詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "ヴァーレ・ブラジル"
7件中 1-7の結果を表示しています
  • 大貫 伸
    マリンエンジニアリング
    2016年 51 巻 6 号 799-804
    発行日: 2016/11/01
    公開日: 2018/01/01
    ジャーナル フリー
  • 田中 彰
    産業学会研究年報
    2013年 2013 巻 28 号 59-71
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/06/01
    ジャーナル フリー
    This paper aims to analyze Japan's mass procurement system of iron ore from both historical and international perspectives. Mass production needs mass procurement of raw materials and every giant steel producer needs huge amount of iron ore at a low cost for long-term stability.
    At the beginning of the twentieth century, American steel producers, led by U. S. Steel, established the proto-type of the modern-day mass procurement system, vertical integrated or captive mines, which had been considered a rational model both in academic and political sense till 1980s.
    In 1960s, Japan emerged as an important steel-making country. Not blessed with domestic iron mines, Japanese steel producers were forced to create an alternative mass procurement system based on long-term contract with overseas miners to develop and import ores. With technological and organizational innovations supported by domestic cooperation in strategic develop-and-import scheme, Japanese steel producers acted as a single “dominant buyer” to mitigate the weak contractual relationship with overseas miners and brought Japan low-cost ores. In 1970-80s, other emergent East Asian steel producers, such as POSCO and Baosteel, followed Japanese way and long-term contract became de facto standard in the world steel industry.
    After 2000, international iron ore market situations completely changed. China became new “dominant buyer” as a nation. Chinese steel producers do not coordinate in their purchasing behavior and in bargaining, nor do they give up opportunistic purchasing in the market. There is not a dominant buyer as a bargainer, while the “major suppliers” established.
    At the present, what Japanese steel producers should do are:
    1. To strengthen their interests in iron mines toward captive mines to ensure their necessary supply of ores.
    2. To create some futures market of ores to hedge risks against price fluctuation.
    3. To enhance R&D in next generation iron making to lower the dependence on iron ore.
  • 赤倉 康寛, 瀬間 基広
    土木学会論文集D
    2010年 66 巻 3 号 369-382
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/08/20
    ジャーナル フリー
     中国・インド等の旺盛な資源需要を背景に,石炭,鉄鉱石,穀物等のドライバルク貨物を輸送するバルクキャリアの大型化が,急激に進展している.我が国産業の国際競争力の維持・強化や,より安定した食糧原料の供給のためには,この大型化動向に対する我が国港湾の対応方策を,十分に検討しておく必要がある.一方,ドライバルク貨物輸送は,特定荷主のための不定期輸送であり,その情報は非常に限られている.以上の状況を踏まえ,本研究は,バルクキャリアの大型化動向の分析,我が国港湾施設の輸送船大型化に対する制約状況の把握,大型化による輸送コスト削減効果の算定により,我が国への三大バルク貨物輸送船の大型化に向けた方策について考察したものである.
  • 佐藤 賀一
    行動経済学
    2017年 10 巻 22-49
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/11/29
    ジャーナル フリー

    2銘柄の株価の過去の価格変動を分析して利益を求める運用戦略にペアトレードという手法がある.本稿ではElliott et al. (2005) が示した確率的スプレッド方式のペアトレードを発展させ,「移動平均乖離率」というテクニカル指標を使用したペアトレードを提案する.具体的には,25日移動平均乖離率の差をAR(1)モデルに当てはめ,TOPIX Core30構成銘柄を対象に平均回帰スピードの速い株価の組み合わせを抽出してペアトレードを組む方法を用いる.実証分析の結果,上述のテクニカル分析に基づくペアトレードは分析対象期間である2002年1月から2016年6月まで,Gatev et al. (2006) が示した方法によるペアトレードや配当込TOPIX Core30指数を上回る優れた収益率を示すことができた.この結果は取引コスト等も考慮した結果であるため,ウィーク・フォームの市場効率性に対する1つの反例と考えられる.

  • 網中 昭世
    アフリカレポート
    2015年 53 巻 39-43
    発行日: 2015/08/21
    公開日: 2021/08/28
    ジャーナル フリー HTML
  • 澤田 賢治
    化学と教育
    2009年 57 巻 2 号 80-85
    発行日: 2009/02/20
    公開日: 2017/06/30
    解説誌・一般情報誌 フリー
    日本の鉱山は,1963年の貿易自由化,1985年以降の急激な円高による円換算での金属価格低下,資源の枯渇,などの理由により,1960〜1980年代にかけて閉山を余儀なくされ,現在では菱刈鉱山(金・銀)のみが生産活動を行っている。そのため,わが国は資源を海外に依存し,輸入した原料を国内製錬所で金属に還元して,広く産業界で利用されている。銅・鉄のような基礎産業に不可欠な金属は,中国を中心とする途上国の台頭とともに需要が急激に拡大し,価格の高騰や原料確保といった問題に直面しており,リサイクルも重要な製錬原料となっている。また,アルミ製錬には多量の電力を必要とするため電力コストが高い日本での電解製錬生産は自社発電所を保有する4社に限定されているが,電力消費が少ないリサイクル原料による二次製錬は広く行われている。
  • 正路 徹也
    資源地質
    2013年 63 巻 3 号 153-187
    発行日: 2013年
    公開日: 2016/01/11
    ジャーナル フリー
    Because the low concerning JOGMEC (Japan Oil, Gas and Metals National Corporation) was revised, JOGMEC taked over the fields of coal and geothermal energy from NEDO (New Energy and Industrial Technology Development Organization) on September, 2012. The cabinet decision was made newly on “Basic Plan on Ocean Policy” on April, 2013. One of the most important plans of the policy is “promotion of the development of energy and mineral resources”. Many projects were financially supported by the special facility of JBIC (Japan Bank for International Cooperation), which had been provided in order to respond to a strong yen from September, 2011 to March, 2013.
feedback
Top