詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "バルグジン川"
6件中 1-6の結果を表示しています
  • 杉山 裕子
    日本土壌肥料学雑誌
    2010年 81 巻 2 号 162-167
    発行日: 2010/04/05
    公開日: 2017/06/28
    ジャーナル フリー
  • 中野 伸一
    原生動物学雑誌
    2015年 48 巻 1-2 号 21-30
    発行日: 2015年
    公開日: 2016/08/01
    ジャーナル オープンアクセス
    The aquatic food linkage between heterotrophic bacteria and protists is so-called “microbial loop”, functioning as important matter cycling in pelagic food webs of marine and freshwater systems. Organic matter transfer from heterotrophic bacteria to protists has been intensively studied by numerous researchers all over the world. The ecological roles of planktonic protists, such as heterotrophic nanoflagellates and ciliates, in microbial loop are to consume bacteria that are too small to serve directly as major prey items for most zooplankters, and to be consumed by the zooplankton. There is the consensus that food linkages between bacteria and protists are substantial in many lakes and oceans. The present review provides the overview on the trend and future stage of microbial loop research. A review on unique microbial loop developed in the hypolimnion of Lake Biwa is also provided.
  • 岩本 直哉, 川口 優美, 井内 美郎
    第四紀研究
    2005年 44 巻 2 号 79-92
    発行日: 2005/04/01
    公開日: 2009/08/21
    ジャーナル フリー
    バイカル湖で1998年に掘削されたコア(BDP 98)の粒子密度プロファイルより,バイカル湖の過去約650万年間の珪藻生産量と気候変動を推定した.BDP 98コアの粒子密度は,堆積物中の珪藻殻濃度を強く反映している.一般に,温暖期には珪藻殻に富んだ堆積物,寒冷期にはほとんど珪藻殻を含まない細粒な粘土質堆積物が堆積する.これらのことを用いて,バイカル湖周辺域の気候変遷史の復元を試みた.BDP 98コアの密度測定結果より,バイカル湖周辺域の過去650万年間の気候変遷は大きく3つの時代に分けることができる.
    その最新期にあたる第四紀の粒子密度は,海洋コアの底生有孔虫の酸素同位体比の変動パターンと,数万年スケールでよく類似している.そのため,この時代の堆積年代・堆積速度は,BDP 98コアの粒子密度プロファイルを酸素同位体比曲線に対比することにより推定できる.BDP 98コアの粒子密度は,堆積物中の珪藻殻濃度を強く反映していることから,粒子密度より生物源シリカ含有率を推定できる.これらの堆積速度と生物源シリカ含有率から,珪藻生産量(生物源シリカフラックス)を推定し,その増減を気候変動のプロクシーとした.その結果,汎世界的な気候変動との同調性が認識されるとともに,バイカル湖特有の気候イベントのいくつかが見いだされた.
  • 河室 公康, 長谷 義隆, 三好 教夫, 高原 光, 尾田 武文, 篠宮 佳樹
    水利科学
    2001年 45 巻 5 号 1-23
    発行日: 2001/12/01
    公開日: 2018/03/31
    ジャーナル フリー
  • 杉山 裕子, Patrick G. HATCHER, 三田村 緒佐武, 片野 俊也, 熊谷 哲, 中野 伸一, Valentin V. DRUCKER, Vladimir A. FIALKOV, 杉山 雅人
    地球化学
    2008年 42 巻 4 号 165-177
    発行日: 2008年
    公開日: 2017/02/04
    ジャーナル オープンアクセス
    Lake Baikal, located on the north-eastern borders of Central Asia, is the deepest (maximum depth 1,700 m) and one of the largest lakes in the world. To elucidate the chemical composition of dissolved organic matter (DOM) in the Lake Baikal, we applied high resolution fourier transform ion cyclotron resonance mass spectrometry (FT-ICR-MS) to the lake water samples. Water samples were taken at the deepest point of Lake Baikal and its inflowing Barguzin River mouth on August 2005. The sample water was filtrated on board and DOM was extracted using C 18 solid-phase extraction disks (Kim et al., 2003^a). The extracted samples on the disks were analyzed by a 9.4-T FT-ICR mass spectrometer at the National High Magnetic Field Laboratory (Tallahassee, FL, USA) in negative ionization mode with a needle voltage of -2.0 kV. From the FT-ICR mass analysis, 3511, 2862 and 2191 peaks were detected (S/N>3) in river and 5 m- and 945 m- depth lake water samples, and more than 80% of the peaks were assigned within ± 1.0 ppm error. Using van Krevelen Diagrams (van Krevelen, 1950), we found that the main component of L. Baikal DOM was allochthonous lignin-like organic molecule, and that autochthonous lipid- and protein-like molecules were also found in surface water.
  • 三好 教夫, 片岡 裕子, 志知 幸治, 尾田 武文, 高原 光, 長谷 義隆, 河室 公康, E. V. Bezrukova
    第四紀研究
    2002年 41 巻 3 号 171-184
    発行日: 2002/06/01
    公開日: 2009/08/21
    ジャーナル フリー
    バイカル湖の湖底から得られた5.1Maをカバーする全長200mコア(BDP96-1)のうち,第四紀に相当する上部の深度80m以浅についての花粉分析を行い,植生変遷について考察した.産出した化石花粉・胞子のうち51種類を同定したが,マツ科針葉樹が70~80%を占め,その産出状況に特色がみられた.すなわち,大量の化石花粉・胞子の産出する多産層(間氷期,湿潤期)と,草本花粉・胞子がごくわずかに産出するだけの稀産層(氷期,乾燥期)が交互に現れている.上部80mの2Maに32回のサイクルが認められ,δ18O曲線とほぼ調和的な環境変動を記録している.また,マツ科のツガ属と落葉広葉樹のクマシデ属,コナラ亜属,クリ属,ニレ科,ハシバミ属,カエデ属は第四紀前半に絶滅してしまい,後半以降のバイカル湖周辺のタイガはマツ科針葉樹とカバノキ属を中心とした比較的単純な植生からなる森林が継続した.
feedback
Top