詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "プレミア" 雑誌
808件中 1-20の結果を表示しています
  • 2) トキソプラズマ脳炎
    山本 徹
    日本内科学会
    雑誌

    2006年 95 巻 7 号 1260-1262
    発行日: 2006/07/10
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    トキソプラズマ (Toxoplasma gondii) は胞子虫類に属する細胞内寄生原虫で多くは不顕性感染で経過し, 我が国の成人の感染率は1/4に達する. 医療上問題になるのは従来先天性感染や血液系悪性腫瘍に伴うものが主であったが, エイズの蔓延に伴い脳トキソプラズマ症が頻発し, 治療可能である点で特に注目を浴びている. しばしば多発性膿瘍をきたし, 画像所見の特異性が低く補助検査も有用性が限られるため, 患者背景を考慮して治療的診断が行われる.
  • 岩田 一政
    都市住宅学
    1998年 1998 巻 24 号 63-66
    発行日: 1998/12/31
    公開日: 2012/08/01
    ジャーナル フリー
  • 円投/ドル転スワップを利用したドル調達の構造的脆弱性に関する考察
    鈴木 佳子
    国際経済
    2016年 67 巻 123-152
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/11/02
    [早期公開] 公開日: 2016/07/12
    ジャーナル フリー
    本稿は2015年を中心に観察されたドル/円スワップ・スプレッドの理論値からの乖離(ベーシス, またはジャパン・
    プレミア
    ム)の要因として, ドル調達の構造的な不均衡と市場リスクに着目し分析を行った。アベノミクス下で量的・質的金融緩和が推し進められた同期には, 円からドルへの交換ニーズが平均的なスワップ取引の出来高や海外勢のドル供給余力に対して過大となり, 需給バランスがドル不足に偏り, 結果としてベーシスが拡大した可能性がある。またドル/円相場の円安方向へのボラティリティ上昇は円資金の担保価値を低下させベーシスの拡大を招きやすい。
  • 崔 桓碩
    損害保険研究
    2019年 80 巻 4 号 25-56
    発行日: 2019/02/25
    公開日: 2020/05/23
    ジャーナル フリー

    損害保険大手3グループは海外M&Aを積極的に行っている。海外M&Aのメリットは,事業ポートフォリオの分散,利益の増加等により持続可能な成長を達成できることである。しかし,被買収企業の業績が悪化したり,買収

    プレミア
    ムを超えるシナジー効果が実現できなかったりする場合には,買収時に発生したのれんを損失計上しなければならないため,買収企業の財務リスクを高めるデメリットも存在する。

    本稿では,まず,損害保険大手3グループにおける海外M&Aの現状を把握し,ついで,これらグループが行った4件の海外M&Aに対し,市場がどのように評価したかをイベント・スタディ手法を用いて,AR(異常収益率)とCAR(累積異常収益率)の分析を行った。

