詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "上級財"
77件中 1-20の結果を表示しています
  • ―AIDS (Almost Ideal Demand System) による分析―
    ガンガ 伸子
    日本家政学会誌
    2006年 57 巻 3 号 143-149
    発行日: 2006年
    公開日: 2007/10/12
    ジャーナル フリー
    The objective of this paper is to analyze the Japanese household consumption patterns during 1990-2003, after the bubble economy burst, by estimating a Linear Approximate Almost Ideal Demand System (LAIDS) model. The author used the quarterly workers' household data compiled in Annual Report on the Family Income and Expenditure Survey. Empirical results show that the items such as “Food,” “Fuel, light and water charge,” “Medical care” and “Reading and recreation” were necessities, and “Housing,” “Furniture and household utensils,” “Clothes and footwear,” “Transportation and communication,” and “Education” were luxuries. While the luxury items strongly responded to own-price change, the necessity items showed weak response. A lot of necessity items were independent of other items, but luxury items such as “Clothes and footwear,” “Education,” “Reading and recreation” and “Other living expenditure,” were notably substitutional or complementary for other items. “Education” was substitutional not only with luxuries but also with some necessity items. It proves that Japanese household has struggled to maintain the high educational expenses until reducing the necessity in the long period of recession following the bubble economy burst, because “Education” is an important item of life cycle planning.
  • ガンガ 伸子
    日本家政学会誌
    2007年 58 巻 2 号 65-74
    発行日: 2007年
    公開日: 2008/12/16
    ジャーナル フリー
    The objective of this paper is to analyze the consumption patterns of the Japanese one-person households in the years between 2000 and 2005. A Linear Approximate Almost Ideal Demand System (LAIDS) model was used for estimation. Also used for the analysis was the quarterly all household data by sex and age groups compiled in the Annual Report on the Family Income and Expenditure Survey (2000-2005). As described below, the age groups over 60 show consumption patterns that are different from those of the other age groups. Regardless of the difference of age groups, the gender difference is evident in their budget share in nearly all items. Noteworthy are the two items' budget share of “eating-out” and “transportation & communication,” where males tended to be higher than females. On the other hand, in the two items' budget share of “housing expenses” and “clothes & footwear,” females tended to be higher than their male counterparts. As for the age groups of over 60, males' budget share were higher than their female counterparts in “eating-out” and “housing expenses.” The income elasticity estimates indicate that “eating-out” is a necessity for the age groups below 34, and it is a luxury for those between 35 and 59. In other words, “eating-out” is a main food consumption pattern for those below 34. “Housing expenses” is a necessity for both those below 34 and 35-59, but there is no interaction seen between income and expenses for those over the age of 60 probably because the rate of those owning their own dwelling is high. The own price elasticity estimates show that “eating-out” for those below 34, “others” for 35-59 and “eating at home” for those over 60 are elastic. Furthermore, the cross price elasticity estimates show that many items are independent for those below 34. However, nearly all items are substitution or complementary for those over 60, because with low income, they are bounded to try to make both ends meet.
  • 王 登挙, 八木 俊彦
    林業経済研究
    2001年 47 巻 2 号 25-30
    発行日: 2001/07/16
    公開日: 2017/08/28
    ジャーナル フリー
    近年,中国の半乾燥地域では「小流域総合整備開発」という新しい土地整備プロジェクトが遂行されている。本稿では内蒙古伊克昭盟の事例を取り上げ,「小流域総合整備開発」の実施体制について検討した。伊克昭盟の「小流域総合整備開発」は大きな進展を遂げたが,実施体制から見た主な進展要因としては,(1)各級政府による強力な行政指導,(2)中央財政と自治区財政による投資の増加,(3)外資の導入,(4)農家の権利と利益の重視などが挙げられた。現行の「小流域総合整備開発」実施体制に存在する問題点としては,以下の4点が明らかにされた。(1)農業,林業,畜牧,水利など各関係部門の連携が不十分であり,計画の作成,実行及び検査が分散的に行われることによって部門計画の重複や抵触が生じやすい。(2)各種の投資ルートの中で地方財政による投資が明らかに少ない。(3)最も具体的な仕事を担当する各郷の農業,林業,畜牧,水土保持の各ステーションは,組織が不完備であり,定員が少なく,職員の専門的レベルが低いなどの問題を抱えている。(4)農家の動員,土地使用契約の締結,労働力の調達など重要な役割を果たす村民委員会は組織が薄弱で,役員の待遇が低いため,十分に対応していない。
  • 堤 伸子
    生活経済学研究
    2002年 17 巻 97-105
    発行日: 2002/03/30
    公開日: 2016/11/30
    ジャーナル フリー
  • パンの原料となる硬質小麦に注目して
    石崎 程之
    農林業問題研究
    2000年 36 巻 1 号 14-26
    発行日: 2000/06/25
    公開日: 2011/09/05
    ジャーナル フリー
    In the process of Japan's rapid economic growth wheat market transformed dramatically, and wheat imports increased rapidly. One of the most effective factors that caused the transformation is the westernization of food life, in particular, the spread of breads. Although a large number of studies have been made on this, little is known about the relation between the westernization of food life and food pricing policies. In order to investigate the relation, I classify Hard Wheat, which is used as the material of breads, and Soft Wheat, which is used as the material of typical Japanese noodle, and then I develop a econometric model with simulating the pricing policy.
