詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ヘキソース"
1,441件中 1-20の結果を表示しています
  • 森下 琢郎
    日本皮膚科学会雑誌
    1961年 71 巻 2 号 103-
    発行日: 1961年
    公開日: 2014/08/29
    ジャーナル 認証あり
    血清中に高分子の含水炭素含有成分が存在する事実は既に古く前世紀末から認められていたが,この方面の研究が華々しい展開をみたのは比較的近年のことに属する.即ち血清中には多種多様の糖蛋白複合体の存在が認められ,その化学的構成や生理的意義更に起源或は代謝経路に就いて解明のメスが着々加えられつゝある.しかしながらこの分野の研究に大きな障害となるものは分類や名称に統一を欠く点で,各人各様の感すらあることは困惑する所である.Meyer,Stacey,正宗等の記載が一般に知られているが,Meyerによるとヘキソサミンを含有する高分子の多糖類をmucopolysaccharide(ムコ多糖類)と称し,蛋白と酸性ムコ多糖類の有極性結合即ち結合の容易にはずれる形のものをmucoprotein(ムコ蛋白),ヘキソサミン0.5%かそれ以上含有して蛋白質と強固に結合したものをglycoprotein(糖蛋白)と称し,ヘキソサミンの多寡により之をglycoids及びmucoidsにわかつている.かゝる分類に従うと,正常血清中酸性ムコ多糖類はきわめて少く6mg per litreといわれ(Badin,Bollet et al.),多糖類の大部分は糖蛋白の型で存在する.血清糖蛋白には多くの種類があるが,化学的構成が比較的明確なものにorsomucoid(オロソムコイド)(Weimer,Mehl & Winzler,Schmid)が知られるが,これはsmall acid glycoprotein,crystalline α1 glycoprotein,又はM-1と呼ばれ,Winzlerら12)のいう血清ムコ蛋白も恐らく異名同質のものと考えられる.即ちWinzler一派は1948年人血より過塩素酸で血清蛋白をおとし,その濾液に就き燐タングステン酸或はアルコールで沈澱する分劃をムコ蛋白と命名したが,後年このものもゼロムコイド分劃と見做す方がいいと述べている(1955).蛋白結合多糖類は血清糖蛋白の種類によりその配合比を夫々異にするもので,最近ではSchultzeらの詳細な研究もあるが,上記のオロソムコイドではヘキソサミン,ガラクトース,マンノース等分子及び少量のフコースからなるといわれる.その他,かなりの量のシアリン酸が含まれることがわかり,本物質が強い酸性の等電点を有するのはその為と考えられている(Odin & Werner).又正常血清のゼロムコイド量はヘキソースとして12mgで血清の全蛋白結合ヘキソース量の約10%をしめる9).かゝる多糖類の血清蛋白分劃に於ける分布に就いては電気泳動や塩析法等による多くの研究があり,一般にヘキソース,ヘキソサミン,シアリン酸はα1-,α2-及びβ-グロブリン分劃に多いといわれ,フコースはγ-グロブリン中に比較的多量結合するといわれる.蛋白結合多糖類の起源に就いては未だ充分解明されていないが,組織の酸性ムコ多糖類との関係が考えられる.炎症或は腫瘍の際,血清多糖類の増加する事は多くの人の認める所で,かゝる病的条件下では組織内基質の
  • 森下 琢郎
    日本皮膚科学会雑誌
    1961年 71 巻 2 号 116-
    発行日: 1961年
    公開日: 2014/08/29
    ジャーナル 認証あり
    前編では各種皮膚疾患患者の血清蛋白ヒキソース及びヘキソサミン量を測定したが,二,三の疾患をのぞいては疾患別の特色を求めることは無理な様であつた.その原因として一つには局所皮膚病相の如何即ち血清多糖類の起源として皮膚多糖類との関係が論じられると共に,他方では全身的影響とくに肝機能或は内分泌に左右される所が大きい為と考えられる.そこで本編では家兎に於いて漆実験的皮膚炎及びArthus現象を惹起せしめ,血清蛋白結合ヘキソース及びヘキソサミンの消長を観察すると共に,実験的肝障害及びACTH,コーチゾン投与による影響を検索した.
