詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "ムンプスウイルス"
373件中 1-20の結果を表示しています
  • 畑中 章生, 立石 優美子, 本田 圭司, 鎌田 知子, 田崎 彰久, 岸根 有美, 竹田 貴策, 川島 慶之
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    2014年 117 巻 2 号 111-115
    発行日: 2014/02/20
    公開日: 2014/03/20
    ジャーナル フリー
    従来, 野生株によるムンプスウイルス再感染はまれとされていたが, 近年, 主に小児科領域において, ムンプスウイルス再感染の報告が散見されるようになった. 再感染の診断基準の一つとして, 初診時のムンプスウイルス血清IgM抗体価<2.5, かつ同IgG>25.8が提唱されている. 2010年7月から2011年6月までの12カ月間に, 土浦協同病院耳鼻咽喉科を受診した大唾液腺腫脹症例のうち感染によるものと考えられた45例に対して, 初診時にムンプスウイルス血清抗体価を測定した. ムンプスウイルス初感染と考えられた症例は10例, 上記診断基準からムンプスウイルス再感染と考えられた症例は7例であった. 今回の検討から, ムンプスウイルス再感染はありふれた病態である可能性が示唆された.
  • 高野 知行
    脳と発達
    1994年 26 巻 3 号 206-210
    発行日: 1994/05/01
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    乳幼児期以後のムンプスウイルス感染後に認められる水頭症の発生要因として, ムンプスウイルスによる上衣炎が推定されている.ムンプスウイルスの胎内感染が, 先天性水頭症の成因となり得るかについては, 未だ明らかにされていない.実験的には, ムンプスウイルスやパラインフルエンザウイルス3型を新生仔ハムスターに接種すると, 脳室上衣炎により高度な水頭症が惹起されるが, 経胎盤感染はごくまれにしか成立しない.しかし, 胎盤関門が傷害された病態下で, 胎児へのウイルスのleakを生じた場合, ミクソウイルスの脳室系上衣細胞に対する強い感染性により, 容易に水頭症が惹起され得る可能性がある.
  • 由良 義明, 吉田 秀夫, 梁川 哲雄, 東 雅之, 佐藤 光信
    日本口腔外科学会雑誌
    1983年 29 巻 3 号 420-425
    発行日: 1983/03/20
    公開日: 2011/07/25
    ジャーナル フリー
  • 川﨑 泰士, 和佐野 浩一郎, 鈴木 法臣, 渡部 佳弘
    耳鼻咽喉科臨床
    2014年 107 巻 1 号 43-46
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/01/01
    ジャーナル 認証あり
    We report herein on a case of mumps associated with laryngeal edema. The patient was an 18-year-old man who was referred by a nearby doctor with complaints of dyspnea and swelling of the submandibular and parotid glands. We suspected that the patient was suffering from mumps associated with laryngeal edema. The patient was hospitalized and started on treatment with intravenous steroids. Because the laryngeal edema did not improve with this treatment approach, a tracheostomy was performed. The diagnosis of mumps was confirmed by the elevated serum antibody titers. There have been about 15 reports of mumps associated with laryngeal edema especially from Japan. It is essential to examine the airway by laryngoscopy in case of mumps with swelling of the submandibular and parotid glands.
  • 渡辺 彰, 名村 正伸, 金谷 法忍, 大家 他喜雄, 林 守源
    日本内科学会雑誌
    1987年 76 巻 9 号 1409-1413
    発行日: 1987/09/10
    公開日: 2008/06/12
    ジャーナル フリー
    症例は26才男性で,急性左心不全で入院した.心電図は心室内伝導傷害と前側壁心筋梗塞の所見を示した. CPKは最高10470IUに上昇し, LDHは6620IUに上昇した.入院第51病日に心臓カテーテル検査を施行した.左室造影では心筋収縮能はび漫性に低下していた.選択的冠動脈造影では左冠動脈主幹部に長さ1.6cmの辺縁が平滑な50%の狭窄を認めた.また,前下行枝に長さ2.8cmにわたり冠動脈内陰影欠損を認めた.血中ウイルス学的検査でムンプスウイルス抗体価が有意に変動した.発症1年後の右室心内膜心筋生検から心筋炎と診断した.以上より,冠動脈病変を呈したムンプスウイルス心筋炎と診断し,冠動脈病変の病因として冠動脈炎が考えられた.
  • 高野 知行, 宇野 正章, 山野 恒一, 島田 司巳
    脳と発達
    1994年 26 巻 3 号 247-250
    発行日: 1994/05/01
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    妊娠ハムスターに, 経静脈的および経胎盤的にムンプスウイルスを接種することにより, 水頭症モデルの作製を試みた.妊娠8, 10, 12および14日目の静脈接種群では水頭症は発症しなかった.妊娠14日目の胎盤接種群では, 出生ハムスターの約28%に脳室拡大が観察された.組織学的には, 脳室系上衣細胞面における炎症性細胞の浸潤, 側脳室上衣下の白質における浮腫, 中脳水道の上衣下におけるミクログリアの集積など, 脳室上衣炎により惹起された病理所見が観察された.
    ムンプスウイルスの胎内感染による先天性水頭症は, まれにしか発症し得ないものと推定されるが, 胎盤関門が傷害される病態下では, ウイルスは胎盤を通過し得るものと考えられる
  • 高橋 亮介, 畑中 章生, 小山 雄太郎
    耳鼻咽喉科臨床
    2018年 111 巻 1 号 41-49
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/01/01
    ジャーナル 認証あり

