詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "ハダニ"
2,213件中 1-20の結果を表示しています
  • 小澤 朗人
    茶業研究報告
    1994年 1994 巻 79 号 1-14
    発行日: 1994/08/15
    公開日: 2009/07/31
    ジャーナル フリー
    1991年に静岡県中遠・小笠地区の茶園から採集したカンザワ
    ハダニ
    7~16個体群の雌成虫または2~12個体群の卵についてプロフェノボス,ピラクロホス,プロチオホス,BPPS,ポリナクチン複合体・BPMC,ケルセン,ミルベメクチン,フェンピロキシメート,フェンピロキシメート+MEP,ピリダベン,ピリダベン+PAP,ヘキシチアゾクス・DDVP及びテトラジホンの計13薬剤に対する薬剤感受性検定を行い,各薬剤に対する感受性の実態を調べた。
    1.プロフェノホス,ピラクロホス及びプロチオホスの3種有機リン剤については,プロフェノホスではほとんどの個体群が実用濃度で死虫率90%以上を示し,殺ダニ活性は比較的安定していた。しかし,他の2剤では50%以上の個体群に感受性の低下が認められた。
    2.BPPS,ポリナクチン複合体・BPMC及びケルセンについては,約30%の個体群に感受性の低下が認められた。
    3.新規殺ダニ剤であるミルベメクチン,フェンピロキシメート及びピリダベンにっいては,ミルベメクチンは殺卵活性も高く,すべての個体群に対して極めて高い殺ダニ活性を示した。しかし,他の2剤では,散布実績がほとんどないにもかかわらず,大部分の個体群に感受性の低下が認められた。
    4.ヘキシチアゾクス・DDVP,テトラジホンについては,約50%の個体群に感受性の低下が認められた。
    5.フェンピロキシメートまたはピリダベンに有機リン剤を混用すると協力作用が認められ,殺ダニ活性は増強された。
    6.北部山間地の個体群は南部平坦地の個体群に比べて概して薬剤感受性は高かった。
    7.同一地域内の近接した圃場の個体群間においても,薬剤感受性に差がみられた。
    8.雌成虫の死虫率における薬剤間の相関関係から,ピラクロホスとプロチオホス,フェンピロキシメートとピリダベンにおいて交差抵抗性の可能性が示唆された。
  • 小澤 朗人, 大石 剛裕, 古木 孝典, 石上 茂, 吉田 礼子, 高藤 晃雄
    茶業研究報告
    2006年 2006 巻 102 号 31-40
    発行日: 2006/12/31
    公開日: 2009/07/31
    ジャーナル フリー
  • 小俣 良介
    茶業研究報告
    2006年 2006 巻 101 号 17-24
    発行日: 2006/06/30
    公開日: 2009/07/31
    ジャーナル フリー
    春整枝後の刈り落とされた枝葉から茶株へのカンザワ
    ハダニ
    (Tetranychus kanzawai Kishida)の移動実態を明らかにするため,春整枝4日前,春整枝3日後,10日後に,
    ハダニ
    密度をすそ部と摘採面にわけて調査した。
    発育ステージは,すそ部および摘採面とも雌成虫と卵で占められ,幼若虫はごく少なかった。摘採面において,春整枝前の雌成虫数に対する整枝10日後の雌成虫数の比率(以下,成虫増加比率)は1.6であり,雌成虫数は整枝3日後からはほとんど増加しなかった。一方,すそ部における雌成虫数は,整枝3日後から10日後にかけて急激に増加し,整枝10日後の成虫増加比率は5.8となり,すそ部における整枝10日後の雌成虫数は,摘採面におけるそれとほぼ同程度になったことから,雌成虫が地面に落ちた枝葉からすそ部に移動したと考えられた。また,茶園における春整枝前後の殺ダこ剤散布の効果がその後のカンザワ
    ハダニ
    の密度に及ぼす影響について調査した。春整枝前散布区(A区)と春整枝後散布区(B区),無散布区(C区)を設け,各区のすそ部および摘採面における
    ハダニ
    密度を調査した。薬剤散布後のB区では,摘採面における雌成虫数は低下したが,すそ部における整枝10日後および24日後の雌成虫数と卵数,摘採面おける整枝24日後および31日後の卵数と幼若虫数がA区に比べて有意に多くなり,B区の防除効率(雌成虫・幼若虫)は低下した。A区のすそ部における防除効率(雌成虫・幼若虫)は整枝10日後から,また,摘採面においては整枝24日後から80%以上と高く推移し,殺
    ダニ剤によるハダニ
    密度抑制効果が認められた。これらのことから,殺ダニ剤は春整枝前に散布する方が,春整枝後に散布するよりも効果的であると考えられた。
  • 藤本 博明, 平松 高明
    日本ダニ学会誌
    1995年 4 巻 2 号 103-111
    発行日: 1995/11/25
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    岡山県下のモモにおけるクワオオ