  • 出口 浩之
    日本消化器集団検診学会
    雑誌

    2005年 43 巻 3 号 360-362
    発行日: 2005/05/15
    公開日: 2012/12/11
    ジャーナル フリー
    大腸癌検診で便潜血反応陽性のため精査目的に来院した64歳の女性において, 近年まれになりつつある消化管寄生虫疾患, 鞭虫症を診断した。原因は, 熱帯魚の水槽の清掃時にストローで水を誤飲したためと考えられらた。メベンダゾール内服にて完治した症例を経験したので, 若干の文献的考察を加えてその治療経過について報告する。
  • 廣 美里, 天野 雅斗, 安藤 健太郎, 江藤 直美, 金子 美由紀, 神田 翔太, 後藤 浩史, 縄田 亮太, 山田 雄太, 石垣 尚男
    バレーボール研究
    2017年 19 巻 1 号 20-27
    発行日: 2017年
    公開日: 2021/08/11
    ジャーナル オープンアクセス
    “The V. League”, a volleyball league which is organized by Japan Volleyball League Organization, has two categories: “the Premier League” and “the Challenge League”. In this study, we hypothesize that spectators of matches have different characteristics in each categories. This study analyzed comparatively about the characteristics of spectators who attended the 2014–2015 V. League season held in Aichi Prefecture. The spectators were sorted into three categories : “the Premier Men’s League”, “the Premier Women’s League”, and “the Challenge League”. For all three categories, differences were observed in the spectators’ age range and gender ratio. Several Premier Women’s League spectators were from the Kansai and Kanto areas as well as from Aichi Prefecture, and many of these spectators had no experience of playing volleyball. While the motivation to watch for a large percentage of Premier Men’s League spectators was to see an exciting or high-level match, the motivation for a large percentage of Premier Women’s League spectators was to cheer for their team or players. For the Challenge League spectators, the motivation to watch was to interact and learn and because they had local pride. These findings indicate that differences exist in motivation for watching, attributes, and watching behaviors among the categories of spectators who watch V. League matches held in Aichi Prefecture.
  • -生きものマーク農産物を中心に-
    田中 淳志, 大石 卓史
    農村計画学会誌
    2017年 35 巻 4 号 492-495
    発行日: 2017/03/30
    公開日: 2018/03/30
    ジャーナル フリー
  • 竹末 俊昭, 西澤 明洋, 朝霧 重治
    デザイン学研究作品集
    2008年 13 巻 1 号 40-45
    発行日: 2008/03/30
    公開日: 2017/10/27
    ジャーナル 認証あり
    本案件は、埼玉県川越市(通称:小江戸)のビールブランド「COEDO」のブランドデザインプロジェクトである。商品パッケージを含む、全ブランドアイテムのリニューアルを行い、かつてのいわゆる「地ビール」から「
    プレミア
    ムビール」へのブランドリニューアルを行うことが最大の目的であった。ブランドロゴと日本の色をコンセプトとしたデザインはブランド認知の向上と
    プレミア
    ムブランドに相応しい表現の両立を狙った。大手メーカーがひしめくビール市場の中で「中小企業でもデザインによって確固たるアイデンティティを獲得できる」ことを実践するため、コンセプトから商品の細部、ブランド戦略に至るまで時間をかけて丁寧に作り込んだ。デザインが一企業の為だけにとどまらず、川越地域(小江戸)全体のイメージ向上に貢献できることを目指し、COEDOの世界観を構築していった。
  • 北 徹朗
    バレーボール研究
    2010年 12 巻 1 号 28-31
    発行日: 2010年
    公開日: 2021/08/11
    ジャーナル オープンアクセス
    Today, the content and quality of information provided via the Internet are becoming more and more important. Based on this background, we decided to survey how information is provided via the Internet by the volleyball team with V-league. This study primarily aimed at analyzing the presence or absence of official websites of ski resorts and their contents, and to consider the characteristics and trends of those websites. The survey period was from November 8 to December 15, 2008. The target of the survey was all 41 team (Premier League 18, Challenge league 23). As a result of the survey, it was confirmed that official websites were published by all team of the Premier League, but Challenge league were published by 73.9 % . In addition, Challenge league official website contents were not so enriched compared with those of Premier League. In the future, we are going to evaluate the management forms of company and information provision via the internet.
  • ――賃金規定要因は分位点により異なるのか――
    大久保 将貴
    ソシオロジ
    2017年 61 巻 3 号 3-22
    発行日: 2017/02/01
    公開日: 2020/06/27
    ジャーナル フリー

