詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "ノズル"
51,826件中 1-20の結果を表示しています
  • 久留須 誠, 中島 洋三, 川下 智幸
    日本機械学会九州支部講演論文集
    2001年 2001.54 巻 711
    発行日: 2001/03/05
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
  • 第2報 円筒に付いたノズルの応力解析
    宇梶 秀夫, 林 勉
    圧力技術
    1973年 11 巻 6 号 306-315
    発行日: 1973/11/25
    公開日: 2010/08/05
    ジャーナル フリー
  • 西田 修身, W. M. Faizal MAHMOOD, 麻野 純哉, 藤田 浩嗣, 原野 亘, 松井 孝一
    マリンエンジニアリング
    2002年 37 巻 10 号 763-769
    発行日: 2002/10/01
    公開日: 2010/05/31
    ジャーナル フリー
    工業用ボイラーには種々の
    ノズル
    が用いられている.炭化水素燃料使用による環境への配慮は, 定格出力に対する燃焼量が少ないほど二酸化炭素の削減につながる.
    ノズル
    の使用にあたっては, 出力を1次圧力の変化無しに制御できる比例制御
    ノズル
    1本の場合や油圧制御
    ノズル
    を2, 3本装着し, 油圧により流量を制御する場合等がある.比例制御
    ノズル
    は主配管とバイパスとなる管を持ち, バイパスラインを通る流量をバルブにより線形に制御する事が出来る.油圧制御
    ノズル
    は1次圧力を調整する事によって, 流量を制御している.1本
    ノズル
    の比例制御及び2本
    ノズル
    の油圧 (段位) 制御の燃焼実験による排気ガス測定結果によると, 比例制御によって排出される窒素酸化物の値は, 油圧 (段位) 制御のものに比べて約20%低い値になっている.その原因は噴霧の重なりによるものなのか, 噴霧特性の差異によるものなのかは, 把握されていない.本研究には出力を等しいと仮定できる比例・油圧制御
    ノズル
    単体の噴霧粒子をPDPAを用い, 噴霧粒子の速度, 粒子径並びに数密度を測定し, 噴霧特性の観点から問題解明を目標とした.さらに, 実験に使用した比例制御
    ノズル
    の構造の違いによる差異の測定も行った.構造上の違いはバイパスラインへの戻り口 (穴) の径及び数の違いである.実験結果により, 比例制御
    ノズル
    の戻り穴の形状は噴霧特性に顕著な影響を及ぼしてはいない.油圧制御
    ノズル
    による流量変化には粒子径変化が伴うが, 比例制御
    ノズル
    での流量変化に対する粒子径の変化は確認できなかった.
  • (2)1/3スケール試験の流動解析
    *石田 直行, 井上 久道, 大塚 雅哉
    日本原子力学会 年会・大会予稿集
    2010年 2010s 巻 E09
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/04/13
    会議録・要旨集 フリー
    1/3スケール水試験装置で実施したジェットポンプ試験の三次元流動解析を汎用コードSTAR-CDを用いて行った。現行の5孔
    ノズル
    のほかに当社で開発した6孔
    ノズル
    、リング
    ノズル
    でも解析は試験とよい一致を示した。
  • 香川 俊樹, 戸川 忠雄, 大崎 紘一, 梶原 康博
    日本経営工学会誌
    1995年 45 巻 6 号 599-
    発行日: 1995/02/15
    公開日: 2018/12/17
    ジャーナル フリー
  • 香川 俊樹, 戸川 忠雄, 山田 嘉昭, 大崎 紘一
    日本経営工学会誌
    1994年 44 巻 6 号 549-
    発行日: 1994/02/15
    公開日: 2018/12/17
    ジャーナル フリー
  • (4)CFDを用いた自由表面波形成メカニズムに関する研究
    *岡 剛司, 帆足 英二, 鈴木-吉橋 幸子, 難波 大志, 金村 卓治, 近藤 浩夫, 古川 智弘, 山岡 信夫, 堀池 寛
    日本原子力学会 年会・大会予稿集
    2012年 2012f 巻 L51
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/06/24
    会議録・要旨集 認証あり
    核融合炉材料の研究のためにIFMIF開発が進められており、重陽子ビームのターゲットとして液体金属リチウム流が計画されており、リチウムの自由表 面波動特性の解明は重要である。そこで、大阪大学液体金属リチウム循環ループにおいて、
    ノズル
    内流動、自由表面流について汎用CFDコードである FLUENTを用いたシミュレーションを実施している。本発表では、LESを用い、
    ノズル
    内境界層流れが自由表面波形成に与える影響評価について報告す る。
    ノズル
    内の凹面壁で形成されたゲルトラー渦は、そのまま
    ノズル
    出口までその構造を維持し、
    ノズル