    ハダニとミカンハダニ
    の発生状況を1992年から1994年にかけて調べた。また併せて,各地から得られた両種それぞれの個体群について主要殺ダニ剤に対する感受性を調べた。
    1. 両種ともに岡山県下のモモに広く分布し,両種の地理的分布の重なりが岡山県中南部を中心とした比較的広い範囲に及んでいることが明らかとなった。
    2. 両種混在地域内においては,クワオオ
    ハダニの休眠卵量はミカンハダニ
    の多発が認められた園で少ない傾向を示した。
    3. クワオオ
    ハダニ
    はいずれの個体群も供試した5薬剤(dicofol, hexythiazox , fenbutatin-oxide, fenpropathrin, pyridaben)に対して高い薬剤感受性を示したが,ミカン
    ハダニ
    は幾つかの個体群がhexythiazox, fenbutatin-oxideに対して顕著な感受性低下を示した。
  • 河合 章
    茶業研究報告
    2000年 2000 巻 88 号 67-77
    発行日: 2000/03/31
    公開日: 2009/07/31
    ジャーナル フリー
    1.野菜・茶業試験場内の圃場に植栽された39品種・系統を用いて,カンザワ
    ハダニ
    の寄生におけるチャの品種間差を3年間調べた。
    2.最大密度の発生日は品種・系統により異なるため,1回の調査では寄生における品種・系統間差を正しく示せない。しかし,各品種・系統での最大密度の比較により寄生における品種・系統間差を示すことができる。
    3.年次間の各品種・系統の最大密度の間には高い正の相関が見られ,圃場での寄生における品種・系統間差は安定している。
    4.カンザワ
    ハダニ
    の寄生における品種・系統間差は大きい。寄生指数は'やぶきた'で最も高く,'やぶきた'の自然交雑実生品種も高い。日本在来種の寄生指数は高く,中国導入種,アッサム系の品種・系統は寄生指数が低い。
    5.飼育試験での,成虫生存率と寄生指数との間には一定の傾向は認められないが,産卵数と寄生指数との間には高い正の相関が認められ,産卵数の違いが寄生における品種・系統間差に大きく影響しているものと考えられる。
  • 水谷 章, 広瀬 茂樹, 今崎 秀之, 大羽 克明, 石黒 丈雄, 林 幸之
    Journal of Pesticide Science
    1992年 17 巻 1 号 87-89
    発行日: 1992/02/20
    公開日: 2010/08/05
    ジャーナル フリー
    新規殺ダニ剤, ビス (2-メチル-2-フェニルプロピル)-トリメチルシリルメチルスタニルクロライド (SSI-121), はナミ
    ハダニ
    , ニセナミ
    ハダニ
    , カンザワ
    ハダニおよびミカンハダニ
    に対して接触毒として有効に作用した. サイヘキサチン抵抗性のカンザワ
    ハダニ
    , ならびにヘキシチアゾクスおよびフェンブタチンオキサイドの両者に抵抗性のミカン
    ハダニ
    は, 本化合物に対して交差抵抗性を示したが, その程度は低かった.
  • 豊島 真吾, 萬屋 宏, 石島 力, 佐藤 安志
    茶業研究報告
    2011年 2011 巻 111 号 111_83-111_89
    発行日: 2011/06/30
    公開日: 2015/10/30
    ジャーナル フリー
  • 岸本 英成, 足立 礎
    日本ダニ学会誌
    2006年 15 巻 1 号 47-54
    発行日: 2006年
    公開日: 2006/06/01
    ジャーナル フリー
    ナシを加害する
    ハダニ
    種ごとの密度変動に及ぼす捕食性昆虫類の影響の違いを評価するために,同じナシ園内にオウトウ
    ハダニ
    ,ナミ
    ハダニ
    ,ミカン
    ハダニ
    を接種した区を設定し,各種
    ハダニ
    及び捕食性昆虫類の密度変動を比較した.オウトウ
    ハダニ接種区およびナミハダニ
    接種区では,接種後ただちに
    ハダニアザミウマやハダニ
    バエの発生がみられ,
    ハダニ
    密度は上昇しなかった.これに対し,ミカン
    ハダニ
    接種区では天敵類の発生が遅れ,
    ハダニ
    密度はきわめて高いピークに達した後に,ケシハネカクシ類やキアシクロヒメテントウの発生により急激に低下した.一方,各種
    ハダニ
    を接種した後,網掛けによって天敵類を排除した区では,いずれの
    ハダニ
    種でも密度が上昇した.以上から,オウトウ
    ハダニ
    ,ナミ
    ハダニ
    は低密度時でも天敵類の捕食を受けやすいのに対し,ミカン
    ハダニ
    は天敵類による密度抑制を受けにくく高密度に達しやすいことが示唆された.
