詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "バブル景気"
634件中 1-20の結果を表示しています
  • 海崎 洋一郎
    日本ゴム協会誌
    1998年 71 巻 8 号 423
    発行日: 1998年
    公開日: 2007/07/09
    ジャーナル フリー
  • 塩崎 大輔, 橋本 雄一
    日本地理学会発表要旨集
    2014年 2014a 巻 201
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/10/01
    会議録・要旨集 フリー
    本研究は、開発許可制度に着目して地方都市における中規模開発の変化を時系列的に明らかにすることを目的とする。本研究では事例地域として札幌市を取り上げる。2,226件の開発行為を分析した結果、地方都市の都市開発は、景気の動向に大きく影響を受けて変化しており、特に景気減退期ではまず開発行為の規模が縮小し、その後、開発エリアが縮小するという傾向が明らかとなった。
  • 山本 孝則
    土地制度史学
    1994年 36 巻 2 号 19-35
    発行日: 1994/01/20
    公開日: 2017/12/30
    ジャーナル フリー
    After the Plaza agreement, Japanese economy first plunged into recession due to the high valued Yen, but shifted into the Heisei Bubble Boom and then to Heisei Depression which covers all areas in finance and industry. This depression is the most serious both in scale and in length of period in post World War II Japan. How should we understand the characteristic of Heisei Depression? Concerning this thesis, the Complex Recession Theory advocated by prof. Miyazaki has been widely received at present as the most persuasive explanation. The most important point in his view, is credit crunch from banking recession has extended recession from finance areas to the industrial areas, and the credit crunch itself occurred because of the collapse of bubble economy which was triggered by the financial liberalization. This paper first points out, based on the Marx's credit theory, the reasons why prof. Miyazaki. actually ended up describing the character of the Heisei Depression as financial recession, though his original intention was to define the character of Heisei Depression as complex recession, structure of reciprocal influence of financial recession and recession in real economy. Secondly, the paper proposes the basic definition of Heisei Depression as a process of reduction unprecidented in size, of both moneyed and real capital overaccumulated during the bubble economy period. Thirdly, this paper details the reasons why Japanese economy has no way out of the Heisei Depression as far as the postwar Japanese capital accumulation system remains the same. Finally, the paper concludes with a critical comment on the Complex Recession Theory, saying the theory