    から自由表面流部に吐出していることが分かっている。 また、気液せん断に起因する流れ幅方向に軸を持つ横渦が発生しており、
    ノズル
    から吐出した縦渦と横渦による自由表面下における3次元的な流動が、高流速条 件で発生するランダムな3次元波の種となっている可能性が示唆されているので、報告する。
  • (第2報)可動式ノズル吹出口の大空間への適用に関する研究
    加治屋 亮一, 久保 隆太郎, 酒井 孝司, 坂上 恭助, 植田 俊克
    日本建築学会環境系論文集
    2009年 74 巻 641 号 789-795
    発行日: 2009/07/30
    公開日: 2010/01/18
    ジャーナル フリー
    When planning the thermal environment for an indoor area, it is critical to avoid uneven air flow distributions in the occupied zone and to ensure the conditioned air is uniformly circulated in the room. It is also essential to avoid generating cold drafts that may cause occupants to experience unpleasant chilliness. For these reasons, when air conditioning a large space it is common practice to employ a horizontal supply diffusing device that supplies air parallel to the ceiling from upper sections of the walls. In most horizontal supply diffusing devices, nozzle outlets with air long throw are commonly used. It is important to determine an appropriate supply velocity and an appropriate temperature difference between the nozzle temperature and the occupied zone temperature in order to appropriately control the thermal environment of rooms.
    We have proposed a movable nozzle-type supply air outlets method in which the supply direction varies periodically as a means of controlling the terminal velocity in the occupied zone by increasing the diffusion area of the air flow without reducing the throw. A previous report compared the conventional outlet design guideline and the movable nozzle-type supply air outlets method by assuming the outlet is installed on the ceiling. It is confirmed that it is possible to constitute a comfortable occupied zone by adopting the movable nozzle-type supply air outlets to a large room by calculating the air diffusion performance index (ADPI). In the present report, the characteristics of the movable nozzle-type supply air outlets method are analyzed by assuming that the nozzle outlet is on the wall and by using an unsteady simulation based on a CFD simulation. The ADPI is used in the thermal environmental evaluation of the occupied zone in a similar manner as the previous report. However, in this present report, the effect of drafts in the occupied zone is additionally evaluated using the draft rating (DR) that calculates the effect of drafts in the occupied zone based on the air flow velocity and the occupied zone temperature.