  • 品川 信良, 真木 正博, 川村 礼一郎, 木村 将典

    1957年 48 巻 4 号 630-632
    発行日: 1957/12/31
    公開日: 2008/11/14
    ジャーナル フリー
  • 大谷 義夫
    日本釀造協會雜誌
    1941年 36 巻 12 号 901-908
    発行日: 1941年
    公開日: 2011/11/04
    ジャーナル フリー
  • 牧 善輔, 金森 正雄
    栄養と食糧
    1969年 22 巻 3 号 168-171
    発行日: 1969/04/10
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    牛の初乳より得た免疫グロブリンをプロナーゼで繰返し分解し, Shephadex G-25およびG-50によるゲル 過, DEAEセルロースクロマトグラフィによりヘキソースを含む区分を集め, 比較的良い回収率をもってグリコペプチドを5つの区分にわけることが出来た。
    これらグリコペブチドはいずれもヘキソース, フコース, シアル酸, グルコサミンを含んでいるが, 糖部分に付随するアミノ酸の量が異なるのみならず, ヘキソースとシアル酸の比がちがっていた。
  • 松田 由美子
    日本水産学会誌
    1979年 45 巻 6 号 737-743
    発行日: 1979/06/25
    公開日: 2008/02/29
    ジャーナル フリー
    The Effect of sugars on the quality change of lyophilized carp myofibrils during storage was examined. Carp myofibrils were ground with 0.2% polyphosphates and 5% sugar. The mixtures were freeze-dried at 35°C ground into prwder, packed in 0.03mm thick polyethylene bags, and stored for 6 and a half months at 20°C At suitable intervals, aliquots of the powder were extracted with 0.6M KCl, and the extracts were analyzed for soluble protein, relative viscosity, and ATPase activity. On the basis of these results, and the result of the total ATPase activity, the protein-protective effects of the sugars were compared.
    The effects of galactose, glucose, mannose, lactose, maltose, and sucrose were marked and almost comparable to each other. The effect of fructose was moderate, while those of arabinose, ribose, and xylose were slightly negative.
    It was thought that the protein denaturation was caused by a Maillard reaction, in which carbonyl groups were involved. It was suggested from the above results that among the sugars examined here, sucrose is the best to maintain the quality of the lyophilized myofibrils.
  • 坂木 剛, 柴田 昌男, 三木 敏晴, 廣末 英晴
    日本エネルギー学会誌
    1998年 77 巻 11 号 1111-1115
    発行日: 1998/11/20
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    The noncatalytic oligosaccharification of microcrystaline cellulose powder in hot-compressed-water (HCW) heated to 200-300°C under 9.8MPa was investi-gated using a HCW flow type reactor. Cellulose was solubilized to water by flowing the HCW at temperatures above 220°C, and the formed water solubles were abundant in oligosacchalides. Although the formation rate of water solubles was increased with increasing temperature of HCW, the formed oligosaccharides were rapidly decomposed to hexose and others when the temperature of HCW exceeded 270°C, the softening tem-perature of the used cellulose. It showed that oligosaccharides could be produced from cellulose in high yield and high rate by flowing the HCW at around 260°C, near under the softening temperature of the cellulose. The enzymatic hydrolysis of the water solubles from cellulose treated with HCW of 260°C was carried out.
    The water solubles were found to be quickly converted to hexose since water-soluble oligosaccharides can be contacted with the enzyme effectively.
  • 佐藤 泰, 梅本 彌一郎, 久米 民和
    食品照射
    1969年 4 巻 1 号 42-46
    発行日: 1969/06/30
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    The aim of this study is to get preliminary observation about the influences of γ-irradiation on egg white protein.
    The development of odour from egg white was recognized in irradiation of 0.05 Mrad γ-ray at 0°C and 25°C (Table 1), while thining of thick white was recognized in 0.2 Mrad at -78°C, in 0.1 Mpad at 0°C and 0.05 Mpad at 25°C. With reference to electrophoretic behaviour of irradiated egg white, peak area of ovomucoid-globlin fraction was increased gradually corresponding to the increase of irradiated doses and was separated into two peaks at 1.0 Mrad in 45°C (Fig.1). With the increase of irradiated doses, released amounts of non-protein nitrogen and hexose from egg white, preparated ovalbumin and ovomucoid were increased as shown in Table 2 and Fig. 2. Released amounts of hexose from ovalbumin got rise in higher temperature probably because of its heatunstability. Starch gel electrophoretic patterns of migrated protein bands became broader corresponding to the increase of doses (Fig. 3). When egg white was irradiated, changes of anti-tryptic action and lytic action were not observed, but in preparated ovomucoid and lysozyme their biological activities were decreased with the increase of irradiated doses (Fig. 4 and 5).
