詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "中央政府"
6,976件中 1-20の結果を表示しています
  • 横山 美貴
    オリエント
    1995年 38 巻 2 号 136-142
    発行日: 1995年
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
    This paper presents a synthesis of the administration of corvée work and corvée workers in the Fisrt Dynasty of Babylon especially during the reign of Hammurapi (1792-1750 B. C.).
    Corvée work was imposed by the central government of Babylon upon all male citizens, except registered permanent public workers, of the provincial and/or local administrations to which the central government assigned public works on a local basis. The provincial and local administrations were required to provide corvée workers, unpaid laborers, to the labor pool of the central government. Corvée work could be avoided by payment of exemption money or by providing a work substitute. The period of corvée work was probably a few months. However, it was flexible, depending on the level of authority held by the central government to impose levies upon the provincial and local administrations for public works.
    Corvée workers were under the direct control of the central government and were usually deployed to public works sector which required a large number of unskilled workers under the highly centralized regime of Hammurapi. Large scale public works were carried out by the central government with the collaboration of provincial and local administrations. The main areas of public works were construction of public buildings, canal works, sheep shearing, weaving and boat-making. The labor forces of public works were comprised of corvée workers, temporary hired workers, soldiers as a supplementary work force, and public slaves in addition to specialists and administrators.
  • 柳原 光芳
    地域学研究
    2016年 46 巻 4 号 371-385
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/06/07
    ジャーナル 認証あり

    This paper considers the situation where human capital for education is accumulated by education investments of both local and a central governments and the time devoted to educate children by residents. Local governments are assumed to supply equipment and facilities and the central government is assumed to bear operating costs for education. These investments are financed by taxing labor income as a common tax base. This leads to the occurrence of vertical fiscal externality between the different levels of governments. In addition to this vertical fiscal externality, in accumulating human capital, there exist other positive externalities both within the region and across the regions. The externality within the region, so-called peer-effect, is human capital accumulation determined not only by the time spent by a resident for a child, but also the average time spent by other residents. Externality across regions is human capital accumulation in one region determined not only by the time spent by residents, including peer-effect, but also the time spent by the residents in other regions. Among these two externalities, we especially focused on the former peer-effect, and investigated how it affects the tax rates and educational investments. Based on previous literature on fiscal externalities, we compared the unitary equilibrium where the central government determines all policy measures and the decentralized equilibrium where the central government first determines policy measures and the local governments then follow.

    The main results of this paper are as follows. First, the labor income tax rate and education investments by governments become higher as peer-effects become higher. Second, even in a decentralized economy, the unitary equilibrium can be duplicated when the central government is the leader.

    JEL Classification:H23, H52, H71, I25, O40

  • 藍澤 淑雄
    アフリカ研究
    2014年 2014 巻 85 号 23-31
    発行日: 2014/12/31
    公開日: 2015/02/06
    ジャーナル フリー
    本論では,タンザニアにおける地方分権の実体化を阻害している行政構造的・政治構造的要因について議論する。タンザニアでは,90 年後半より国策として地方自治体に中央政府の権限を委譲すべく地方分権改革が進められてきた。しかし地方自治体が果たすべき地域開発支援の役割の重要性は認識されながらも,中央政府の権限が十分に委譲されているとは言えない。地方自治体の予算配分や人事における権限が部分的にしか委譲されておらず,地方自治体がその裁量で住民自治を支援すべく機能しているとは言えない。
    そこには地方分権にかかる関連法規の未整備・不調和があり,その状況が中央政府の権限移譲を遅らせている。加えて,一党優位体制により村まで及ぶ政治的な影響力は,必ずしも中央行政主導の地方分権化の取り組みと調和しているわけではない。地方自治体がこうした外部要因に変化をもたらすのは困難であり,地方自治体の自己裁量による地方自治を実現するための革新的な取り組みが期待される。
  • -大分県別府市を事例に-
    中山 穂孝
    日本地理学会発表要旨集
    2020年 2020s 巻 221
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/30
    会議録・要旨集 フリー

    1. はじめに

     大分県別府市(以下、別府)は、豊富な温泉資源を活用した温泉観光業を基幹産業として市制を施行した数少ない都市である。別府に限らず、これまで多くの観光地を対象とした研究が蓄積されている。こうした研究は、主に交通網の発達や観光業の集積、労働力の調達などの観点から観光地の形成過程を明らかにしている。しかし、観光地の形成に関与した主体の動向に注目した研究は少ない。特に、観光政策を立案し、国内観光業に強い影響力を持つ中央政府は、観光地形成を明らかにする上で、重要な要素である。

