詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "マデイラ川"
3件中 1-3の結果を表示しています
  • 高木 仁, 池谷 和信
    日本地理学会発表要旨集
    2018年 2018s 巻 838
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/06/27
    会議録・要旨集 フリー
    【はじめに】
     南米アマゾン川流域の一次生産について、狩猟やペッカリーの毛皮の交易, 家畜食肉生産などに関する研究が蓄積されていくなか(Arima et al, 2011, Hoelle 2015, Ikeya 2012), 漁業生産についてはかつて中部支流のマデイラ川と本流との合流点(イタコアティアラ, Itacoatiara)において研究が進められてきたことが文献調査でわかってきた(Goulding 1979, 1981, Junk 1970, Nigel 1981, 図1).
     ナイジェルによれば, 開発の進むマデイラ支流域やその合流点は, 南ブラジル市場へのアクセスも良く, ブラジルの巨大な淡水魚市場の調査には絶好の場所であったという(Nigel 1981: 2-3). また, 20世紀中葉までには支流マデイラの上流まで漁業開発が特に進み, 1). 急流箇所での鯰漁や, 2). 季節性のある回遊魚の漁(パクー), 3). 氾濫原や浸水した森におけるピラルクの釣りなどに大きな特徴があったとゴールディングは述べる(Goulding 1981: 26-58).
     本発表では漁業生産について研究蓄積の少ないアマゾン川上流域の密林都市イキトスとベレン市場について報告し、そこでの淡水魚流通についての研究結果を提示する. 特に一月初旬(乾季)の食肉鮮魚市場の現状や, そこで流通する種類や, 旬物についての調査結果の報告をおこない, 更なる研究の可能性について考えていく.

    【結果】
     本調査では特にイキトス市ベレン市場で淡水魚29種とカメや鰐の切り身や食肉の流通についての一次資料を得ることができた.
     巨大なベレン市場は上部と下部に分かれており, 特に上部に良品が集まる. 魚に関しては, 上部市場にも生のピラルクやパクーは少なく(乾燥塩蔵ピラルクや巨大ナマズの切り身は少数散見されたが), 流通する物の多くは25cm~40cmほどの中型魚が占めていた.この時期の店先で目立ったのは, 現地でボキチーコ(Boki-Chiko), パロメハ(Palomeha), カラマチャ(Karamacha)と呼ばれる魚種で, 鮮やかな色の卵を携えていた. 下部市場ではそのうちの小さな物や市場価値の低い小ピラニアなどがまとめて安く売られていて, 市場内での差別化も進んでいた.

    【考察】
     ナイジェルによれば, 1970年代に大都市マナウスでは7年間で操業する商業漁船がおよそ6倍にも膨れ上がったという(Nigel 1981: 121, 140→800艘). 現在の巨大なイキトス港を散見する限り, アマゾン上流域の人文地理や水域での一次生産, 栄養源や資源利用の諸相について理解するためには, これまでの巨大鯰漁やパクーのような伝統的な季節魚, 氾濫原や浸水した森でのピラルクの釣りといった特徴的なものだけでの現状把握は難しいだろうという結論を得た.