  • 長沢 太郎, 両木 岱造, 清沢 功, 寺本 容子
    栄養と食糧
    1964年 17 巻 3 号 217-222
    発行日: 1964/10/30
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    人乳および牛乳の結合性糖類を定量し, 乳汁中の蛋白質1g当りの結合性糖類含有量を算出し, さらに人乳については泌乳日数による各成分の経時的変化について観察した。また, 各態窒素と結合性糖類の相関関係について検討した。
    その結果, 人乳と牛乳の結合糖類は蛋白質1g当りの含有量に換算した場合, 著しい相違が認められた。すなわち, 人初乳はヘキソース2.8倍, ヘキソサミン18.6倍, シアル酸4.6倍それぞれ牛初乳より高く, 人常乳はヘキソース2.2倍, ヘキソサミン12.5倍, シアル酸4.1倍牛常乳より高い値を示した。
    人乳の各成分は全ヘキソースを除いて分娩後経過日数の増加に伴なって減少した。また, 蛋白質1g当りの糖類結合量からカゼインおよび乳清蛋白質以外の糖類含有量のたかい蛋白質乃至多糖類の存在が予想された。
  • 火入醤油の着色濃化現象における3-デオキシオソン類,ヘキソース及びペントースの役割
    加藤 博通, 桜井 芳人
    日本農芸化学会誌
    1962年 36 巻 2 号 131-137
    発行日: 1962年
    公開日: 2008/11/21
    ジャーナル フリー
    (1) 火入醤油における3-デオキシペントソン(3-D-P)の存在について検討した結果,前報(1)で確認した3-デオキシグルコソン(3-D-G)に比して遙かに少量ではあるが,その存在を確認し得た.
    (2) 火入醤油にキシロースを添加(5%)して37°に保存すると,急速に3-D-Pが生成してくることを確認した.
    (3) 醤油のヘキソース並びにペントースを測定する簡便な方法として,オルシン-硫酸反応とBial反応とを用いた同時定量法を適用した.
    (4) 火入醤油を40°に保存または80°に加熱すると,着色度増加(470mμ)に伴ってヘキソースとペントースは減少するが, 3-D-Gは次第に増加して最高点に達した後ヘキソースの減少に平行して減少する.またキシロースを添加した火入醤油(5%)を40°に保存すると,同様に着色濃化に伴ってヘキソースとペントースは減少するが, 3-D-Gと3-D-Pは共に次第に増加して最高点に達した後それぞれヘキソース及びペントースの減少に平行して減少する,以上の事実から火入醤油の着色濃化現象において“アルドース→3-デオキシオソン類→着色物質”なる反応機構が存在することを推定した.
    (5) 火入醤油にグルコース及びキシロースを添加して空気と接触しない条件下で40°に保存すると,糖添加区はいずれも無添加区よりも着色度増加量が大きい.その際の糖減少量と着色増加量との関係から,少くともこの条件下では着色増加量の大部分は糖の消費によるものであること,また糖の単位減少量当りの着色増加への寄与はペントースの方がヘキソースよりもかなり大きいことを示した.
    (6) 火入醤油の着色濃化現象に対して空気(酸素)は促進作用を有し,空気との接触面積並びに接触時間が大きい程著しい.しかしながら空気と接触しないでも着色濃化は進行し,特にキシロースを添加(5%)した場合は非酸化的褐変反応が急速に進行する.