     以上のことから、本報告では、戦後期の別府を対象に、中央政府がどのような形で別府の観光発展に関与し、発展を遂げたのかを明らかにしたい。

    2. 戦後復興と国際観光振興

     敗戦による植民地の喪失は、国土計画の大転換をもたらした。そして、観光事業が戦後復興事業に組み込まれた。

     そのなかで、中央政府が、最も重要視したのは国際観光事業であった。国際観光事業は、外貨獲得の重要な手段であり、日本の戦後復興を欧米諸国にアピールするための手段としても考えられていた。

     こうした流れを受けて、各観光都市に対する個別的な開発構想がつくられた。その1つが、別府を対象に、1950年に制定された別府国際観光温泉文化都市建設法(以下、別府法)である。

    3. 国際観光都市別府の発展

     別府法制定後、別府国際観光港と九州横断道路の整備が実施され、陸上・海上の交通網が拡充された。これら2つの交通インフラストラクチャーの整備は、県外資本の積極的な別府進出をもたらし、戦後期別府の発展を促した。戦後期の別府に進出した県外資本のなかでも着実に観光開発を進めたのが近畿日本鉄道であった。近畿日本鉄道は、別府の数少ない観光開発の空白地帯である「奥別府」に目を付け、鶴見岳に別府ロープウェイを開通させた。この近畿日本鉄道の積極的な観光開発は、それまで別府観光における大きな県外資本が、関西汽船のみであったため、地元観光業界に大きな衝撃を与えた。これらのことから、中央政府による観光構想が、戦後期別府の発展を方向づけたと言えるだろう。

     別府法制定の目的の1つは、日本を代表する温泉資源を活用した外国人観光客の誘致である。1950年代後半に別府を訪れた外国人観光客は、約10,000人であった。別府法制定によって別府国際観光港と九州横断道路が整備された結果、1963年には32,686人に増加している。この増加を見ると、外国人観光客の誘致を目指した別府法に一定の成果があったことがわかる。しかし、外貨獲得を通じた戦後復興への貢献という本来の目的が達成できるほどの成果を得たとは言い切れず、あくまでも日本人観光客の観光行動を促すものに留まっていたと考えられる。つまり、国際観光振興における成果は、限定的なものであった。