  • 後藤 哲雄, 高藤 晃雄, 五味 康
    日本ダニ学会誌
    1996年 5 巻 2 号 89-94
    発行日: 1996/11/25
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    沖縄県の
    ハダニ
    相に関する知見は乏しい。筆者らは,ナンゴク
    ハダニ
    が琉球列島から新種記載された機会に,この種を含む
    ハダニ
    類の分布調査を1995年8月に沖縄本島で行った。13種の植物から6種の
    ハダニ
    を採集した。すなわち,ナミ
    ハダニ
    (黄緑型),ナンゴク
    ハダニ
    ,ミヤラ
    ハダニ
    ,ナミ
    ハダニ
    モドキ,カンザワ
    ハダニ
    ,そしてシュレイ
    ハダニ
    である。このうち,ナミ
    ハダニ
    はビニール温室のみから,ナンゴク
    ハダニ
    は自然生態系の植物のみから採集された。一方向不和合性の知られているカンザワ
    ハダニ
    は7個体群を得たが,いずれも本州のチャ個体群の雄と和合し,クズ個体群の雌と和合しないヤマブキ(kerria)系統であった。本研究ではさらに,ナミ
    ハダニ
    モドキが沖縄にも分布するが,本州の個体群との間には著しい生殖不和合性のあることを明らかにした。本研究は,沖縄のダニ相を検討する端緒になると期待される。
  • 大野 豪, 兒玉 博聖, 喜久村 智子
    日本ダニ学会誌
    2011年 20 巻 1 号 37-40
    発行日: 2011/05/25
    公開日: 2011/06/25
    ジャーナル フリー
    Although Tetranychus urticae (green form) has never been found on the westernmost territory of Japan (the Yaeyama region of Okinawa Prefecture), we first observed the occurrence of this species from June to July, 2010, in greenhouses of fabaceous crops (kidney bean and cowpea) on one island of this region (Ishigaki Island). In October of this year, however, this species was not found in and around the greenhouses, strongly suggesting natural disappearance of this species. T. urticae can temporarily increase in the Yaeyama region, but it cannot colonize the region permanently, possibly due to some unknown biotic or abiotic factors specific to the region.
  • 関根 崇行, 菅野 亘, 駒形 泰之
    北日本病害虫研究会報
    2019年 2019 巻 70 号 168-174
    発行日: 2019/12/16
    公開日: 2020/12/18
    ジャーナル フリー

    イチゴの重要害虫であるナミ

    ハダニ
    に対する土着天敵種の発生状況およびナミ
    ハダニ
    密度抑制効果を検討した.宮城県亘理郡内の2014年産イチゴ栽培施設10カ所における調査(12月~3月)では,半数以上の施設で
    ハダニ
    捕食性タマバエの発生が確認された.同郡内にある先端プロ実証施設の2014~2018年産イチゴにおける調査では,年次によっては
    ハダニ
    捕食性タマバエの発生が確認できた.一方,所内における本圃での試験では,
    ハダニ
    捕食性タマバエの他,
    ハダニ
    アザミウマも確認された.
    ハダニ
    捕食性タマバエは厳寒期に多く認められ,
    ハダニ
    アザミウマは秋期と春期に多く認められる傾向にあった.両種ともナミ
    ハダニ
    の密度低下に寄与するものと考えられたが,特に
    ハダニアザミウマのナミハダニ
    抑制効果は高いものと考えられた.

  • 佐藤 力郎
    北日本病害虫研究会報
    2010年 2010 巻 61 号 239-242
    発行日: 2010/12/28
    公開日: 2017/12/15
    ジャーナル フリー

    福島市内のリンゴ,モモ,ナシについて,

    ハダニ
    類やカブリダニ類の発生状況を調査した.
    ハダニ
    類の優占種は,リンゴではリンゴ
    ハダニ
    ,モモではクワオオ
    ハダニ
    ,ナシではリンゴ
    ハダニとクワオオハダニ
    であり,1995 年~2000 年頃の優占種ナミ
    ハダニ
    と入れ替わっていた.カブリダニ類の優占種もケナガカブリダニからフツウカブリダニとミヤコカブリダニに入れ替わっていた.