only dealt with the Heisei Depression within the framework of recession. Instead, the paper offers its own theory, Heisei Depression which was triggered by the collapse of bubble economy (collapse in price of land and stocks) linked with the end of cold war, should lead to the fundamental change of postwar Japanese capitalism's reproductive structure, because it has been destroying the two main pillars of export-led high accumulation system of postwar Japanese ecoonmy, namely, land system built on both ownership and usage of very small sized land, and the system of corporative mutual holding of stocks.
  • 岩本 雅民, 岩本 宙造
    電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌)
    1999年 119 巻 6 号 725-730
    発行日: 1999/06/01
    公開日: 2008/07/15
    ジャーナル フリー
  • 服部 岩和
    日本ゴム協会誌
    2006年 79 巻 3 号 89
    発行日: 2006/03/15
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
  • 冨永 靖雄
    日本ゴム協会誌
    2006年 79 巻 1 号 2
    発行日: 2006/01/15
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
  • コンクリート工学編集委員会
    コンクリート工学
    2016年 54 巻 5 号 429
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/05/01
    ジャーナル 認証あり
  • 近藤 幸夫
    美学
    1997年 48 巻 3 号 42-
    発行日: 1997/12/31
    公開日: 2017/05/22
    ジャーナル フリー
  • 小尾 紀行
    ファルマシア
    2009年 45 巻 5 号 486-
    発行日: 2009/05/01
    公開日: 2018/08/26
    ジャーナル フリー
  • 山田 浩久
    日本地理学会発表要旨集
    2003年 2003f 巻
    発行日: 2003年
    公開日: 2004/04/01
    会議録・要旨集 フリー
     1980年代後半に発生したわが国のバブル景気は1990年代初頭に崩壊した。また,その後の景気低迷は2000年代に入っても継続し,現在に至っている。このような景気の急変動と長期的な不況は,わが国の産業構造や国民の消費行動に多大な影響を及ぼし,空間構造を大きく変容させる基本的背景となった。とくに,大都市域においては不況期といえども土地を未利用地のまま放置することはできず,バブル崩壊後の土地利用転換が新たな都市空間を創造して,都市域全体の機能変化に至っていると考えられる。なかでも,景気低迷による商業機能の低下と地価下落による住宅供給の増大は,いわゆる「都心回帰」の状況を生じさせているという指摘がなされている そこで,本研究では東京圏の中心都市として機能する東京特別区を対象にして,マンション立地の変容を明らかにすることによって,バブル崩壊後の都市機能変化に対する説明を試みる。マンションは,その立地特性から都市の居住機能と商業機能の空間的境界に立地することが多く,都市機能の変化を居住機能の側から捉えるのに適した研究対象であると考える。そのため,本研究では,区分所有法に基づく民間分譲集合住宅をマンションと定義し,賃貸,公営,給与といった立地特性の異なる他の集合住宅は研究対象としない。なお,マンションデータには,RITS総合研究所発行の『マンションデータマップ』を使用し,地価データには『地価公示』を使用した。 1993年から2002年までに東京特別区で販売されたマンションは5,756棟であり,総戸数は287,691戸に達する。また,東京圏全域に対する比率は,1993年には22.0%であったが,2002年には48.9%にまで上昇した。このようなマンション立地の「都心回帰」は1990年代において顕著に進行した。一方,東京特別区の常住人口は1995年から2000年にかけて16万人増加した(国勢調査)。これらのことから東京特別区における集中的なマンション立地は,人口の「都心回帰」をも引き起こしたかのように言われることがある。 