    The findings are as follows;
    1) The Hard Wheat demand increased as a result of income growth and the decline in the relative government selling price of wheat to rice. A third of demand increase from 1961 to 1968 is explained by income growth, and two-thrids by the decline in relative price. A third of decline in relative price is explained by the increase of government buying price of rice, and two-thrids by the increase of imports under budget pooling scheme of government wheat control.
    2) The paper specified three paths that led to the rapid increase of wheat imports. The food pricing policy induced the path through which the increase in the government purchasing rice price led to the expansion of both wheat demands. Through this path, Hard Wheat responded more sensitive to the decline in relative price than Soft Wheat, and it contributed to the rapid increase of wheat import.
  • 丹辺 宣彦, 田渕 六郎
    社会学評論
    2001年 52 巻 3 号 430-436
    発行日: 2001/12/31
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 福井 広子, 大鹿 淳子
    夙川学院短期大学研究紀要
    1991年 15 巻 23-37
    発行日: 1991/01/25
    公開日: 2020/02/07
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    Change of the consumption per capita of 260 foods due to the change of the income levels is analysed using the data of household consumption by the Goverment. 23 patterns among 32 possible patterns are really found, and the characters of the foods belonging to the respective patterns are discussed. The level of the Japanese dietary life is found to be definitely raised.
  • 駿河 輝和
    季刊 理論経済学
    1984年 35 巻 1 号 92-94
    発行日: 1984/05/24
    公開日: 2007/10/18
    ジャーナル フリー
  • 堤 伸子
    日本家政学会誌
    1993年 44 巻 7 号 533-540
    発行日: 1993/07/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    量・質の両面から最近の食料消費の特徴をみるために, 1980年以降の各年について, 対数逆数型モデルを用いて, 食料およびその内訳項目の所得弾力性と飽和額を求めた.以下の結果が得られた.
    (1) 所得弾力性は, 菓子類と調理食品でほぼ一定, 外食のみ上昇傾向にあった.酒類を除くその他の項目はすべて低下傾向を示した.60年代以降の食生活の近代化 (洋風化, 社会化, 多様化, 高級化, レジャー化, 簡便化, 社会化を含む) の進展により新しくなった食スタイルの定着を示す結果であった.また, 進展著しい外食消費において, 所得階層間格差を生み出していることも判明した.
    (2) 飽和額が増加傾向にあったのは, 菓子類と調理食品と外食であり, 特に外食が著しい増加傾向を示した.減少傾向を示したのは, 魚介類, 野菜・海草, 果物であり, サービスが付加された食料の飽和額の上昇が目立った.食の外部化・社会化・簡便化という消費者の食生活に対する欲求の変化を示した結果である.
  • ガンガ 伸子
    日本家政学会誌
    2005年 56 巻 8 号 511-519
    発行日: 2005/08/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    The objective of this paper is to analyze the food consumption patterns during two periods of 1980-1989 and 1990-2002 by estimating a Linear Approximate Almost Ideal Demand System (LAIDS) model. The author used the workers' household data from 10 districts compiled in Annual Report on the Family Income and Expenditure Survey. Empirical results show that cooked food and food away from home (FAFH) were luxury items in 1980-1989. But it is to be noted that the cooked food failed to respond either to income or to price change during 1990-2002, the fact of which shows that the cooked food became a necessity in the dietary life. Cooked food and beverages including alcoholic beverage became strong substitutes for FAFH during this period, and the cross price elasticities of these items became higher during this period than in 1980-1989. Complementing FAFH were cereals and fruits. The expenditure share of fish and shellfish in Kanto tended to be smaller than in any other districts during 1990-2002. On the other hand, FAFH share in Kanto tended to be higher than in any other districts.
