詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ヘッジファンド"
164件中 1-20の結果を表示しています
  • 大畑 剛
    国際情報研究
    2005年 2 巻 1 号 13-24
    発行日: 2005/06/18
    公開日: 2017/01/02
    ジャーナル フリー

    Policy responses to LTCM rescue in 1998 was that only extreme leverage was the causeof the trouble and appropriate leverage and speculation which utilize short selling andderivatives gives liquidity and efficiency to the market. Leverage should be dealt byprivate counterparty discipline.Securities Exchange Commission are concerned with thegrowth of hedge funds without basic information on them. They basically regard hedgefund as useful to investors and securities market and has come up with the idea ofregistration of hedge funds, which hardly disrupt their investment activities. Hedge fundsare very American in that they naively believe that speculation motivated by greed givesmarket liquidity and efficiency.

  • 宮井 博
    行動経済学
    2008年 1 巻 36-40
    発行日: 2008年
    公開日: 2011/12/03
    ジャーナル フリー
    企業年金の資産運用では,1997年に資産配分規制(5 : 3 : 3 : 2)が撤廃され,代わりに伝統的資産の政策アセットミックスの策定と,それを用いたリスク管理が行われることになった.これによって政策アセットミックスの導入初期の1998年∼1999年に見られたパフォーマンスの後追い傾向が,導入が定着した2000年∼2002年の市場下落時にはある程度排除されたと思われる.しかし,その後,伝統的資産内の運用スタイル·リスクが増加したことや,ヘッジファンドなどへの分散投資が進んだ結果,政策アセットミックスによるリスク管理そのものが機能しなくなっている.本稿では,行動経済学的なパフォーマンスの後追い傾向や,同じようなヘッジファンドを多数保有する傾向を排除する方法として,システマティック·リスク·ファクターによるリスク管理の方法について提案する.
  • 徳永 潤二
    季刊経済理論
    2006年 43 巻 3 号 40-51
    発行日: 2006/10/20
    公開日: 2017/04/25
    ジャーナル フリー
    This paper analyzes that the role of U.S. in the international capital movements is not passive as the standard theory argues but active in the first half of 2000s. Using publications by IMF, BIS, U.S. Department of Commerce and rating agency, etc., the active role of U.S. in the international capital movements is observed. While U.S. financial institutions supply a large amount of short-term funds through repurchase agreement to hedge funds, highly leveraged institution, based in Caribbean financial centers, they also invest their funds actively for trading strategies similar to hedge funds or buying them. Interestingly, U.S. as the provider of the dominant international currency is 'active' in enhancing the liquidity in the international financial system. U.S. is the 'starting point' in the international capital movements, the standard theory explains the role of U.S. as 'a world banker' which is playing the role of a passive international financial intermediary. On contrary, U.S. has become from 'a passive world banker' to 'an active financial conglomerates in the world', as I summarized in this paper.
  • 増川 純一
    日本物理学会講演概要集
    2017年 72.1 巻 20aB13-10
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/04/19
    会議録・要旨集 フリー

    株式市場においては、ヘッジファンド、年金組合、投資信託、個人投資家等の異なる投資手法、異なる時間間隔で取引を重なう複数の種類の投資主体が混在する。これらは、価格や板情報によって情報を共有しお互いに影響を受け会いながら投資を行っているものと考えられる。ここでは、東証のティックデータを用いて、異なる時間スケール間の収益率の相関についての実証研究を報告する。金融市場の価格時系列がマルチフラクタル性を持つことはすでに周知であるが、ここではそれ以外にも時間反転性を破る様な結果について報告し、可能なモデルについての議論を行う。