  • 近藤 清隆, 羽柴 基之
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    1998年 101 巻 1 号 25-36
    発行日: 1998/01/20
    公開日: 2008/03/19
    ジャーナル フリー
  • 星 清子, 竹久 文之
    栄養と食糧
    1981年 34 巻 6 号 583-586
    発行日: 1981年
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    食品中の食餌性繊維の定量法を確立する目的で, Van SoestのDetergent法を用いて試料の乾燥処理法, 試料粒度, およびデンプン含量の高い食品についてのα-アミラーゼによるデンプン分解法の点から検討を加え, 次の結果が得られた。
    1) 乾燥処理法は真空凍結乾燥法を用いるべきであった。
    2) 微粉砕試料はこの測定法には適さなかった。よってウィレー型粉砕機を用いた場合, スクリーン孔0.6~1.0mmスクリーンにて粉砕し, ふるい分けることなく定量に供することが必要であり, ふるい分けによる粒度調製は不適当であった。
    3) デンプン含量の高い試料は結晶α-アミラーゼ (150×104 DUN/mg) 5mg以上, リン酸・ホウ酸Buffer pH 7, 35℃にて1時間以上インキュベートするという酵素処理条件で十分であった。なお, 使用した結晶α-アミラーゼ中にはDF測定値に影響する量のヘミセルラーゼは認められなかった。
  • 米林 甲陽, 森下 年起, 服部 共生
    日本土壌肥料学雑誌
    1987年 58 巻 6 号 729-737
    発行日: 1987/12/05
    公開日: 2017/06/28
    ジャーナル フリー
    水田土壌の地力窒素の年間変動を評価し, その要因を解析するために京都府下の水質汚濁度の異なる3水田圃場から作土を2層 (0〜3cm, 3〜9cm) に分けて採取した. 稲作期間中における乾土効果, 酵素活性 (β-グルコシダーゼ・β-アセチルグルコサミニダーゼ・プロテアーゼ) , 全糖量,熱水抽出性ヘキソースおよびNH_4-N量の変動を測定した. いずれの土壌においても, 乾土効果は夏季に増大するが, 水稲の成育に伴い減少する傾向が認められた. とくに, 第1層においてその傾向が強く, 第2層よりも高い値を示した. この乾土効果の要因となる易分解性有機物が田面水や土壌表面で繁殖する藻類やプランクトン類などに由来することをうかがわせる. また, 水質汚濁の最も著しい船屋水田圃場においては, 汚濁かんがい水の影響が最も大きい水口部第1層の乾土効果のみならず原土湛水NH_4-N生成量までもが, 第2層および中央部よりも高く, 年間変動も激しい傾向がみられた. これらのことから原土湛水NH_4-N生成量の多くが汚濁かんがい水の有機物に由来すると推察された. 原土湛水NH_4-N生成量や乾土効果の年間変動パターン類似性を検討するために, SPSS京大版プログラムを利用して多変量解析を行った. その結果, 湿潤原土湛水NH_4-N生成量の年間変動は各酵素活性の変動パターンとよく類似していた. また, 乾土効果の年間変動は熱水抽出性ヘキソース量の変動パターンと非常に類似度が高かった. さらに層位別,圃場別に分けて変数間の類似性を検討した結果, かんがい水に影響されない易分解性の有機物が乾土効果の起源であり, その指標として熱水抽出性ヘキソース量を使用しうることが推察された. これは, 無機化窒素の給源である易分解性有機態窒素が土壌中にすでに十分多量に存在しており, 微生物のエネルギー源である易分解性有機態炭素が, 有機態窒素の無機化過程の制限要素として働くことを意味していよう.
  • 坂木 剛, 柴田 昌男, 三木 敏晴, 安田 誠二, 廣末 英晴, 林 信行
    日本エネルギー学会大会講演要旨集
    1997年 6 巻 4-2
    発行日: 1997/07/24
    公開日: 2017/03/22
    会議録・要旨集 フリー
  • 金沢 晋二郎
    日本土壌肥料学会講演要旨集
    1989年 35 巻
    発行日: 1989/03/25
    公開日: 2017/06/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 藤田 克英, 浜田 竜之介, 坂上 寛一
    日本土壌肥料学会講演要旨集
    1989年 35 巻
    発行日: 1989/03/25
    公開日: 2017/06/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 坂木 剛, 柴田 昌男, 三木 敏晴, 安田 誠二, 廣末 英晴, 林 信行
    日本エネルギー学会誌
    1998年 77 巻 3 号 241-247
    発行日: 1998/03/20
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    In order to convert cellulosic biomass to raw materials for alcohol fermentation, cellulose and a chinquapin, a hard wood, were hydrothermolyzed with hot compressed water in a batch reactor at temperatures between 250 and 405°C.
    Cellulose was quickly solubilized to water, and nearly 40% of cellulose could be sac-charified to hexose by adjusting the heating time in the range of 13-30s at the heating temperature of 305-405°C. As a result of fermentation test of the water soluble frac-tion, the fermentation rate was found to be remarkably improved by removing furfurals in the solution through an active carbon treatment, and further, good mass balance was confirmed between the consumed hexose and formed ethanol.
