詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "パイロットインキ"
16件中 1-16の結果を表示しています
  • 筒井 恭治
    表面技術
    2005年 56 巻 11 号 655
    発行日: 2005年
    公開日: 2006/05/16
    ジャーナル フリー
  • 太田 節三
    紙パ技協誌
    2002年 56 巻 7 号 1034
    発行日: 2002/07/01
    公開日: 2009/11/19
    ジャーナル フリー
  • 遠山 俊六
    高分子
    1990年 39 巻 11 号 814
    発行日: 1990/11/01
    公開日: 2011/10/14
    ジャーナル フリー
  • 太田 節三
    紙パ技協誌
    1999年 53 巻 7 号 913
    発行日: 1999/07/01
    公開日: 2009/11/19
    ジャーナル フリー
  • 戸梶 惠郎, 小川 武史
    材料
    1995年 44 巻 497 号 187-193
    発行日: 1995/02/15
    公開日: 2009/06/03
    ジャーナル フリー
    Statistical fatigue tests have been carried out using smooth specimens of a spheroidal graphite cast iron (SGI) with ferritic microstructure and the fatigue life distribution was examined. It was found that fatigue cracks initiated from casting defects and thus fatigue life could be regarded as crack growth life. The scatter of fatigue life was primarily attributed to the scatter of the size of casting defects. The prediction of fatigue life was performed using the measured growth characteristics of small fatigue cracks. The results obtained agreed well with the experimental data. From the practical viewpoint, similar prediction was conducted using the growth characteristic of large cracks. When the crack opening stress was assumed to be zero, the results obtained gave longer lives than the experimetal data at high stress, but were coincident with the experimental data at low stress. Furthermore, a Monte Carlo simulation was performed using the measured distribution function of casting defect size and the similar results were obtained. In order to discuss the universality of the proposed prediction and simulation, additional fatigue tests were conducted on two SCI's with pearlitic and bull's eye microstructures, and it was found that the fatigue strength was independent of microstructure. The distribution of casting defect size in pearlitic microstructure was examined, which agreed closely with that in ferritic microstructure. This indicated that if the distribution of the size of casting defects from which cracks initiated was the same in different SCI's, then fatigue strength would be independent of microstructure, and the validity of the prediction and simulation of fatigue life distribution was confirmed.
  • 明石 量磁郎
    色材協会誌
    1996年 69 巻 5 号 314-321
    発行日: 1996/05/20
    公開日: 2012/11/20
    ジャーナル フリー
  • 堀田 吉彦
    表面技術
    2010年 61 巻 7 号 488
    発行日: 2010/07/01
    公開日: 2011/01/31
    ジャーナル フリー
  • 機能性スクリーンインキ
    浅野 義憲
    日本印刷学会誌
    1996年 33 巻 1 号 29-35
    発行日: 1996/01/31
    公開日: 2010/09/27
    ジャーナル フリー
    Printing ink is defined as the material which is used to draw the patterns on the substrate by means of printing. In addition to this, there is a category of the ink which is called “Functional ink”. “Functional Ink” has various functions such as: physical functions like optical or electrical properties, chemical functions like chemical resitance or biochemical properties, surface-decorating function that gives special effects to the finish. Functional screen printing inks are introduced according to the applications as follows.
  • 堀田 吉彦
    日本画像学会誌
    2018年 57 巻 3 号 355-358
    発行日: 2018/06/10
    公開日: 2018/06/13
    ジャーナル 認証あり
  • 柳岡 開地
    心理学研究
    2016年 86 巻 6 号 545-554
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/02/25
    [早期公開] 公開日: 2015/11/10
    ジャーナル フリー
    This research examined the effects of planning and executive functions on young children’s (ages 3-to 5-years) strategies in changing scripts. Young children (N = 77) performed a script task (doll task), three executive function tasks (DCCS, red/blue task, and nine box task), a planning task, and a receptive vocabulary task. In the doll task, young children first enacted a “changing clothes” script, and then faced a situation in which some elements of the script were inappropriate. They needed to enact a script by compensating inappropriate items for the other script items or by changing to the other script in advance. The results showed that shifting, a factor of executive function, had a positive influence on whether young children could compensate inappropriate items. In addition, planning was also an important factor that helped children to change to the other script in advance. These findings suggest that shifting and planning play different roles in using the two strategies appropriately when young children enact scripts in unexpected situations.