  • 三和 裕美子
    經營學論集
    2016年 86 巻
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/03/23
    会議録・要旨集 オープンアクセス
    現代資本主義においては,経済活動を通して生み出された富は,生産手段に投下されるよりも,金融市場に向かい,国債,株式,デリバティブ市場の急速な取引技術の革新によって,さらに取引残高が増加する。この結果,大規模な資金を運用する年金基金,投資信託などの機関投資家,富裕層の資産運用を主に行うヘッジファンドなどの行動が金融市場や企業に及ぼす影響が大きくなり,「もの言う株主」などとして注目を集めるようになった。また,今日企業を支配するファンドも出現し,取引先に対する関係保持や新規市場開拓,技術革新,労使関係等に無関心,あるいはそれらを軽視し,ときには法令遵守にも留意しないという最低限のコーポレート・ガバナンスさえ機能しない状況を生み出している。現代社会におけるファンドの影響力は投資先企業にとどまらず,企業支配や国家にまで及んでいる。本稿では,経済の金融化との関連でファンドの企業支配の実態と問題点を明らかにし,現代株式会社への影響を考える。
  • 倉都 康行
    知能と情報
    2003年 15 巻 6 号 627-634
    発行日: 2003/12/15
    公開日: 2017/05/29
    ジャーナル フリー
  • 秋田大学
    電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン
    2009年 2009 巻 8 号 8_30
    発行日: 2009/03/01
    公開日: 2011/06/03
    ジャーナル フリー
  • 阿部 茂行
    東南アジア研究
    2001年 39 巻 3 号 445-446
    発行日: 2001/12/31
    公開日: 2017/10/31
    ジャーナル フリー
  • 上林 篤幸
    フードシステム研究
    2008年 14 巻 3 号 62-63
    発行日: 2008/02/29
    公開日: 2010/12/16
    ジャーナル フリー
  • 本山 美彦
    国際経済
    1995年 1995 巻 46 号 3-20
    発行日: 1995/09/05
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    The U. S. economic fundamentals do not justify the collapse of the dollar. To be sure, America piled up too much debt over the past 15 years to finance both government and trade deficits, and there is a huge overhang of dollar-dominated debt throughout the world. But recent U. S.business productivity has been rising at a heady annual rate of 2.1% forsome four years, better than either Germany or Japan.
    The problem lies in the mechanical structure of the foreign exchange markets. The Yen is appreciating because many investors assume the U.S. government wants the yen to rise in order to treat chronic trade imbalances. Then there is Mexico. The U. S. is acting as lender of last resort to the battered Mexicsan economy, and its crisis is fueling investor fears that the U. S. could end up paying out more to prop up its economy and discredited government. On the face of it, investors have found the best chance to get profits. We live in the death of morarity.
  • 相馬 亘
    応用数理
    2005年 15 巻 3 号 239-253
    発行日: 2005/09/27
    公開日: 2017/04/08
    ジャーナル フリー
    We analyze cross correlations between price fluctuations of different stocks, and obtain the eigenvalues λ of an equal-time crosscorrelation function C. The statistics of the eigenvalues of C are compared with those of the random matrix theory (RMT). We find that a majority of the eigenvalues of C fall within the RMT bounds [λ_-, λ_+]. We regard the range λ_+<λ as the principal part of correlations in the stock market. We construct portfolio of stocks by using the eigenvalues λ_+<λ, and report a performance of them.
  • 毛利 良一
    季刊経済理論
    2012年 48 巻 4 号 107-109
    発行日: 2012/01/20
    公開日: 2017/04/25
    ジャーナル フリー
  • 毛利 良一
    国際経済
    2002年 2002 巻 53 号 48-69
    発行日: 2002/08/20
    公開日: 2010/07/07
    ジャーナル フリー
    The paper firstly analyses the agendas and progress in strengthening the architecture of the International Financial System after the Asian crises, including introduction of prudential regulation, promotion of private involvement, quest of adequate exchange regime, prevention of financial crisis etc.Secondly the paper discusses the function focusing of the two Breton Woods institutions.IMF would restructure its role to play in macro-economic surveillance and lend in the short span, and the World Bank would take initiative in poverty alleviation and development.Thirdly the paper reviews the recent increase in number and scope of structural conditionality in IMF-supported programs and proposes the radical change from the viewpoint of ownership and participation.
  • 深尾 光洋
    学術の動向
    2009年 14 巻 6 号 6_58-6_67
    発行日: 2009/06/01
    公開日: 2011/08/05
    ジャーナル フリー
  • 杉浦 正和
    国際ビジネス研究
    2011年 3 巻 2 号 45-59
    発行日: 2011/09/30
    公開日: 2017/07/01
    ジャーナル フリー
    本稿の目的は、2010年に米証券取引委員会(SEC)による訴追および捜査を受けた合成CDO(債務担保証券)の組成・販売の2件の事例を通じて、グローバル金融取引における「出し抜き」「騙し」「詐欺」の本質的差異について整理し、ビジネスと詐欺の境界に関する考察を行うことである。最初に分析するのは、2010年4月にSECによる訴追を受けたゴールドマン・サックス(GS)による「アバカス(Abacus)」と呼ばれる合成CDOに関する事例である。アバカスはGSによって組成・販売されたが、大手逆張りヘッジファンドのポールソンが当該合成CDOに対するCDSの買い手となっていた。アバカスは大幅な値下りからポールソンは巨額の利益を得たが、SECはGSがポールソンの関わりを顧客に十分に開示していなかったことは「決定的情報の非開示」にあたるとして訴追した。次に分析するのは、2010年5月にSECによる捜査を受けたモルガン・スタンレー(MS)による「デッド・プレジデンツ(Dead Presidents)」と呼ばれる合成CDOの事例である。デッド・プレジデンツはサブプライム関連の住宅ローン担保証券から合成されたCDOであり、その価格下落に賭けた側が結果的に同CDOの値下りによって利益を得た点についてはアバカスと同じである。一方、MSが行ったのは組成のみであり販売は他の金融機関が行ったこと、ファンドの価格下落に対する賭けを行ったのがMSのトレーダーであった点でアバカスと異なる。調査方法としては、訴状および主として米国メディアの記事等の資料の分析を行い、その上でグローバル・ファイナンス分野の法律専門家および主要なグローバル金融機関5社のシニア・プロフェッショナル5名に対するインタビューを行った。これらの事例の比較分析を通して、金融取引は厳しい「出し抜きあい」の面を持つ一方で「騙し」との境界は曖昧にならざるを得ない半面、「詐欺」に該当することを証明するためには「認識」と「意図」との存在が決定的な要素であることを明らかにする。最語に、ギデンズ(Giddens,A.)のモダニティーを巡る3つのフレームワーク(「脱埋め込み」「信頼」「再帰性」)を援用して、グローバル金融ビジネスの本質についての考察を行う。
  • 林 征治
    低温工学
    2003年 38 巻 3 号 93
    発行日: 2003年
    公開日: 2005/08/26
    ジャーナル フリー
  • 島内 高太
    産業教育学研究
    2016年 46 巻 2 号 37-38
    発行日: 2016年
    公開日: 2018/05/08
    ジャーナル オープンアクセス
  • 岸本 光永
    研究 技術 計画
    1999年 14 巻 3 号 165-168
    発行日: 1999/11/25
    公開日: 2017/12/29
    ジャーナル フリー
    History of development of financial engineering in the U.S. shows that many results were obtained in studies with actual business activities as the background, which have, in turn, readily found practical applications. In Japan, however, factual analysis has been hindered by various problems in both academic and business circles. Given that the social needs for financial engineering is certain to grow, the current situation should be improved to assure fruitful applications, with the limitation inherent to research in this field taken into account.
  • 名倉 賢
    素粒子論研究
    1999年 99 巻 1 号 1-29
    発行日: 1999/04/20
    公開日: 2017/10/02
    ジャーナル フリー
  • 建部 正義
    季刊経済理論
    2009年 46 巻 1 号 22-31
    発行日: 2009/04/20
    公開日: 2017/04/25
    ジャーナル フリー