  • (4)蒸気ドームモジュールによる主蒸気流動評価
    清水 武司, *中田 耕太郎, 内田 憲, 久島 和夫, 山本 哲三
    日本原子力学会 年会・大会予稿集
    2006年 2006s 巻 O04
    発行日: 2006年
    公開日: 2006/04/06
    会議録・要旨集 フリー
    現在開発を進めている原子炉統合解析システムの一構成要素であるセパレータ出口_から_ドライヤ_から_主蒸気
    ノズル
    部を含む3次元熱流動解析モジュールにより100万kWe級ABWRプラントに採用された主蒸気
    ノズル
    2本構成と4本
    ノズル
    の既設ABWR(135万kWe)での主蒸気流動特性の解析評価を行い、影響について検討した。
  • *乙部 由美子, 樫村 秀男, 瀬戸口 俊明
    理論応用力学講演会 講演論文集
    2009年 58 巻 2B03
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/10/22
    会議録・要旨集 フリー
    超音速噴流における数値解析では、噴流構造の解析において、計算結果を
    ノズル
    の直径で無次元化して解析を行うことが多い。近年、マイクロ
    ノズル
    が産業界で活用されていることから、いわゆる噴流の相似性が
    ノズル
    直径の実長のどの範囲まで成立するのか、成立しないとすれば、その原因は何なのかを検証するために、数値解析を行った。不足膨張噴流において先細
    ノズル
    を用い、
    ノズル
    出口の直径を12mmから、徐々に小さくしていき、近距離場における噴流構造をマッハディスクの位置や直径、
    ノズル
    出口付近の境界層や音速線などに着目して解析した。
  • 中尾 雄一, 横溝 利男
    日本機械学会論文集 B編
    1997年 63 巻 615 号 3588-3594
    発行日: 1997/11/25
    公開日: 2008/03/28
    ジャーナル フリー
    We present the characteristics of the critical pressure and discharge coefficient on the twod-imensional sonic nozzles at a low Reynolds number. The geometric shape of the nozzle is based on the ISO 9300 sonic-Venturi nozzle. The two-dimensional sonic nozzles of five different width were used in order to get low Reynolds numbers. The static pressure distribution along the wall of the nozzle and the behavior of the shock wave in the nozzle are shown. The discharge coefficients were obtained by the two critical sonic nozzles method to prove the mechanism of the reduction of the critical pressure ratio at a low Reynolds number. When the throat width was 2.5mm, the boundary layer near the throat was separated and, consequently, the recovery of pressure by the diffuser was not sufficient. The recovery of pressure was not improved with increasing the upstream pressure. The discharge coefficient of the 2.5-mm-wide nozzle was substantially decreased by the separation of the boundary layer, and the 20-mm-wide nozzle also decreased due to the formation of the corner vortex at the entrance of the two-dimensional nozzle. The discharge coefficient on the sonic nozzle is governed by two parameter ; α and β. At the three-dimensional sonic nozzle, a depends on the velocity profile at the throat and β is affected by the thickness of the boundary layer. On the contrary, at the two-dimensional sonic nozzle, the value of a changes markedly with changing throat width, but the value of β is constant since β is not affected by the throat width.
  • 松尾 昌樹, 内野 敏剛, 飯本 光雄
    農業機械学会誌
    1987年 49 巻 5 号 459-466
    発行日: 1987年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    外部環状電極を用いた2流体
    ノズル
    を供試し, 付着パターン, 展着粒径, コレクタ電流, 電源電流,
    ノズル
    電流を測定して仮比電荷を求め, 印加電圧等が仮比電荷に及ぼす影響を検討した。
    仮比電荷は印加電圧が -5~-8kVまでは, 電圧ゐ増加に伴い急増したが, その後, 漸減した。また, 霧化空気圧の増加に従い直線的に増加した。液流量を減ずると仮比電荷は増加するので, 効率的な静電散布のためには液流量は少ない方が望ましいと思われる。
    仮比電荷と付着密度の間には高い相関があり, 仮比電荷により付着量の大小を推定することは可能と思われる。
    本供試装置での最大仮比電荷は3.2mC/kgで, このときの霧化空気圧, 液流量,
    ノズル
    ・電極間距離, 印加電圧はそれぞれ392kPa, 130ml/min, 16mm, -7.8kVであった。
  • *松野 伸介, 内田 博幸, 伊藤 俊行, 遠藤 芳浩, 福井 寿樹
    日本原子力学会 年会・大会予稿集
    2009年 2009s 巻 J52
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/04/15
    会議録・要旨集 フリー
    ガラス溶融炉の流下
    ノズル
    から流出する溶融ガラスの挙動について,自由界面法を用いた数値解析を実施した.慣性力,重力,粘性力および表面張力の作用により,溶融ガラスにはteapot効果が現れ,
    ノズル
    エッジよりも外側に偏って流出する.粘性が高くなると流下速度が小さくなり,相対的に表面張力の効果が大きくなるため,
    ノズル
    下端面に沿って流れる傾向が顕著になる.