  • —実行機能の影響の検討—
    柳岡 開地
    教育心理学研究
    2016年 64 巻 3 号 395-406
    発行日: 2016/09/30
    公開日: 2016/10/31
    ジャーナル フリー
     私たちは日常様々な場面でスクリプト(Schank & Abelson, 1977)を利用している。スクリプトは, 様々な場面に共通する要素と場面特異的な要素から構成される。本研究ではこうした要素間の区別を, 場面変更時に柔軟に利用できるようになる発達過程とその認知的基盤に関する検討を行った。実験1では, 幼児67名を対象に柳岡(2014)の人形課題を改良した課題を実施した。実験2では, 幼児66名を対象として2つの時期に分けて, 実験1と同様の人形課題, 実行機能を測定する赤/青課題, DCCS, 9ボックス課題の3課題, 語彙能力を測定する絵画語い発達検査を実施した。本研究の人形課題では, ある行き先にむけて人形に服を着せる途中に, 他者が別の行き先への変更を指示する課題であった。この課題では, “着替えスクリプト”の共通要素と固有な要素を区別して変更できるかどうかを測定した。結果, 幼児期後期になると, 2つの行き先間で変更する際に共通の要素を脱がさず固有の要素のみ変更していたことから, スクリプトを柔軟に利用できることが明らかとなった。さらに, その認知的基盤として実行機能の発達が関連することが示唆された。
  • 柳岡 開地
    発達心理学研究
    2014年 25 巻 3 号 232-241
    発行日: 2014年
    公開日: 2016/09/20
    ジャーナル フリー
    本研究では,スクリプト(Schank & Abelson, 1977)の実行中に起こる「いつもと異なる」状況において後戻りを用いて対処することに,プラニングと実行機能がどのような影響を与えるのか検討を行った。年少から年長の幼児94名を対象として,オリジナルに作成した人形課題,プラニングを測定するケーキ課題,抑制を測定する赤/青課題,シフティングを測定するDCCSと絵画語い発達検査を実施した。人形課題では,「幼稚園服を着るスクリプト」を幼児に実際に行ってもらった後,邪魔なアイテムを脱がして,後戻りをしなければならない状況を設定した。人形課題の成績により,最短で成功した最短群,余分に手順を要したが成功した非最短群,最後まで着せられなかった群を誤答群と分類したところ,年少児では誤答群が有意に多く,年長児では最短群が有意に多かった。さらに,実行機能の下位機能であるシフティングの成績が,後戻りを実施するか,しないかを予測し,プラニングの成績がスクリプトの変更をより少ない手順で実行するかどうかを予測することが示された。これらの結果より,「いつもと同じ」状況でスクリプトを実行することはほとんどの年少児で可能であるが,「いつもと異なる」状況において後戻りを用いてスクリプトを変更することには,シフティングとプラニングがそれぞれ異なる役割をもつことが示唆された。
  • 後藤 博史
    色材協会誌
    1988年 61 巻 6 号 353-358
    発行日: 1988/06/20
    公開日: 2012/11/20
    ジャーナル フリー
  • 印刷における偽造防止技術 -証券印刷-
    吉島 重朝
    日本印刷学会誌
    1998年 35 巻 6 号 482-496
    発行日: 1998/11/30
    公開日: 2010/09/27
    ジャーナル フリー
    Digital image processing technology brought remarkable advancement of color copier, scanner, color printer etc. which can be bought inexpensively and wide-spread in our society and are very easy to access by everyone. Security printing industry is now encountering with a new threat of counterfeiting, in addition to conventional counterfeiting and forgery. In the computerized and automated society, security papers are demanded to have machine readable features for automatic vending machines, ATM, money changers, etc. Security printers must cope with this tendency. In this paper, present situation of security papers and security features are discussed. Conventional security features such as watermark, security thread, intaglio printing, microprintings etc. and newly developed security features such as color shift ink, OVDs, embossing, microperforation are described.
  • 堀田 吉彦
    日本画像学会誌
    2012年 51 巻 2 号 213-222
    発行日: 2012/04/10
    公開日: 2012/04/13
    ジャーナル フリー
    リライタブル作像技術は,1980年代から1990年代にかけて各種の方式が開発された.その方式は高分子や液晶などの相変化を利用した物理変化タイプとロイコ染料の可逆性を利用した化学変化タイプに大別できる.物理変化タイプは耐光性などの保存性に優れるという特徴を持ち,化学変化タイプは画像コントラストが優れるという特徴を持つ.実用化されたのは物理変化タイプの高分子/長鎖低分子分散型と化学変化タイプのロイコ染料/長鎖顕色剤型であった.これらが実用化されたのは,温度制御だけで書き換え可能であるため,記録機器の既存の熱制御技術の流用が可能だったという技術面とカード表示用途が立ちあがる時期だったという市場面の両方のタイミングがうまく合致したためである.他の用途 (消えるインキ) に展開された技術,液晶やフォトクロミックなど技術は発表されたがリライタブル作像技術として実用化されていない技術,カラー化やレーザ記録など次世代の技術についても紹介する.
  • 堀田 吉彦
    日本画像学会誌
    2008年 47 巻 4 号 267-273
    発行日: 2008/08/10
    公開日: 2008/08/13
    ジャーナル 認証あり
    ここ数年,電子ペーパーという言葉をよく見かけるようになってきた.“電子ペーパー”は,“技術”というより“コンセプト”を表わしているため,電子ペーパーを実現する技術は,多岐に渡っている.技術委員会第7部会(電子ペーパー部会)は,1993年に第6部会の中にWGとして設立され,その後何回かの改組を経て,現在まで活動を継続している.その間,年1回の研究会を開催して,多岐に渡る電子ペーパーの技術を紹介してきた.
    電子ペーパーには,外部駆動タイプと内部駆動タイプがある.外部駆動タイプの代表例はサーマルリライタブル記録であり,カード表示用途に広く使われている.内部駆動タイプは,粉体,粒子,液晶などを利用した技術の研究開発が盛んに進められており,電子書籍として実現ざれている.電子ペーパーの技術は日本発のものも多いが,内部駆動タイプでは海外での実用化が先行している.その理由はコンセプト提案力の差から来ていると考えられる.電子ペーパー技術開発の次の方向と考えられる“カラー化”では日本発のコンセプト提案を期待したい.
feedback
Top