しかしながら,16万人の人口増加は東京圏外からの転入増と特別区からの転出減によるものであり,東京市町村部および隣接3県からの転入に大きな変動はない。つまり,特別区内におけるマンション供給量の増加は,周辺地域から人口を吸引する要因にはならず,特別区内の人口を滞留させる主要因になったと考えるべきである。 『地価公示』のデータをGISに入力し,IDW(Inverse Distance Weighted)補間によって地価分布図を作成し,その上にマンション分布をオーバーレイしてみると,各年次ともに100万円/_m2_代の土地がマンション建設の一般的な上限となっており,200万円/_m2_を超えるとマンションの建設棟数は急激に低下することが分かる。一方,その下限はおよそ20万円/_m2_である。また,マンションの販売価格単価は,立地場所の地価に比例する傾向がある。しかし,100万円/_m2_を超える土地に立地するマンションの販売価格単価にはそのような対応関係はなく,販売価格単価が高めに設定されるいわゆる「高級」マンションの多くは,立地限界ぎりぎりの土地に立地するというよりはむしろ,都心隣接部の100万円/_m2_程度の土地に立地する。 マンション立地の「都心回帰」は,高次商業機能に特化した都心部および都心隣接部に対する住居機能の混入を意味し,入居者の需要を満たすために立地した新たな商業施設とともに都心および都心隣接部における都市機能の再編を促進する一要因になっている。 地価の下落が沈静化し,マンションの開発可能域の拡大を望めなくなった近年の状況を見ると,都心部に対するマンション開発が今後も継続していくとは考えにくい。一方,これまでのマンション開発に起因する都市機能の再編は,土地評価を局地的に高めて地価の上昇圧力になると考えられる。1990年代は地価が土地利用を変化させた時期であるとすれば,2000年代は土地利用が地価を変動させる時期であり,現在は地価と土地利用との相互規定的関係が逆転する転換期と位置付けられる。
  • 梶田  真
    日本地理学会発表要旨集
    2003年 2003f 巻
    発行日: 2003年
    公開日: 2004/04/01
    会議録・要旨集 フリー
    1.はじめに 報告者はこれまで戦後地方財政に関する定量分析を行ってきたが、平行して収集した地方財政統計の地図化作業を進めている。今回の発表では市町村の地方交付税に関連した主題図(人口あたりの基準財政需要額、経常収支比率(=財政の硬直性を示す代表的な指標)など)を作成し、戦後の空間パターン変化に関する報告者の解釈を示す(解釈の詳細については拙稿(2003)を参照。本発表の内容は基本的に同稿を補完するものである)。なお、利用可能な行政境界データの問題から、現在の市町村境界に合わせてデータの合算を行っている。主題図は1960年から5年刻みに2000年まで作成しているが、過去の資料の制約などからデータが存在しない年次や代替指標を用いているケースもある。2. 戦後市町村財政の空間パターンの戦後変動:地方交付税を中心に 昭和の大合併がほぼ沈静化した1960年の段階において、地方交付税の配分額(普通交付税分)の根拠となる基準財政需要額の人口あたりの額にはそれほど顕著な空間的特化は見られない。このような状況は1965年時でもあまり変わっていない。しかし、1960年代後半以降における一連の補正制度の新設・強化により、1970年の段階では現在の原形とでもいうべき空間パターンが形成され、国土縁辺部における特化が進む。また市町村面積が著しく大きい北海道の市町村では人口規模に関わらず特化がみられる。 実際の地方交付税(普通交付税分)の配分額は基準財政需要額から基準財政収入額を差し引いた額として計算されるがオイルショック後、大都市地域の市町村では不況による税収減に加え、地方交付税の不交付団体では地方交付税を通じた減収補填も受けられないため、これらの市町村を中心に財政危機に陥る(1975年)。しかし、この地方財政危機が人口あたりの基準財政需要額の空間パターンを大きく変えることはなかった(1980年、1985年)。そしてバブル景気により大都市地域の市町村の財政状況は劇的に改善される(1990年)。さらに、地方交付税原資に余剰が発生し、この余剰財源を地域活性化事業などの形で小人口自治体に手厚く配分したため(代表的な事業が「ふるさと創生1億円事業」)、国土縁辺部における人口あたりの基準財政需要額の特化は一層強化される。しかし、バブル景気の崩壊によりオイルショック後と同様に大都市圏の市町村は再び財政危機に陥る(1995年)。地方交付税の原資が不足するようになったことを背景に地域活性化事業などのための財源算定額が削減されたため、小人口市町村への傾斜配分は90年代初頭をピークに後退に転じる。さらに平成の大合併を引き起こす契機となった、1997年以後における小人口市町村をねらい撃ちにした地方交付税の削減策により国土縁辺部に集中する小人口市町村の財政状況は急速に悪化し(2000年)、これらの市町村の多くは合併の選択を余儀無くされることになる。【文献】梶田 真 2003(印刷中).地方交付税の配分構造からみた戦後地方行財政の特質:小人口自治体に焦点をあてて.地理学評論76.