    In the case of chinquapin, the hydrothermolysis started at lower temperature than pure cellulse. Active lignin was first decomposed, and then hemicellulose followed by cellulose was hydrolyzed to water solubles (WS), although stable lignin was hard to de-compose and remained as solid residue (methanol insolubles, MI). An increase in the heating temperature caused the decrease in the yield of MI, but did not the increase in the yield of WS because of the second decomposition of WS. However, the WS includ-ing over 20% of hexose was obtained in the yield of near 30% by optimizing the heating time. Since species from lignin were obtained as methanol solubles separately from WS, the WS were suitable for the fermentation and ethanol was successfully produced with saccharomyces.
  • 山田 則行, 坂木 剛, 三木 敏晴, 柴田 昌男, 安田 誠二, 森山 健治, 三島 健司
    日本エネルギー学会誌
    2000年 79 巻 6 号 540-547
    発行日: 2000/06/20
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    For the purpose of producing saccharides from waste paper, decom-position experiments of several kinds of waste paper such as old news print, flier and paper sludge with hot compressed water were performed by using a batch reactor of 6ml inner-volume. The temperature of water was varied in the range of 250-325°C under the decomposition time of about 60s. After the decomposition, yields of water-soluble and water-insoluble components (WS, WI) in the samples and concentrations of saccharides such as hexose and cellobiose in WS were measured. As the results, the maximum concentration of hexose obtained from old news print under the condition of 286°C and 40s was about 25wt% on WS basis. However, hexose and cellobiose were not obtained from flier, catalogue and sludge from a recycled paper plant. It was found that calcium carbonate in their samples prohibited the saccharification of paper. The addition of phosphate salt was confirmed to be effective for producing hexose from cellulose in the reaction system including calcium carbonate.
  • II. 塩蔵と石灰漬との生化学的関係について
    佐藤 泰, 岩瀬 保夫
    日本畜産学会報
    1966年 37 巻 12 号 465-470
    発行日: 1966/12/25
    公開日: 2008/03/10
    ジャーナル フリー
    皮の塩蔵処理と石灰漬処理との間にある生化学的関係を,特に炭水化物関連物質について究明するのを目的とする.そのため新鮮皮と塩蔵皮とを種々の期間石灰漬処理をして,炭水化物含量に対する塩蔵の影響と,塩蔵および石灰漬処理期間の影響を測定し,皮に残留する炭水化物の存在状態をトリプシン処理の結果から推定した.
    すなわち家兎の新鮮皮と,それを4.5ヶ月間塩蔵した皮とについて,これらをそれぞれ10%食塩水で洗い,さらに石灰漬をそれぞれ1日間,3日間,6日間,12日間,25日間おこない,中和および水洗によつて石灰を除き,乾燥し粉砕して石灰漬期間の異なる試料を調製した.これらの試料について,ヘキソース,ヘギソサミン,オキシプロリン含量を測定し,またpH8.1および37°Cの溶液中で各試料をトリプシンで消化して,1時間,2時間,3時間,6時間の各消化時間毎に溶液の酸加水分解液につき,ヘキソース,ヘキソサミン,オキシプロリンを定量した.
    10%食塩水で洗滌したとき皮に残る炭水化物量は,塩蔵することによつて減少する.新鮮皮では25日間の石灰漬によつてヘキソサミン0.03%,ヘキソース0.9%となるが,4.5ヶ月塩蔵した皮では25日間の石灰漬によつてヘキソサミンはほとんどなくなり,ヘキソースは0.6%保持されている.石灰漬した皮からトリプシンによつて遊離されるヘキソース含有物質の量は,新鮮皮の場合,6日間の石灰潰によつて最低となるが,塩蔵皮の場合,3日間の石灰漬によつて最低となる.
    また新鮮皮の場合6日間以上石灰漬をするとき,塩蔵皮の場合3日間以上石灰漬をするとき,トリプシンによつて皮から遊離されるヘキソース含有物質量は,遊離されるオキシプロリン含有物質量の増加に対応して,次第に増加する.
    すなわち新鮮皮においては石灰漬で溶出する炭水化物は,塩蔵によつて10%食塩水に溶解するようになるが,ヘキソースの一部はコラーゲンと結合して存在すると推定される.
  • 高橋 三雄, 藤多 哲朗
    YAKUGAKU ZASSHI
    1955年 75 巻 12 号 1567-1568
    発行日: 1955/12/25
    公開日: 2010/02/19
    ジャーナル フリー
    Gein was detected from Geum jeponicum. Phenolic glycosides and sugars in allied plants, Geum aleppicum var. sachalinense, Pavageum calthifolium, Potentila fragarioides var. Sparengelliana, P. Freyniana, and Agrimonia Eupatria were detected by paper chromatography.
feedback
Top