  • 金崎 雅之, 細江 守紀
    地域学研究
    2002年 33 巻 1 号 283-293
    発行日: 2003/10/30
    公開日: 2008/10/10
    ジャーナル フリー
    In this paper, we analyze whether it can decrease the inefficiency of policy making by voting, which it was seen in Lizzeri and Persico (2001), by the central government and about the problem of allocation of political authority between the local and central government which can choose local public goods provision policy or redistribution policy of income. In Lizzeri and Persico (2001), the candidate who promises the provision of local public goods is not always chosen by voters even though the value of local public goods is high. This is inefficient in the view of social welfare.
    However, in case this local public goods has spillover effect and the central government has the information about desirable public goods for this region sufficiently, it is desirable to give the political authority to the central government in the view of social welfare. As the value of public goods increase, the domain it is desirable to give the political authority to the central government expands in Winner-take all-system.
    Conversely, in proportional-system, this domain is getting narrow with increasing of the value of one.
  • 北原 鉄也
    年報行政研究
    2019年 54 巻 124-127
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/09/17
    ジャーナル フリー
  • D. G. Tarr
    研究 技術 計画
    1988年 3 巻 4 号 473-
    発行日: 1988年
    公開日: 2017/10/21
    ジャーナル フリー
  • 小坂 弘行
    地域学研究
    1981年 12 巻 13-33
    発行日: 1982/11/30
    公開日: 2008/10/10
    ジャーナル フリー
    In discussing strategic levels of regional income, production and employment within a regional economic planning, plural policy authorities, viz., central and local governments, may participate in it. In that circumstances, the contents of the regional economic plans, which would have been drawn out from centralized regional planning directed by the central government and from locally decentralized regional planning directed by the local governments, are freaquently inconsistent with each other. The central government will be displeased with the decentralized plan in the sense that the local governments only concern their own interests, and similarly each local government will be dissatisfied with the centralized plan in the sense that the central government considers its regional interests to a small extent. That is to say, there occurs a conflict between the central and the local governmnets. The conflicts not only may lie between the central and local governments. but also may lie between each local government because each regional economy can not be independent from other regional economy.
    Now, in order to regulate such conflicts, we propose two schemes. The one is to make a intermediate planning between the centralized and the decentralized plannings, and the other is to introduce the concept of the “conjectural variation” often used in oligopolistic economic theory into the decentralized planning. Then, after investigating the sources where the antagonism comes from and clarifying the mechanism which brings out the conflicts, the validity of these schemes is proved empirically with reference to the regulated stateds in the interregional input-output model of nine regions for the Japanese economy at 1975.
  • 藤田 由紀子
    年報行政研究
    2005年 2005 巻 40 号 188-190
    発行日: 2005/05/15
    公開日: 2012/09/24
    ジャーナル フリー
  • 伊藤 一馬
    史学雑誌
    2012年 121 巻 1 号 121-
    発行日: 2012/01/20
    公開日: 2017/12/01
    ジャーナル フリー
  • 小二田 章
    史学雑誌
    2012年 121 巻 1 号 121-
    発行日: 2012/01/20
    公開日: 2017/12/01
    ジャーナル フリー
  • 田村 明
    年報政治学
    1985年 36 巻 197-224
    発行日: 1986/03/28
    公開日: 2009/12/21
    ジャーナル フリー
  • 鈴木 浩, 中島 明子, 内田 勝一, 笠原 秀樹, 古川 真理夫, 前田 昭彦, 安斎 俊彦, 金子 道雄, 瀬戸口 剛, 藤田 忍, 佐藤 由美
    住宅総合研究財団研究年報
    1991年 17 巻 245-257
    発行日: 1991年
    公開日: 2018/05/01
    ジャーナル オープンアクセス
     イギリスの住宅政策は,従来公共住宅主導型のモデルとして評価されてきたが,80年代を通して大きな変動を経験した。とりわけ住宅政策の中心的な役割を担ってきた地方自治体は,政府による住宅予算の削減や持家政策の促進と公営住宅政策の後退の中で,中央政府や地域住民の住宅要求との関係において新たな対応を迫られている。本研究は,このような地方自治体における住宅政策の新たな模索に着目しながら,それが従来の公営住宅を中心としたものから民間部門を含む包括的なものヘ,さらに地域住民の要求により密着した行政サービスシステムヘの転換への試みとして位置づけられることを検証し,今後の自治体住宅政策に求められている基本的要件を明らかにしようとするものである。第1に,80年代イギリス住宅政策の動向を概観しながら,中央政府と地方自治体との権限と役割さらに地方住宅財政システムの変遷を通して,戦後の福祉国家政策の解体と住宅政策における中央統制の強化および市場原理の導入,それに対抗する自治体住宅政策の分権化と包括的な住宅政策への試みを検討し,本研究におけるキーワードである「地域住宅政策」の位置づけを行なっている。第2に,いくつかの地方自治体の住宅行政機構と住宅政策の内容すなわち地域分権化,地域住宅要求の把握,総合的な地域住宅計画の策定,そして住民参加の仕組みを分析し,「地域住宅政策」の枠組みを明らかにした。第3に,「地域住宅政策」の内容と実態をより具体的に把握するために,いくつかの地方自治体における住居管理の内容を分権化の方向と対応させて明らかにした。 結局,本研究では自治体住宅政策はその内容において,①地域住宅要求の把握,②包括的行政サービス,③住民参加,という3つの基本的要件をもつ「地域住宅政策」の確立が求められているという結論を導き出している。
  • 国家に接近するバイクタクシー業と全国バイクタクシー協会
    岡野 英之
    日本文化人類学会研究大会発表要旨集
    2015年 2015 巻
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/13
    会議録・要旨集 フリー
    国家とは、政府機構のみで構成されるわけではないとする議論がある。中央政府は、社会に存在する諸勢力と手を結ぶことで統治を拡大する。こうした諸勢力と中央政府の同盟網を単一の主体とみなしたものが国家とされる。本発表では、シエラレオネで近年台頭したバイクタクシー業、および、その業界団体「全国バイクタクシー協会」を考察することで、ローカルな勢力が政府機構と接近し、権力を拡大するプロセスを描く。
  • 松本 幸男
    社会経済史学
    1989年 55 巻 1 号 37-54,119
    発行日: 1989/05/31
    公開日: 2017/07/08
    ジャーナル オープンアクセス
    At the end of the American Revolutional era, Robert MORRIS, as the Superintendent of Finance, tried to adopt the financial policy to fund the Revolutional debts which resembled Alexander HAMILTON's financial policy, The success of MORRIS's polisy depended on whether the states would approve the Impost of 1781. Until the summer of 1782 the states except Rhode Island ratified it. However, the Rhode Island General Assembly rejected it on Novemver 1, 1782. Thus MORRIS's plan of funding debts failed. The purpose of this article is to clarify the reason of the rejection by analyzing David HOWELL's letter to MORRIS, and the process of the change in Rhode Island merchants' attitude from states'right to the federal government which was established by the Constitution of the United States.
  • 岡部 遊志
    日本地理学会発表要旨集
    2013年 2013s 巻 305
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/09/04
    会議録・要旨集 フリー
    1,はじめに
     フランスの国土政策は,長きにわたりフランスの首都圏地域,すなわちパリ地域からの富の分散を,主要な政策の要素としてきた.しかし近年,フランスの競争力の低下が懸念されるに伴って,パリ周辺地域も国土政策や地域政策の対象となっている.
     本発表では,現地調査などに基づき,パリを擁するイル・ド・フランス地域圏におけるクラスター政策を中心とした地域政策の新展開と,それに関連する政府間関係について発表する.