    Mumps virus is one of the major causative pathogens of sialadenitis. Some cases of laryngopharyngeal edema developing in association with mumps virus infection have been reported in Japan. We report three cases of suspected mumps virus infection who presented with laryngopharyngeal edema.

    (Case 1) A 27-year-old female patient presented to us with the chief complaint of swelling and pain of the parotid gland region and breathlessness. Endoscopic examination showed significant laryngopharyngeal edema. Intravenous administration of a steroid proved ineffective against the edema. Then, we decided to secure the airway by oral intubation. The laryngopharyngeal edema gradually resolved and the patient was extubated on day 3 of hospitalization. Although the patient gave a history of having received vaccination against mumps infection, the serum test for IgM antibody against mumps virus was positive. Therefore, she was diagnosed as a case of mumps with primary vaccine failure.

    (Case 2) A 44-year-old male patient presented to us with the chief complaint of swelling of the upper neck. Endoscopic examination revealed laryngopharyngeal edema, which resolved promptly with intravenous administration of a steroid. Mumps was ruled out by a negative serum test for mumps virus antibodies and a negative virus isolation test of the saliva. We suspected the cause to be a viral infection other than mumps.

    (Case 3) A 29-year-old female patient presented to us with the chief complaint of swelling and pain of the parotid region and sore throat. Endoscopic examination revealed significant laryngopharyngeal edema, which resolved gradually with intravenous steroid administration. The causative pathogen in this case also remained unknown, as in Case 2.

    Among the three cases, mumps virus infection was confirmed in one case, whereas the cause in the other two cases was considered to be a virus other than mumps virus. Patients with sialadenitis presumed to be caused by viral infection who present with the complication of laryngopharyngeal edema should be treated with intravenous steroid and be examined frequently by endoscopy.

  • 佐藤 光信, 浦出 雅裕, 作田 正義, 白砂 兼光, 吉田 秀夫, 前田 憲昭, 梁川 哲雄, 森本 正樹, 由良 義明, 元村 太一郎, 宮崎 正
    日本口腔外科学会雑誌
    1978年 24 巻 3 号 530-535
    発行日: 1978/06/15
    公開日: 2011/09/13
    ジャーナル フリー
  • 中野 光花, 清水 啓成, 篠原 宏, 菱村 祐介
    耳鼻咽喉科臨床
    2019年 112 巻 9 号 587-592
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/09/01
    ジャーナル 認証あり

    While in most cases, viral parotitis is caused by mumps virus, other viruses have also been known to cause the disease. Over 100 viruses have been documented as causing viral parotitis, including parainfluenza, coxsackie and Epstein-Barr virus. Dozens of cases of acute parotitis with laryngeal edema have been reported domestically.

    We report a case of parotitis and submandibular inflammation associated with significant laryngeal edema that was caused by a non-mumps virus.

    The patient was a 34-year-old female who presented with a 3-day history of bilateral swelling of the parotid and submandibular regions. The swelling had become steadily worse and she complained of difficulty in swallowing. Physical examination revealed bilateral swelling of the parotid and submandibular regions. Laryngeal endoscopic examination showed significant edema of the epiglottis, valleculae and arytenoid cartilages of both sides. The patient was begun on intravenous steroid treatment, and the laryngeal edema immediately improved. Mumps was ruled out as the cause by the negative serum test for mumps virus antibodies, as also other viruses such as parainfluenza, coxsackie and EB viruses, by the negative serological tests for the respective viruses. We suspected some other virus as the cause.

    Some cases of parotitis with laryngeal edema have been reported previously in Japan. It is presumed that parotitis with laryngeal edema is caused by circulatory disturbance because of bilateral swelling of the submandibular glands. Some reported cases of parotitis with laryngeal edema required tracheostomy.