  • 太田 節三
    紙パ技協誌
    2002年 56 巻 4 号 542
    発行日: 2002/04/01
    公開日: 2009/11/19
    ジャーナル フリー
  • 武居 文彦
    日本結晶成長学会誌
    2003年 30 巻 4 号 337-
    発行日: 2003/09/15
    公開日: 2017/05/31
    ジャーナル フリー
  • 重川 純子, 森田 明子
    一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集
    2012年 64 巻 3F-1
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/09/18
    会議録・要旨集 フリー
    目的 約半世紀にわたり記帳された家計簿を資料に、子の成長や住宅購入、退職などの家族環境の変化と、高度経済成長や石油危機、バブル景気などの社会環境の変化が家計運営に与える影響を明らかにする。
    方法 資料:昭和29年から平成10年まで記帳された家計簿(家族構成員;夫、妻(記帳者)、長男、次男、居住地;首都圏、ほぼ夫のみ勤務(高校教員))。収入、支出、貯蓄それぞれの費目の年合計を計算し、それを12で除した年平均1ヵ月当たりの家計費を求めた。
    結果 高度経済成長期には収入が順調に伸び、石油危機後も人材確保法制定の影響もあり実質収入額はそれ以前の水準を維持している。夫退職後しばらくは収入が夫の公的年金のみとなり大きく減少したが、後に妻の年金と夫の追加的な年金が加わり比較的高水準の年金を得ている。支出は収入の伸びや子の成長とともに増加している。住宅関係の高額支出が3度あり、いずれもその前年には支出を抑制している。昭和49年には翌年の高額支出への備えに加え、物価高騰により実質支出は大きく減少した。夫退職後は、次男独立も影響し、衣食住などの必需的支出が減少し、選択的支出が増加した。住宅購入資金の多くを預貯金と株売却により賄っている。親の宅地内に居住し、家賃相当分を含め積極的な貯蓄活動を行い、住宅購入という大型支出に対応している。収入減少や高額支出への対応方法として、食料費以外の支出の抑制や積極的な貯蓄活動が行われた。収入増加と子の成長が重なり、支出の増加に対応しやすかったと考えられる。住宅購入は石油危機後やバブル経済期であったが、総じて社会環境の変化を追い風に、記帳者の生活への価値観に基づく将来を見通した家計運営が本家計を支えていた。
  • 上野 千鶴子
    学術の動向
    2013年 18 巻 5 号 5_9
    発行日: 2013/05/01
    公開日: 2013/09/06
    ジャーナル フリー
  • 岩鼻 通明
    季刊地理学
    1999年 51 巻 1 号 19-27
    発行日: 1999/03/15
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は, 長野県戸隠村中社集落の観光地化について, 1975年までの10年間の動向を報告した第1報, および1985年までの10年間の動向を報告した第2報に引き続いて, 1985年から1995年までの10年間の動向を明らかにすることにある。
    この10年間の動向として, 前半のバブル経済期は観光客数が急増したが, 後半の経済不況期に入って, 宿泊客数の減少傾向が顕著になりつつある。とりわけ, 1995年に発生した阪神大震災と豪雨災害の影響が大きい。それにともない, 高齢化を主たる理由に廃業する宿泊・飲食施設も現れ始め, これまで拡大の一途をたどってきた戸隠観光にも変化が生じつつあることが明らかになった。また, 併せて1998年に開催の長野五輪への期待や, スキー場とゴルフ場の必要性に関しても調査を行ったが, 総じて長野五輪への期待感には乏しく, ゴルフ場の誘致やスキー場の拡大についても消極的な意見が多くみられた。
  • 菊池 務
    日本放射線技術学会雑誌
    2004年 60 巻 8 号 I-
    発行日: 2004/08/20
    公開日: 2017/06/30
    ジャーナル フリー
  • 中村 智幸
    日本水産学会誌
    2015年 81 巻 2 号 274-282
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/03/20
    ジャーナル フリー
    レジャー白書の「釣り」に関するデータをもとに,日本における遊漁の推移を分析した。1998 年前後以降,参加率,参加人口,参加希望率は経年的に減少していた。しかし,参加順位,潜在需要は減少しておらず,レジャーの中で低くなかった。年間活動回数は減少していたが,1 回当たり費用は減少しておらず,2010 年前後の年間総支出額は約 5,000 億円であった。このように,遊漁は国民にとって重要なレジャーのひとつである。今後は魚種別や釣り方の似通った魚種群別に分析を行い,具体的な振興策を検討する必要がある。
  • 本間 利久, 永谷 裕子
    工学教育研究講演会講演論文集
    2013年 2013 巻 2-331
    発行日: 2013年
    公開日: 2016/12/28
    会議録・要旨集 フリー
  • 林 重信
    日本機械学会誌
    1995年 98 巻 920 号 583-
    発行日: 1995/07/05
    公開日: 2017/06/21
    解説誌・一般情報誌 認証あり
feedback
Top