  • 高藤 晃雄, 森下 正彦
    日本ダニ学会誌
    2003年 12 巻 1 号 1-10
    発行日: 2003年
    公開日: 2005/08/15
    ジャーナル フリー
    Tetranychus urticae long a cosmopolitan, and T. kanzawai originally limited to the Far East now occurs widely on a variety of horticultural crops in Japan. The latter also depends on wild host plants and there are frequent exchanges of individuals between crops and wild hosts. The two species have many host plants in common and show similar ecological performance. However, the host adaptability of T. kanzawai often differs among mite strains, forming host races, but not in T. urticae. In warmer areas of Japan, the distribution of T. urticae in the field is limited and the mites maintain their populations only if adequate hosts are available in both summer and winter. The incidence of diapause of T. urticae shows a latitudinal cline and in warmer areas the mites have very weak diapause. By contrast, populations in warmer areas, such as Kagoshima and Taiwan, of T. kanzawai show a high incidence of diapause. We then speculated the origin of the two spider mite species.
  • クロロメタンスルホンアミドのハダニ類に対する活性 (第1報)
    小川 温樹, 嶋津 朋徳, 西村 立己
    Journal of Pesticide Science
    1987年 12 巻 4 号 665-672
    発行日: 1987/11/20
    公開日: 2010/08/05
    ジャーナル フリー
    クロロメタンスルホンアミドはミカン
    ハダニ
    , ニセナミ
    ハダニおよびナミハダニに対し殺ダニ
    活性を示した. ニセナミ
    ハダニ
    の卵を除く, 幼虫, 第一若虫, 第二若虫, 雌成虫に殺虫力を示し, LC50値はそれぞれ, 74.4, 148.6, 183.1, 286.6ppmであった. またミカン
    ハダニ
    , ニセナミ
    ハダニ
    , ナミ
    ハダニ
    に対し, 土壌灌注処理において, ジメトエートやダイスルフォトンよりすぐれた浸透殺
    ダニ
    力を示した. ミカン
    ハダニ
    に対する柑橘樹の樹冠下への土壌処理, 樹幹塗布, 葉面塗布処理において, 浸透殺ダニ作用を示した. これらの結果よりクロロメタンスルホンアミドはジメトエートやダイスルフォトンのような浸透殺虫剤より高い浸透殺ダニ力をもつと考えられた.
  • フェンカプトンならびにエストックス抵抗性カンザワハダニに対する各種殺虫,殺ダニ剤の効果
    刊部 勝
    茶業研究報告
    1969年 1969 巻 30 号 26-31
    発行日: 1969/01/31
    公開日: 2009/07/31
    ジャーナル フリー
    現在わが国の茶園にはケルセン感受性,フェンカプトン,ならびにエストックス抵抗性のカンザワ
    ハダニ
    が多い。本報はこの
    ハダニ
    に対する各種殺虫,殺ダニ剤の効果を,市販の薬剤35種類について検討したものである。
    室内実験の結果によると,供試薬剤のなかですぐれた効果を示した薬剤は,ケルセン,アカール,ミルベックス,ニューマイト,およびアクリシッドの5種類であった。なお,フェンカプトンやエストックスをはじめ,EPN,アッパ,キルバ-ル,そしてマラソンなどの有機リン剤はこの
    ハダニ
    にはあまり効果がなかった。
  • 江原 昭三, 後藤 哲雄
    日本ダニ学会誌
    1996年 5 巻 1 号 17-25
    発行日: 1996/05/25
    公開日: 2011/05/09
    ジャーナル フリー
    Panonychus osmanthi Ehara et Gotoh,sp.nov.(モクセイ
    ハダニ
    ,新称)とTetranychus pueraricola Ehara et Gotoh,sp. nov. (ナミ
    ハダニ
    モドキ,新称)を記載した。P. osmanthiは,ミカン
    ハダニ
    P. citri(McGregor)の同胞種であるが,雌の第3背側後体毛が第3背中後体毛よりも顕著に短く(ミカン
    ハダニ
    では,前者が後者よりやや短いか,または後者とほぼ同長),挿入器はミカン
    ハダニ
    よりも弱い角度で背方に曲がる。本種はモクセイに寄生し,模式産地は茨城県竜ヶ崎市(キンモクセイ)である。福岡県久留米市産の標本も検し得た。ナミ
    ハダニ
    T. urticae Kochの同胞種であるT. pueraricola(休眠性)は,夏型雌がナミ
    ハダニ
    の黄緑型と異なって赤色であるほか,挿入器の末端の拡張部の径がナミ
    ハダニ
    よりもやや短くて約2.1μmである(ナミ
    ハダニ
    ではこの径は2.5~2.6μm)。この種の模式産地は茨城県常陸太田市で,寄主はクズである。
  • 高梨 祐明, 豊島 真吾, 小野 浩司, 田村 博明, 太田 智彦, 金光 幹雄
    北日本病害虫研究会報
    2009年 2009 巻 60 号 274-276
    発行日: 2009年
    公開日: 2017/05/25
    ジャーナル オープンアクセス

    The influence of weeding using burners around trunks on the population density of the two-spotted spider mite Tetranychus urticae on the apple trees was investigated. On the trees whose undergrowths were burned, mite density remained around two adult females per leaf for fifty days after burning. On the contrary, that on trees without burning increased rapidly up to six adult females per leaf in the same period. Before burning, the persian speedwell Veronica persica and red dead nettle Lamium purpureum were predominant in both test and control areas, which were infested with a large number of T. urticae. It seemed that elimination of undergrowths favorable to two-spotted spider mite by burning suppressed population growth on the trees through restriction of the vertical movement of two-spotted spider mite.