  • *伊藤 和宏, 熊丸 博滋, 久木田 豊
    日本原子力学会 年会・大会予稿集
    2003年 2003f 巻 F48
    発行日: 2003年
    公開日: 2003/12/17
    会議録・要旨集 フリー
    噴流自由界面と縮流
    ノズル
    内境界層との関連性を実験的に評価した。
    ノズル
    内壁面境界層の速度分布をレーザー流速計により測定し,自由界面性状を写真観察した結果,自由界面の平滑領域が消失し,
    ノズル
    出口直下流から波が生ずる流速条件は,再層流化により出口境界層が層流となる条件より,やや高流速側となることが明らかとなった。
  • 第3報, 2Dノズル内の圧力変動
    大黒 正敏, 古舘 仁, 稲村 隆夫
    日本機械学会論文集 B編
    2005年 71 巻 703 号 811-816
    発行日: 2005/03/25
    公開日: 2011/03/03
    ジャーナル フリー
    The objective of this study is to promote disintegration of liquid jet by cavitation inside the nozzle. In this report, the effects of the pressure variartion inside 2-dimensional (2D) nozzle on behavior of liquid flow and the breakup of issuing liquid are investigated. When the nozzle length/ nozzle width ratio L/W value is large, the pressure inside nozzle decreases at the nozzle inlet, and increases before the middle section is reached, and any disturbance in the liquid flow inside the nozzle decreases in the vicinity of the outlet. When L/W value is small, the injection pressure increases, the pressure that decreased at the nozzle sharp corner part maintains negative pressure until the vicinity of the nozzle outlet. This trend prevents any disturbance due to the generation and disappearance of cavitation from attenuating.
  • 川村 洋介, 藤沢 拓弥, 中川 勝文
    日本伝熱学会論文集
    2019年 27 巻 4 号 77-85
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/23
    ジャーナル フリー
    To improve the performance of the two-phase flow nozzle is very important for the development of the ejector refrigeration system. The velocity of refrigerant in the small nozzle has not yet been measured at near the critical point of the CO2. The purpose of this study is to visualize the CO2 refrigerant flowing in a convergent-divergent nozzle with short divergent length using the shadowgraph method, and to verify whether the droplet velocity can be calculated from the captured video. In this study, three types of convergent-divergent nozzles with the same cross-sectional area at the inlet, throat and outlet and different divergent lengths and angles were tested. The measurements of the flow rate and the droplet velocity of CO2 refrigerant in the nozzle were carried out at the subcooled liquid or supercritical inlet conditions. For the case of the nozzle inlet temperature of 20 ℃, the results of flow rate measurement showed that the measured flow rate increased by about 5% for all inlet pressure compared with the theoretical flow rate, unlike the other inlet temperature conditions. It is mainly because the influence of boiling delay according to thermodynamic non-equilibrium phenomena is larger than the other inlet temperature cases. Also, the results of the droplet velocity measurement elucidated that the droplets in the nozzle were scarcely accelerated in the path from the throat to the outlet. The CO2 refrigerant flow in the nozzle is expected to be at the homogeneous equilibrium condition because the decompression boiling can start easily near at the critical point. However, the experimental results at the inlet temperature of 20 ℃ showed that the refrigerant flow in small nozzle deviated from the homogeneous equilibrium flow because the measured droplet velocity was not accelerated more than the theoretical equilibrium velocity of homogeneous equilibrium flow model.
