詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ネグロイド"
60件中 1-20の結果を表示しています
  • 鈴木 裕法
    九州歯科学会雑誌
    2005年 59 巻 2 号 61-79
    発行日: 2005/05/25
    公開日: 2017/12/20
    ジャーナル フリー
    本研究は中華人民共和国西部の新彊ウイグル自治区ウルムチ市に居住するウイグル族の歯冠形質の特徴ならびに他民族集団との人類学的位置関係を明確にすることを目的とした.研究資料として中華人民共和国新彊ウイグル自治区ウルムチ市の民族中学校に通学する16歳〜19歳の男女各80名より採取された上下顎石膏歯列模型を用いた.研究方法はArizona State University Dental Plaque Systemを基準として,歯冠19形質の出現頻度と発達程度を調査し,モンゴロイド9民族集団,コーカソイド2民族集団ならびにネグロイドとの比較を行い,以下の結論を得た.1.観察したウイグル族の歯冠19形質のなかで出現率の高いものは,Canine distal accessory ridge (UC), Premolar lingual cusp variation (LP2), Carabelli's trait (UM1), Hypocone (UM2)および4cusp (LM2)の5形質であった.また,出現率の低いものはCanine mesial ridge (UC), Odontome (U and LP1, 2), Distal trigonid crest (LM1), Cusp7 (LM1)およびY-groove pattern (LM2)の5形質であり,周辺の民族集団とは明らかな相違があった.2.ウイグル族の歯冠19形質のうち,コーカソイド的であったのはShoveling (UI1), Double-shovel (UI1), Odontome (U and LP1, 2), Carabelli's trait (UM1), Cusp6 (UM1)および4cusp (LM2)の6形質,シノドント的であったのはWinging (UI1^2), Tuberculum dentale (UC), Premolar lingual cusp variation (LP2), Cusp5 (UM1), Protostyid (LM1)およびY-groove pattern (LM2)の6形質であった.このことからウイグル族の歯冠はコーカソイドとモンゴロイドの双方の特徴を持つことがわかった.3.ウイグル族と他民族集団との類縁性を歯冠19形質に基づいて明らかにするため,Ward法を用いてシノドント(日本人,漢族,満族,朝鮮族,回族,ダフル族,ナシ族),スンダドント(縄文人,タイ人),コーカソイド(ヨーロッパ人,北アフリカ人),ネグロイド(Sub-Saharan African)とのクラスター分析を行った.その結果は,ウイグル族はシノドントとスンダドントからなるモンゴロイド集団のクラスターではなく,ヨーロッパ人と北アフリカ人のコーカソイド集団とネグロイドを含むクラスターに含まれた.4.ウイグル族とシノドント(日本人,漢族,満族,朝鮮族,回族,ダフル族,ナシ族),スンダドント(縄文人,タイ人),コーカソイド(ヨーロッパ人,北アフリカ人),ネグロイド(Sub-Saharan African)の12集団の多次元尺度法による分析を行った結果,ウイグル族はシノドント集団とコーカソイド集団の中間に位置していた.以上のことから,中国新彊ウイグル自治区ウルムチ市に居住する現代ウイグル族はシノドント集団とコーカソイド集団の中間的形質を持つことからシノドントとコーカソイドの混血民族であることが歯冠19形質からも示唆された.