    本稿の目的は、介護保険サービスにおける介護労働者の賃金規定要因を記述することである。介護保険創設以降、介護労働者の離職率の高さの原因として、低賃金が挙げられて久しいが、介護労働者の賃金規定要因については不明な点が多い。介護労働者の賃金を分析した先行研究の全ては、分布の中心である平均値を予測するものであった。しかしながら、平均値を予測する通常の回帰分析では、観測された異常値に影響を受けやすく、分位点ごとに異なる規定要因を考慮できない。本稿では、これらの問題に対処するため、分位点回帰を採用して賃金規定要因の分析を行った。分位点回帰モデルを採用するのは、分析者が任意に設定した賃金分布の分位点について、外れ値の影響を回避しながら賃金分布全体の変化を記述できるためである。在宅支援サービスが中心である訪問介護員と、施設サービスが中心である介護職員それぞれについて分析を行った結果、賃金の規定要因は分位点ごとに大きく異なるという先行研究では言及のなかった新たな知見を得た。すなわち、低賃金グループと高賃金グループでは賃金規定要因が異なり、とりわけ、男性/女性、正規/非正規、介護福祉士保有/非保有者間の賃金格差が大きいという知見である。賃金分布の記述から、男女間賃金格差や正規/非正規間賃金格差の是正は、介護労働市場においても喫緊の課題であることが分かる。さらに、分析結果からは、事業所レベルで対応できることとして、介護労働者に対する資格取得の積極的支援等が有効であると考えられる。

  • 陳 大為
    保険学
    雑誌

    2011年 2011 巻 615 号 615_1-615_26
    発行日: 2011/12/31
    公開日: 2013/03/22
    ジャーナル フリー
    本研究は,1991年から2008年までのパネルデータを用いて,日本の自動車保険需要の決定要因について実証分析を行った。その結果,所得は自動車保険需要に正の影響を与えているが,自動車保険需要の価格弾力性は非常に小さいことが確認された。また,交通事故率は自動車保険需要に大きな影響を与えない一方で,損失額は保険需要に強い影響を与えていることが分かった。さらに本研究では,保険料率の自由化や高齢化の進展が自動車保険需要に及ぼす影響についても検証した。その結果,料率自由化以降,保険契約者は保険料を自身のリスクに対応させることができるようになっていることが実証的に確認された。また,高齢化の進行にともない自動車保険契約率は高くなっているが,収入保険料は逆に減少していることが分かった。
  • -完備性および非完備性下での検証-
    伊藤 晴祥
    保険学
    雑誌

    2017年 2017 巻 639 号 639_1-639_35
    発行日: 2017/12/31
    公開日: 2018/08/01
    ジャーナル フリー
    本研究では,先行研究の成果及びWang変換を利用した数値例を利用して企業がリスクマネジメントを実行することにより,企業価値が高まるかどうかについて検証を行った。その結果,リスクマネジメントを実行することにより,完備市場性下では,実確率下での期待キャッシュフローが増大する場合,資本コストが低減する場合,キャッシュフローのタイミングが変化する場合に企業価値が向上することを示した。また,非完備市場性下で取引されているデリバティブなどを利用する場合や,株主が分散投資できない場合にも,リスクマネジメントを実行することによりリスク中立確率下での期待キャッシュフローが高まることを通じて企業価値が高まることを示した。
  • 山崎 尚志
    保険学
    雑誌

    2008年 2008 巻 601 号 601_169-601_186
    発行日: 2008/06/30
    公開日: 2010/10/05
    ジャーナル フリー
    本研究では,わが国における損害保険会社の株主資本コストの推計を行っている。1990年以降の損害保険会社の株主資本コストについて,CAPMおよびFama and French3ファクター・モデルを使って推計を行った結果,以下のことが明らかとなった。(1)CAPMによる推計資本コストは検証期間で一貫して低下していく傾向にある一方で,FF3Fによる推計資本コストは計測初期を除いて5~6%で安定していた。(2)保険業法が改正された1996年前後に注目すると,規模要因およびBPR要因の感応度に大きな変化が見られた。業法改正等による規制緩和の影響が,損保業のリスク要因に大きな変化を及ぼしていたことが推測される。
  • 株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン
    超音波検査技術
    2013年 38 巻 1 号 46-
    発行日: 2013/02/01
    公開日: 2013/04/10
    ジャーナル 認証あり
  • 平尾 智隆, 梅崎 修, 松繁 寿和
    社会政策
    2011年 3 巻 2 号 99-109
    発行日: 2011/10/20
    公開日: 2018/02/01
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,企業人事部アンケート調査の個票データを用い,企業内における大学院卒従業員の処遇
    プレミア
    ム(採用,初任給,賃金上昇率,昇進,初任配属の優位性)がこの10年余りでどのように変化したのかを分析することにある。近年,大学院の量的拡大・質的変容が起こっているが,大学院教育の労働市場効果については,学術的にも政策的にも重要な課題であるにもかかわらず,ほとんど検証がなされてこなかった。コホートデータを分析した結果,1998年調査時より2009年調査時において,学部卒従業員と比較した大学院卒従業員の処遇
    プレミア
    ムは目減りしていることが確認された。特に文系においては,学部卒と大学院卒の代替的関係が顕著であった。産業の高度化やグローバル化が高度職業人の需要を喚起することが期待されていたのだろうが,少なくともこの10年余りで見る限り,その供給増を吸収する需要増はなかったといってよい。
  • サラダ油消費を事例にして
    竹下 広宣
    農業経済研究
    1999年 71 巻 2 号 61-70
    発行日: 1999/09/27
    公開日: 2017/01/18
    ジャーナル フリー

