詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "中村玉緒"
4件中 1-4の結果を表示しています
  • 高井 昌吏
    マス・コミュニケーション研究
    2016年 88 巻 17-33
    発行日: 2016/01/31
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
    This study focuses on popular songs concerning "the war and women" in post-war Japan. In particular, three songs were examined: Akiko Kikuchi's "Hoshi no Nagare ni" and "Ganpeki no Haha" released in 1947 and 1954, respectively, and Yuriko Futaba's popular remake of "Ganpeki no Haha" released in 1972. These songs were analyzed in connection with the societal background in which they gained popularity, including the influence of mainstream values as well as concepts of women and mothers that were held at the time. The results of this analysis suggested that directly after the war ended, many Japanese women were despondent and pushed into prostitution because of an impoverished society. The song "Hoshi no Nagare ni" conveys the sorrows of prostitution, and this theme is directly connected to its success. The 1954 hit "Ganpeki no Haha" has strong connections to the suspicion that Japanese citizens felt toward the Self Defense Force, which was established in the same year, as well as to the massive protests in 1960 concerning the US-Japan Defense Treaty. In particular, the general public tended to be influenced by stories about "mothers' sadness," particularly in terms of mothers and children being separated by war. This had powerful correlations with peace-oriented public opinion and anti-rearmament attitudes of the time. However, Yuriko Futaba's mid-1970s remake of "Ganpeki no Haha" gained mass popularity for several reasons. The 1970s witnessed the appearance of the "kyouiku-mama" (literally "education mama") -a type of mother who stressed on education for her children above everything else. The "kyouiku-mama" was considered to be a social problem during the time, and the completely different type of mother presented in "Ganpeki no Haha" produced feelings of longing for an "ideal mother" archetype that was perceived to be lost from the society. Therefore, "Ganpeki no Haha" was highly praised by the general public.
  • 二瓶 亙, 亀村 朋子
    放送研究と調査
    2018年 68 巻 3 号 52-75
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/04/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
    近年、視聴率が高い作品が多い連続テレビ小説(通称、朝ドラ)について、NHK放送文化研究所朝ドラ研究プロジェクトでは、作品ごとに視聴者調査を行って朝ドラの視聴実態と好調要因を探る研究を行っている。今回の『ひよっこ』調査は『まれ』『あさが来た』『とと姉ちゃん』『べっぴんさん』に続く5作品目の調査である。作品に対する満足度の平均は85%で、『とと姉ちゃん』と同レベル。「丁寧な登場人物の描写」に多くの視聴者が共感し、「善人しか出てこないこと」で安心してドラマを楽しんだという人が多かった。また、登場人物それぞれが幸せな結末を迎えるハッピーエンドだったことが、終盤の高評価につながった。一方で、4作ぶりのモデルのいない作品であり結末が予想できないこと、あるいは会話劇主体で話の進行が遅かったことから、視聴者が、全体のストーリー展開を楽しむ長期的視点ではなく、日々のエピソードや登場人物を楽しむ短期的視点で見るほうが『ひよっこ』をより楽しむことができたと推察された。本来は長期的視点でドラマを見る人も、『ひよっこ』の作風に合わせて見方を変え、時には短期的視点でドラマを楽しんでいたことも分かった。
  • 吉井 秀樹, 吉松 靖文
    特殊教育学研究
    2003年 41 巻 2 号 217-226
    発行日: 2003/07/30
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー
    この10年間、数多くの研究が自閉性障害児者における心の理論の障害を指摘してきた。一方で、自閉性障害児者が感情理解や自己理解に困難をもつことを示す研究もある。しかし、自己理解と他者理解(心の理論)、感情理解の関係性を明らかにした研究はない。本研究では、年長の自閉性障害児と精神遅滞児に対し、自己理解課題、他者理解課題、感情理解課題を実施した。その結果、自閉性障害児は精神遅滞児に比べいずれの課題においても有意に成績が劣るものの、自己理解の成績が高い自閉性障害児は成績が低い自閉性障害児に比べて他者理解課題の得点が有意に高いことを見いだした。これらの結果は、年長自閉性障害児が他者の心の理解だけでなく自己の理解や感情の理解にも困難をもつこと、また、自己の理解の能力が他者の心の理解の能力と関係があることを示唆している。
  • 檜垣 巧, 鐘 雅思
    密教文化
    1999年 1999 巻 202 号 80-97
    発行日: 1999/03/31
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
feedback
Top