    (1) After 1990', "financial glut" and/or "excess money capital" have emerged as the most remarkable phenomenon in the world economy where financial markets swing wildly real economy. The adjective 'excess' in this context implies the difficulty for money capital to discover desirable destinies where it can be invested with satisfactory return. In other word, in the contemporary global economy, money capital has been accumulated much faster than industrial and commercial capital with ensuing bottleneck of profitable investment outlet. Because of this aggravating bottleneck, the excess money capital piles up in the financial market and moves around as speculative capital. Thus far, major borrowers of bank loan have shifted from industrial sector to unproductive sector including LBOs, hedge funds, and household and/or consumers. In relation to this shift of borrowers, the increasing part of bank profit has been generated in the form of fees and commission for varieties of financial services rather than interest margin in the traditional commercial lending. The trend of banking being disconnected from industries and ever larger part of their profit being generated in activities such as M&A deals, asset securitizations, and consumer loans demonstrates the defunctness of the traditional commercial banking model and its transformation into a new originate-to-distribute (OTD) banking model. In reflection on these structural changes in contemporary capitalist economy and the transformation of banking model, we are required to reconsider the viability of the classical concept of "Finance Capital" advocated by Lenin and Hilferding in the early stage of 20th century. As well known, Lenin's definition of Finance Capital is "concentration of production and from which emerged monopoly, consolidation and/or adhesion of banks and industries-this is the rising history of finance capital and its concept" (Imperialism). In the same vein, Hilferding wrote "banks could not help but anchor increasing part of their capital in industries. Therefore banks more and more transformed themselves into industrial capitalists. I name the bank capital i.e. money capital which is virtually transformed into industrial capital a finance capital (Finance Capital). Are their conceptualizations of finance capital as 'consolidation and/or adhesion of banks and industries' or 'money capital which is virtually transformed into industrial capital' still applicable to contemporary capitalism? With regard to the striking phenomenon of excess liquidity and/or excess money capital in the modern capitalist economy, I prefer to thematize in this presentation the viability of the concept of 'Casino-Style Finance Capital' as an alternative for the classical concept of 'Finance Capital' (2) In thematizing the Casino-Style Finance Capital, my basic points of view are as followings. (1)Financial bubble denotes assets inflation uncoupled from real economy, therefore its eventual bursting is unavoidable. (2)Financial transactions in securities and real estate markets do not generate new economic value and/or value added. The economic function of financial markets resides only in the redistribution of existent economic value. (3)Derivative schemes and loan securitizations can transfer financial risk between market players but neither of them reduces financial risk much less extinguish it. (4)Every fees, commissions, and capital gains obtained by financial institutions from loan securitizations and any other mortgage related transactions come from repayments by mortgage borrowers. (5)In deciphering the macro-economic effects of financial bubble, we need to consider two conflicting effects generated by both asset inflation and asset deflation. (6)Even if the subprime loan-related financial crisis may be successfully contained

    (View PDF for the rest of the abstract.)

feedback
Top