    In order to avoid unexpected or critical airway obstruction, laryngeal endoscopic examination and careful observation are important and essential.

  • 水沼 真也, 川本 大樹, 津田 祐子, 田村 彰, 南 弘一, 鈴木 啓之, 高橋 利幸
    脳と発達
    2019年 51 巻 3 号 206-208
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/08
    ジャーナル フリー

     抗myelin oligodendrocyte glycoprotein (MOG) 抗体は, 小児の急性散在性脳脊髄炎や視神経脊髄炎など脱髄疾患で陽性例が報告されている. 今回, 我々はムンプスウイルス感染症が先行し視神経炎 (optic neuritis; ON) で発症した抗MOG抗体陽性関連脱髄疾患の7歳女児例を経験した. 右眼痛, 右視力低下が出現し視神経炎の診断で当院へ紹介受診した. 右視力は10cm手動弁まで低下しており, 頭部MRIのT2強調画像とfluid attenuated inversion recovery (FLAIR) で右視神経の腫大, 両側大脳皮質下白質に高信号病変を認めた. ステロイドパルス療法3クール, ガンマグロブリン大量療法を施行したところ治療に反応し視力は右眼1.5まで改善した. その後, 抗MOG抗体の陰性を確認してステロイド内服を中止したが, 再発なく経過している. 抗MOG抗体についてはその病的意義や感染症との因果関係は明らかにされていないが, 本症例ではムンプスウイルス感染症が先行した. 抗MOG抗体とムンプスウイルスとの関連を指摘した報告はなく, 今後さらなる症例の蓄積による検討が必要である.