  • 鈴木 裕法
    九州歯科学会雑誌
    2005年 59 巻 2 号 19-20
    発行日: 2005/05/25
    公開日: 2017/12/20
    ジャーナル フリー
  • 安部 国雄
    人類學雜誌
    1983年 91 巻 2 号 223-230
    発行日: 1983/04/15
    公開日: 2008/02/26
    ジャーナル フリー
    1982年1月,西ガーツのジャングルに住むシディ族を調査して男27人女31人の形質人類学的資料を得た。その体格は南または中央インドの諸部族よりも少し大きく,長頭型,広顔型の上界,中鼻型,中顎型に属す。頭髪は男女共に約半数が糸球毛で,これに弯曲毛と短波状毛を合せると90%以上となり,長波状毛と直毛は極めて少ない。このようにネグロイド的形質を強く保有するシディ族は,また一方で,それらの形質の中に顔ヒゲの比較的に濃い等の南インド住民(ドラビダ語族)的要素の混入もみられて遺伝的に興味深い。
    ここには資料として各個人別の全計測値13項目を提供すると共に,代表的な統計値と観察値および,顔の写真数葉を付した。
  • 有吉 渉
    九州歯科学会雑誌
    2005年 59 巻 3 号 124-
    発行日: 2005/08/25
    公開日: 2017/12/20
    ジャーナル フリー
  • Masashi Sakuma, Kazuharu Mine, Takahiko Ogata
    歯科基礎医学会雑誌
    1988年 30 巻 4 号 545-549
    発行日: 1988/08/20
    公開日: 2010/09/28
    ジャーナル フリー
    Carabelli complex (Robinson, 1956) は, 上顎大臼歯近心舌側咬頭の舌側面に現れる溝状, 小窩状あるいは結節状の形態を総称したものである。本稿では, 中東アフリカに居住するマラウィ人および日本人から得られた硬石膏模型を用いて, 上顎第1大臼歯のCarabelli complexを観察し, 出現頻度を他集団と比較した。分類はDahlbergの標準模型P-12に基づき, Alvesaloら (1975) の規準に従った。マラウィ人におけるCarabelli complexの総出現率は, ヨーロッパ人や南アフリカ白人と大差なく, コーカソイド集団の示す変異域に明らかに含まれていた。一般に, この形質はコーカソイド集団に高率に出現するといわれ, コーカソイドを特徴づける1形質と考えられているが, 今回マラウィ人を含むネグロイド集団との問には著しい頻度差は認められないことが示唆された。
    一方, 日本人におけるCarabelli complexの出現は混血のないモンゴロイド集団と同様に, ネグロイド集団やコーカソイド集団より明らかに低率であった。日本人におけるこの結果は, 他の分類法を用いた従来の諸報告とほぼ一致していた。
  • 班目 文雄
    地理
    1942年 5 巻 2-3 号 379-383
    発行日: 1942/10/01
    公開日: 2010/03/19
    ジャーナル フリー
  • 吉岡 政徳
    日本航海学会誌 NAVIGATION
    2006年 164 巻 18-23
    発行日: 2006/06/25
    公開日: 2017/06/30
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 筑紫 寿七生
    九州歯科学会雑誌
    2001年 55 巻 3 号 189-205
    発行日: 2001/06/25
    公開日: 2007/08/03
    ジャーナル フリー
    Tooth crown traits of the Dafurs of Inner Mongoria province, China, were examined and compared with 23 East Asian populations in order to clarify the anthropological position of the Dafurs based on Mongoloid dental variation. Plaster models were taken from 92 male and 98 female students, 16 to 19 years of age, of the Dafurs tribe middle high school in Hailaer. Nineteen non-metric traits of tooth crown were classified using the Arizona State University dental anthropological system and counted with the individual count method.
    The frequencies of 19 traits in the Dafurs were compared with those of 23 East Asian populations. Ten crown traits that indicated high frequencies were Shoveling (UI1), Double shovel (UI1), Canine medial ridge (UC), Cannine distal accessory ridge (UC), Premolar lingual cusp variation (LP2), Protosylid (LM1), Deflecting wrinkle (LM1), Cusp 6 (LM1), Cusp 7 (LM1) and 4 cusp (LM2). Those showing low frequencies were Winging (UI12), Interruption groove (UI2), Tuberculum dentale (UI2), Odontome (UandL 1, 2), Hypocone (UM2), Cusp 5 (UM1), Carabelli's trait (UM1), Distal trigonid crest (UM1) and Y-groove pattern (LM2).
    On comparing the eight crown traits that indicated significant differences between Sinodonty which is typical of Northeast Asia, and Sundadonty which is typical of Southeast Asia, the Dafurs had six Sinodont-like traits: Shoveling, Double-shovel, Carabelli's trait, Cusp 5, Deflective wrinkle and Y-groove pattern, and two Sundadont-like traits: Winging and 4 Cusp.
    Two major clusters were obtained from a cluster analysis on the Ward method among 23 East Asian populations and the Dafurs, based 19 crown traits. One was Sinodonty cluster, and the other Sundodonty cluster. The Dafurs was included in the Sinodonty cluster. The Sinodonty cluster was divided into two subclusters, one was the Han and Japanese group, and the other the Chaoxian and the Man group. The Dafurs was included in the latter.
