詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ヘンタイ"
8件中 1-8の結果を表示しています
  • 津上 英輔
    美学
    2009年 60 巻 2 号 148-
    発行日: 2009/12/31
    公開日: 2017/05/22
    ジャーナル フリー
  • 津上 英輔
    美学
    2010年 61 巻 1 号 1-12
    発行日: 2010/06/30
    公開日: 2017/05/22
    ジャーナル フリー
    Sibley observed in "Aesthetic Concepts" that "many words have come to be aesthetic terms by some kind of metaphorical transference", though without specifying what kind. In the transference of e.g. "nostalgic" from its primary sense as having nostalgia (He was^1 nostalgic.) to its metaphorical, aesthetic sense as causing nostalgia (The song was^2 nostalgic.), a thing takes the place of a person as the subject. This process contains a reciprocal alternation (a) from an objective viewpoint (was^1) to a subjective and again (b) to an objective (was^2). I argue one bridge connecting both ends is the subjective verb feel, with its active (He felt nostalgic. =a) and quasi-passive use with a thing as the subject (The song felt nostalgic. =b). This theory enables us to trace the history of our sensibility by pursuing grammatical or lexical changes particular words underwent over a period. One example is a group of terms denoting mental diseases including "nostalgia". Most of them have positive aesthetic meanings. This illustrates our sensibility's tendency to approve of what is socially or morally repudiated. Since we are capable of dating the changes using the OED, such individual observations will add up to a history of our aesthetic sensibility.
  • 岡野 弘行, 金子 明夫, 高野 勝宏
    情報管理
    1990年 33 巻 3 号 221-235
    発行日: 1990年
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル フリー
    JICSTでは, 自然語から統制語(シソーラス語)を案内する「自然語辞書」を開発し, 文献検索システムJOIS-IIIに参照辞書として登載した。開発の経緯および辞書作成システムについて概観し, JOIS-IIIにおける利用方法と検索コマンドについて解説した。さらに同音語, 限定句などの特殊な検索(参照)例についても検索画面を示して解説した。この辞書は, システム解析および人手によるFT-CT変換辞書と統計解析によるFT-CT共出現辞書を統合(マージ)して作成される。現在の辞書規模は, 変換辞書11万語, 共出現辞書33万語, 自然語辞書31万語となっている。
  • 岡野 弘行
    情報の科学と技術
    1989年 39 巻 12 号 558-566
    発行日: 1989/12/01
    公開日: 2017/06/01
    ジャーナル オープンアクセス
  • 片岡 彰博
    情報管理
    1981年 24 巻 3 号 217-240
    発行日: 1981年
    公開日: 2012/09/28
    ジャーナル フリー
    JICSTでの公衆端末機によるオンラインサービスまでの歴史を概説してから, JICSTファイルの収録対象分野, 記事の採択基準, 出力見本に従った収録項目などをデータを含めて説明した。次に, 分類の構成, キーワードと分類コードの付与の基本的事項と付与例を示した。最後に, 利用法として検索時の注意点, 簡単な検索例, JICSTシソーラスなどのサーチエイド, 利用者の研修会につき説明した。なお, 必要に応じてJOIS-IとJOIS-IIでの変更点を述べた。
  • 片岡 彰博
    情報管理
    1980年 23 巻 2 号 145-162
    発行日: 1980/05/01
    公開日: 2016/03/16
    ジャーナル フリー
  • 有薗 真代
    ソシオロジ
    2004年 49 巻 1 号 55-71,187
    発行日: 2004/05/31
    公開日: 2016/05/25
    ジャーナル フリー
     This paper reconsiders gender/sexuality theory by focusing on a transgendered individual's way of life. It is also an attempt to extend the sociology of life history by focusing on changes in her narrative. My task in this dissertation is to externalize their straggles with their own issues.
     For the purpose of analyzing changes in narrative, I introduced the approach of Narrative therapy. Narrative therapy assumes that when people tell their own stories certain events are untold and recognized, or intentionally left out. A person's subjective narrative is told as if it were the definitive story of what has happened.
     This is the method of Narrative therapy. Subverting the dominant narrative of personal experience will create alternative stories that have been left out in repeated retellings, locate the multi-dimentional nature of the individual's own stories, and respond to their complexity. Furthermore, attention to power in narrative therapy will show what kind of power is at work when such stories are formed.
     By analyzing the individual's narrative in this fashion, I describe the creative process of techniques for overcoming the difficulty and pain that exist in a minority's everyday life.
  • 普光江 洋
    日本顎咬合学会誌 咬み合わせの科学
    2009年 29 巻 4 号 320-325
    発行日: 2009/11/24
    公開日: 2015/02/03
    ジャーナル フリー
    咬合学は臨床家にはとっつきにくい学問と思われがちですが,決して難しいものではありません.正常な咬合を有しているすべての人が,すでに有している機能を科学することで機能不全に陥った患者さんを治療する,あるいはその前段階で病気を食い止めようという学問です. 有歯顎の治療はもちろんのこと,義歯の咬合,近年はインプラント治療における上部構造物の咬合の与え方が,その予後を左右することは異論を挟むことのない事実となっています. かつて,咬合学は難解な学問でしたが,それは咬合のメカニズムを機械的に構築し論理づける,という長く根気のいる時代が背景にあったからです.しかし,現代では先人と同じ苦労をする必 要はありません.いま,目の前にある結果と,必要最小限のテクニックを身に付けることで,咬合を自分のものにできます. 前回の咬合教室では「What is the Reference position & Treatment planning for the malocclusion?」と題して,「基準位」をどのように考え,治療計画に活かしていくのか,その方法を中心にまとめてみたのですが,3時限目の今回は下顎運動とその診断です.下顎運動の基本を知っていなければ咬合治療を行うことはできません.今回は下顎運動が咬合面形態とどのような関係にあるのかといったところまで一歩踏み込んで,顎機能診断を咬合治療に生かすための基礎知識を学ぶ時間にしたいと思います.
feedback
Top