    2,イル・ド・フランス地域圏の概要と課題
     フランスの国土政策には,国土の均衡ある発展を目指すという思想が根底にはあり,1960年代に工場の立地規制や研究機関の域外移転が行われるなど,イル・ド・フランス地域圏は常に分散政策の対象となってきた.しかし2000年代,グローバル化の進展に伴い,イル・ド・フランス地域圏はフランスにおいて国際的な競争力を発揮できる唯一の地域としてみなされている.
     イル・ド・フランス地域圏は人口や経済活動がフランスの他の都市に比べ大きく卓越し,競争力に関して高いポテンシャルを持った地域である.現在,工場の閉鎖や海外移転などの影響で,競争力は低下しているといわれているが,パリの南西部に企業の本社や研究開発機能,大学,研究機関などが集積し,R&D拠点としての重要性が増加している.
     しかし,首都圏地域としての問題点も挙げられる.1つは過大さの弊害であり,情報の多さゆえに人とのネットワークの構築や情報への適切なアクセスが難しくなっている.2つ目は交通体系,居住空間などインフラ面の問題で,競争力が十分に発揮されていないとされる.そして,こうした問題に対応するために各主体が地域政策を行っている.なお,フランスで地域政策を担うのは,制度上は地域圏であるが,イル・ド・フランス地域圏では,首都圏地域の整備を行うために中央政府がグラン・パリという新たな枠組みを作るなど,中央政府が積極的に関わってきている.

    3,イル・ド・フランス地域圏におけるクラスター政策
     近年注目される地域政策はフランス版クラスター政策の「競争力の極」政策である.イル・ド・フランス地域圏には「競争力の極」が複数(表)ありフランスにおいても最大である.
     その中でもシステマティックSystem@ticはフランスにおいて代表的なクラスターである.この極はICT分野の「競争力の極」であり,フランスを代表する大企業が参加している.この極の予算では,中央政府が負担する割合が大きくなっているが,自治体も重要な割合を占め,そうした多様な主体からの予算負担により,特許や研究においてもフランスの中でも大きな地位を占める.
     イル・ド・フランス地域圏,特にパリ周辺地域では主体同士のネットワーキングが情報の過剰と首都地域における過密により困難であったが,中央政府と地方自治体が共同で行う「競争力の極」政策によって,主体同士のネットワーキングがコーディネートされ,競争力を発揮する基盤の強化が行われてきている.
  • 佐藤 章
    アフリカレポート
    2016年 54 巻 85
    発行日: 2016/07/27
    公開日: 2020/03/12
    ジャーナル フリー HTML
  • 若松 隆
    年報政治学
    1993年 44 巻 117-135
    発行日: 1993/12/22
    公開日: 2009/12/21
    ジャーナル フリー
  • 「集中-分散」の側面を中心に
    梅原 英治
    経済史研究
    2004年 8 巻 94-123
    発行日: 2004/03/31
    公開日: 2018/12/01
    ジャーナル フリー
  • 金 聲烈
    日本教育学会大會研究発表要項
    2019年 78 巻 5-8
    発行日: 2019/07/10
    公開日: 2020/01/30
    研究報告書・技術報告書 フリー
feedback
Top