    Furthermore, the multidimensional scaling analysis showed that the Dafurs was closest to the Chaoxian and the Man, and nearest to Sundadonty as contrasted with typical Sinodonty.
    Judging from the above analyses, it was proved that the dentition of the Dafurs was charasteristic of both Sinodonty and Sunndadonty, and the Dafurs was the closest to the Chaoxian and the Man in the East Asian Mongoloid populations.
  • 能 登志雄
    東北地理
    1967年 19 巻 4 号 153-156
    発行日: 1967年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    Recent development in various fields of science made it ineviatable to rewrite the history of Polynesian migrations. Among the recently developed methods, perhaps the most important is the dating of absolute chronology by radiocarbon activity. By this means the origin of Polynesian settlement in this part of the world was pushed backwards to several centuries before Christian era. This is a short review of the recent contributions made by scholars in various fields interested in the Pacific realm.
  • 鈴木 裕法
    九州歯科学会雑誌
    2005年 59 巻 3 号 124-125
    発行日: 2005/08/25
    公開日: 2017/12/20
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 千代子
    生物物理化学
    1984年 28 巻 4 号 223-229
    発行日: 1984/08/30
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
  • 竹沢 泰子
    学術の動向
    2014年 19 巻 7 号 7_80-7_82
    発行日: 2014/07/01
    公開日: 2014/11/07
    ジャーナル フリー
  • Masashi Sakuma, Miyoko Yamamoto, Takahiko Ogata
    歯科基礎医学会雑誌
    1987年 29 巻 3 号 371-377
    発行日: 1987/06/20
    公開日: 2010/06/11
    ジャーナル フリー
    屈曲隆線 (deflecting wrinkle) は下顎大臼歯の近心舌側咬頭の中心隆線が強く発達し, これが遠心方向に屈曲して歯冠中央部に至る形質である。最初Weidenreichにより定義され, その後Haniharaらによって, 詳細な分類と記載が行われた。本稿では, 中東アフリカに居住するマラウイ人から得た硬石膏模型 (男性65例, 女性67例) を用いて, その下顎大臼歯に現れた屈曲隆線をHaniharaらの規準 (1964) に従って観察した。その結果いずれの大臼歯においても, その出現頻度に性差はなかった。第1大臼歯における出現頻度は28.6%で, アイヌを除くモンゴロイド諸集団よりも低率であり, 屈曲隆線を“Mongoloid dental complex”の一要素に挙げているHanihara説の妥当性を示していた。しかし, マラウイ人の第2大臼歯における出現頻度 (6.1%) は, 明らかに日本人 (0%) よりも高い値を示すことや, 第1大臼歯においても, マラウイ人の頻度がモンゴロイド集団の示す変異域の下位に入ることなどを考え合わせると, 屈曲隆線が人種差を正しく表現しうる形質であるか否かについては, さらにモンゴロイド, ネグロイド両集団間の詳しい比較検討が必要と考えられる。
  • 河野 晴一, 久保 博昭, 古河 宏一, 吉野 信次, 菅 孝, 高田 純
    臨床薬理
    1991年 22 巻 4 号 723-730
    発行日: 1991/12/31
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    The association between acetylation genetic polymorphism and drug-induced lupus erythematosus with use of isoniazid as the pharmacogenetic probe was studied. Acetylator phenotype of isoniazid (INH) was studied in 129 unrelated pulmonary tuberculosis patients. Urine samples were collected over 8hr. INH and acetylisoniazid (AcINH) in urine were assayed by HPLC. From a frequency histogram and probit plot, the results of the log10 of the metabolic ratios (molar acetylation ratio) indicated the existence of two modes. The frequency of slow acetylators was 10%. And the antinuclear antibody was determined by indirect immunofluorescence. Thirty-five of 129 patients (27%) had development of antinuclear antibodies (homogenous). Two cases out of the 35 (8.6%) were slow acetylators. The relationship between phenotype distribution and possible pathoetiologic factor is discussed.