  • 堤 伸子
    日本家政学会誌
    1996年 47 巻 4 号 313-319
    発行日: 1996/04/15
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    増大する教育費負担が, 少子化の一因となっているとされている.そこで, 家計の教育関係費の支出行動におよぼす子ども数の効果について, 計量経済学的手法を用いて検討した.その結果, 世帯属性 (所得, 世帯主の年齢) に違いがあっても, 少ない子どもには十分な教育関係費をかけようとする傾向が認められた.今後, 晩婚化や女性の職場進出等によってさらに少子化は進み, あわせて教育費の増加をもたらす進学率の上昇等も進展するものと予想されるので, よりいっそう子ども1人当たりの教育関係費は増加していくものと思われる.
    今回の分析によって得られた主な結果は, 以下に示すとおりである.
    (1) 同一の所得水準であっても, 子ども数が少ない世帯ほど, 子ども1人当たりに支出する教育関係費は多くなる傾向にある.また, 所得水準が高くなるほど, 子ども数が異なる世帯間における子ども1人当たりの教育関係費の差は拡大する傾向にある.
    (2) 同一の世帯主の年齢であっても, 子ども数が少ない世帯ほど, 子ども1人当たりに支出する教育関係費は多くなる傾向にある.また, 世帯主の年齢が高くなるほど, つまり子どもの発達段階が進めば, 平均的にかかる教育関係費が多くなるので, その結果, 子ども数が異なる世帯間における子ども1人当たりの教育関係費の差は拡大する傾向にある.
    (3) 所得弾力性は, 子ども数1人世帯が最も高く, 次いで2人世帯と, 子ども数が増えるにつれて低下するという結果を示した.
    (4) 年間収入の平均値を境とした上位と下位のグループでは, 教育関係費の支出行動が異なっているということが統計学的に明らかになった.このような収入階級の上位と下位における教育関係費の支出行動の違いは, 収入上位と下位における子どもの発達段階の差が影響してでてきた可能性がある.
    収入階級の上位, 下位ともに, 子ども数が増えるにつれて所得弾力性は低下するという点では共通しているが, 収入上位よりも収入下位のほうが所得弾力性が高く上級財的性質を濃厚に示した.しかし, 収入上位よりも収入下位のほうが, 子ども数の増加につれて所得弾力性が著しく低下する傾向にあった.また, 子ども数のダミー係数は, 子ども数の増加とともに大きくなっていくが, 収入上位のそれよりも収入下位の増加が著しいことが明らかになった.このことより, 収入上位より収入下位において, 少ない子どもに十分の教育関係費をかけようとする傾向が顕著にあるということがわかった.
  • 深谷 昌弘
    社会政策叢書
    1983年 5 巻 25-56
    発行日: 1983/05/10
    公開日: 2018/04/01
    ジャーナル フリー
  • 矢部 光保, 新田 耕作, 合田 素行, 西澤 栄一郎
    地域学研究
    1999年 30 巻 1 号 183-195
    発行日: 2000/10/30
    公開日: 2008/10/10
    ジャーナル フリー
    We have evaluated the Aso grassland landscape by contingent valuation method and analyzed the effect of paying methods, and attributes of respondents on the estimates. In doing so, it will make helpful policy-makers to develop conservation instruments for grassland landscape.
    The survey was conducted in December 1998, the survey areas are Kumamoto Prefecture that has the Aso grassland and Tokyo, and the rate of response against the number of inquiries delivered is about 30_??_40%. We have set two payment vehicles; making a fund by donation and a tax reallocation of budget.
    First, the prospect for trip to Aso area in the next five years has no effect on WTP by both payment vehicles. This means that the value of conservation of grassland landscape might be considered not as use value but as non-use value. Thus, in addition to user payment, the payment by government would be also a reasonable policy instrument.
    Secondly, we found that in the payment vehicles of donation, the mean of willingness to pay (WTP) has no difference between Tokyo and Kumamoto, but in tax reallocation the mean of WTP in Kumamoto is higher than that in Tokyo. This is due to that Kumamoto has more concern about the conservation of Aso grassland landscape and less income than Tokyo. Thus, it would be appropriate that local government shares a part of the conservation costs.
    Thirdly, the subjective probability of conservation by policy scenario has a positive effect on WTP in both payment vehicles. Therefore, the supply of easy-to-understand information for public is very important for policy makers.
    Lastly, as the mean of donation is 2, 091 yen per household, the total value of conserving Aso grassland is estimated around 1.24 billion yen annually for citizen of Kumamoto Prefecture, and using the sample return rate 0.412, the median 1, 000 yen, and total household numbers 594, 197, the reasonable project budget of conservation for the Prefecture is valued at 245 million yen.