     This paper focuses on the links between health information related to food consumption and food consumption behavior. The impact of health risk information on salad oil consumption is investigated. Measurement of information is expressed in terms of the number of relevant articles on health risk topics in major newspapers in Japan. In recent years, Japanese salad oil consumption has not changed drastically, but rapeseed oil and safflower oil consumption have grown steadily.
     The applied model in this study is based on a discrete / continuous model which was derived by Hanemann and extended by Yoshino. This model enables the study to evaluate the effects of information implied by aggregated data without supposing a representative consumer.
     The results of cointegration analysis indicate that there is a long equilibrium relationship among health risk information, salad oil consumption and salad oil price. The relevant estimated coefficient implies that increasing health risk information has caused so-called premium oils, such as rapeseed oil or safflower oil, consumption to increase in the long term. The hypothesis that consumers never decrease health risk perception but increase it as additional health information is obtained over time is supported.

  • 鈴木 宣弘
    農業経済研究
    1994年 65 巻 4 号 212-221
    発行日: 1994/03/25
    公開日: 2018/10/24
    ジャーナル フリー

     In this paper, it was shown how the U.S. dairy policies (marketing orders and support prices for manufacturing milk) and market power of farmers' cooperatives affect the degree of competition in the U.S. fluid milk market. This is the first development of a degree-of-competition measure for the U.S. fluid milk market. The estimated degree-of-imperfection parameter implies that there is small degree of imperfection which has been declining over time in the U.S. fluid milk market. It also implies that the degree of imperfection is larger in fall and winter than in spring and summer.

  • 楽しむ夜景が, 夜景を変える
    丸々 もとお
    照明学会誌
    2001年 85 巻 4 号 266-269
    発行日: 2001/04/01
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
  • 竹田 陽介, 矢嶋 康次
    社会科学研究
    2013年 64 巻 3 号 77-99
    発行日: 2013/03/26
    公開日: 2021/02/09
    ジャーナル オープンアクセス
  • テルフォードの事績とデルフォード賞を中心に
    知野 泰明, 大熊 孝
    土木史研究
    1992年 12 巻 97-110
    発行日: 1992/06/05
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    Modernization of civil engineering techniques began during the industrial revolution. At the beginning of this modernization in Great Britain, one of the famous men had achieved great works. His name is Thomas Telford. He had constructed many bridges, roads, canals and harbours. Likewise, he was elected the first President of the Institution of Civil Engineers in Great Britain.
    Although his name is familiar to Japanese Civil Engineers, his works, however, are not. So, this study researches on his works, and considers how he introduced new civil engineering techniques. Likewise, this study researches on the paper titles that garnered Telford Medals and Premium. These prizes, proposed by Telford, are the highest award offered to outstanding papers in the Institution of Civil Engineers until today. Using this paper title list, this study is also aimed at tracing the development of modern civil engineering techniques in Great Britain.
feedback
Top