    【参考文献(一部抜粋)】Goulding, M. (1981) Man and Fisheries on an Amazonian Frontier. Dr W. Junk Publishers. Ikeya, K. (2012) Peccary hunting among local people in the Peruvian Amazon. Kobayashi S. and K. Ishimaru eds. The proceeding of “Incentive of Local community for REDD and Semi- Domistication of Non- timber Forest Producsts”: 105-114. Nigel, S. (1981) Man, Fishes, and the Amazon. Colombia Uni Press.
  • 石川 哲郎, 高田 未来美, 徳永 圭史, 立原 一憲
    保全生態学研究
    2013年 18 巻 1 号 5-18
    発行日: 2013/05/30
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル オープンアクセス
    1996〜2011年に、沖縄島の266河川において、外来魚類の定着状況と分布パターンを詳細に調査した結果、13科に属する30種1雑種の外来魚類を確認した。このうち、温帯域から熱帯域を含む様々な地域を原産とする合計22種(国外外来種19種、国内外来種4種)が沖縄島の陸水域で繁殖していると判断され、外来魚類の種数は在来魚類(7種)の3倍以上に達していた。繁殖している外来魚類の種数は、20年前のデータと比較して2倍以上に増加していたが、これは1985年以降に18種もの観賞用魚類が相次いで野外へ遺棄され、うち10種が繁殖に成功したことが原因であると考えられた。外来魚類の分布は、各種の出現パターンから4グループに分けられた:極めて分布が広範な種(カワスズメOreochromis mossambicusおよびグッピーPoecilia reticulata)、分布が広範な種(カダヤシGambusia affinisなど4種)、分布が中程度の広さの種(マダラロリカリアPterygoplichthys disjunctivusなど5種)および分布が狭い種(ウォーキングキャットフィッシュClarias batrachusなど20種)。外来魚類の出現頻度と人口密度との間には正の相関が認められ、外来魚類の出現パターンと人間活動との間に密接な関係があることが示唆された。外来魚類は、導入から時間が経過するほど分布を拡大する傾向があったが、その速度は種ごとに異なっていた。特に、日本本土やヨーロッパにおいて極めて侵略的な外来魚類であると考えられているモツゴPseudorasbora parva、オオクチバスMicropterus salmoidesおよびブルーギルLepomis macrochirusの分布拡大が遅く、外来魚類の侵略性が導入された環境により異なることが示唆された。沖縄島の陸水域において新たな外来魚類の導入を阻止するためには、観賞用魚類の野外への遺棄を禁ずる法規制の整備と共に、生物多様性に対する外来生物の脅威について地域住民に啓発していくことが重要である。
  • 野尻 亘
    人文地理
    2009年 61 巻 4 号 293-311
    発行日: 2009年
    公開日: 2018/01/10
    ジャーナル フリー

    Alfred Russel Wallace (1823–1913) is famous for presenting a theory of evolution with Charles Darwin at the Linnean Society in London in 1858.

    This paper traces how Wallace was led from biological distribution to the idea of the theory of evolution, and what the concept of an area of biological distribution and its boundary lines mean within the methodology of geography.

    Information about various creatures and their distribution was collected from all over the world during the 18th and 19th centuries. It became clear that species differed in different regions, even those having similar environmental conditions. This was in contradiction to the theory of creationism, in which each species was created to suit its environment.

    Wallace, in expeditions to the Amazon, reported finding closely related, yet different, species on opposite sides of a geographical barrier, such as the opposing banks of a wide river.

    Wallace thought that groups of what were originally the same species evolved apart from one another over time after becoming isolated from each other. Upon further development of this idea, while in Sarawak, Borneo in 1855, Wallace wrote a thesis and presented the theory that “every species has come into existence coincident both in space and time with a pre-existing closely allied species.” In other words, he insisted that speciation is not sudden divergence but continuous spatial and temporal evolution.

    Wallace’s biogeography integrated geological data and climate data, such as glacial action or sea-level changes based on the permanence of the arrangement of continents and oceans, and comprehensively treated the concepts of migration habits and dispersal, evolutionary adaptation, and the divergence of life as the principles of research. In this way, Wallace’s theory of evolution places more importance on the influence of environment or the geographic distribution of life than Darwin did.

    At a macroscopic level, Wallace set out six zoogeographic regions in the world, based on the permanence of the global arrangement of oceans and continents. However, in explaining those boundaries or marginal regions such as islands, the influence of upheavals and subsidence of land masses, the actions of glaciers, and sea-level changes, etc. continued to be of importance.

    Also, the Wallace Line discovered by Wallace in the Malay Archipelago is not only a faunal boundary between the Oriental region and Australian region, but it has been seen today as a subduction zone in plate tectonics theory, where the Australian continental crust collides and sinks beneath the Eurasian continental crust.

feedback
Top