  • 原田 勝二
    日本醸造協会誌
    2001年 96 巻 4 号 210-220
    発行日: 2001/04/15
    公開日: 2011/09/20
    ジャーナル フリー
    著者は飲酒様態と遺伝子型の違いについて永年にわたって研究され, アルコール飲料に対して強いか弱いかは遺伝的要素が大きく, 人種, 民族による差異も関連する遺伝子型から説明づけられることを明らかにしてこられた。また, 関連する遺伝子型の解析により, われわれの遠い祖先のルーツを探ることもできるという。さらに, 現代の都市型高度情報化社会における個人の行動パターンも遺伝的多型の面から解析する必要があり, これらの研究成果はアルコール依存症などに対する予防医学の確立にもつながると説かれる。
  • 香川 靖雄
    オレオサイエンス
    2011年 11 巻 10 号 381-389
    発行日: 2011年
    公開日: 2013/07/18
    ジャーナル フリー
    脂質代謝の人種差の主な原因は一塩基多型 (SNP) の頻度差による。食生活のグローバル化に伴ってモンゴロイドに肥満や2型糖尿病が激増した一因がSNP頻度差である。脂質代謝には主要な脂肪酸が糖質に変換できないという制約があるので脂質エネルギー比率が重要な食事因子となる。さらにn-3系とn-6系の脂肪酸はそれぞれ独立にαリノレン酸とリノール酸からのみ形成されるという制約があるのでn-3/n-6比率が次の重要な食事因子となる。SNPの連鎖不平衡にもとつく全ゲノム関連解析 (GWAS) を用いたHapMap計画によって, ネグロイド, モンゴロイド, コーカソイドの問で異なる人種差の祖先識別マーカーが明らかになった。脂質エネルギー比率の増加は飢餓耐性遺伝子 (βAR, UCP, PPAR等) 多型頻度の多いモンゴロイドで脂質代謝異常/糖尿病を誘発した。n-3/n-6比率の低下は脂肪酸不飽和化酵素遺伝子 (FADS) や脂質由来生理活性物質 (PG, LT, TX, レゾルビン, プロテクチン等) の形成酵素遺伝子の多型を通して循環器疾患等の人種差の原因となっている。
  • 原田 勝二, 三沢 章吾
    杏林医学会雑誌
    1976年 7 巻 1 号 21-24
    発行日: 1976/03/30
    公開日: 2017/02/13
    ジャーナル フリー
    本邦においても赤血球中に含まれるGlyoxalase I (E.C. : 4.4.1.5)の遺伝的変異が法医学上の親子鑑別に応用可能かを調べることを目的に, 東京在住の健康な献血者572名の血液試料につき澱粉ゲル電気泳動法にて検査した。3種類の表現型, GLO 1 (0.87%), GLO 2-1 (15.91%), GLO 2 (83.22%)が検出され, 遺伝子頻度はGLO^1=0.0883, GLO^2=0.9117となつた。父権否定の確率は0.074となり, 応用性の高い値と言える。なお, 本研究においては短時間で検査可能な新しい電気泳動の条件を考案し良好な結果が得られた。
  • 青柳 まちこ
    学術の動向
    1996年 1 巻 4 号 49-50
    発行日: 1996/07/01
    公開日: 2009/12/21
    ジャーナル フリー
  • 浅川 俊夫
    学術の動向
    2014年 19 巻 7 号 7_65-7_67
    発行日: 2014/07/01
    公開日: 2014/11/07
    ジャーナル フリー
  • 安納 住子, 阿部 貴志, 山本 卓志
    日本生理人類学会誌
    2008年 13 巻 1 号 1-7
    発行日: 2008/02/25
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー
    This study aims to identify Single Nucleotide Polymorphisms (SNP) alleles at multiple loci associated with racial differences in skin color using SNP genotyping. A total of 122 Caucasians living in Toledo, Ohio and 100 Japanese were genotyped for the 20 SNPs in the 7 candidate genes. Data obtained from the SNP genotyping were used to analyze associations of the 20 SNP alleles by use of linkage disequilibrium (LD). Combinations of SNP alleles under LD were jointly tested for association with the racial groups by performing a χ^2 test for independence. Results show that the SNP alleles at the multiple loci considered as the haplotype contribute to the differences while suggesting a high probability of LD. Confirmation of these findings requires further study with other ethnic groups to analyze the associations between SNP alleles at multiple loci and racial skin color variation.
feedback
Top