におけるスーパーの研究の中には,スーパーという業態そのものを固定的に捉えた上で店舗数や立地の変化を追うものや,スーパーの立地形態や販売形態の多様化を企業戦略から述べるものが多数を占めている.しかし,前者ではスーパーの店舗規模や形態(本研究では「業態類型」と総称) の多様化への言及がほとんど行われておらず,後者では都市の構造変化との関連についての言及が少ない.

     そこで本研究では両者を統合し,都市内における各スーパーの店舗規模や形態の差異,またその変化の過程を明らかにすることを目的とした.



    2.研究方法

     本研究では,札幌市を事例地域とし,商業統計基準の「食品スーパー」「総合スーパー」を対象店舗とした.具体的な研究方法は以下の通りである.

     まず,わが国と札幌市におけるスーパーの発達史を概観し,業態類型を析出する.その際,GISを用いて1972・77・82・87・92・97・2002年の7年次の札幌市における各店舗の立地変化と,その他の社会経済的指標(おもに人口・小売業・交通に関する変数)との比較を行なう.また,より詳細な考察を行うために,2002年度の店舗データを用い,行要素を各店舗,列要素を各指標に基づいた立地特性とした因子分析を行なう.最後に,因子得点の業態類型ごとの平均値を比較し,業態類型ごと,あるいは業態類型内部における立地特性の差異を整理する.

     なお,資料として,(株)商業界・『日本スーパーマーケット名鑑』『日本スーパー名鑑』各年度版,札幌市企画調整局・『札幌市の地域構造』各年度版,(財)統計情報センター・『地域メッシュ統計 平成7年度国勢調査,平成8年度事業所・企業統計調査のリンク』を用いた.



    3.結果

     分析の結果,札幌市におけるスーパーの業態類型の差異に基づく棲み分けやその変化の過程は,以下のように要約できる.

     1)1960年代,主に徒歩による近隣商圏をもつ形の食品スーパー(「伝統的食品スーパー」,「ミニスーパー」)が人口分布にほぼ比例する形で分布を開始し,2)続いて1970年代には公共交通機関および徒歩によるより広い商圏をもつ総合スーパー(「伝統的総合スーパー」)が出店をはじめた.3)1970年代後半には,郊外化やモータリゼーションの進展に伴い,総合スーパーは次第に自動車による更に広い商圏をもつ大型の店舗を幹線道路沿いに立地させるようになり,4)店舗が増加するにつれて,1980年代には差異化のために商品の高級化・低価格化をはかる総合スーパー(「高級総合スーパー」「総合
    ディスカウントストア
    」)が出現しはじめた.5)大店法規制が緩和された1990年代には,食品スーパーの中にも自動車による広い商圏を特色とした大型の店舗が幹線道路沿いに立地しだし(「食品
    ディスカウントストア
    」「スーパー・スーパーマーケット」) ,6)旧来の公共交通機関や徒歩に依存する形の総合スーパーのうち品揃えが不充分であった小型のものがカテゴリーキラー等の影響からより採算の取りやすい大型の食品スーパーに置き換えられはじめるという傾向がそれを後押しした.また,7)大型の食品スーパーやコンビニエンスストアに商圏を奪われた小型の食品スーパーの一部は,24時間化等の対応で生き残りを図った(「コンビニエンスストア対策形食品スーパー」).

     なお当日の発表時には,本稿で述べたスーパーの業態類型および立地展開の変化に加え,既存の小売業や人口の分布の変化との関連性についても更なる検討を加え,より詳細な結果を報告する予定である.
feedback
Top