  • LPガス用異径ベンチュリによる機関性能の比較
    増田 正三, 竹内 龍三
    農業機械学会誌
    1964年 26 巻 1 号 14-18
    発行日: 1964/06/30
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    In this report, the engine performance were compared by five different diameter of carburetter venturi which are used both for LP Gas fuel and gasoline fuel. Following results were obtained.
    (1) At the maximum output, the performance of 20mm diameter venturi was higher than the others on gasoline and LP Gas fuel. Generally, small diameter venturi were not good. The LP Gas fuel and large diameter of venturi were good in the limit of maximum output, and effective range was 6-10PS.
    (2) According to the three dimentional curve (solid curve) among output, fuel consumption and venturi diameter, there was no correlation between gasoline and LP Gas fuel, but 22mm and 24mm dia. venturis were good.
    (3) On the costs of fuel consumption, 20mm dia. venturi was the cheapest, and large diameter ones were suitable for both fuel. The cost of gasoline was higher than LP Gas fuel by 10yen/PS-hr at the minimum cost of fuel consumption.
    (4) On the relation between supreme adequate outputs and costs of fuel consumption on solid curve, the performance was good when the curve has no snake type properties. Therefore the large diameters were surpassing.
    (5) On the mixture ratio of fuel and excess air ratio, gasoline was better than LP Gas fuel. Generally, the mixture ratio was high at low output in the case of gasoline and at high output in the case of LP Gas. On all output condition, we wished that gasoline might be used by half load, but LP Gas might be enlarged the all range.
    As the result of this report, we found 22mm of venturi diameter was best through every experiments, and LP Gas venturi throat had to be 10% smaller than the air inlet pipe of gasoline engine.
  • 能勢 士郎, 山田 雅人, 小倉 猛利
    圧力技術
    1998年 36 巻 2 号 103-110
    発行日: 1998/03/25
    公開日: 2010/08/05
    ジャーナル フリー
    High pressure storage vessels or accumulators are widely used in various industries. Focusing on concentrically wrapped layered shell construction for high pressure application, this report covers some tips which will help engineers understand general ideas regarding such containers when they need to design or install such a unit which is usually most important item among the system because of its high pressure nature.
    Included in this report are features of layered shell construction, fields of actual application, codes and standards, material of construction, design calculation, inspection and testing, etc.
  • 石橋 雅裕, 高本 正樹, 中尾 雄一, 横溝 利男
    計測自動制御学会論文集
    1998年 34 巻 7 号 698-706
    発行日: 1998/07/31
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    Two of several critical nozzles were connected in series to calibrate the downstream one at low pressure against the upstream one kept at the atmospheric pressure. The measured discharge coefficients of Venturi nozzles machined by super-accurate lathes distributed along a fitted curve, which had been measured with homologous nozzles using a constant volume tank system at the atmospheric pressure, with deviations of less than ±0.04%. The discharge coefficient of quadrant nozzles had a smaller Reynolds number dependence than those of Venturi nozzles. Stability of the critical flow of the downstream nozzles was measured with varying their downstream pressure in the same configuration. Flow rates of all the nozzles with the throat diameters of 0.5-13.4mmφ with the Reynolds number of 1.7×103-8.6×104 did not vary more than ±0.02% when they are in the critical condition. Their critical pressure ratios decreased suddenly from certain values near the theoretical ones to 0.5 when the Reynolds numbers are decreased, but they remained at around 0.5 with the Reynolds number down to 1.7×103. Detachable diffusers for short nozzles were shown to be effective to make their characteristics similar to those with integrated diffusers in spite of a small step at the contact plane. A new method to test a flowmeter at various volume flowrates by using only one critical nozzle is shown to be possible by controlling the pressure at the upstream of the nozzle.
  • 長廣 仁藏, 樋口 健, 大濱 靖程
    農業機械学会誌
    1992年 54 巻 Supplement 号 407-408
    発行日: 1992/04/01
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top