  • 元田 昭策, 佐藤 征也, 岩瀬 勇雄, 落合 宏, 庭山 清八郎
    ウイルス
    1981年 31 巻 2 号 165-166
    発行日: 1981/12/01
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
  • 山本 大介, 内山 剛, 杉山 崇史, 佐藤 慶史郎, 清水 貴子, 大橋 寿彦
    臨床神経学
    2013年 53 巻 10 号 839-842
    発行日: 2013/10/01
    公開日: 2013/11/13
    ジャーナル フリー
    症例は32歳女性である.流行性耳下腺炎罹患の4日後,痙攣を契機に失外套症候群を呈し救急搬送となった.血清ムンプスウイルス抗体の上昇をみとめ,髄液細胞数は正常だが髄液蛋白上昇をみとめ,ムンプス関連性脳炎/脳症と診断した.ステロイドパルス療法開始後に意識障害は改善傾向を示し,無言無動に続き前頭葉症状をきたした.SPECTで両側前頭葉の血流低下をみとめ,病変の主座が視床から脳幹部をふくむ脳深部に存在する可能性が示唆された.ステロイドが有効であったことからも,免疫介在性の要因が推測された.
  • 由良 義明, 吉田 秀夫, 梁川 哲雄, 伊賀 弘起, 寺嶋 和義, 浦田 満, 小林 章祐, 佐藤 光信
    日本口腔外科学会雑誌
    1986年 32 巻 4 号 565-571
    発行日: 1986/04/20
    公開日: 2011/07/25
    ジャーナル フリー
    Although mumps virus (MV) infection that induces bilaterally inflammatory reaction such as swelling and tenderness in parotid salivary glands is easily diagnosed, virological and serological investigations are needed for a final diagnosis of an atypical case that suggests MV infection accompanying solitary swelling of certain major salivary glands. In general, it can be serologically diagnosed as MV infection if the serum level of antibody raised against MV at the convalescence of the disease is increased by 4 times in comparison to that at the acute phase. It is considered a major drawback of this diawgnostic method that the final decision is not obtained until recovery from the disease. In the present communication, we describe two atypical cases of MV infection that was diagnosed by MV isolation from the saliva of patients in the initial phase of the disease.
    Two adult patients, complaining of an unilateral swelling of parotid salivary gland, were examined in our clinic. Since we suspected virus infection, the saliva from these patients was inoculated into green monkey kidnkey Vero cells. Several days later, cytopathic change that seemed to be induced by virus infection, appeared in the inoculated monolayers. Examination of the cells with the indirect immunofluorescent antibody staining technique and transmission electron microscopy revealed that MV replicated in the inoculated Vero cells. Thus, these cases could be diagnosed as MV infection early, at the first visit to our clinic.
  • ―司会のことば―
    川内 秀之
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    2015年 118 巻 7 号 903
    発行日: 2015/07/20
    公開日: 2015/08/01
    ジャーナル フリー
  • 橋口 隆生
    ウイルス
    2017年 67 巻 1 号 69-78
    発行日: 2017/06/25
    公開日: 2018/03/29
    ジャーナル フリー
     麻疹(はしか)を起こす麻疹ウイルスと流行性耳下腺炎(ムンプス・おたふくかぜ)を起こすムンプスウイルス,出血熱を起こす場合があるエボラ・マールブルグウイルスは,いずれもマイナス鎖一本鎖のRNAをゲノムとするエンベロープウイルス(モノネガウイルス)である.これらのウイルスがどの様なメカニズムで細胞へ侵入し,また,抗体により中和されるかは未解明なことが多い.我々は,ウイルス学的手法と構造生物学的手法を組み合わせることにより,その全容を解明すべく取り組んでいる.本稿では,上記ウイルスの糖蛋白質と受容体または抗体との相互作用を介した細胞侵入と中和に関する現在の知見を我々の研究成果を中心に概説する.
  • 荻野 敏, 玉置 弘光, 宮口 衛
    臨床耳科
    1981年 8 巻 1 号 24-25
    発行日: 1981年
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 村山 是
    感染症学雑誌
    1991年 65 巻 3 号 336-343
    発行日: 1991/03/20
    公開日: 2011/09/07
    ジャーナル フリー
    Vero細胞を用い増殖させたムンプスウイルスを庶糖密度勾配超遠心法により精製しウイルス抗原として用い, Western Blotting (以下WBと略す) による抗体検出法を確立し, 従来のELISA法との比較検討を行った.WBによれば, 生ワクチン接種後ELISA抗体の出現時期に一致してHemagglutininneuraminidase (HN) 蛋白に対する抗体が2週後より検出され, 5週後にはHN, Fusion (F), Large (L) 蛋白に対する抗体も検出された.生ワクチン接種後ムンプスELISA抗体陽性血清は, WB法でも抗体が検出され, ELISA抗体非陽性転倒中, 呼光度 (optical density, OD) 0.100以下を示した6例の血清は, WB法でも全例陰性であり, 0.101-0.130のcut off値付近のELSIA抗体陰性3例中2例はWB法で抗体が検出された.以上の事実よりWB法はELISA法に勝る感度をもった方法と考えられる.
  • 西山 耕一郎, 設楽 哲也, 岡本 牧人, 古沢 慎一, 佐野 肇, 平山 方俊, 小野 雄一
    AUDIOLOGY JAPAN
    1992年 35 巻 4 号 375-376
    発行日: 1992/07/31
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 荻野 敏, 玉置 弘光, 宮口 衛, 飯田 正夫
    耳鼻咽喉科臨床
    1980年 73 巻 10 号 1569-1572
    発行日: 1980/10/01
    公開日: 2011/11/04
    ジャーナル フリー
    ムンプス感染に伴う高度の難聴と顔神麻痺を呈した興味深い1例を報告した. 症例は36才の男性で, 右感音難聴 (聾) 出現後3日目に両耳下腺炎, 睾丸炎のムンプスを発症した. さらにその約2週間後, 左顔神麻痺が出現した. 予後は顔神麻痺の早期完治に対し, 難聴は全く改善を示さなかった. これらの発症機序について考察を加えた.
  • 森 勇, 鳥居 昭三, 欠田 文子, 田端 泰之, 長藤 洋, 浜本 芳彦
    感染症学雑誌
    1991年 65 巻 2 号 226-233
    発行日: 1991/02/20
    公開日: 2011/09/07
    ジャーナル フリー
    1) We report 5 cases of aseptic meningitis following vaccination against mumps. Of the 5 cases, 4 cases were diagnosed as mumps meningitis. 2 cases recieved monovalent mumps vaccine and the other 2 MMR vaccine. They consisted of 2 boys and 2 girls, aged 2 years and 2 months to 4 years and 5months. The period between vaccination and symptoms ranged from 15 days to 20 days (mean 18 days). Cerebrospinal fluid of the cases contained 507 to 2688 cells/mm3. Eruption was observed in the 2 cases who recieved MMR vaccine, while parotid swelling was not seen in any case.
    2) In all 4 cases, IgM antibody to mumps virus in the cerebrospinal fluid was detected by the ELISA or EIA methods. Causative organism of the fifth case was obscure.
    3) PCR (Polymerase Chain Reaction) tests revealed that mumps virus isolated from 2 cases were of vaccine strain origin.
    4) To evaluate the frequency of mumps meningitis following vaccination, it seems important to investigate carefully the number of children who recieved the vaccine and to exclude the cases of aseptic meningitis caused by other agents. On the other hand, cases of young infants tend to be overlooked because of atypical signs.
feedback
Top