詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "偽装ラブホテル"
2件中 1-2の結果を表示しています
  • 伊澤 武, 峰内 謙一, 勝田 和行
    日本経営倫理学会誌
    2010年 17 巻 59-75
    発行日: 2010/03/31
    公開日: 2017/08/08
    ジャーナル フリー
    The "kanji" (Chinese character) meaning "fake" was chosen as the "The Kanji of the Year" in 2007. This announcement prompted the writers to examine scandals concerning "fakes" that have recently been recurring in business, politics and, seemingly, every social scene. In this paper, first, our study explores the substance of "fake" in relation to human nature by taking up several cases of faking which are found usually in our everyday life, regardless of moral value. Then, based on our findings, we explain the spiritual, cultural, social and economic causes and backgrounds which are commonly seen in many "fake" scandals, particularly including those that are closely associated with the financial crisis. After introducing the regulatory, administrative and institutional reforms that are necessary as remedies, we conclude the paper by pointing out that the proposed remedies are not a panacea. A failure of leadership is seen as the next possible "suspect" responsible for the recent global economic crisis.
  • 阿部 憲太, 姥浦 道生
    都市計画論文集
    2017年 52 巻 3 号 421-428
    発行日: 2017/10/25
    公開日: 2017/10/25
    ジャーナル オープンアクセス
    近年、風営法の届出を出していないが、外見上・用途上は所謂'ラブホテル'として認識される、いわゆる'疑似'ラブホテル等が発生してきている。これら擬似ラブホテル等を自治体が問題視する中で、ラブホテル建築規制条例(以下、条例)を定めることで擬似ラブホテル等を規制する動きが出てきた。本研究では、条例によるラブホテル等に対する立地規制に関する規制内容を把握すると共に、その立地規制の効果と課題を明らかにすることで、今後同様の立地規制を検討する際の有用な知見を得ることを目的としてる。研究の結果として、条例により条例ラブホテル等に対してどの程度立地規制をかけようとも、条例の適用外となる条例外ラブホテル等が発生し、結局はラブホテル等の需要がある、若しくは需要を生み出したいと事業者が考える場所にラブホテル等が立地してしまうという実態が明らかになった。一方、条例の対象施設として該当すればその立地のコントロールは可能であるので、条例ラブホテル等を適当に規定することが重要である。以上より、条例外ラブホテル等が発生する要因を明らかにすることが必要である。
feedback
Top