  • 石崎 程之
    農林業問題研究
    1997年 32 巻 Supplement5 号 29-33
    発行日: 1997年
    公開日: 2011/09/05
    ジャーナル フリー
  • ―持続可能な地産地消の制度構築にむけて―
    水ノ上 智邦, 松村 豊大, 鍛冶 博之, 坂井 真奈美, 松下 純子
    徳島文理大学研究紀要
    2017年 94 巻 83-95
    発行日: 2017/09/09
    公開日: 2018/04/18
    研究報告書・技術報告書 フリー

    野生鳥獣による農作物や林業生産物への被害が深刻さを増している。国は各都道府県に対策を行うよう命じ都道府県は「頭数管理計画」を策定した。各都道府県は地元猟友会や市町村などの協力により野生鳥獣を捕獲し個体数の適正管理に努めている。一方で鳥獣肉を食用として活用できないかという考え方の下に解体処理場などへの公的補助を行い食肉としての流通を試みている。 本論はこれらの制度の構築にあたり「法と経済学」の理論を用いて整理を試みようとするものである。 そこから得られる政策的含意として「農作物」へ有害鳥獣対策費を転嫁し内部化をはかるべきであるかこいわなで生け捕りし一時飼育を行うことで野生鳥獣と人間とがえさを取り合うことがなくなる一次飼育による肉質の安定がより選好を強める結果になるといったことを示しこの問題を解決する方策の最適な姿を示す。

  • 堤 伸子
    農林業問題研究
    1993年 29 巻 1 号 31-38
    発行日: 1993/03/25
    公開日: 2011/09/05
    ジャーナル フリー
  • 児玉 剛史, 松本 康夫
    農村計画学会誌
    2001年 20 巻 20-suppl 号 43-48
    発行日: 2001/12/07
    公開日: 2011/04/13
    ジャーナル フリー
  • 山口 哲生, 伊藤 正人
    行動分析学研究
    2002年 16 巻 2 号 185-196
    発行日: 2002/03/30
    公開日: 2017/06/28
    ジャーナル フリー
    本稿では、単位価格、需要曲線、価格弾力性といった行動経済学の基礎的な概念が、喫煙・飲酒・薬物摂取行動を理解する上でいかに有効であるかを述べる。また、消費者行動に影響を及ぼす経済学的要因として価格、代替性、所得、遅延による価値割引を取り上げ、こうした要因が喫煙・飲酒・薬物摂取行動にどのように影響するかを明らかにする。現在までに、行動経済学的概念が依存症治療へ応用可能であることが多くの研究より示されているが、行動経済学的な枠組みでは、薬物摂取行動以外の他行動の強化により、薬物摂取行動を減少させることができる。こうした治療を行う際は、問題行動を強化している強化子と代替強化子との機能的等価性、望ましい強化子に対する補完強化子の有無を考慮する必要がある。行動経済学的研究は、また、薬物摂取に関する社会政策にも有効な方法を提言することができる。
  • 恒松 伸
    行動分析学研究
    2002年 16 巻 2 号 106-121
    発行日: 2002/03/30
    公開日: 2017/06/28
    ジャーナル フリー
    行動経済学における価格と所得研究の現状が、動物の食物消費行動の実証的研究を通じて分析された。主要な価格研究として、(a)コスト要因と便益要因の比率による単位価格の研究と(b)労力と時間による2つのコスト要因の比較研究をとりあげた。等式のあてはめによる需要曲線分析の結果、単位価格におけるコスト要因と便益要因の間の交換可能性と、行動価格における労力コストと時間コストの間の機能的等価性が、いずれも低から中程度の価格範囲でのみ成立することが、価格弾力性の比較により明らかになった。これらの成果をヒトの消費行動における通貨の使用と比較すると、上述の(a)が交換手段の、(b)が価値尺度の機能に対応し、強化スケジュールによって操作される価格が共通尺度として機能する範囲とその限界を示したものと考えられる。一方、実験セッション内の全強化量の制約として操作された所得変数が動物の消費行動に与える効果は、通貨を使用するヒトの消費行動と同様に見出されたが、それらの実験的操作間の機能的等価性を調べた所得研究は、現在まで行われていない。この研究を進めるために、所得・消費曲線の形状を特定する体系的な研究が必要である。さらに、所得の制約の効果は、行動配分を示す事実として、食物の効率的な取得や選好の変化を分析することによって、今後明らかにされるであろう。
  • 大浦 明子, 古塚 秀夫, 松田 敏信
    農林業問題研究
    2002年 37 巻 4 号 365-368
    発行日: 2002/03/25
    公開日: 2011/09/05
    ジャーナル フリー
feedback
Top