詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ヘイトクライム"
12件中 1-12の結果を表示しています
  • 小谷 順子
    法政論叢
    2004年 40 巻 2 号 149-167
    発行日: 2004/05/15
    公開日: 2017/11/01
    ジャーナル フリー
    In 1992, the U.S. Supreme Court struck down an ordinance banning "fighting words", including cross-burning and the display of swastika, that insulted others or provoked violence "on the basis of race, color, creed, religion or gender." In R.A.V. v. St. Paul, the Court stated that the ordinance impermissibly discriminated against unpopular topics within the category of proscribable speech and thus violated the First Amendment of the U.S. Constitution. Although the Court acknowledged that combating racism was in the city's interest, it concluded that the city could not advance that interest by singling out unfavorable speech for punishment and declared the ordinance unconstitutional. In 1993, however, the Court upheld a Wisconsin penalty-enhancement law in Wisconsin v. Mitchell, declaring that the statute only penalized the criminal action, not the idea or speech. After R.A.V. and Mitchell, hate speech regulations of any form were considered impermissible while penalty enhancement laws and their variations were considered permissible, and the lower courts handled the cases before them accordingly. Cross-burning statutes, however, caused confusion, with five statutes being declared unconstitutional and two constitutional. In 2003 the Supreme Court upheld a Virginia statute banning cross-burning with the intent to threaten others in Virginia v. Black. The Court stated that the statute simply singled out the most terrifying type of threat of all types of threat, and therefore it did not discriminate against certain topics or viewpoints as the ordinance in R.A. V. did. This article analyzes these three federal high court cases along with seven state cases, and then compares R.A.V. and Black, and concludes that the two codes both banned controversial topic within proscribable categories and that the Court's handling of the two cases was inconsistent and inappropriate.
  • 貫井 万里
    オリエント
    2005年 48 巻 1 号 223-228
    発行日: 2005/09/30
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
  • 田口 律男
    日本近代文学
    2017年 97 巻 153-156
    発行日: 2017/11/15
    公開日: 2018/11/15
    ジャーナル フリー
  • 香田 芳樹
    ドイツ文学
    2016年 152 巻 1-7
    発行日: 2016/03/25
    公開日: 2018/03/31
    ジャーナル フリー
  • 髙栁 瑞穂
    社会福祉学
    2017年 58 巻 3 号 122-131
    発行日: 2017/11/30
    公開日: 2018/01/26
    ジャーナル フリー
  • 宗教研究
    2018年 91 巻 Suppl 号 152-159
    発行日: 2018/03/30
    公開日: 2018/03/30
    ジャーナル フリー
  • 日本政治学会書評委員会
    年報政治学
    2014年 65 巻 1 号 1_352-1_376
    発行日: 2014年
    公開日: 2017/07/01
    ジャーナル フリー
  • 岡本 智周
    ソシオロジ
    2004年 49 巻 1 号 3-19,190
    発行日: 2004/05/31
    公開日: 2016/05/25
    ジャーナル フリー
     This paper presents the current identity status of U.S. citizens of Japanese ancestry living on the West Coast and in Hawaii, and focuses on the way in which members of the younger generation connect "being a minority" with "being an American." In doing so, this paper examines the relationship between the empowerment of ethnic minorities and the conservative tendencies of American society. Neoconservatives claim that racial discrimination and racial equality should be considered only on the level of the individual, not on the level of ethnic groups. In the "color blind" United States of the twenty-first century, this logic can be adopted even by minority groups that have obtained some social power. This paper reviews previous studies about Japanese Americans' identities, and shows the result of the author's own research on the contemporary conditions of U.S. citizens of Japanese ancestry.
     Japanese Americans on the West Coast and Hawaii share the following two characteristics. First, among people of Japanese ancestry, those of the younger generation assert the priority of their American identity. They evoke their Japanese ethnicity secondarily in order to claim their uniqueness and to promote the diversity of the American nation. Second, the separateness of the Japanese ethnic group is disappearing. As seen in the examples of Japanese American Citizens League and Japanese American National Museum, the goals and the membership of the organizations are no longer exclusively and specifically Japanese. This paper therefore concludes that the democratization of national unification in the U.S. has proceeded in conjunction with not only the risk of populism in connection with overwhelming individualization, but also with the possibility of hybrid identities.
  • 金 明秀
    フォーラム現代社会学
    2015年 14 巻 36-53
    発行日: 2015/06/25
    公開日: 2017/09/22
    ジャーナル フリー
    近年、日本でもマイノリティへのヘイトスピーチなどを特徴とする極右運動が問題視されるようになったが、それを下支えする社会的態度だと考えられている排外主義について、計量的なアプローチを用いて規定要因を探索的に特定することが本稿の目的である。データは2012年に「外国人集住都市会議」に加盟する自治体の有権者を対象に郵送法によって実施された調査である。分析モデルを構築するにあたっては、多数の態度概念を媒介させることで、社会構造上の位置をあらわす変数と従属変数の共変関係の「意味」を精緻に特定する社会意識論のフレームを用いた。分析の結果、次の3点が明らかになった。すなわち、(1)排外主義の形成に直接作用する社会構造変数はみられず、社会意識が媒介するかたちで排外主義が変動する、(2)排外主義を直接的に押し上げる最大の要因は同化主義である。同化主義は年齢が高いほど強い、(3)排外主義を直接的に抑制する要因は一般的信頼である。一般的信頼は社会的ネットワークの幅が広いほど高く、社会的ネットワークの幅は教育達成が高いほど広い。以上の発見に基づいて、社会全体の統合や秩序を毀損する排外主義を抑制するためには、「多文化関係資源」とでも呼びうる希少資源が重要であること、また、「多文化関係資源」の価値を再評価し、資源を再生産するシステマティックな取り組みが必要であることを論じた。
  • 韓 東賢
    教育社会学研究
    2015年 96 巻 109-129
    発行日: 2015/05/29
    公開日: 2016/07/19
    ジャーナル フリー
     ヤング(Young 訳書,2007)は,欧米におけるポスト工業化社会への変化が,同化と結合を基調とする「包摂型社会」から分離と排除を基調とする「排除型社会」への移行でもあったと指摘する。一方,敗戦後,米軍の占領期を経て厳格なエスニック・ネイションとして再出発した日本では多文化主義的な社会統合政策が取られたことはなく,そのような意味での「包摂型社会」になったことはないと言えよう。にもかかわらず,日本でも1990年代から徐々に始まっていたヤングのいう意味での「排除型社会」化の進行は見られる。つまり,「包摂型社会」を中途半端にしか経由せず,そのためそこでの同化主義への処方箋である多文化主義も経由せずに,にもかかわらず「バックラッシュ」が来ている,というかたちで,だ。
     本稿ではこうした流れを,朝鮮学校の制度的位置づけ,処遇問題からあとづけていく。そこから見えてきたものは次の3 点であると言える。①仮に戦後の日本がヤングのいう意味での包摂型社会だったとしても,その基調は同化と結合ではなく,「排除/同化」――排除と同化の二者択一を迫るもの――であった。②2000年代には,このような「排除/同化」の基調を引き継ぎながら,にもかかわらず,「多文化主義へのバックラッシュ」としての排除を露骨化,先鋭化させた排除型社会になった。③そのような「排除/同化」,また2000年代以降の排除の露骨化,先鋭化において,朝鮮学校の処遇はつねにその先鞭,象徴だった。
  • 中村 真
    エモーション・スタディーズ
    2015年 1 巻 1 号 63-72
    発行日: 2015/10/01
    公開日: 2017/04/24
    ジャーナル フリー