  • 河合 章, 向井 俊博, 堀江 秀樹, 木幡 勝則
    茶業研究報告
    1999年 1999 巻 87 号 7-12
    発行日: 1999/05/31
    公開日: 2009/07/31
    ジャーナル フリー
    茶種子から調製したサポニンの鱗翅目害虫に対する殺虫効果及び
    ハダニ
    類に対する殺ダニ効果を室内試験で検討した。チャノコカクモンハマキ及びミノウスバに対する殺虫効果は認められなかった。
    ハダニ
    類に対しては密度抑制効果があり,産卵抑制と殺幼若虫効果がその主体と考えられた。しかし,顕著な効果が得られたのは高濃度(100倍)区のみであった。また,カンザワ
    ハダニに比べナミハダニ
    に対する効果が高かった。
  • *小澤 理香, 植田 浩一, 松田 一彦, 高林 純示
    日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集
    2009年 2009 巻
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/10/23
    会議録・要旨集 フリー
    植物には食害に対して特異的な揮発性物質(Herbivore Induced Plant Volatiles: HIPVs)を放出し、植食者の天敵を誘引することにより、間接的に防衛するものが知られている。我々はこれまでにリママメ葉を用いて、ナミ
    ハダニ
    による食害では、チョウ目幼虫による食害では見られないサリチル酸(SA)の蓄積やSA誘導性の防御遺伝子の発現が認められ、異なるブレンドのHIPVが放出されることを見出した。このナミ
    ハダニ
    被害植物におけるHIPVの特異性は、
    ハダニ
    由来の微生物が食害時に植物内に注入されることによるSA経路の活性化に起因すると考えられる。このことを検証するために、卵を殺菌し無菌環境で飼育した
    ハダニ
    (無菌
    ハダニ
    )を調整し、これによる食害リママメと、無菌化処理を行っていない
    ハダニ
    の被害リママメとの比較を行った。その結果、両被害株ではHIPVのパターンが異なり、予想に反して無菌
    ハダニ
    被害植物でSA量が多く、それに伴うSA誘導性遺伝子の発現量の促進も認められた。これらの結果から、
    ハダニ
    由来の微生物により食害される植物の応答が変化し、HIPVの違いを導いていると考えられた。さらにナミ
    ハダニ
    の捕食性天敵が、無菌
    ハダニ
    被害株のHIPVに対してより誘引される傾向が観察されることから、
    ハダニ
    由来の微生物が、食害された植物の天敵誘引という間接防衛を抑制している可能性が示唆された。
  • 高藤 晃雄, 後藤 哲雄
    日本ダニ学会誌
    1999年 8 巻 1 号 51-54
    発行日: 1999/05/25
    公開日: 2011/02/23
    ジャーナル フリー
    沖縄本島から採集した5種のTetranychus属
    ハダニ
    の休眠性を調べた.ナンゴク
    ハダニ
    の5個体群はすべて15℃ でもまったく休眠発現せず非休眠性であった.ミヤラ
    ハダニおよびナミハダニ
    モドキも同様にまったく休眠発現しなかった.カンザワ
    ハダニ
    では個体群によって休眠発現率に変異が大きかったが,いずれも本土の個体群に比べて休眠率が著しく低く,ほぼ非休眠性の個体群もみられた.ナミ
    ハダニ
    (黄緑型)は18℃ では休眠発現することはなかったが,15℃ ではわずかながら発現し,休眠遺伝子が維持されていた.
feedback
Top