詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "五ヶ浜"
6件中 1-6の結果を表示しています
  • 梁 順普, 佐々 真志, 高田 宜武
    土木学会論文集B3(海洋開発)
    2018年 74 巻 2 号 I_486-I_491
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/09/12
    ジャーナル 認証あり
     土砂内部の水分張力を表すサクションが砂浜の潮間帯に生息する小型底生端脚類であるナミノリソコエビの分布域を制御していることが明らかになっている.このような背景から,本研究では,ナミノリソコエビ及びその近縁種を含む3種の小型底生端脚類の生物分布とサクションの関係,又,潮汐による地下水位変動に伴うサクションの変動と生物分布の関係を明らかにすることを目的とし,3種の小型底生端脚類がそれぞれ生息し,潮差が大きく異なる新潟海岸に位置する五つの海浜,北海道の斜里海浜及び韓国済州道のサムヤン海浜で現地調査を行った.その結果,3種の小型底生端脚類の生物分布はサクションとの関係において,潮差及び潮汐の変動に関わらず,共通的な地盤環境適合場が存在することを明らかにした.
  • 梁 順普, 佐々 真志, 渡辺 啓太, 高田 宜武
    土木学会論文集B3(海洋開発)
    2016年 72 巻 2 号 I_1058-I_1062
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/08/30
    ジャーナル フリー
     本論文では,日本海沿岸の砂浜の保全・再生上,重要となる典型的な3種の小型甲殻類を対象として,砂浜の底生生物生態に果たす地盤環境の本質的役割に関する近年の研究結果を,室内試験による検証と合せてまとめて提示・分析すると共に,高波イベントに伴う生物生息分布の変化と常時およびイベント過程を通じた各種生物の地盤環境適合場の一般性について明らかにした.これらの知見は,砂浜の水産資源等の保全・管理に有効に活用することが期待できる.
  • 長谷川 崇, 岩佐 明彦, 會澤 裕貴, 大図 健太郎, 河野 泰教, 田沢 孝紀
    日本建築学会計画系論文集
    2011年 76 巻 668 号 1791-1798
    発行日: 2011/10/30
    公開日: 2012/01/25
    ジャーナル フリー
    Echizen-hama is an underpopulated village located in Niigata city. Recently some young artists move to live there for their creative activity and hold the art event, Hamameguri, which uses traditional houses for exhibition space. Focusing on spatial and social transition caused by such an activity of newcomer as the Hamameguri, this study reveals as follow; (1) Hamameguri makes the place that residents and visitors happen to be. And they communicate each other and evolve the Hamameguri into village-wide event in Echizen-hama. (2) Because the traditional social factors that form a spatial character of traditional house are similar to a spatial demand of artists joining the Hamameguri, traditional house is suitable for exhibition space of art event.
  • 羽鳥 徳太郎
    地震 第2輯
    1990年 43 巻 2 号 227-232
    発行日: 1990/06/24
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    It is reported by an old document that the Yamagata-Oki earthquake of Dec. 7, 1833 (Oct. 26, Tenpo 4), hitting the Yamagata, Niigata and Akita districts destroyed 475 houses in the Shonai plain and the tsunami killed about 150 persons. In this paper the distributions of the seismic intensity and the tsunami behavior along the Japan Sea coast are investigated with an addition of newly collected data. The magnitudes of earthquake and tsunami are compared with those of the 1964 Niigata and the 1983 Japan Sea earthquakes. The results are summarized as follows:
    1) According to the intensity-distance diagram, the earthquake, magnitude is inferred as M=7.5, because the same intensity area is smaller than that of the 1983 Japan Sea earthquake and similar to that of the 1964 Niigata earthquake.
    2) By judging from the tsunami height-distance diagram (HATORI, 1986), tsunami magnitude on the Imamura-Iida scale is m=2.5, which are somewhat larger than the former value. Extraordinary run-up heights at Wajima (tip of Noto peninsula) and Oki Islands located in far field may be caused by the refractive effect and the reflected waves from the continental coasts.
  • 越野 武, 角 幸博, 吉本 真希子
    日本建築学会計画系論文集
    1997年 62 巻 498 号 195-201
    発行日: 1997/08/30
    公開日: 2017/02/02
    ジャーナル フリー
    We could trace back the building activities of emigrant carpenters from Echigo (present Niigata Prefecture) in Hokkaido since the seventeenth century to Meiji Era (1868-1912). After 1855 when the port of Hakodate was opened for foreign ships, there several large constructions fascinated many building workers including several capable carpenters from Echigo region. In early Meiji Era, the Kaitakushi (Colonial Department) gathered 51 carpenters in 1871 singularly from Maze, a tiny coastal village in Echigo, and next year 367 from Echigo for the constructions in Sapporo. Among them, and among those who emigrated after them, there were Kazaemon (c.1832-c.1892) and Yojiro (1864-1940) Shinoharas, Kyushiro Abe (1849-1910), Kametaro Ito (1863-1944) and others who founded their contractor companies of construction.
  • 丹治 嘉彦
    環境芸術
    2015年 14 巻 41-49
    発行日: 2015/08/17
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
    2009年からトリエンナーレ形式ではじまった水と土の芸術祭は、2012年新潟の漁業の拠点でもあった水揚場と呼ばれる場をメイン会場として、新潟市内各所にて164日間展開された。新潟市の歴史をふまえて開催された水と土の芸術祭2012、この芸術祭は市民に想像することのダイナミズムをもたらしたと言える。それらを芸術祭において展開された様々な表現をもとに、水と土の芸術祭2012のアート部門ディレクターの視点からアートが市民に何をもたらしたかを本稿において明らかにする。
feedback
Top