    While social problems such as bullying, prejudice, and intergroup conflicts are interrelated to each other as the obstacles to social coexistence, they have been studied separately in different fields of study. Moreover, important and valuable findings are not often shared among the different fields. Although recently it has been recognized that all of these problems are related to emotion and the researchers agree that understanding of emotional aspects of the social issues is essential to tackling them. By commenting on the papers for the interdisciplinary special section, this paper claims that more attention to emotion is needed as a common ground of the various domains of research in order to deepen our understanding of the background of the issues and to provide more appropriate remedies for them. This nature of emotion as a common ground suggests that emotional phenomena would be more accurately grasped through the interdisciplinary and cross-cutting approach by contextualizing the related factors concerning emotion.

  • 佐藤 文香
    ジェンダー史学
    2016年 12 巻 37-50
    発行日: 2016/10/20
    公開日: 2017/11/10
    ジャーナル フリー

    本稿は、軍隊を魅力化する資源として「平等」と「多様性」が用いられるという動向を批判的に吟味するものである。近代国民国家は「国民皆兵」を原則として誕生したが、実際にはこの「国民」は人種化・ジェンダー化・セックス化されたものだった。国民国家が市民権と兵役をセットにすることで、軍隊に参与できる者を頂点に「国民」は序列化されたのである。人種、ジェンダー、セクシュアリティを理由に軍隊から周縁化された人々はこのヒエラルキーの下位におかれ、それゆえ、軍への完全なる包摂を主張してゆくこととなった。

    本稿ではアメリカをとりあげ、第一節で、軍への包摂を求めた黒人、女性、LBGT の歩みを概観する。包摂を求めて闘ってきた人々の歴史は「勝利」のように見えるが、一方で、彼らの運動は「軍事化」されたということもできる。

    このような視点にたって、第二節では米軍における現状を批判的に検討する。今や各軍のウェブサイトは「多様性」と「機会均等」を言祝ぐ言説であふれかえっている。だが米軍は、貧しい若者や先住民、市民権を欲する移民たちからおおむねなりたっており、彼らのアイデンティティをアメリカ人ではない発展途上国出身の民間軍事安全保障会社の低賃金労働者たちが支えているという実態がある。

    こうした米軍の事例を手がかりとして、最後に日本の現状に対するささやかな示唆を提示する。2015 年の女性活躍推進法成立を受けて、防衛省は戦闘機パイロットの配置を女性に開放することを決定した。わたしたちはこの決定を、現政権のおしすすめるジェンダー化された政治の文脈のなかで考えてみる必要がある。「平等」と「多様性」を活用しながら社会の軍事化がひそやかに進行していくというこの事態は、今まさにわたしたちの足元で進行中の出来事でもあるのだ。

feedback
Top