詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "三浦博和"
1件中 1-1の結果を表示しています
  • 山中 稔, 原 忠, Hazarika Hemanta, 大角 恒雄, 古市 秀雄, 上野 舞子, 山崎 友治, 岡田 博之
    日本地震工学会論文集
    2012年 12 巻 5 号 5_89-5_101
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/11/07
    ジャーナル フリー
     2011年東北地方太平洋沖地震では強い揺れとその後の津波で多くの構造物が被災した。海岸保全施設の多くが崩壊したが、河川堤防や盛土には地形や構造の違いにより被害程度に差が見られた。本論文は、土構造物の耐震性や耐津波性を検討するための基礎資料を得ることを目的に、津波被害を受けた岩手県中南部の2地点の土構造物の、現地調査や室内土質試験を行った。その結果、自然水位が高く貫入抵抗値の低い堤防では、表面被覆を有する場合でも津波来襲前に陥没崩壊する可能性が大きいことや、盛土表面を廃タイヤで被覆した擁壁では、健全性が保たれたことより、津波による外力への抵抗や洗掘防止効果が期待されることが明らかとなった。
feedback
Top